Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】真っすぐ構えられているか不安……そうだ、ボールに線を引こう! そんなのアリ?

【ゴルルとルール】真っすぐ構えられているか不安……そうだ、ボールに線を引こう! そんなのアリ?

監修/小山混
PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号14

板倉由姫乃

ゴルル会員番号47

満石奈々葉

パー3にやってきた板倉と満石。ここまでのスコアを挽回すべく意気込む満石だったが……。

「ここは絶対パーを取るぞ~」

「うーん、なんか立ちづらいな……」

正しい方向に構えられているか確証が持てない満石。

「そうだ!

満石はおもむろにペンを取り出し、何やらボールに線を引き始めた。

「これで真っすぐ構えられるわ」(満石)

「あわわわ……」(板倉)

「ラウンドの途中でボールに線を引いたらボールの性能が変わったとみなされるから、それを打ったら失格になってしまうわよ」と指摘する板倉に対し、満石は「ボールに線を引くことは性能の変更にはあたらないから問題ない」と主張。果たして正しいのは?

正しい向きに構えやすくするため、打つ前にボールに線を引くのは認められる?

A. 認められる
B. 認められない

正解は……

A「認められる」

プレーヤーは、球をこすったり、温めたり、何らかの物質を付けたりして(球をふくときは除く)性能特性を故意に変えた球でストロークを行ってはならない(規則4.2a)。今回のように球に線を引くことは、球の性能そのものを変えたとはみなされないため、打つ前に線を引いても問題ない。

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月1日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』