Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【50歳を過ぎたら“反力”で飛ばす!】<後編>踏み込みのタイミングをつかむ練習法

【50歳を過ぎたら“反力”で飛ばす!】<後編>踏み込みのタイミングをつかむ練習法

地面反力を利用してラクに飛ばすためには、自分の軸足のタイプを知って、それに応じた踏み込み方をする必要があることを教えてもらった。最後は正しい動きを身につけるための練習法をご紹介!

PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/高室池GC

解説/吉田直樹

よしだなおき。1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで有名コーチの指導を受けた。現在、谷原秀人プロ、上井邦裕プロ、石川明日香プロのコーチを務める。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」を主宰

>>【前編】あなたの「軸足」はどっち? 簡単チェック法

>>【中編】軸足のタイプに応じた正しい踏み込み方

「ひざを曲げて腕を振る」
ラジオ体操を思い出そう

GD 軸足も踏み込み方も理解できたんですが、難しいのが腕を振り下ろすタイミング。どうしても腕が先の下りてきてしまい、手打ちのようになってしまいます。

吉田 そういう人には「ラジオ体操」をおすすめします。

GD えっ、ラジオ体操!?

吉田 そうです。ひざの屈伸に合わせて、両腕を左右に開いていくあの動き。実は、あの動きは反力打法そのものなんです。体の重心を上下させる反動で腕を振る、あれこそが地面反力を使うコツです。

GD ラジオ体操なら昔よくやったし、誰でも簡単にできる運動ですよね。

吉田 あの動きを左腕だけでやれば、ゴルフのスウィングに近づきます。反力打法は切り返しからひざを曲げて伸ばしていくタイミングが重要なのですが、ラジオ体操の要領でやればすぐにつかめると思います。


STEP 1
ひざの屈伸に合わせて両腕を振る

「腕を体の前でクロスさせて、そこからひざを曲げ伸ばしする屈伸運動に合わせて、両腕を振ります。腕を脱力しておくことがポイントです」(吉田)

STEP 2
ひざの屈伸に合わせて左腕を振る

「ラジオ体操を左腕だけで行う要領です。両足を肩幅に開き、体を前傾させます。ひざを屈伸させるスクワット運動に合わせて、左腕を振ります」

STEP 3
ひざの屈伸に合わせてボールを打つ

「左手でクラブを持ち、ひざを屈伸させるスクワット運動に合わせて、クラブを振ります。最初は素振りから。慣れてきたらボールを打ちます」

「ラジオ体操ドリル」を動画でチェック!

軸足タイプ別
踏み込みドリル

GD ラジオ体操の要領で、ひざを曲げ伸ばしすればいいのなら、地面反力が使えそうな気持ちになってきました。

吉田 そうでしょう? では最後に、軸足タイプ別の踏み込み方をマスターするためのドリルを紹介します。

GD お願いします。

吉田 この「フォースペダル」を踏んでスウィングしてください。軸足でペダルを踏むんですが、置く位置が重要です。正しい位置に置くことで、自動的に正しい方向に踏むことができます。

GD それなら、間違った動きを覚えてしまうこともありませんね。

吉田 フォースペダルは、シリコンゴム製で弾力性があるので、地面から受ける地面反力を増幅してくれます。

GD いかにも飛びそう。昔、体育の授業でやった飛び箱のロイター板みたいですね。

吉田 ペダルを踏むタイミングは、切り返した瞬間です。もし、感じがつかめなかったら、ラジオ体操を思い出せばいいですよ。

「左軸」タイプ

左つま先外側でペダルを踏む

v「左足タイプの人は、左つま先の外側にペダルを置き、切り返しでペダルを強く踏み込みます。ペダルはシリコンゴム製で弾力があるので、地面反力を増幅します。最初は素振りから。慣れてきたら実際にボールを打ちます」(吉田・以下同)

動画でチェック!

右軸タイプ

右のつま先でペダルを踏む

「右足タイプの人がペダルを置く位置は、右足のつま先。切り返しからつま先方向にペダルを蹴るように右足を伸ばしていきます。素振りでコツをつかんだら、ドライバーのハーフショット、フルショットに進んでください」

動画でチェック!

両足軸タイプ

両足外側でペダルを踏む

「切り返しで、両足が一瞬ガニ股になる両足タイプの人は、両足つま先寄りの外側にペダルを置きます。反発力の強いイエローを左に置いてください。同じように、素振りから始め、振り慣れてきたらボールを打ちます」

動画でチェック!

