Myゴルフダイジェスト

【日本女子プロ】強い! 稲見萌寧、大会記録で今季8勝目。早くも賞金2億超え

<日本女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯/静ヒルズCC(茨城)/6680Y・パー72/9月9日~12日>
PHOTO/Shinji Osawa

茨城県の静ヒルズカントリークラブで開催された女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯」は決勝ラウンドに入って怒涛のバーディ攻勢をかけた稲見萌寧が今季8勝目を挙げ、20-21シーズンの賞金ランキングでもトップに躍り出た。

大会3日目にこの日のベストスコアとなる7アンダー65で回り、首位の西郷真央に1打差の2位タイに浮上した稲見萌寧。最終日は、勝てば大会最年少にして大会史上初の10代Vとなる19歳の西郷、そして大会史上2番目の年長優勝がかかる44歳の大山志保との争いとなった。

稲見の日曜日は、前日の再現VTRのようなラウンド。出だしの1番をバーディとして西郷に並ぶと、4番のバーディで単独トップに立つ。その後もバーディを重ねて19アンダーまで伸ばし、大会史上最少ストロークの269で公式戦初優勝を飾った。

「嬉しいっていう気持ちがいちばん込み上げてきて。今日は組み合わせに恵まれて、大学の後輩の西郷真央ちゃんと、大好きな大山志保さんと3人で楽しく回れてよかった」

東京五輪では2位入賞し、日本ゴルフ界初のメダリストに。今後の目標に国内メジャー制覇とシーズン2ケタ勝利を掲げていた。

「メジャー優勝はいちばんの目標としていたことなので、こんなに早く達成できてよかった。次の目標は2ケタ優勝というのがあるので、達成できるように頑張りたい」

これでシーズン8勝目。03年に不動裕理が唯一成し遂げた年間10勝到達まで、11試合を残してあと2勝だ。また、優勝賞金3600万円を加え、15年イ・ボミに続き史上2人目のシーズン獲得賞金2億円突破。2500万円弱に迫る新記録更新も見えてきた。

一方、4日間60台と安定したゴルフを見せながらも敗れた西郷は、シーズン4度目の2位。またもツアー初制覇は遠のいたが、この内容なら“その日”は遠くないだろう。

予選ラウンドを終えて10位タイだった稲見は、決勝ラウンドの2日間を65・64の15アンダーで回り、大会新記録の19アンダーで優勝

西郷真央は惜しくも今年4度目の2位

自身の初優勝と大会最年少記録がかかっていたが惜しくも2位。それでも4日間連続60台で回り初勝利は確実に近づいている

<日本女子プロ・最終成績>

優勝稲見萌寧-19
2位西郷真央-15
3位大山志保-14
4位植竹希望-13
5位勝みなみ-12
6位T西村優菜-10
6位T鈴木愛-10

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号

こちらもチェック!

