Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【渋野日向子のスウィング改造 #3】ダウンで“引く”からヘッドが走る! ポイントは「左足の踏み込み」

【渋野日向子のスウィング改造 #3】ダウンで“引く”からヘッドが走る! ポイントは「左足の踏み込み」

大胆なスウィング改造に踏み切り、見事結果を出した渋野日向子。我々一般ゴルファーが渋野の新スウィングから学ぶべきポイントはどこにあるのか。渋野がスタート前に行っている練習にそのヒントがあった。

PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/川崎ゴルフ練習場

解説/阿河 徹

あがとおる。大学在学中にアメリカへ留学、米国理論を学ぶ。帰国後、金田久美子や塩見好輝など、多くのツアープロを指導

●CONTENTS●
>>#1 渋野日向子のスウィング改造変遷史

>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ
>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る

ダウンスウィングは
引くことから始まる

スタート前の練習で渋野が必ず行う、ゴムチューブを使った運動。これは何のためにやっているのか?

「新スウィングのトップのように、シャフトが寝た状態からであれば、ただ引っ張るだけでクラブが合理的な動きをする(シャフトが立ち、フェースが閉じる=ボールがつかまる方向にトルクがかかる)ので、引っ張れば引っ張るほど、スピードが上がるだけでなく、クラブの安定性も高まるようになっています。だからこそ、こうした練習で引き始めの動作確認をすることは重要です」(阿河)


ゴムチューブの片側を固定し、左足の踏み込みとともに左サイドで引く。トップから「引く」感覚を確認することができる

「ただし、強く振るほどダウンスウィングの途中から、ヘッドは遠心力で外側(アウト)に出ていこうとするので、それに対抗できる筋力が必要。スウィング改造と並行して行っていたフィジカル面の強化は、このヘッドとの『引き合い』に負けないためのもので、その点も彼女は用意周到です」(阿河)

ダウンスウィングでクラブを「引く」方向は一定ではない。インパクト直前では、体の外側へ向かうヘッドの遠心力に対抗するため、体の方向に引く力が必要になる

「振られる」タイプは飛距離が出にくい

「体側に引き込む意識を持たず、ヘッドの遠心力に任せて振られるようなスウィングもあります。間違いではありませんが、これだと飛距離は出にくいです」(阿河)

切り返しは左足の踏み込みから
スタートしよう

トップからの切り返しでクラブを引き下ろすうえで注意したいのが、手先の力で引かないこと。

「渋野選手のように引っ張って飛ばすには、切り返しで左足の踏み込みをきっかけに動き出すことが必須です。アマチュアの方は、右手や右肩が最初に動きがちで、そうなるとクラブが正しい動きをしてくれません」(阿河)

左足からスタートできれば、その後、腰、胸、腕、クラブと下から順番に動きが伝播していく、いわゆる「運動連鎖」が働いて、無理なく楽に引っ張れるのだ。

左足の踏み込みから“引き”の連鎖が始まる

(1)左足を踏む
(2)下が上を引っ張る
(3)胸が腕を引っ張る
(4)腕がクラブを引っ張る

切り返しで左足を強く踏み込むことで、左足を回転軸にできる。左足を中心に骨盤が回転すると、続いて胸、腕が引っ張られ、最後にクラブが加速して下りる

切り返しで手の位置が下がり始める前に、左足は踏み込みを終えて、左足を中心とした回転動作に移行している。この動きがあるからこそ、力強くクラブを引っ張れる

週刊ゴルフダイジェスト2021年1月4日号より

こちらもチェック!