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Takanori Miki 1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬が飛ばしの秘訣を伝授する本連載。今回は踏み込むことが飛距離につながることについて改めて解説してもらった。 小澤美奈瀬おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っている。USLPGAティーチングプロ https://my-golfdigest.jp/lesson/p35838/ 前回のお話はこちら こんにちは! 9月に入って少しずつ涼しい日も増えて、気持ちよくラウンドができるシーズンになってきましたね。さて今回ですが、改めて踏み込むことの重要性、いわゆる地面反力についてお話ししたいと思います。地面反力がなぜ飛距離アップに重要なのかというと、ものすごく簡単に言えば、体の回転スピードが上がるからです。 続きを読む トップからダウンへ移るとき地面を踏み込みます。そのときに反動として生じる地面からの反発力を、体の回転運動へと変換できるということです。フィギュア選手がスピンジャンプをする際に一度地面にグッと踏み込むのと同じで、ゴルフでも、切り返しで地面を踏み込むことで、ダウン~インパクトで素早く回転することができるのです。でも、頭の中ではわかっていても、なかなか上手くできないという人も多いでしょう。そこで私が今回お伝えしたいのは、ミスしてもいいので勇気を出して“極端にしゃがんでみる”です。一度でいいので、頭1個ぶん沈んでみてください。あとはインパクトで思い切り伸び上がるだけで、想像以上に速く振れる自分に出会えるはずです。ただし、伸び上がるときに、腹圧が抜けてしまうと手元が浮いてミスショットになるので、そこだけ注意してぜひトライしてみてくださいね! これくらい踏み込むイメージで振ってみてください トップからダウンにかけて地面を踏み、インパクトで蹴る動きを使うことで、体を素早く回転させることができるする。極端に踏み込んでみると、ヘッドが走る感覚を体感できるはずだ。「インパクトで手元が浮かないように、腹圧もしっかりかけてくださいね」(美奈瀬) 撮影シーンを動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 週刊ゴルフダイジェスト2021年月9月21日号より 「ミナセの小部屋」バックナンバー
  • PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki、Blue Sky PhotosTHANKS/三好CC 飛ばしの最新テクニック「シャローイング」を極めるには、これまで常識とされていた「上から下」ではなく、「横から上」に振る必要があると前回説明した。では、どうすれば「横から上」に振ることができるのか。吉田直樹コーチの指導を受け調子を上げている上井邦裕プロを交え、その極意を教えてもらおう。 吉田直樹 よしだなおき。1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで有名コーチの指導を受けた。現在、谷原秀人プロ、上井邦裕プロ、石川明日香プロのコーチを務める。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」主宰 上井邦裕 かみいくにひろ。1982年生まれ。大阪府出身。05年にプロ転向し、08年に初シード獲得。2019年の秋から吉田直樹コーチとスウィング改造に取り組み、飛んで曲がらないスウィングを手に入れた。三好CC所属 <吉田直樹のシャローイングレッスンをおさらい>【第1弾】「シャローイング」は“する”ものではなく勝手に“なる”もの【第2弾】シャローイングを極めるには「シャットフェース」が不可欠【第3弾】“上向きの力”を使いこなそう! 力を出すときには自然としゃがみ込む動きを使っている GD 「横から上」に振るのが大事とのことですが、具体的にはどうやって振ればいいのでしょうか?吉田 たとえば、バケツに入れた水を遠くまで飛ばそうとしたら、ちょっと腰を落として踏ん張りますよね。GD はい。吉田 このしゃがみ込み動作は、力を出すときの本能の動きなんですよ。ゴルフスウィングもこれと同じ。ボールを遠くまで飛ばすのだから、切り返しからしゃがみ込むのが自然なんです。GD なるほど。吉田 しゃがみ込んだままクラブを振るとどうなります?GD なんだか、ダフりそう。吉田 そうです。だから、ひざを伸ばして振るんです。