Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 渋野、西郷、原英莉花…注目女子プロ7人のドライバー遍歴。飛ばせるヘッド&シャフトの組み合わせとは?

渋野、西郷、原英莉花…注目女子プロ7人のドライバー遍歴。飛ばせるヘッド&シャフトの組み合わせとは?

一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードで、いとも簡単に240~250ヤード先のフェアウェイをとらえる女子プロたち。一体どんなドライバーを使っているのか? 注目選手のヘッド&シャフトの組み合わせを調べてみた!

PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara
※成績、スタッツは5月12日現在

西郷真央
「ST-X220」に変更して4勝

ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生で、ジャンボ尾崎からは「せごどん」の愛称で呼ばれる。22年は8戦して、4勝を含むトップ10が7度と安定感抜群

ミズノ「ST-X 220」(10.5度)
×「ベンタス ブルー」(50・S)

2021年10月のマスターズGCレディースから「ST-X 220」を投入。その後、22年シーズンを含め14戦4勝。トップ10を逃したのが2回と驚異の結果。

<西郷真央のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2020年~ミズノ ST200XスピーダーTR
2020年8月~ミズノ ST200Xスピーダーエボリューション7
2021年~ミズノ ST-Xベンタス ブルー
2021年10月~ミズノ ST-X 220ベンタス ブルー

高橋彩華
今年からクラブ契約フリー

テーラーメイド「ステルス」(9度)
×「スピーダーNX」(50・S)

「1Wは弾道の高さを気にする」という高橋。クラブをあまり替えないタイプだが、今年は契約フリーになり、いろいろ試した結果「ステルス」を選択。それでもシャフトは「スピーダーNX」を使い続ける。

<高橋彩華のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2019年~ブリヂストン ツアーB XD-3スピーダーエボリューション7
2021年~ブリヂストン ツアーB XD-3スピーダーNX
2022年~テーラーメイド ステルススピーダーNX

畑岡奈紗
ゼクシオX×ベンタスレッドで米6勝目

「ここまで大きく変えたのは4年ぶりくらい」と語るように、ヘッドだけでなく、シャフトは日本未発売モデルに替えFWキープ率も74.9%から79.0%へ上昇

「ゼクシオX」(9.5度)
×「ベンタスレッド」(50・S)

オフに取り組んだスウィングのバージョンアップもあり、「クラブの進化に頼ってみてもいいのではないか」と思ってこのスペックに変更。

<畑岡奈紗のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2019年~スリクソン Z785Miyazaki KIRI
2022年~ゼクシオXベンタスレッド

稲見萌寧
「スピーダーNX」投入も「ジ・アッタス」へ戻る

キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」(10.5度)
×「ジ・アッタス」(50・S)

シーズン9勝と圧倒的な強さを誇った稲見の代名詞的スペック。22年は「スピーダーNX」にしたものの調子が上がらず、他のシャフトを試すなど試行錯誤中。

<稲見萌寧のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2019年~キャロウェイ エピック フラッシュアッタス ジャック
2020年~キャロウェイ マーベリック サブゼロジ・アッタス

渋野日向子
ヘッドを替えないプロの代表格

高校1年でピンの『G30』を手にしてから『G』、『G 400 』、『G410 PLUS』と移行。『G425シリーズ』が発売された後も、『G410 PLUS』を使用。21年シーズンからはスウィング改造に伴い、ロフト角を1.5度立たせたがヘッドは替えず

ピン「G410 PLUS」(8度)
×「スピーダーNX」(50・S)

スウィング改造を機に、シャフトは『スピーダー NX』に変更。ヘッドは『G410 PLUS』のままだが、ロフト角を8度に変更

<渋野日向子のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2019年~ピン G410 PLUSスピーダーエボリューションⅤ
2019年6月~ピン G410 PLUSスピーダーエボリューションⅥ
2021年~ピン G410 PLUSスピーダーNX