  • 14本のクラブセッティングは、時代とともに移り変わってきたが、近年、アイアンのストロングロフト化の影響もあり、プロの間でも急激にセッティングが変化している。そこで改めて、クラブセッティングをどう考えればいいか、専門家に聞いてみた。 TEXT/Kosuke Suzuki PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Hiroyuki Tanaka、Tomoya Nomura THANKS/マグレガーCC、相模湖CC 解説/松吉宗之 クラブ設計家。フォーティーンで故・竹林隆光氏のもとでクラブ設計を学び、2018年に「Juicy」を設立した アイアンが担う領域が狭くなっている みなさんのキャディバッグには、アイアンが何本入っているだろうか。「5番はもう打てないから抜いた」と、6番~PWの5本という人がいる一方で、コースではほとんど使わない4番までがバッグに入っていて、7本という人もまだまだ多いだろう。実際は5番~PWの6本という人がもっとも多いと思われるが、どうやらこういった、アイアンが6~7本を占める「普通」と思われていたクラブセッティングは、過去のものとなりそうだ。というのも、今年スタンレーレディスで復活優勝を遂げ、さらに樋口久子三菱電機レディスで今季2勝目を挙げた渋野日向子選手のキャディバッグを覗いてみると、なんとアイアンが6番~9番の4本だけなのだ。そしてFW、UTが各2本、PW代わりの46度を含め、ウェッジが4本というかなり斬新なセッティングだった。渋野選手だけでなく、こういったウッド類が多いセッティングは女子プロを中心にツアーの現場でもどんどん増えているし、ウェッジが4本入ったセッティングは米PGAツアーでも主流になりつつある。 渋野日向子もアイアン4本 5Wはなく、FWは3W、7Wの2本。UTが2本でアイアンは6~9番の4本。PWの代わりに46度と、52、54、58度の計4本のウェッジが入っている。一見飛ばし屋のセッティングとは思えない個性的なラインナップ 渋野選手のような「アイアン4本」のセッティングはアマチュアにとって今後のスタンダードになるだろうと話すのは、クラブメーカー「ジューシー」代表でクラブ設計家でもある松吉宗之さんだ。「アイアンのストロングロフト化が進むいま、従来のようにドライバーと5~7本のアイアンセットをベースに、空いているところをFW・UTとウェッジで埋めて距離やロフトの階段を作るセッティングは実用性を失いつつあります。アマチュアにとっては、7番~PWの4本程度のアイアンをベースに、ウッド類とウェッジ類は各4本投入し、(ドライバーとパター以外の)12本を構成することを基本形態として考えるのがおすすめです」 続きを読む 松吉さんによると、ヘッドスピード40㎧前後のアマチュアにとって、ストロングロフトアイアンでは、4、5番はもちろん、場合によっては6番でさえ球が上がり切らないということもある。一方でPWは、機能面でも使用機会としてもウェッジ的要因を失いアイアン化が進んでいる。そうなると、本来アイアンが持っている、グリーンを狙うクラブとして「距離を刻む」機能を担うのは、7番~PWの4本程度のアイアンだけになるだろうというのだ。「アイアンで十分なキャリーと高さが出せない長い距離の領域は、狙った距離を刻むというよりもグリーン周りにやさしく運ぶことが目的となります。これがFWやUTの役割。そしてフルショットだけでなく距離の加減や弾道の高低をコントロールしてピンを狙う役割を担うのがウェッジ。これらがアイアンの上下でそれぞれの役割を果たすことで、初めて実戦的な12本が整うと言ってよいでしょう。これらは、プレーヤーのヘッドスピードや腕前、使っているクラブなどによってもちろん本数が増減します。ヘッドスピードが速い人やロフトの寝たアイアンを使っている人なら、6番や5番アイアンでも距離を刻めますし、超ストロングロフトアイアンを使う人なら、PWのさらに下までアイアン的な用法になるかもしれません。いずれにせよこれからは、この3つのグループをどのクラブにどう分担させるかでクラブセッティングを考える時代になっていくと思います」 3つのグループに分けて考える時代がやってきた! 【FW&UT】やさしく「運ぶ」クラブ FWやUTのようにアイアンよりも深・低重心で球が上がりやすく飛距離を出しやすいクラブは、グリーンに球を止めるには技術が必要だがグリーン周りまでやさしくボールを運ぶことには長けている。