すると、グリップの動きは自然と「横から上」になります。GD ええっ、そんな単純なことなんですか!?吉田 でも、これが本来のスウィングの動きなんですよ。 イメージは「バケツの水を遠くにバッシャ~ン!」 しゃがまないと遠くに飛ばせない 「バケツの水を遠くまで飛ばすとき、誰もが腰を沈めて踏ん張ります。そうしなければ、強い力を出せないからです。ゴルフスウィングも同じ。速く振ろうとすると、切り返しで腰を沈めて踏ん張るのが自然。すると、クラブヘッドの動きはおのずと横から上になります」(吉田) ガニ股スウィングにして飛んで曲がらなくなった 今回のレッスンテーマをそのまま実践して、飛んで曲がらないスウィングを手に入れたのが、上井邦裕プロだ。上井 ボクはフェースローテーションが大きくて、フェースを返すタイミングによって、球が散ることがあったんです。GD それでスウィング改造したんですね。上井 フェースローテーションを小さくするために、まずシャットフェースにしました。トップでフェースが上を向いているのはこのためです。GD なるほど。上井 次に修正したのは、切り返しです。以前は体の回転で切り返していましたが、両足をグッと踏み込んで、しゃがみ込む動きを入れました。GD けっこうガニ股ですね。上井 完全にガニ股! でも、これが効果バツグンで、手とクラブが自然に下がって、シャローな軌道になるんですよ。これで、フェースを返す意識ゼロで球をつかまえられるスウィングになりました。GD 2つを並べてみると、大きく変わっていますね。上井 これまで“点”だったインパクトのイメージが“線”に変わりましたね。 切り返しから腰をグッと落とし軌道をシャローにする 「スウィングでもっとも変えたのは、切り返しから腰を落とす動きを取り入れたことです。この動きによって、手とクラブがいっしょに下がるため、自然にインサイドからシャローに下ろすことができるんです」(上井) 現在のスウィング ガニ股のイメージで腰を落とし、体の動きにつられて手とクラブも下がる。手を返さなくても球がつかまるようになり、左ひざも伸びるようになった 2018年のスウィング 左に体重移動しながら、右肩、右腰を前に出すように回転していた。また、手を急激に返していたため、球が散らばりやすかった 腕は「振る」のではなく左上方向に引っ張られる GD しゃがみ込みのメカニズムはわかったんですが、このとき腕はどう動かせばいいんでしょうか?吉田 腕を自分で振るんじゃなくて、振られる感覚があるといいんですよね。GD 腕が振られる?吉田 そうです。切り返しでしゃがみ込んで、そこからひざを伸ばしていくスクワット動作によって、地面反力が発生しますが、その力を利用して腕が振られる感覚です。GD そういうことか。吉田 地面反力は、自分の左上方向に向かって働きます。地面反力を感じられると、左肩と左腰を左上から引っ張り上げられているような感覚になるんです。GD 左上から引っ張り上げられる感覚ですか!吉田 そうです。PGAツアーの選手はみんな、この左上から引っ張り上げられる感覚で、ヘッドを最大加速させているはずですよ。 ポイント 1地面反力を利用して左サイドを回転させる 「切り返しで腰を落として踏ん張ったら、左ひざを伸ばしながらインパクト、フォローに向かいます。このとき、地面反力をうまく使えると、左上から左肩と左腰を引っ張り上げられるような感覚が生まれます」(吉田) ポイント 2左サイドでリードして左上方向に振っていく 「振る方向はあくまで左上。左サイドでリードできれば、左腰、左肩を左上方向に回転させることができます。切り返しから右腰、右肩が前に出ると、水平回転になってしまい、速く、正確に振ることはできません」 しゃがみ込みをマスターする3ステップドリル GD 横から上に振るコツをつかむための練習法はありますか?吉田 切り返しのしゃがみ込み動作を覚えられる3段階ドリルがありますよ。GD 横から上に振るには、しゃがみ込みができるかどうかがカギでしたね。吉田 そうです。このとき大切なのは、しゃがみ込み動作で発生させた地面反力によって、腕が振られる感覚をつかむことです。左腕を水平まで上げて、そこからスクワット動作を入れて、左腕が振られる感覚をつかんでいきます。GD どのくらいやればいいでしょうか?吉田 クラブもボールも必要ないシャドースウィングなら、部屋の中でもできますから、ドリル1はできれば毎日やってほしいですね。ドリル2とドリル3は週イチのペースがおすすめです。 【ドリルのポイント】左腕が水平の位置からしゃがみ込む 「横から上に振るスウィングは、切り返しの体のしゃがみ込みが必須です。そのため、振り方を覚えるドリルは、左腕が地面と平行になるトップがポイント。