  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/
  • PHOTO/Yasuo Masuda、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara、KJR THANKS/北谷津ゴルフガーデン 今年前半だけで5勝を挙げ、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧。6月に初優勝を果たすと次の試合でも優勝しブレイクした木下稜介。2人の急成長プロを指導するのが、プロコーチの奥嶋誠昭。稲見は2018年12月、木下は2019年11月から指導を受け始め、たちまち第一線で活躍するプレーヤーに成長した。果たして2人にどんな教えを施したのか。その一端を特別公開! 解説/奥嶋誠昭 おくしまともあき。1980年生まれ。神奈川県出身。ツアープロコーチとして、稲見萌寧、木下稜介、イ・ボミ、高橋彩華を指導。横浜のノビテックゴルフスタジオで、GEARSを使ったアマチュアレッスンも行っている 長所を生かす3つの“しなくていいよ” GD 稲見プロの指導は、2018年の12月からですね。奥嶋 当時、稲見プロは、飛距離を伸ばすため、クラブをシャロー(鈍角)に下ろしてドローを打とうとしていました。でも、それが僕には無理しているように思えたんです。GD というと?奥嶋 稲見プロは、腕の使い方がバツグンにうまくて、本来はややスティープ(鋭角)に下ろすスウィングなんです。だから、ドローを打ちにいくと、どうしても引っかけや右プッシュが出やすい。GD なるほど。奥嶋 合わないものを無理に取り入れようとしないで、いま持っている財産を生かそうよ、と稲見プロに話しました。彼女はスティープにクラブを動かすセンスがバツグン。だったらそれを生かして、スティープな軌道に合うフェードでいこうよ、と。GD その判断で、稲見プロのショットメーカーの才能が一気に開花したわけですね。奥嶋 稲見プロに教えているのは、終始一貫、オンプレーン(アドレスで構えた位置にクラブを戻す軌道)に振ることだけです。バックスウィングで上げた軌道どおりに下ろしてくるイメージでいいよ、と言っています。 しなくていいよ1「シャローに振らなくていいよ」 「シャローに振ろうと苦労していた稲見プロに、スティープ(やや上からの軌道)でいいと教えました。スティープな軌道のほうが、バツグンにうまい手の動かし方を生かせると判断したからです」(奥嶋) しなくていいよ2「ドローを打たなくていいよ」 「ドローボールを打とうとしていた稲見プロに、カット軌道でフェードを打つようにすすめました。クラブをスティープに動かす稲見プロには、ドローよりもフェードのほうがイメージしやすいはずだからです」 しなくていいよ3「左に踏み込まなくていいよ」 「稲見プロは、腕や上半身をうまく使う反面、体重移動はやや苦手。切り返しから左に踏み込むとミート率が落ちるので、無理に踏み込まず、右サイドで振ればいいと教えました。これでショットが安定しました」 これぞショットメーカーの証どちらがダウンスウィングか分かりますか? 稲見のスウィングを見ると、バックスウィングとダウンスウィングの軌道がほとんど変わらない。これこそが、ショットメーカーの証拠だと奥嶋コーチは言う。「稲見プロには、とにかくオンプレーンに振ることだけを教えています。その結果、ショットの精度が格段にアップしました」 稲見萌音の1Wスウィング 左片手打ちでフェードを磨き抜いた GD 稲見プロは、どんな練習を積んで、ツアー屈指のフェードヒッターになったんでしょうか?奥嶋 稲見プロはオンプレーンに振ることを練習テーマにしています。そのためにやっているのは、8Iを左手1本で打つドリルですね。GD 左の片手打ちですか!奥嶋 そうです。稲見プロは、左腕の感覚で振ると出球が揃うタイプなんです。それと、精度の高いフェードには左のリードが絶対ですから、左手1本のドリルというわけです。GD 稲見プロはどのくらい打つんでしょうか?奥嶋 このドリルは、オンプレーンスウィングの確認作業で、インパクトゾーンを真っすぐ動かすための練習です。彼女は8Iを左手に持って、バックスウィングとダウンスウィングの軌道の確認作業を延々と続けていますよ。トップの位置を確認して、ゆっくりとインパクトまで下ろして、左手1本でボールを実際に打つ。稲見プロは何時間もその練習をやっていますが、アマチュアの方なら100球くらいから始めるといいですね。 Drill 1左手1本でボールを打つ 「フェードを打つには、左腕のスウィング弧が大切。そのため、稲見プロは左手1本でボールを打つドリルをやっています。クラブ軌道を確認しながら素振りして、その軌道をなぞるようにボールを打ちます。低く長いインパクトゾーンを覚える練習なので、フルスウィングする必要はありません」(奥嶋) Drill 2クラブ軌道を確認してから打つ 「トップからハーフウェイダウンまでの動きを2~3回繰り返して、ダウンスウィングの軌道を体に覚え込ませます。