アイアンのロフトが立つほど重要性が増すカテゴリーだ 【アイアン】距離を「刻む」クラブ アイアンは、番手ごとに10~15ヤードの間隔で距離を刻んで分担し、グリーンを狙うクラブ。フルショットで使用し、スピンの入った球で必要なキャリーを出し、グリーンにボールを止める能力が求められる。これを満たさないものは、アイアンとしては不十分 【ウェッジ】距離を「打ち分ける」クラブ 本来のウェッジの役割は、アプローチをしたり、距離の微調整や弾道をコントロールして正確に距離を打ち分けること。それにはアイアン的な形状よりも、ウェッジ的な形状で「飛びすぎない」性能を備えたクラブが適している 上の番手が打てているか下の番手をどう使うか では3つのグループの組み合わせをどう考えればいいのか。さらに松吉さんに聞いてみたところ、まずは自分が使っているアイアンのロフトや飛距離をしっかり把握することが大事だという。「たとえばPWのロフトが40度を切るような今どきの超ストロングロフトアイアンを使っているとします。これがドライバーのヘッドスピードが40㎧程度の人だったら、23~24度の6番アイアンでは高さが出せず、おそらく『距離を刻む』用途では使えません。つまり、アイアンとしては考えないほうがいいということ。一方、ロフト37~38度のPWは110~120ヤード前後飛ぶでしょうから、距離を「打ち分ける」ウェッジというより、「距離を刻む」アイアンとして考えるべき。こういうケースでは、7番~PWの4本で十分です。これがロフトの寝たアスリートモデルアイアンだったら、また番手構成も変わります。ドライバーで43㎧くらいの人なら、多分5番でも十分に『距離を刻める』でしょう。一方でPWはウェッジ的に使っているのであれば、セットとし5番~PWをバッグに入れ、アイアン的に使うのは5番~9番の5本という感じになります」 ストロングロフトの飛び系アイアン6番では十分な高さが出せない可能性も アスリートモデル5~9番をアイアン、PWをウェッジと考える こうして「距離を刻む番手」が決まったら、そこから上の「やさしく運べるクラブ」と、場合によってはPWを含めた「距離を打ち分ける用のクラブ」を何本入れられるかが決まる。いずれにしても「アイアンセットが何番から何番なのか」ではなく、「どのクラブをどのように使うのか」を基準に判断することが重要だ。「FWやUTに関しては、ブランドを統一することはおすすめしません。この領域は、実は(1)ティーショット用のクラブ、(2)芝の上からいちばん飛ぶクラブ、(3)アイアンの上の距離をカバーするクラブの3つの用途があるので、それぞれに適したモデルを、ブランドにとらわれずに選ぶことが大事です」もちろんティーショットでFWを使わない人は(1)のタイプのクラブは不要になるし、もっと下のUTなどの番手に任せてもよい。(2)のタイプはヘッドスピードやモデルによって適したロフトが異なり、必ずしも3Wが必要なわけではない。(3)に関しても、顔の好みや求める弾道などによってFWとUTを柔軟に組み合わせて考えよう。「ウェッジも、モデルをそろえたりロフトを等間隔に並べる必要はありません。打ちたい距離や使い道に応じて、必要なモデル、ロフト、バウンスのウェッジを組み合わせましょう」 Point 1FW・UTはブランドをそろえず用途を明確に ロフト15~16度では芝の上からでは十分な高さが出せないケースも多いのでヘッドスピードが遅めの人は、ティーショット用と分けて考える必要がある。「芝の上からいちばん飛ばせるクラブ」も、18度の5Wや、ヘッドスピードによっては21度前後の7W等の場合もある。その下の番手は、FW、UTを好みや用途によって柔軟に組み合わせてみよう Point 2ウェッジはいまや誰でも3~4本 PWをアイアン的に使う人はその下から、PWをウェッジ的に使う人はPWも含めて3~4本でウェッジを構成。とくに飛び系アイアンを使っている人は、低重心で四角い顔をしたアイアンでは飛びすぎたり球が強くなりすぎるので、丸いウェッジ的な顔の高重心の単品モデルを使いたい。ロフトを等間隔にそろえるのではなく、打ちたい距離を打てるロフトや、バンカーや球を上げる用など、用途に応じたモデル・ロフト・バウンスを組み合わせよう 月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より
