Myゴルフダイジェスト

【なんでもランキング】Vol.7 優勝なしでも1億8000万円!「女子ツアー今季未勝利者の獲得賞金トップ10」

ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第7回は、2020-21シーズンの国内女子ツアー未勝利者の獲得賞金をランキング!

未勝利ながら賞金ランク4位! 来季こそ初優勝が期待される(PHOTO/Hiroyuki Okazawa)
前回のランキングはこちら

昨年6月から52試合によって争われてきた国内女子ツアーも先月末のリコーカップで全日程を終了。45試合に出場し、歴代最高となる2億5000万円超を稼いだ稲見萌寧が賞金女王に輝いた。最後まで女王争いを繰り広げた古江彩佳が2位で、稲見との差は約850万円。今年の前半戦をリードし、52試合すべてに出場した小祝さくらが3位で、3人が2億円の大台を突破した。そして、4勝を挙げた西村優菜を抑えて4位に入ったのは西郷真央。なんと未勝利ながら1億8000万円近くも稼いだ。

西郷は50試合に出場しトップ10入り21回。2位に7回も入りながら、あと一歩のところで初勝利を逃してきた。日本オープン、日本女子プロ選手権のメジャーでも2位。さらに6月のサントリーレディスから最終戦リコーカップまで23試合連続でアンダーパーフィニッシュ。これは歴代1位の記録だ。その原動力となっているのがドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率の順位を合算した「トータルドライビング」で1位というドライバーの精度の高さ。またパーオン率も3位でティーショットだけでなくグリーンを狙うショットに長けている。来年こそ初優勝に期待がかかる。