そのイメージが消えないうちにボールを打ちます」(奥嶋) パットの秘密は限りなく真っすぐに近いインtoイン GD 稲見プロは入れまくるパットも有名ですよね。奥嶋 彼女はインパクトゾーンのヘッドの動かし方をずっと磨いてきて、これはドライバーからパッティングまで共通しているんです。GD パッティングはまさにインパクトゾーンだけの動きですよね。奥嶋 稲見プロのパッティングは、ヘッドをスクエアに真っすぐ動かす技術に長けているんです。彼女が練習でいつも愛用しているシートがあるんですが、わずかにイン・トゥ・インに描かれている線の上をスクエアに動かす練習を繰り返しやっています。ボールを数多く打つことより、インパクトゾーンのヘッド軌道の精度を上げるほうが、狙った方向に正確に打ち出せることを知っているからですね。GD 稲見プロのバーディラッシュは、この練習のたまものなんですね。 インパクトゾーンの正しいヘッドの動きを染み込ませる 「このシートには、わずかなイン・トゥ・インのヘッド軌道とフェースの向きが描かれています。この線に沿ってヘッドを正確に動かせるかどうか、稲見プロはそれだけに集中して練習しています」(奥嶋) 稲見の極上パット2つのポイント 【Point 1】右ひじに余裕を持たせる 「稲見プロは、右ひじを体に付けてストロークするクセがあるので、右ひじを体から離したほうがスムーズにストロークできるよ、とアドバイスしています」 Point 2両ひじを水平に動かす 「稲見プロは、手首の角度を保って、腕で作る五角形を崩さずにストロークしています。そのためには、ひじを水平に動かすイメージを持つことです」 稲見萌寧のパッティングストローク 7勝のうち6勝はこのパター 「稲見プロの勝ち星は、このパター(テーラーメイド「トラスTB1」)のチカラも大きいと思います。方向が出しやすくて、インパクトのフェースのブレが小さい特性がピッタリだったようです」 https://my-golfdigest.jp/lesson/p36263/ 後編はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/tournament/p33481/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p13355/ 稲見萌寧関連の記事が気になる方はこちら 稲見萌寧の記事をもっと読む
  • PHOTO/Akira Kato、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara、Norimoto Asada 女子ツアーのスポンサーにまつわるあれこれを調査した本特集。第三弾は、企業がプロと所属契約を交わした理由について聞いてみた。 https://my-golfdigest.jp/tournament/p13292/ 前回のお話はこちら 稲見萌寧の所属先「都築電気」の場合 「稲見プロと所属契約をして職場に一体感が生まれました」 稲見萌寧の所属先は、ICT(情報通信技術)企業の都築電気。経営陣にゴルフ好きも多く、取引先のプロアマに参加することも多いそうだが、当初はプロゴルファーと所属契約することは考えていなかったという。だが、ある企業から稲見を紹介され、一度会ってみると、ゴルフに対する姿勢と人間性に魅力を感じ、急遽、所属先として手を挙げることにした。「広告塔というよりはコミュニケーションツールとしての役割が大きい。取引先の方とも、『先週の萌寧ちゃんすごかったね』とか、会話の話題になってくれます。でも、それ以上に彼女の成長を見守れることがうれしいですね。社内でも彼女の応援でツアーに行きたい社員がいれば、チケットを無償で手配しています。社員やその家族のなかには、それで初めてゴルフ場に行ったり、ゴルフを始めた者もいます。スポンサーになってから、社員がどんどん彼女のファンになっていってますし、逆に元気をもらっているんです」(広報室・北浦文輔さん) 都築電気株式会社東証1部上場[8157]1932年創業資本金/98億1293万円売上高/1253億6600万円(2020年3月)従業員/1510名(2020年3月) 公共・金融をはじめ製造・流通・ヘルスケアの業種別体制で、企画、構築(設計・施工・開発)、運用サポートまで一貫した提案を行う「情報ネットワークソリューションサービス」と、半導体・車載用液晶パネルなどをメーカーなどへ販売する「電子デバイス」を2つの柱とする情報通信企業 森田遥の所属先「新英ホールディングス」の場合 「女子プロが好きなんです」 愛知県でリサイクル業を営む新英ホールディングス。リサイクルへの注目度が上がるなか、もっと企業名を広めたいと考えていた金子豊久社長は、ゴルフ好きで女子プロのテレビ番組をよく見ていたこともあり、所属先のない女子プロのスポンサーになれば、いろんなところで社名が露出できると考え知人に相談。