小祝さくら
20-21年の優勝は全部「PT」

スリクソン「ZX5」(9.5度)
×「ツアーAD PT」(50・S)

尊敬する上田桃子と同じシャフトで20-21年シーズンを戦った。22年は『ディアマナ ZF』に変更

<畑岡奈紗のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2019年~スリクソン ZX785ディアマナ B
2020年~スリクソン ZX5ツアーAD PT
2022年~スリクソン ZX5ツアーAD ZF

原英莉花
22年からクラブ契約フリー

キャロウェイ「エピック スピード ◆◆◆」(9.5度)
×「ツアーAD IZ」(50・S)

20-21年シーズンにドライビングディスタンス1位を獲得した際はミズノ「ST-Xプロトタイプ」と「ツアーAD GP」の組み合わせ。今季から契約フリーとなり、ドライバーはキャロウェイ「エピック スピード ◆◆◆」を使用。

<原英莉花のドライバー遍歴>

ヘッドシャフト
2019年~ミズノプロ モデル-Eテンセイ CK オレンジ
2020年~ミズノ ST-X プロトタイプツアーAD GP
2022年~キャロウェイ エピックスピード ◆◆◆ツアーAD IZ

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号

こちらもチェック!

  • 開幕から2カ月を迎え、盛り上がりを見せる国内女子ツアー。ここまでの選手たちの飛距離ランキングと、使用クラブのトピックスを見ていこう。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 若手に交じりベテラン勢が奮闘ルーキー2人が飛ばし戦線に名乗り 開幕7戦目までのドライビングディスタンスを見ると、1位が穴井詩で259.56Yと他を大きく引き離している。2位以下は混戦だが、36歳の藤田さいきが250Y超えで2位。昨年の自信の記録を5Y以上も上回っている。そして藤田と同学年の横峯さくらも246.75Yで6位と、若手の飛ばし屋に交じりベテラン勢が気を吐いている。クラブ契約フリーの穴井と原英莉花が選んだのはキャロウェイの「ローグST」。藤田と横峯はキャロウェイ「エピック」を使うが、この2人が同じシャフトなのも興味深い。またトップ10には、昨年プロテストに合格したルーキー、桑木志帆と佐藤心結もランクイン。桑木は幼少時代から「とにかく飛ばすのが好きな子でした」と、父・正利さんが語るように飛距離には自信あり。また佐藤も中学時代は砲丸投げで活躍したというほどの運動神経と身体能力の持ち主。今季はベテラン勢と新人たちの飛ばし戦線にも注目だ。 <開幕7戦目終了時の平均飛距離トップ10> ボールは「ツアーB」が7戦5勝 稲見萌寧と古江彩佳で昨シーズン15勝を挙げた「ツアーB」、今シーズンも開幕戦から5戦連続で使用者が優勝。さらにドライビングディスタンス上位10名の半数が使用している 7戦目までの優勝者5人のうち3人が「地クラブ」のウェッジを使用 スコアメイクの要であるショートゲーム。ウェッジはボーケイやクリーブランドといった有名ブランドを使う選手が大多数だが、近年「地クラブ」のウェッジを使う選手も増えている。 7戦目までの優勝者5人のうち、実に3人が地クラブウェッジの愛用者。今後も使用者が増えていきそうだ。 Tポイント×ENEOS優勝 堀琴音 ジューシー『tT』(50度・58度) 群馬県のクラフトブランド「ジューシー」。浅地洋佑の紹介で20年から使用している。堀の使う「B」ソールはスピンとコントロール性能のバランスに長けた、シンプルなウェッジショットに合うモデル KKT杯バンテリン優勝 植竹希望 BUCHI『VS200』(52度・58度) 数多くのプロのアイアン、ウェッジを削ってきた研磨職人・田淵正敏が生み出すブランド。超軟鉄S15CKを使用し、打点の肉厚を極限まで厚くした軟らかい打感は、替えの利かない1本だという。 