Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】バンカーから球を打ったあとにクラブで砂に触れた。罰はあり? なし?

【ゴルルとルール】バンカーから球を打ったあとにクラブで砂に触れた。罰はあり? なし?

監修/小山混
PHOTO/Yasuo Masuda

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号40
萩原菜乃花

ゴルル会員番号48
渥美友里恵

2打目をグリーン手前のバンカーに入れてしまった萩原。ピンは奥なのでしっかりと距離を出したいところだが……。

「これは思いっきり打たないとダメね」

「てやっ! あ……」

飛ばそうとして力んだせいで、ヘッドが砂に深く入りすぎてしまう。

「ぜんぜん飛ばなかった~」

ボールはバンカーから出たものの、ピンまではかなりの距離が残ってしまう。

「砂が思ったより軟らかかったな~。次は気をつけよう」(萩原)

打ったあと、クラブで砂に触れて悔しがる萩原。それを見ていた渥美は……。

「あれ、いまクラブで砂に触らなかった? 打ったあとでも、砂に触れるのはNGのはずよ」と指摘する渥美に対し、萩原は「ボールがバンカーから出てしまえば、砂に触れても問題ないと思うけど……」と主張。果たして正しいのは?

バンカーからボールが出たあとにクラブで砂に触れた。どうなる?

A. 罰なし
B. 2打罰

正解は……

A「罰なし」

バンカー内の球に対してストロークを行う前に、砂の状態をテストしたり、次のストロークについての情報を得るために手やクラブ等でバンカーの砂に故意に触れることは禁止されている(規則12-2b(1))。しかし、バンカー内の球をプレーした後、その球がそのバンカーの外にある場合、バンカーの砂に触れても罰はない(規則12-2b(2))。ただし、バンカーからプレーされた球がそのバンカーに戻ってきた場合は、再び規則12-2b(1)が適用される(規則12-2b(3))。

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月22日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』