<国内女子ツアー2020-21シーズン未勝利者の獲得賞金トップ10>

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • 週刊ゴルフダイジェストの年末恒例企画「ベストスウィンガー」。読者からの投票によって選ばれた女子部門の1位は? TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe 女子は日本選手が上位を独占 戦国時代の様相を呈しつつある国内女子ツアー。そのなかでベストスウィンガーの座を射止めたのは、賞金女王に輝いた稲見萌寧だ。東京五輪では日本ゴルフ界初の銀メダルを獲得。今季ツアー9勝という圧倒的な強さに、「ピンを狙っていける精度の高さと距離感は米ツアー選手並みのレベル」(60歳男性)といった、最大級の賛辞が数多く寄せられた。正確無比なフェードボールが持ち味だ。 3票差の2位は米で活躍するあの選手 2位は全米女子オープンで畑岡奈紗との日本人対決を制した笹生優花。豪快なスウィングが生む爆発的な飛距離に、「とにかくカッコいい」(27歳男性)、「ダイナミックでパワフルなスウィングに憧れる」(31歳男性)と、とくに若い男性からの支持が集まった。ちなみに全米女子オープンのプレーオフで敗れた畑岡は、今回の投票では9位(24票)に入っているが、今季の米女子ツアーで賞金女王まであと一歩に迫り、世界ランクは日本人トップの6位(12月2日現在)にいる。その活躍を忘れてはならない。笹生に続き3位に入ったのが、賞金女王争いで稲見を最終戦まで追い詰めた古江彩佳だ。153センチと小柄だが、「強振しないゆっくりスウィング」(63歳男性)、「シンプル・イズ・ベストのムダのないスウィング」(63歳男性)など、こちらはシニア世代からの評価が高かった。シニアや非力な女性には、目指すべき理想のスウィングに見えるのかもしれない。4位は国内メジャー2勝を挙げた原英莉花。「ダイナミックでエレガントな才色兼備」(31歳男性)、「飛距離だけでなく小技も上手い」(56歳男性)と、天は二物を与えたかのような評価も。5位には今季ツアー5勝の小祝さくら。涙の復活優勝を果たした渋野日向子が6位に入った。 1位 稲見萌寧60票 「フェードヒッターのお手本」(58歳男性)「圧倒的な強さ」(33歳男性)「腕と体の回転が完璧に同調」(71歳男性)「ピンを刺すアイアンショット」(59歳男性)「スウィングがシンプル」(62歳男性)「今年の活躍が証明している」(62歳女性) >>稲見萌寧の1Wスウィングはこちら 2位 笹生優花57票 「男子プロ並みの力強さ」(52歳男性)「豪快なスウィングと飛距離」(74歳男性)「パワフルで正確なショット」(34歳男性)「とにかくカッコいい」(27歳男性)「全米女子OPを制した強さ」(45歳男性) >>笹生優花の1Wスウィングはこちら 3位 古江彩佳54票 「強振しないゆっくりスウィング」(63歳男性)「安定感抜群のショット力」(49歳男性)「常に同じスウィングで曲がらない」(50歳男性)「ボールコントロールのすごさ」(66歳男性) >>古江彩佳の1Wスウィングはこちら 4位 原英莉花48票 「ダイナミックでエレガント」(31歳男性)「大きなスウィングアーク」(65歳男性)「アドレスが美しい」(51歳男性) >>原英莉花の1Wスウィングはこちら 5位 小祝さくら36票 「キレのあるショット」(51歳男性)「しなやかでムダがない」(55歳男性) >>小祝さくらの1Wスウィングはこちら 6位 渋野日向子30票 「思い切りのいいスウィング」(62歳男性)「コンパクトなトップ」(57歳男性) >>渋野日向子の1Wスウィングはこちら ベストスウィンガー2021<男子部門>の結果は? 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • <LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ/宮崎CC(宮崎)/6543Y・パー72/11月25日~28日> 最後までもつれた賞金女王レースは稲見萌寧に軍配。稲見は「賞金女王になれたのは嬉しいですが、ほっとしました。長いシーズン、やっと終わったという感じです」と話した。これで稲見は東京オリンピック銀メダルに続き賞金女王も獲得。昨年の6月から始まった、長い、長いシーズンが幕を閉じた PHOTO/Hiroyuki Okazawa 「稲見さんは本当に“強い”選手でした」(古江) 22歳と21歳。若い2人の女王争い。最終戦を残して、その差は約1700万円。古江彩佳はそれも承知の上で“勝つこと”に集中した。「勝つことができれば結果的に賞金女王になれる。『賞金女王になるために勝とう』ではなく、『とにかく勝とう』という気持ちでした。思ったとおりのプレーはできなかったけど、後悔はありません」と前を向いた。対する稲見は、単独13位以内(古江が2位だった場合の稲見が賞金女王になれる順位)をかなり意識していたという。「後半はなんとかして13位以内に入ることを目標に頑張りました。最後までそわそわしていました」(稲見) 「心が折れたこともあったけど勝つことで乗り越えてきた」(稲見)「最後まで諦めなかったことに悔いはない」(古江) 終盤戦になるにつれ周囲がざわつき出しても、本人たちは冷静だったが、こう聞くとやはり賞金女王を意識していたのではないか? 改めて聞くと2人とも少し考えながらこう話した。「もちろん、賞金女王へのプレッシャーはありましたね。自分は意識していなくても周りがプレッシャーをかけてきたので(笑)。ただ、それを乗り越えよう! と強い気持ちで戦えたのが、結果的にはよかったのかも」(稲見)「賞金女王は意識していないと言っていたし、そう思っていた。でも、完全に意識しないというのは難しかったのかも。どこかで意識していたんだと思います」(古江)2人はジュニア時代から切磋琢磨してきた仲とあって、稲見が「あれだけ安定している選手はいない」と言えば古江は「私は“上手い”より“強い”選手になりたい。稲見さんは、強い」と、互いに尊敬の念も忘れない。今年の女子ツアーは、シード争いだけでなく賞金女王争いもまた、世代交代が顕著になった。いずれにしても、選手の皆さん、お疲れ様でした! 奥嶋コーチと二人三脚で戦った 最終戦は奥嶋誠昭コーチがキャディとして稲見をサポート。「腰が痛いなかでもよく戦い続けたと思います」と労った メルセデス・ランキングは古江が逆転で1位に 年間の総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキングでは、最終戦で古江が稲見を逆転し1位に。年間最優秀選手は古江が獲得した マスターズGCレディス以降は古江、稲見の一騎打ちに 2020年後半は古江、21年の中盤までは稲見が勝利を重ねツアーの主役に。今年の後半、古江が猛追したが、結局稲見がリードを守り切り、賞金女王に輝いた 三ヶ島かなが悲願の初優勝 トップでスタートした三ヶ島が逃げ切りで初優勝を飾った。「初優勝は嬉しいですが、これから何勝もしたいのでまだまだ努力していきたいです」(三ヶ島) <LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ・最終成績> 優勝三ヶ島かな-112位小祝さくら-73位T古江彩佳-63位T申ジエ-65位高橋彩華-36位Tペ・ソンウ-26位T西郷真央-28位堀琴音-1 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • 今季トップ10が19回と、ツアー未勝利ながら賞金ランキング4位につける西郷真央。抜群の安定感を誇るアイアンショットはどのように生み出されているのか。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa 西郷真央さいごうまお。2001年生まれ。千葉県出身。パーオン率3位、ボールストライキング1位という女子ツアー屈指のショットメーカー。トップ10入り19回で、初優勝が待たれる(※11月11日現在) 解説/吉田直樹幼少期からアメリカで過ごし、最新スウィングに詳しい。谷原秀人、上井邦裕、石川明日香のコーチを務める シャットフェースで体を高速回転 西郷真央プロのスウィングは、手をまったく使わない回転系のスウィングです。バックスウィングで少し右サイドに体重をかけ、ややシャットフェースにクラブを上げています。トップも少し左手を掌屈させ、シャットフェースをキープ。その手首の角度を保ったまま、極めてシンプルに体の回転だけでスウィングしています。そのため、フェースローテーション量は少なめ。西郷プロの感覚では、手を使う意識はおそくゼロのはずです。 続きを読む ダウンスウィングから首が少し右に傾きはじめるのは、回転系のスウィングの選手に見られる動きです。腕と上体が脱力できているために起こる現象で、決して悪い動きではありません。シャットフェースで、体の回転をフルに使う西郷プロのスウィングは、いま、PGAで主流になっている最先端のスウィングと同じタイプといえます。 【特徴1】ややシャットフェースフェースの向きはややシャット。スウィング中のフェースローテーションは少ない 【特徴2】首が右に倒れる回転系のスウィングでは、ダウンスウィングで首が右に倒れる傾向がある 【特徴3】手をまったく使わない手は体の回転についていくだけ。これが、安定したショットにつながる 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より