  • 国内最終戦「リコーカップ」をスキップし、米女子ツアーのQスクールに挑むべく渡米した渋野日向子。インタビュー等で渋野が語った言葉を振り返ると、改めて2021年に懸けた想いと進化が見えてきた。 PHOTO/Shinji Osawa 「トップの位置の手が右肩より上がらないように」 今年の開幕戦、渋野は誰の目にも明らかなほど変化したスウィングを引っ提げて登場した。「トップの位置を気にしています。今までは高めに上げていたのをちょっと低めに。安定性、正確性が高いショットを打てるように」と話をした渋野。「今までのいいところにプラスアルファでやっていかないともっと上のレベルにはなれない。咋年アメリカに行ったときに感じたので日本でもやらないといけません」今オフ、コーチの青木翔氏からひとり立ちした。「クラブのことも、自分のシャフトのスペックもロフトも知らなかった。必要最低限のことは知る必要があります」 「トップに上げたときに自分の右肩よりも手が上がらないことを目指している。横振り、円っぽいスウィングです」。この1年、試合でも試しながら改造してきた。ドローヒッターだった渋野が一番嫌なのが左に出るミス。「切り返しのタイミングやテンポの速さ、スタンスの向きが原因のことが多いです」 「100Y以内のレベルアップが必要」 石川遼などの助言を得て自分で考え“新生・渋野”として取り組んだのはスウィングだけではない。クラブセッティングも替えた。大きな変更は46度、51度、54度、57度のウェッジ4本体制にしたこと。「100Y以内のレベルアップのため。パー5のバーディ率が上がるし、短いパー4でもバーディが取れる可能性が広がります。今までは51度で5割の力で打っていたものを54度がカバーしてくれる。アゲンストのときに60Yを57度で打つ必要もなく54度で風に強いボールを打てる。バリエーションが増えていくので、これからも課題にはなります。クラブ選びもめちゃくちゃ楽しいんです」 「周りにどう言われようが関係ない」続きはこちら パー5のマネジメントという点でも「100Y以内の練習をすることで、刻んでもバーディチャンスにつけられる。新しい攻め方です」練習で正確な数値を計測するようにもした。「今まではピンやエッジまでの距離しか考えていなかった。自分のフルショットしたときの距離感しか頭に入ってなかった」「13本のキャリーを調べる。各地で気温や飛距離が変わってくるので毎週やる。振り幅を把握することで、それを基準に試合中でも対応できるように練習します」 「今までスタンスの向きやウェッジの距離感などは考えて打ってなかった」。4本での打ち分けやアプローチの引き出しも増え、それが生きた試合も多い スタッツも気にするようにした。「一番見ているのがパーオン率。そこが少しずつ上がってくれば今やってることは合っているんだととらえることができます」これらの劇的改造に否が応でも外野のいろいろな声が届く。「今やっていることにまったく不安はないですし、周りにどうこう言われようが私は関係ない。まだまだ始めたばかりですけど、これからも日本でもアメリカでもどんな場所でも自分の意志を貫いて最後までやり遂げたいです」トレードマークの笑顔についても「笑顔だったりそういうところは今まで通り貫いていければいいなという思いはあるけど、どうしても集中するところは顔が強張ってしまうと思う。頑張っているなというところも見ていただければ」と語った。 「3年後のパリ五輪は出たい」 5月からはしばし、米ツアーに舞台を移す。ここで、結果には表れないが確かな経験を積んだ。「全米女子オープンは自分のゴルフに対して諦めていた。全米女子プロは残り2ホールで予選カットまで1打という状況で3つ伸ばせたのは最後まで諦めなかったから。新しい一歩と感じました」得たものは多い。アプローチの引き出しが増えた。もっと高いボールを打ちたい、もっと飛ばしたいと思うようになった。そして、“面白いゴルファー”になりたいとも。「アメリカで見ていて面白いゴルフだと言ってくださる方が多くて。私には残った言葉です」7月の東京五輪の出場は逃した。「選ばれなかったのは実力不足、悔しい気持ちもある」。しかし、大好きなソフトボールチームなどの活躍を観て感動し涙が出た。「3年後のパリ五輪は出たい。1度は日本代表としてオリンピックに出たい気持ちは強くなりました」「パラリンピックも含めて観て、もっともっとそういう夢や希望を与えられるスポーツ選手になりたいと改めて感じました」その後、国内3戦を挟んで出場した全英女子オープンでも手ごたえを感じた。