Myゴルフダイジェスト

16億円獲得のパトリック・カントレー「生涯癒えることのない傷」を乗り越え頂点に

プレーオフシリーズ最終戦ツアー選手権で優勝したパトリック・カントレーが、第15代年間王者に輝き、16億円超のボーナスを獲得した。ポーカーフェースの王者の知られざる物語とは?

10年前の全米オープンでローアマのタイトルを獲得したカントレーは、将来を嘱望される存在だった。3歳でクラブを握って以来、地元カリフォルニアでは負けなしの少年時代を送り、名門UCLA在学中にアマチュア世界ランク1位の座を55週守り抜いた。

輝かしい実績を引っ提げ12年にプロ転向。順調にキャリアをスタートさせるはずが、13年に背骨の疲労骨折が判明、長期戦線離脱を余儀なくされた。痛みを和らげるために渡欧し、治療に奔走。「自分が大好きなことができないストレスは計り知れなかった」

17年、ようやくツアー復帰を果たすも、実はその前年、思いもよらない悲劇が起きていた。帯同キャディで高校時代からの親友であるクリス・ロスが目の前でひき逃げされ、尊い命を失ったのだ。

それは2月の早朝。地元のレストランに向かうため通りを渡ろうとしたとき、少し前を歩いていたロスが車にはねられたのだ。救急車が到着するまで、カントレーは意識のない親友を抱きしめた。24歳で急逝した親友の姿に無力感を覚え、しばらくそのシーンが頭から離れなかったという。「100万分の1の確率で事故は起きた。あのタイミングであの場所にいた不幸。彼の死を乗り超えようと努力しているけれどきっと生涯この傷は癒えることはない」

それでも彼は前を向いた。次第に本来の実力を開花させ18年に初優勝。「ロスがいてくれたら……」と痛切に思った。

アマ時代競い合った1歳年下のJ・スピースやJ・トーマスには大きく水を開けられたが、ケガや親友の死を乗り超えたカントレーは、今季ツアー最多の4勝(通算6勝)を挙げ年間王者となり、ようやく年下のライバルたちの背中をとらえた。

次の目標はメジャー獲りだ。

米カリフォルニア出身の29歳。プレーオフシリーズ連勝で現在世界ランク4位(写真は2019年シュライナーズホスピタル。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号

こちらもチェック!

