Myゴルフダイジェスト

【プロ汁! ごっくん】石川遼、マッチョ化。上半身を鍛えるのって、NGじゃないの?

PHOTO/Hiroaki Arihara、Tsukasa Kobayashi、Hiroshi Yatabe

男子ツアーが開幕した際、石川遼の体型、とくに上半身が明らかにマッチョ化しているに驚いた方も多いだろう。上半身を鍛える効果について、専門家に話を聞いた。

解説/斎藤大介

渋野日向子の専属トレーナーを務める。野球選手や競泳選手などもサポート

日本ツアーにもマッチョブーム到来?

昨年までと比べると、まるで別人のような体型になった石川遼。下半身だけでなく、見るからに上半身が大きくなっている。ゴルフでは、上半身を鍛えすぎるのは良くないと言われることもあるが、ブライソン・デシャンボーに代表されるように、海外では上半身もパンプアップしている選手が少なくない。斎藤トレーナーによると

「下半身や体幹を鍛えると軸が安定するのはわかると思います。一方上半身に関しては、広背筋や上腕の筋肉量を増やすことで、下半身で生まれたエネルギーをスムーズにクラブへ伝達できるようになります。結果、トップをコンパクトにしても飛距離が変わらない、もしくは上がるのだと思います。ただ、多くのアマチュアはもともと下半身の筋力が弱かったり、クラブへのパワーの伝達が上手くいっていないケースがあるので、上半身だけをむやみに鍛えるのはオススメしません。下半身の強化も含め、バランスよく筋力をアップしていくことが大事です」

筋トレ効果か
飛距離、FWキープ率ともにアップ

20192020-2021
平均飛距離300.92Y304.72Y
FWキープ率52.33%55.07%
スウィング改造の効果もあり、飛距離だけでなく安定感もアップ

上半身の強化により軸ブレが抑えられる

上半身を鍛えることで、クラブの遠心力に対して拮抗する力が高まり、軸ブレが抑えられ再現性が高まるとともに、エネルギーの伝達効率が上がる。トップはかなりコンパクトになったが、ロスが減ったぶん飛距離も伸びている

それぞれの筋肉の役割は?

ペットボトルでカンタン筋力アップ

大臀筋と広背筋が一度に鍛えられる

両手に2ℓのペットボトルを1本ずつ持ち、前傾姿勢を取ったまま、真上に引き上げる。1日10回で十分。大臀筋と広背筋が来たえられる。片足立ちで行うとより負荷が高まり、上腕二頭筋なども鍛えられる

月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より

こちらもチェック!