「ギリギリアンダーで回ることができ、途中いいゴルフもできた。少しずつ前に進めているなと再確認できました」ここからは日本ツアーでの連戦だ。Qスクール(米女子ツアー予選会)に向けて、しっかり課題をもって取り組む。少しずつプレーがかみ合ってきた。「今までよりはチェックポイントが減ったぶん、思い切り振れるようになって、ドライバーの飛距離も出て安定感は増している」「パットも自分の打ち出したいところに打てる回数が増えてきていた」ウェッジ4本の効果も試合ごとに出てきた。バーディにつながるショットが増えた。ミスに対する修正力も高まった。前向きな言葉が出てくる。「ショットはよくなって、パーオン率も上がっている。パットとバーディ率をもう少し上げたい」「この難しいピン位置だったりグリーンの速さのなかで少しずつスピン量も増えてきていい感触になっている」「最近歩くペースをゆっくりにした。プチンとなった瞬間に堂々と前を行く感じで、スウィングのテンポもゆっくりと心がけながら。だんだん理想と近いショットを打てるようになってきたら、他のことも考えられるようになってきたのかな 同組でラウンドすることの多い同世代と楽しみながら切磋琢磨する。「萌寧は外しちゃいけないところに外さない、外しても絶対ボギーを打たない。ゴルフのお手本です」 「18番は集大成だった」 変化を恐れては成長しない。もちろん、葛藤もある。「飛距離を出したいからといってスウィングを崩してしまうのは後退。欲を捨てて飛ばない自分を受け入れて最後まで戦わないといけないというところも変えていきたい」そうして、9月のスタンレーレディスでプレーオフの激戦を制し、ツアー5勝目を挙げた。言葉があふれだす。「こんな早く勝てると思っていなかったので不思議な気持ちでいっぱい。すごく嬉しいです」「この2年間勝てないと思ったことはめちゃくちゃあります。女子プロゴルフは世代交代がめちゃくちゃ早い。2年前にレギュラーツアーに出始めたのに、もう思ってしまうくらい。自分が置いていかれる感があります。去年は自信がなかった。淡々とこなしてきたような気はします」「どの優勝も嬉しかったけど、すごく考えることの多い優勝だった。何か変わることはないけど、ちょっと自信にはつながるなと。前向きになれたし、活力が湧きました」 「今までスウィング改造を行ってきた集大成が、最終18番のすべてのショットで出たのではないかと思います」。優勝後の涙は「いろいろ思い出しての涙です」 2戦連続優勝のチャンスは雨に阻まれたが、予選落ちを挟んですぐ、またもプレーオフとなった三菱電機レディスで優勝した。「見てる側からするとハラハラドキドキするようなゴルフだったと思うので、そういう面白い勝ち方ができて嬉しかったです」 「お客さんがいないと本領発揮できない」 誰よりもファンを大切にする渋野は、コロナ禍の無観客試合に寂しさを感じ、ギャラリーの存在に力をもらえることを改めて感じていた。「いい意味で調子に乗れるタイプなので」「これだけの人数のなかでやるのは久しぶりだったので緊張しましたし、やっぱりこれが試合だと思いました。あるべき女子プロゴルフの試合だと」 「見に来てくださる方がいて自分も楽しめる」と渋野。ギャラリーの多いなかでバーディを取ったり「魅せるゴルフ」ができると嬉しいという 「周りの評価に負けないよう自分の意志を貫いてやりたい」 「新しい自分を見つけたいというのもありますし、つくっていきたいという感じでもあります」と始めたスウィング改造が、渋野の心技体を鍛え、「ゴルフ脳」を鍛え、アメリカ挑戦への武器となる。感情コントロールも意識しているが、ときどき「プチン」とすることがある。だから、何度も自分に言い聞かせる。「目の前の一打一打をしっかりやる」そしてこの1年ずっと言い続けてきた言葉がある。「自分の伸びしろはまだまだある」ということ。「まだまだやることがたくさんあるので今は楽しい。ショット力も上げたい、飛距離も伸ばしたい、アプローチ、パットの精度も上げたいので本当に全部です」こうして渋野は2019年の自分を超えるべく進化しつづける。「新しい自分だけど19年の自分でもあるわけで、混じって今の私がいる」「19年の自分が“渋野日向子”みたいな感じで私も思ってるし、思われてるし、そこを基準にしてしまう。