ここから体を沈み込ませて、左腕が振られる感覚をつかみます」(吉田) ドリル 1左手1本でしゃがみ込みシャドースウィング 「左手1本で素振りします。左腕が水平になる位置のトップから、体を沈み込ませて切り返し、左ひざを伸ばしながら一気にフィニッシュ。このとき、左腕が自然と振られる感覚をつかみます」(吉田) ドリル 2左手でクラブを持ってしゃがみ込み素振り 「左手1本でドライバーを持ち、ドリル1の動きで素振りします。切り返しでしっかりとしゃがみ込み動作を入れ、手元を右腰の横に下ろすのがポイント。練習場ならゴムティーを叩いてもOKです」 ドリル 3右手も添えてしゃがみ込んで球を打つ 「最後はボールを打つドリルです。ドリル2の感覚のまま、あくまで右手は添えるだけ。左手が水平になるトップから、切り返しでしっかりとしゃがみ込んで、左手リードでボールを打ち抜きます」 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月10日号より
  • PHOTO/Yasuo Masuda、Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki、Blue Sky Photos THANKS/高室池GC 全米プロに勝利したミケルソンがその手に握っていたドライバーは、なんとルールギリギリの47.9インチ! 長いとヘッドスピードが上がるのはわかるが、一方で振り遅れのミスが怖い。そこで、ドライバーを長尺化して飛距離アップに成功した小鯛竜也プロに、長尺を打ちこなすための秘訣を聞いた。 小鯛竜也 こだいたつや。1990年生まれ。大阪府出身。高校時代から谷川健コーチに師事し、2017年、マイナビABCでツアー優勝。46.5インチの長尺ドライバーで300ヤードオーバーをたびたび見せる 谷川健 たにがわけん。1971年生まれ。小鯛プロを厳しくやさしく教えるコーチ。03年から06年までPGAツアーの帯同インストラクターを務めたアメリカ通でもある かる~く飛ばせてスウィングも良くなる! GD 長尺ドライバーで飛ばしている小鯛プロですが、いつから長尺にしたんですか?小鯛 以前から興味があって、実は一昨年も46インチを試したんです。そんなとき、ベンタスシャフトと出合って、ひと振りでこれだ! って思ったんですよ」GD 長尺にできる、と?小鯛 そうです。それで、今年の頭から長尺にしました。シャフトを長くすると、普通はヘッドがもたつくんですが、ベンタスはスムーズに動いて、イヤなねじれがないんです。それと、46.5インチでもD4バランスなので気持ちよく振り抜けます。8割の振りでヘッドスピードはマックスです。GD シャフトとの出合いがきっかけだったんですね。小鯛 それと、長尺はスウィングがよくなるメリットもあるんです。GD というと?小鯛 手と体をシンクロさせて振る必要があるため、長尺を練習するほど、手打ちが直る、とも言えるわけです。 長尺にするメリット 1スウィング弧が大きくなりHSが上がる 「現在使っている46.5インチと以前の45.5インチを打ち比べてみると、スウィング弧が大きくなるぶん、ヘッドスピードが2㎧上がり、飛距離が11Yアップ。叩きにいかずに、8割のスウィングで300Y飛ばせる感覚です」(小鯛) ヘッドスピード飛距離46.5インチ53.3㎧301Y45.5インチ51.3㎧290Y※トラックマンで計測 長尺にするメリット 2振り子のエネルギーを使える 「クラブが長くなると、スウィングバランスも2ポイントくらい増えるため、いわゆるヘッドを利かせて、遠心力を使ってヘッドを加速させやすくなります。左右対称の振り子をイメージして振ればOKです」 長尺にするメリット 3シャフトのしなりを使える 「シャフトが長くなると、シャフトのしなりが大きくなり、そのぶん、しなり戻りも大きくなります。すると、インパクト時のロフトが大きくなるため、飛ばしに有利な高弾道を打ちやすくなります」 長尺にするメリット 4手打ちを矯正できる 「打ってみるとわかりますが、長尺は手先では振りにくく、手と体をシンクロさせて振らなければ当たりません。つまり、長尺を使えるようになると、スウィングがよくなるというメリットもあるんです」 2拍子の連続素振りで理想の長尺スウィングが身につく GD 長尺が飛ぶのはわかるんですが、ちょっと振りにくそうなイメージが……。いい練習法はありますか?谷川 それなら連続素振りがいちばんです。GD なぜでしょう?谷川 連続素振りは、自然と体全体を使って振る感覚がわかってくるんですよ。GD 手先では振れませんね。