  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • 鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週は米下部ツアーに挑戦する石川遼に注目。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa 9月のフジサンケイクラシックで、ボクは他人の練習ラウンドに18ホールつくという初の体験をしました。ついた相手は石川遼選手。まず驚かされたのが、その入念な準備と丁寧さでした。遼くんが持ち込んでいたのは、GCクワッドという弾道解析測定器で、標高も勝手に感知する優れもの。ドライバーからウェッジまで普段の飛距離と標高の高い富士桜CCとの差を、キャディと徹底的に確認していました。コースでは、練習で確認したことを淡々とやっている感じ。もともとショートアイアンの距離感は秀逸ですが、裏には入念な準備があることを思い知らされました。実は遼くんの了解を得て、キャディからデータをもらったのですが、これが試合でのラウンドレポートに大いに役立ったこともつけ加えておきましょう。 続きを読む 髪型もよく変える遼くんですが(笑)、同じようにスウィングも、傍目から見てもわかる改造に何度も取り組んできました。あれほど大きな改造をする選手は少ないし、周囲からいろいろな声があったのも事実。実際、今取り組んでいるコンパクトスウィングは、ボクも正直心配したことはあります。ただ今回、久々に遼くんを観察すると、新しいスウィングがようやく自分のものになってきた感じがしました。ドライバーは飛んでいるし、前のように大きく曲げることも減った。力感もバランスもよく、安定感が増したようです。精神的にもさらにひと皮むけたと感じます。以前、インタビューしたとき、遼くんが「すごい」と挙げた選手が、ビリー・ホーシェルとピーター・マルナティ。世界ランク18位、今年WGCデルマッチプレーでPGA6勝目を飾ったホーシェルですが、遼くんが挙げた理由は成績ではなくそのプレーぶり。選手は前の組を後ろから見ていると、だいたいバーディパットなのかパーパットなのか、2打目なのかトラブルがあった後の3打目なのか雰囲気でわかりますが、ホーシェルはそれがまったくわからなかったのがすごいと言っていました。マルナティに至っては、15年にツアー1勝しただけの選手。でも「いつもハッピーなオーラを出していて、テンションがまったく変わらないのがすごい」と言う。そうした選手たちに確実に近づいているのでしょう。かつては遼くんの周囲には、近づきがたいピリピリした雰囲気があったのも事実です。しかし最近では大人としての余裕が生まれてきたというのか……そういう部分がボクがひと皮剥けたと感じる正体かもしれません。それにしても周囲の声に惑わされず、あれだけ急激なスウィング改造に取り組めるのは、すごいという以外ない。成長し続ける強いメンタリティこそが、スーパースターである石川遼の石川遼たる由縁なのでしょう。10月19日から、カリフォルニアで開かれる米下部ツアー、コーンフェリーツアーの出場権を懸けたQスクール2次予選に挑戦。進化したスウィングとメンタルで再びアメリカの舞台で躍動する姿を見たいですね。 超コンパクトなトップとゆるやかな軌道のダウンスウィング 「今のスウィングサイズで打つことを最初にしたときは、30Yのアプローチをするくらいの感覚だったはず。それをこの短時間で結果をある程度出しながらここまで持ってくることは想像以上に難しいことです」 佐藤信人 さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より こちらもチェック! 「さとうの目」バックナンバー
  • PHOTO/Hiroaki Arihara、Tsukasa Kobayashi、Hiroshi Yatabe 男子ツアーが開幕した際、石川遼の体型、とくに上半身が明らかにマッチョ化しているに驚いた方も多いだろう。上半身を鍛える効果について、専門家に話を聞いた。 解説/斎藤大介 渋野日向子の専属トレーナーを務める。野球選手や競泳選手などもサポート 日本ツアーにもマッチョブーム到来? 昨年までと比べると、まるで別人のような体型になった石川遼。下半身だけでなく、見るからに上半身が大きくなっている。ゴルフでは、上半身を鍛えすぎるのは良くないと言われることもあるが、ブライソン・デシャンボーに代表されるように、海外では上半身もパンプアップしている選手が少なくない。斎藤トレーナーによると「下半身や体幹を鍛えると軸が安定するのはわかると思います。一方上半身に関しては、広背筋や上腕の筋肉量を増やすことで、下半身で生まれたエネルギーをスムーズにクラブへ伝達できるようになります。結果、トップをコンパクトにしても飛距離が変わらない、もしくは上がるのだと思います。ただ、多くのアマチュアはもともと下半身の筋力が弱かったり、クラブへのパワーの伝達が上手くいっていないケースがあるので、上半身だけをむやみに鍛えるのはオススメしません。下半身の強化も含め、バランスよく筋力をアップしていくことが大事です」 筋トレ効果か飛距離、FWキープ率ともにアップ 20192020-2021平均飛距離300.92Y304.72YFWキープ率52.33%55.07%スウィング改造の効果もあり、飛距離だけでなく安定感もアップ 上半身の強化により軸ブレが抑えられる 上半身を鍛えることで、クラブの遠心力に対して拮抗する力が高まり、軸ブレが抑えられ再現性が高まるとともに、エネルギーの伝達効率が上がる。トップはかなりコンパクトになったが、ロスが減ったぶん飛距離も伸びている それぞれの筋肉の役割は? ペットボトルでカンタン筋力アップ 大臀筋と広背筋が一度に鍛えられる 両手に2ℓのペットボトルを1本ずつ持ち、前傾姿勢を取ったまま、真上に引き上げる。1日10回で十分。大臀筋と広背筋が来たえられる。片足立ちで行うとより負荷が高まり、上腕二頭筋なども鍛えられる 月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki 日々変化と進化をいとわない石川遼。これまで度重なるマイナーチェンジを繰り返してきたが、今年の変化は一目瞭然。このコンパクトなトップは、どのような意図があるのか。本人を直撃! 昨年までとは明らかに変わり、余計な動きを減らしたコンパクトなトップに。この位置から体の回転でクラブを下ろしてくる。手を使わず、軌道をインサイドから、かつ低く下ろすことが狙いだ。「切り返したときにクラブが暴れて軌道が安定しないことがあった。トップを高く、深くすることは、僕にとってはマイナスだったんです」(石川) マスターズを制した松山英樹のスウィングが変わったことが話題になったが、石川遼もまた、絶賛スウィング改造中だ。昨年よりもコンパクトなトップ。それは微調整というレベルではなく、誰の目から見ても明らかな変化。これについて、石川本人に話を聞いた。「トップの位置は、結果的にこの形になっただけで、意図的に低くしているわけではありません」では、何を求めた結果、この位置に収まったのか?「再現性の高いインパクトを求めた結果です。再現性の高さを考えた場合、クラブを低い位置から入れ、できるだけインパクトゾーンを長く保っておきたい。そうなると、ダウンスウィングも早い段階で低い位置にいたいんです。インパクトから逆算し、余計な動きを排除した結果、このトップの形になったんです」再現性を求めることで、飛距離が犠牲になりそうだが……それを察したかのように、石川は続けた。「トップは大きいほうが、スピードが出て飛ぶと思うかもしれませんが、僕の場合は、それだと確率が悪くなってしまうんです。スウィング改造に取り組み始めたときはもちろん、飛距離は落ちましたが、徐々に戻ってきたし、今では前よりも飛んでいます。確率もよくなっていますよ」現に、ドライビングディスタンスでは297.5ヤードで4位につけている。「まだまだ発展途上の段階ですが、試合でも思ったとおりのスウィングができつつある。もっと練習を重ねて早く自分のものにしたいですね」 練習では、ダウンスウィングの軌道を入念にチェックしている。飛んで曲がらない指標であるトータルドライビングは現在3位。スウィング改造の成果に期待したい 石川遼の最新スウィング ※データは4月22日現在のもの 週刊ゴルフダイジェスト2021年5月11・18日合併号より