でもこれから変わっていく渋野日向子が基準になっていくのを自分でも確かめたい」一区切りするエリエールレディスの週に23歳になった渋野は、「22歳も変化することに対して恐れないようにやってきたつもりですが、23歳も22歳でつくりあげたものをもっともっと積み上げていけたら」「日本で戦っているだけではアメリカで戦うのに必要なものは見つけられない」と思い決断したアメリカ挑戦。そのために取り組んでいるスウィング改造。「今やっていることを突き詰めていければ来年アメリカツアーでも戦えるかなと思っています」「その(米下部ツアー)選択肢はあります。難しいというか全然違うとは聞きますが、経験する価値はすごくある」「緊張感のなかで自分のイメージした、計算したプレーができるか。タテ距離もですし、ラフでどれだけボールが食われるか、風に対する計算など、Qスクールに向けて数字で把握していれば何かしらの対策はできると思います」19年、一夜にしてシンデレラとなった渋野日向子は、自らの手で新しい靴を履き、新しいステージに向けて確実に歩んでいく。 優勝し雑音も打ち消した。「新しいスウィングで勝ったとき、あーだこーだ言ってた人を見返したいという気持ちを片隅におきながらやっていました。やってきたことは間違っていなかったと思わざるを得ない結果だと思います」。そして、継続していけば2年前の自分より強くなれると考えている。伊藤園レディスでも朝もやの早朝から黙々と練習する渋野の姿があった 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より
  • スウィングではよく「下半身リード」が大切と言われるが、近年、効果的な下半身の動かし方が変わってきているという。スウィング改造に取り組んでいる渋野日向子も、下半身の使い方を意識したトレーニングを行ってきたという。まずは、渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏に話を聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki 解説/斎藤大介 16年から米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活躍中。現在、小誌で『らくトレゆるスト』を連載中 自分の意思をしっかりと体に伝えられることが重要 今季からスウィング改造に着手し、春先はなかなか結果が出なかった渋野日向子だったが、シーズン中盤から本来の飛距離が戻ってきて、10月に2勝。結果に結びついてきた。その陰には、専属トレーナーである斎藤大介氏と取り組んできた下半身強化があるという。 続きを読む 「昨年までは飛距離よりもスウィング作りにフォーカスしてトレーニングしてきました。そして、今年に入りスウィング改造に取り組んだことで、徐々に飛距離を上げていくトレーニングを組み込んでいきました。下半身の強化がメインですが、単にパワーをつけるだけではなく、自分の意思で、部位、特に股関節を動かせる機能性も高めるトレーニングをしています。ゴルフはいかに再現性を高くスウィングできるかが大切です。出力だけではなく、『こうしたらこう動く』という自分の意思を体に伝達させることが重要なポイント。下の写真のような傾斜地でもブレることなくショットができるのも、下半身の強化と使い方が上手くいっている証拠だと思います」(斎藤) ゴムチューブを使って行う練習前の下半身トレーニング 練習前に渋野が行っているウォームアップのひとつ。アドレスの姿勢から左手にゴムチューブを引っかけて、肩甲骨や腹斜筋の動きを確認しながら引っぱる。この動きができるようになってくると、自然と下半身の動きもよくなってくる 渋野日向子がやっている股関節ストレッチ 下半身リードを身につける上で、股関節の動きが非常に重要だという斎藤コーチ。「渋野選手は必ず下記のようなストレッチを行い、股関節周りの筋肉を刺激してからショット練習します。こうすることで、股関節の動きを自分で意識しながら振れるようなってきます」 (1)クラブを担いで股関節から前屈 上体を丸めることなく、股関節からしっかりと前傾させていく (2)足を踏み出して上体を伸ばす 足を前に踏み出す。これも股関節付近の筋肉を刺激する (3)足を左右に踏み込みながら上体を回す 足を閉じた状態から、テークバックとフォローの動きをする >>【後編】現在の下半身リードと以前の下半身リードとの違いとは? 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より 斎藤大介の「らくトレ」バックナンバーはこちら