  • PHOTO/Tadashi Anezaki 1本100万円という驚きの価格で注目を集めた小祝の新パターだが、いったいどんなところで造られているのか。北海道の工場を直撃訪問した。 https://my-golfdigest.jp/gear/p35667/ 関連記事 新パターでいきなり連勝「前に伸びる感覚がある」(小祝) 小祝仕様の特注モデルには、ソールに可愛らしい絵柄が刻印されている 3月の優勝以降、低迷が続いた小祝の復調のきっかけは、オリンピック期間中のオープンウィーク。スウィング見直しとリフレッシュを兼ね、地元・北海道に帰省した小祝に、あるパターが手渡された。「近所ということで、もともと小祝選手を応援していました。ニッポンハムレディス(桂GC・有観客開催)で彼女について回ったのですが、ルーティンからストローク、転がり方まで詳細に観察して、彼女に合いそうなパターを4本作ってみたんです」と語るのは、北海道の金属加工メーカー「ワールド山内」の代表を務める山内雄矢さん。ゴルフ好きが高じて、自らパターブランド「ワールドクラフトデザイン」を立ち上げてしまった。「お渡ししたのは(「NEC軽井沢」前週の木曜日)。言ってみれば私が勝手に作ったものなので、『良いと思ったら使ってほしい』と手渡したんです。そうしたら20メートルのパットが面白いように寄っていました」マッチングの成果は、その後の快進撃が示すとおり。NEC軽井沢で新パターを手に初日6連続バーディを含む64のロケットスタートを切った小祝は、3日間首位を譲らず完全優勝、さらに翌週のCATレディースでもパターは火を吹き、2連勝を飾ったのである。「前に伸びる感じがあって、ロングパットも距離が合う」と小祝。いったいどんな秘密があるのか。詳しく調査してみよう。 初めて見るパターに同伴者も興味津々? これが小祝さくらのニューパターだ! 続きを読む 小祝と同じ角型マレット ワールドクラフトデザインWY700シリーズ ヘッド重量は3つのタイプ(310g、325g、340g)から選択可能。フェース面のミーリングや刻印にも個別対応している。地元の二木ゴルフ美しが丘店で試打が可能 STMのグリップには北海道の地図がデザイン。シャフトはカーボン、スチール、コンポジットから選べる すでに使用しているプロも 小山内護 「なんといっても打感だね。社長のこだわりを聞いてると、それだけで入る気になるよ(笑)」(小山内護) 中山正芳 「打感がとにかく素晴らしい。球の初速と終速のイメージがピッタリ合ってタッチが合いやすい」 この2人も投入間近!? 金田久美子や永井花奈ほか、女子プロ界にも浸透中。近々試合でお目見えするかもしれない IoT化された機械で1日かけて削り出す 工場を訪れると、想像以上に静かだった。「いち早く工場のIoT化を進め、工場の無人化に成功しました。コンピューター制御されていて、自動で加工が進むんですよ」母体であるワールド山内は、世界的なシェアを持つ金属加工メーカーで、航空部品をはじめ、高精度な金属加工が主業で、工場見学や講演依頼も多いそう。「コロナ禍で工場見学や出張が激減したとき、『ここだ!』と思ったんです。もともと10年ほど前から贈呈用としてパター作りはしていましたが、時間が空いたので、これまで夢に描いていたものを一気に形にしました」ブランドとして立ち上がったのは今年の4月だったが、ずいぶん前から構想はあったそう。高い加工技術をもってすれば、パターの製造も簡単なのかと思いきや……。「大変ですよ。理想の打感や打音を求め、金属の配合割合から試行錯誤したのですが、そのために非常に軟らかい金属が必要でした。軟らかいと加工が難しいことに加え、早く削ろうとすると素材に熱が入り、良さが死んでしまう。精度を高めるためには1つずつ加工が必要で、1個のヘッドを削り上げるまでに、3日かかることもあるんです」こうしてできたヘッドを自身でテストし、ようやく形になったパターは、ミクロレベルの精密さを持ち、多少芯を外しても同じ転がりを見せる。インタビュー中もひっきりなしに電話が鳴り、製品説明を繰り返す。本業の空いた時間はすべてパター作りに費やし、社長室は試作品の山であふれている。最高峰の技術力を持つ「北のラボ」。あふれる研究意欲とモノ作りへの強烈なこだわりに、値段で語れないパワーを感じた。 航空部品の製造で培った技術を採用 (1)CGで工程を作る(2)金属ブロックをセットする(3)PCからのデータを入力(4)IOT化された機械で1日かけて削り出す(5)刻印なども同時に行う(6)完成!設計図の作成から加工、モーション解析などは、すべてコンピュータ内で作成され、そのプログラムが機械を制御。機械に独自配合のステンレス合金のブロックをセットし、削り上がるのを待つ。削りから研磨・刻印まで1工程ですることで、精度が出せるという 社長室はパター愛で溢れていた 代表の山内雄矢さんは、多忙の合間を縫い、寝る間も惜しんで作業に明け暮れる。「パターが好きすぎるんです(笑)」と語る山内さん自身もハンディ3.2の上級者で、これまで膨大な数のパターを購入してきたという超がつくほどのギアマニア。打音・打感・重量バランスやデザインまで、徹底的に研究を重ねた結晶が、超高額パターの正体。とはいえ材料費や人件費を考えると、ほぼ利益はないそう。まさに熱意のなせるわざ 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より
  • 週刊ゴルフダイジェストで連載中の人気ゴルフ漫画「オーイ! とんぼ」を手掛ける、原作者のかわさき健と作画の古沢優。2人が「とんぼ」の前にコンビを組んだのが、ゴルフコミック誌「ボギー」で連載していた「カラッと日曜」という作品だ。 ゴルフ未経験ながら、プロゴルファーである母・天草すみれのキャディを務める「日曜」が発する何気ない一言が、ゴルフの真理をついており、目からウロコの連続。単にマンガとして面白いだけでなく、ゴルフをプレーするうえで役に立つヒントが満載! ゴルファーならぜひ一度読んでほしい作品となっています。 そんな名作マンガ「カラッと日曜」を、本日から毎日1話ずつ、期間限定で特別公開。第1話は下記リンクからお読みいただけます。 「カラッと日曜」第1話はこちらから 第2話は明日12時~配信予定。お楽しみに! こちらもチェック! 「オーイ! とんぼ」第1話から特別無料公開 まだまだある! 無料で読める漫画コンテンツ
  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/