明治安田生命レディス優勝 サイ・ペイイン アキラプロダクツ『H-956 PROTOTYPE』(50度・56度) ブレード上部に向けて厚みを持たせて重心を高くすることで、スピンが入りやすくなりショットが安定。アイアンもアキラプロダクツのクラブを使用しているが、本人は「薄めのモデル」が好み まだまだいるぞ! 地クラブウェッジ使用プロ ●青木瀬令奈「グラインドスタジオ」中学生のときに初めて削ってもらって以来、信頼するグラインドスタジオのウェッジ。一般ゴルファーでもオーダー可能。●穴井詩「グラインドスタジオ」青木と同じ群馬のグラインドスタジオのウェッジ。多くのプロやトップアマから絶大な信頼を寄せられるブランドだ。●山路晶「モダート」栃木県のクラフトクラブメーカーで19年9月から愛用。58度はフェースを開いてもソールが跳ねにくい形状●濱田茉優「GeoGalaxy」今季リカバリー率15位につけるショートゲーム巧者は、大阪のクラブメーカーと「モダート」とのコラボモデルを使用 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より こちらもチェック!
  • 開幕から2カ月を迎え、盛り上がりを見せる国内女子ツアー。これまでの試合や昨年までと変わった点、序盤戦のトピックスなどを振り返ってみよう。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara レギュラーツアーはここまですべて有観客 21年は初戦こそ一日上限1000人の有観客開催だったが、終わってみれば有観客で開催できたのは38試合中わずか14試合のみ。テレビ中継を見ていても寂しさを感じたが、今年は賑やかさを取り戻しつつある。人数制限があり、ファンサービスもできないなど、以前と同じとはいかないが、多くのギャラリーが会場に足を運びトーナメントの雰囲気を堪能。西郷真央がヤマハレディースの優勝インタビューで「ギャラリーの方々が『ワァー』っと歓声を上げてくれたり、『ナイス』と声を掛けていただいたので、すごく力になりました」と話したように、ギャラリーの声援はプロにとって心強い味方になっているようだ <開幕から7試合のギャラリー数> ネットで有料ライブ配信がスタート これまでは各大会の主催者がそれぞれインターネット放送を行い、無料の大会もあれば有料の大会もあったが、今年から放映権を持つJLPGAが「GOLFTV」「DAZN」とともに一括でインターネット配信を開始。有料だが全試合をLIVEで見られるようになった。GOLFTVの広報担当者によると、「開幕戦から継続的に申し込みがあり、多くの方にご好評いただいています。地上波でのテレビ中継がなくなると勘違いされた方もおられたと聞きますが、そうではなく、従来のテレビ中継では見られなかった長時間の生中継を提供することで、ファンの皆様に新しい選択肢が提供できていると思います。視聴習慣や方法など選んでいただければと考えています」。もちろん賛否はあるが、他のスポーツも含め、お金を払って自分の見たい番組を選択する時代になりつつある。 GOLFTV ●月額1000円(年間一括9000円)~PGAツアーやLPGAも配信し、オリジナルコンテンツも豊富。国内女子は一部の大会を除き1チャンネルのみだが、将来的にマルチチャンネル化を進めていくDAZN(ダゾーン) ●月額3000円(年間一括2万7000円)~国内外の様々なスポーツを配信しており、ライブだけでなく見逃し配信も視聴可能。ゴルフ専門ではないがスポーツ好きにはたまらないコンテンツが揃っている ステップ・アップ・ツアーはCS放送「スカイA」が全試合中継 有料CSチャンネルだが、他チャンネルとセットになっていることも多く、直接契約していなくても見られる場合も。全試合独占配信。ステップ・アップ・ツアーは若手の登竜門としてだけでなく、シード権を失った選手も出場するため、豪華なメンバーで争われる 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より