そして紹介されたのが森田遥だった。「遥プロも初めての所属先だったみたいで、喜んでくれました。社内コンペには、自分の誕生日だったにも関わらず駆けつけてくれたんですよ」 新英ホールディングス株式会社1939年創業資本金/8000万円 愛知県で金属スクラップの引取・運搬・加工・出荷行う企業。工場で発生するリサイクルできない廃棄物や、金属スクラップ加工時に発生する廃棄物の処理も連携して対応。県内に10の工場を所有 大西葵の所属先「YKK AP」の場合 「実は大切な取引先のご令嬢なんです」 先日、男子プロの伊藤有志との結婚を発表したことで話題になった大西葵の所属先は、アルミ建材メーカーのYKK AP。 大西葵の父は、サッシ販売施工や窓まわりのリフォームなどを取り扱う会社を経営し、令和元年度の「千葉県の卓越した技能者」(千葉県の名工)にも選ばれているが、実はその会社の取引先がYKK APなのだ。 「プロとして活動されるようになってから、ゴルフに対する姿勢に感銘を受け、サポートしたいと思いました。もちろん企業広告の意味合いもありますが、当社は北海道から沖縄まで支店があるので、営業ツールとしても全国を回る女子ツアーはすごく魅力的なんです」(広報室・佐藤碧さん) YKK APは全盛期の岡本綾子とも契約を結んでおり、90年代初頭には同社のテレビCMにも起用していた。大西葵はそれ以来の契約選手となる。「今後も長くサポートしていけたらうれしい」と佐藤さん。注目の若手・山下美夢有も、父が大阪でエクステリアの会社を経営し、取引先の令嬢という縁からスポンサーとしてサポートしている。 YKK AP株式会社1957年設立資本金/140億円売上高/4258億円 (2020年3月、海外を含む)従業員/1万6609名 (2020年3月、海外を含む) 快適な住空間を創造する「窓やドア」、美しい都市景観を創造する「ビルのファサード」など、さまざまな建築用プロダクツを通して、暮らしと都市空間に先進の快適性を追求している 有名企業がズラリ!気になるあの選手の所属先は? 小祝さくら……「ニトリ」 小祝さくら、永峰咲希、田中瑞希、岡山絵里、松田鈴英、菅沼菜々と所属契約を結ぶニトリ。「『住まいの豊かさを提供する』をロマン(志)とするニトリグループは、ゴルフというスポーツを通じて心身ともに健康で豊かなライフスタイルを提案し、地域・社会に貢献していきます」 株式会社ニトリ北海道から沖縄まで国内約550店舗に加え海外100店舗を展開する大手家具チェーン。2010年からニトリレディス開催 原英莉花……「日本運通」 「企業メッセージ『We Find the Way』に込めた、『運ぶことで新しい未来をつくろうとするお客様の思いを実現する』『どんなときでも、ただひとつの最善の方法を見つけ出し、必ずやり遂げる』という姿勢のもと、当社と同じく世界への挑戦を目指す原選手を応援していきます」 日本通運株式会社国内最大の総合物流企業で世界でも第6位の規模を誇る。社内のゴルフ部は企業対抗などで好成績を収めている 鈴木愛……「セールスフォース」 「当社は世界で成長し続けている企業であり、女子プロゴルフ界では新星として現れた鈴木プロも今後更なる成長が見込まれています。鈴木プロとともに成長をしていきたいという思いから、所属契約締結に至りました」と2015年からサポートしている。 株式会社セールスフォース・ドットコム世界最大規模の顧客関係管理ソリューションを中心としたクラウドコンピューティングサービスの提供企業で世界シェア1位 渋野日向子……「サントリー」 「当社は企業スポーツへの参加やスポーツ振興のための活動、イベントなどに積極的に取り組んでいます。こうした活動の一貫として、渋野日向子選手のゴルフに対する姿勢や人間性に共感し、今後のさらなる活躍を確信したため、サポートしていきたいと考えたものです」 サントリー洋酒、ビール、清涼飲料水、健康食品などの製造・販売等を行う。90年からサントリーレディス、過去には男子ツアーも主催 勝みなみ……「明治安田生命」 「14年『バンテリンレディス』で最年少優勝するなど、アマチュア旋風を巻き起こしたのち、プロテスト一発合格。将来、世界レベルでの活躍が期待される若手の一人。本格レギュラー参戦を迎えるにあたり、当社所属選手としてサポートすることとしました」と2018年に契約。 明治安田生命明治14年創業の老舗生命保険会社。来週には昨年中止になった明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメントを開催する 高橋彩華……「東芝」 「当社は、野球部、ラグビー部の企業スポーツ活動に加え、ラグビー日本代表をサポートするなど、競技力の向上、文化的価値の維持に努めています。高橋選手の実力と将来性に加え、常に努力を惜しまず、ベストを目指し挑戦する姿に共感し、その活動を支援していきます」 株式会社東芝国内大手電機メーカーで、国内第一号や世界初の電化製品を数多く輩出。過去にはステップ・アップ・ツアーを開催していた 永井花奈……「デンソー」 「デンソーは、早くから世界を視野に、活動を日本の最高峰のトーナメントに求め、真摯に挑戦し続けている永井選手の姿勢に共感し、このたび、所属契約を締結し、永井選手の活動を支援していくことにしました」と2017年から所属契約を結びサポートを続けている 株式会社デンソー自動車部品業者国内最大手。トヨタグループに属しているが、2020年3月の連結売上収益は5兆1535億円 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月16日号より
  • PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki AriharaTHANKS/北谷津ゴルフガーデン 昨年2勝目を挙げ、2021年も活躍が期待される稲見萌寧。オフの期間にハードなトレーニングとともに、スウィング改造に取り組んだという。その改造の中身について聞いてみた。 稲見萌寧いなみもね。2020年パーオン率1位。女子ツアー屈指のショットメーカー。現在、武器に磨きをかけつつ、飛距離アップに向けトレーニングに励む。国内ツアー通算2勝 軸が左に傾くクセを修正 今年のスウィングは、昨年と比べるとあまり差がないように見えるかもしれませんが、私の中では大きく変わっています。昨年はテークバックで軸が右へ動くのを嫌がり、「その場で回りたい」という意識が強すぎました。結果、捻転量が小さくなり、トップで軸が左に傾いていました。もともと私は切り返しで上体が突っ込む癖があるのですが、軸が左へ傾くことで、それが悪化していたように思います。スウィングへの違和感も大きく、昨年はスムーズに始動もできないほどになっていました。オフ期間中、トレーニングとともに私が重視したのは、“傾く”動きをなくすことでした。今はテークバックでしっかりと右に乗るように意識しているので、軸が左に傾かず、地面と垂直な状態をキープできています。軸が傾いていた原因は、“スタンスの広さ”だと思っています。私はもともと無意識のうちにスタンスが広くなりやすく、昨年はそれが顕著でした。結果、無理に捻転させようと、手で上げていたんだと思います。そこで、バランスよく立てていた一昨年のスタンス幅に戻したところ、捻転もしやすくなり、切り返しでの上体の動きも安定しました。 2020年のスウィング <バックスウィング>軸が左右に傾いていた ワイドスタンスで、軸が右に傾いた状態からテークバックし、切り返しでは逆に軸が左に傾いていた。「このときは始動にも悩み、ぎこちなくなっていました」 <ダウンスウィング>スムーズに下ろせなかった 「軸が左に傾いた状態で切り返していたので、スムーズに振り下ろせなかった」という稲見。無理に手で下ろしていたため、軌道も不安定だったという 2021年の最新スウィング テークバックで体重が右足に乗り、軸は傾かずに垂直をキープ。トップでも軸が左に傾くことなく、しっかりと捻転できている >>稲見萌寧のスウィングを別ウインドウでじっくり見る 飛んで曲がらない秘密は「ひじの使い方」にあり 自分のスウィングの好きなところは、ハーフウェイダウンからフォローにかけてのひじ使いです。男子プロからも褒められたりするんですよ(笑)。特に意識しているわけではないのですが、ハーフウェイダウンからインパクトにかけて右ひじが伸びきることなく、球を強く押せる形が作れています。右ひじが伸びてしまうと、インパクト時に手元が浮き、上体が伸び上がってしまいますが、これにより前傾をキープしたままインパクトを迎えられます。もう1つ、周囲から「インパクトからフォローにかけての左ひじの“抜き方”が上手い」とも言われます。私の持ち球はフェードなのですが、フェードを打つときに一番怖いのは引っかけです。インパクトからフォローにかけて、左ひじが伸びきっていると、左腕が外旋しやすくフェース面が必要以上に返ってしまい、球がつかまりすぎるという怖さがあります。フェースの向きを一定にキープしたまま、目標に向かって球を押すためには、インパクト以降で左ひじを抜いていく必要があるんです。オフ期間中、トレーニングを積極的に行った理由は、飛距離アップというより、捻転が深くなったことで速くなった回転スピードを支える「土台」を、より安定させたかったという気持ちからです。あくまでも私の持ち味はアイアンの精度なので、安定感も失いたくなかった。結果的に飛距離も少し伸びましたが、2021年も引き続きアイアンを武器に勝負していきたいですね。 男子プロからも褒められるという「ひじの使い方」。インパクト前後で右ひじの角度が変わらないことで、ボールを強く推していくことができる。またフォローで左ひじを上手く抜くことで、フェースが返りすぎるのを防いでいる 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月9日号より