谷川 フィニッシュから戻しながら「イ〜チ」、トップから折り返して「ニ〜イ」と、ヘッドが真下を通るあたりで声に出したり、頭の中で唱えたりして、2拍子のリズムで振るんです。3分間続けて、腕や腰が痛くならないスウィングを目指してください。 体全体で振る感覚がつかめる 「長尺を振りこなすには、体全体を使うことが必要です。そのスウィングを身につけるには連続素振りしかありません。フィニッシュから振り戻すときに『イ~チ』、トップから振っていくときに『ニ~イ』と2拍子で振り続けていくと、体全体で振るコツがつかめます」(谷川) 小鯛プロの連続素振りを動画でチェック 「小鯛プロは15分×2セットですが、みなさんにおすすめするのは3分間です。3分間振って、腕や腰などが痛くならないスウィングが、その人にとってベストの長尺スウィングなんです」(谷川) スウィングのリズムは歩くリズムと同じ GD 連続素振りは2拍子という話でしたが、実際に打つときも2拍子ですか?谷川 もちろんです。スウィングリズムは、歩くテンポとリンクするので、自分の歩きのテンポに合わせるのも、スウィングリズムを見つけることにつながります。GD 大股で歩く人はゆったりしたテンポ、小股で歩く人はクイックなテンポが合う?谷川 そうです。それと、手先で振れない長尺は、もっと足のチカラを使いたいところ。GD 足のチカラですか?谷川 そうです。歩きながら両手を左右に振るドリルがあるんですが、足のチカラを使うコツがつかめて、長尺を振るにはもってこいですよ。 「走りでいうストライド走法とピッチ走法のように、大股でゆったり歩く人もいれば、小股でささっと歩く人もいます。この歩くリズムはその人が持っている自然なリズム。長尺を振るスウィングも、その人の自然なリズムを意識するとうまくいきます」(谷川) 谷川コーチおすすめ“欽ちゃん歩き”ドリル 後ろ足で地面を押しながら腕を左右に振る 「手先で振れない長尺クラブは、歩くチカラを利用してスウィングします。右足を前に出したとき、左足が地面を押すことで受ける地面反力を使って、両腕を右に振ってバックスウィング。左足を前に出したとき、右足に受ける地面反力でフォロー。1歩ずつ歩きながら、両腕を左右に振るドリルです」 “欽ちゃん歩き”ドリルを動画でチェック アップライトに構えれば腕とクラブが一体化 GD 長尺クラブはフラットな軌道で振るんですよね?小鯛 実際には少しフラットになっているかもしれませんが、アップライトに振るイメージなんです。GD それはなぜですか?小鯛 手と体をシンクロさせる、と言いましたが、もっと言えば、腕とクラブを一体化させて振りたいんです。これができると、長尺を振っていても長く見えない。他の人から見て、長尺に見えなければ本物です。そのためには、アップライトに振るイメージで、少しハンドアップ気味に構えることが大切です。 Point 1ハンドアップ気味に構える 「長尺ドライバーのアドレスのポイントはアップライトに構えることです。ハンドアップ気味にすることで、アップライトに振りやすくなり、手とクラブの一体感が生まれ、振り遅れにくくなります」(小鯛) Point 2手と体をシンクロさせて振る 「長尺ドライバーでもっとも注意してほしいのは振り遅れです。体の回転が先行しすぎるとヘッドが遅れてフェースが開いてしまいます。そうならないためには、手と体をシンクロさせてスウィングする感覚が必要です」 アップライトな構えをつくる4ステップ 【STEP 1】両腕をリラックスさせて、胸の前でクラブを真っすぐに立てる 【STEP 2】クラブを前に倒し、前腕とシャフトを一直線に近づける 【STEP 3】前腕とシャフトの角度を保ったままクラブを下ろす 【STEP 4】股関節から前傾すると、アップライトなアドレスが完成 前傾角キープも忘れずに GD 最後に、小鯛プロが長尺を振るときに、気を付けているポイントを教えていただけますか?小鯛 いちばん重要なのは、左股関節を伸ばさず、体の前傾角を保ってインパクトすること。長尺には、これが絶対です。体が伸び上がると、振り遅れ確定ですよ。 Check 1左股関節の角度をキープ 「クラブの遠心力によって体が引っ張られやすい長尺クラブは、左股関節を曲げたままインパクトすることが大切です。腰が伸びて体の前傾角が変わると、フェースが開いてしまいます」 Check 2インパクトまで胸は下向き アドレスインパクト「体の前傾角を変えないためには、股関節の角度を保つことが必要ですが、インパクトまで胸や丹田(へその下部)をボールに向ける感覚がピッタリくる人もいます。どちらが合うか、試してみてください」 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月20日号より