  • 華やかに見える女子ツアーだが、シードを獲得し、トップで活躍できる選手はほんの一握り。次々と若い世代が登場し、シードを維持することも容易ではない。戦国時代さながらの女子ツアーを生き残るため、笑顔の裏で、人知れず悩み、努力を重ね、必死で戦い続けている。そんな女子プロたちの心の内に迫ってみた。 渋谷の街を颯爽と歩く柏原明日架(PHOTO/Takanori Miki) 実はショットに苦しんでいた?小祝さくらが語った昨シーズン 毎週負けたくない!稲見萌寧のメンタリティ プロ入り18年目でも「全然飽きない」進化を止めない上田桃子 「やらされる」から「自らやる」に新生! 柏原明日架 笠りつ子どん底からの再出発 「忘れられたくない」堀琴音、初優勝までの苦闘 諸見里しのぶ第二のゴルフ人生 「まだまだこれから」三ヶ島かなの目指す場所 米ツアー参戦10年目上原彩子の驚くべき「順応性」 「ミスをしても悔やまなくなった」大里桃子の“成長”
  • いよいよ3月3日から、待ちに待った女子ツアーの2022シーズンがスタートする。そこで今回は、今季も活躍間違いなしの、注目10選手のクラブセッティングをご紹介! 小祝さくら 【2020-21シーズン】賞金ランク3位/5勝/トップテン19回 >>小祝さくらは副賞のボートで釣り! 女子プロたちの夏休み 西村優菜 【2020-21シーズン】賞金ランク5位/4勝/トップテン22回 >>【スウィング研究】西村優菜「強い捻転と下半身のパワーで飛ばす」 青木瀬令奈 【2020-21シーズン】賞金ランク21位/1勝/トップテン8回 >>「最終日以外はまったく記憶がない」青木瀬令奈が振り返る2021年ベストシーン 原英莉花 【2020-21シーズン】賞金ランク8位/3勝/トップテン13回 >>【データで振り返る20-21女子ツアー】平均飛距離1位に輝いたのは? 三ヶ島かな 【2020-21シーズン】賞金ランク18位/1勝/トップテン9回 >>【インタビュー】三ヶ島かな「何があっても笑顔でいよう」 吉田優利 【2020-21シーズン】賞金ランク22位/2勝/トップテン7回 >>今季2勝の吉田優利。強さの秘密は「セルフプロデュース力」 大里桃子 【2020-21シーズン】賞金ランク12位/1勝/トップテン14回 >>【ノンフィクション】大里桃子「2勝目までの33カ月」 西郷真央 【2020-21シーズン】賞金ランク4位/トップテン21回 >>【スウィング研究】西郷真央「体の回転だけで振る最先端スウィング」 山下美夢有 【2020-21シーズン】賞金ランク13位/1勝/トップテン16回 >>【インタビュー】 山下美夢有「ツアーで大事なのは体!」 佐藤心結 【2020-21シーズン】スタンレーレディス2位T/2021プロテスト合格 >>【女子ファイナルQT】プロテスト合格組から9人が通過 ※クラブセッティングは取材時のもので、変更されている場合があります こちらもチェック!
  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。今回はトッププロが愛用するユーティリティの名器7本をピックアップ! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う タイトリスト「910H」(2011) 中古価格●4378円~ スクエアな形のヘッドが特徴的 スクエア感のあるヘッド形状でターゲットに対して構えやすく、ロフト角、ライ角を16通りに調整できるシュアフィットツアー・システムをUTに初搭載した 【使用プロ】今平周吾「ヘッドは少し大きいですが、安心感があって振りやすい。ライン出しも打ちやすい」と今平が信頼を置く 【後藤's インプレッション】スコアラインが長く座りもいいので構えやすい「最新UTに比べると小ぶりですが、スコアラインが長いので構えると実際よりも大きく見えるのが特徴です。ヒール側がシャープでトウ側が大きく、スクエア感が出ているので、ターゲットに対して構えやすい。打感はアイアンっぽさがあります」 タイトリスト「816H1」(2015) 中古価格●5478円~ ラフからでも振り抜ける 前作モデル『915H』から入ったソールの溝が、より大きくなりフェースがたわみやすく、飛距離性能と打ち出し角が高くなったモデルが『816H』。『H1』と『H2』があり、上田桃子や菊地絵理香が使う『H1』のほうがヘッドは大きく、やさしさと安心感がある 【使用プロ】上田桃子、菊地絵理香上田桃子は17年から契約外の『816H1』を使用。175ヤード前後のティーショットやトラブルショットにも使用。菊地は18年は21度1本だったが、21年のアースモンダミンでは3本バッグインして優勝した。 【後藤's インプレッション】インパクトで食いつく感じ「ヘッド形状がフェアウェイウッドのような丸型なので、力がそれほどない女性やシニアゴルファーでも払い打てば球がしっかり上がってくれる。それでいてインパクトではフェースに食いつく感触があるので、操作できるという利点もある」 ダンロップ「スリクソンZ H65」(2016) 中古価格●6578円~ 低重心で球を上げやすい クラウンに施されたフェースと平行の溝はロフトごとで異なり、ミスしても飛距離のバラつきを抑え、距離感が安定する。また、内部にあるウェートは、後方にある6Uから徐々に前方に移動し、2Uがもっとも浅重心になるように設計されている 【使用プロ】青木瀬令奈、岡山絵里「アイアンよりピンに寄せる自信があります」と語る青木は5Uと6Uを使用。また全番手で安心して持ち球が打てるセッティングを心がけているという岡山は、3Uと4Uの2本をバッグイン 【後藤's インプレッション】グースネックで球が上がる「ネック部分に窪みを作ることで、グース感を強め、球がつかまるイメージしか湧かないモデルです。ソールだけ見るとハードめですが、番手どおりに球が楽に上がるので、グリーンを狙うというよりピンを狙えるクラブだと思います」 ツアーステージ「X-DRIVE GR」(2012) 中古価格●3300円~ 反発性能が高いマレージング鋼フェース ボールを拾いやすくするため、FP値を大きめに設計。またトップラインをストレートにすることで狙ったラインに構えやすくなっている 【使用プロ】堀琴音アマチュア時代から使用しているクラブで使用歴はほぼ10年になる。もちろん悲願の初優勝を決めた若林舞衣子とのプレーオフでも活躍した 本間ゴルフ「ツアーワールド TW737」(2016) 中古価格●5478円~ 128ccの大型ヘッドで安心感がある 大きめのヘッドながらウッド作りに定評のある本間ゴルフならではの綺麗な形状で構えやすく、ショートウッドに近い感覚で振れる 【使用プロ】笠りつ子17年に使い始め、19年に一度このクラブを外したが、21年に再び投入。そしてヨネックスレディスで5年ぶりの復活優勝を果たした ヨネックス「EZONE XPG」(2016) 中古価格●7678円~ FP値が大きく楽に球が上がる このモデルはFP値が大きく、出っ歯形状で球の上がりやすさが魅力 【使用プロ】若林舞衣子85ホール連続ノーボギーという日本記録を樹立した若林舞衣子。その驚異の安定感を支える武器 タイトリスト「818H2」(2017) 中古価格●1万978円~ アイアンのように構えやすい 重心位置を変えられる「シュアフィットCG」を採用し、弾道のコントロールが可能に。また、ソール溝が広くなりインパクト効率がアップ 【使用プロ】ジョーダン・スピースJ・スピースは17年WGCブリヂストン招待から使用。「グリーンを狙うのに高さが必要になるときは必ずこのクラブ」と絶大な信頼を置く 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より※価格は10月28日現在のゴルフパートナーでの最低金額 >>最新モデルを心ゆくまで試したい方はこちらが便利! こちらもチェック!