Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】全52試合出場の小祝さくら。シーズン5勝の活躍を支えた信頼の14本とは?

【プロスペック】全52試合出場の小祝さくら。シーズン5勝の活躍を支えた信頼の14本とは?

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、昨シーズン全試合に出場し賞金ランク3位と活躍した小祝さくらのセッティングに注目。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa

小祝さくら

こいわいさくら。1998年4月生まれ。北海道出身。飛鳥未来高校を経て、2017年7月にプロ入り。2019年のサマンサタバサで初優勝、2020-21年は5勝と躍進。22年は賞金女王を目指す

昨シーズン5勝、賞金ランク3位と、一躍、黄金世代の中心選手となった小祝さくら。全52試合に出場した小祝のプレーを支えたクラブについて、ダンロップのツアー担当・松栄さんに聞いた。

「小祝選手のクラブ選びはまずヘッドの顔からスタートします。好みはシャープに見えて小ぶりすぎないもの。ヘッドを選んだら、実際に打ってみて弾道と打音が自分のイメージに一致するかどうか。高い打音よりもボールを押せる感じの低い音が好みです。もちろん、飛距離と方向安定性が良いことは絶対条件です」

ドライバーはスリクソンの『ZX5』。「2021年の開幕から使用しています。45インチ、ロフトは9度、ヘッドは大きすぎず、小さすぎずシャープに見える好みどおりのフォルムです」

ユーティリティは『Z H85』の3番と4番を入れている。「2本のユーティリティのシャフトに貼ってある10月9日付のシールは、距離を合わせるためにほんの少しロフトを調整したときの印。『距離がしっかり出て、かつボールがグリーンで止まってくれます』と気に入って、このモデルは2018年から長く使っています」

アイアンは5番~8番が『Z585』で、9番とPWが『ZX7』のコンボセッティング。

「ZX7の2本は10月の三菱電機レディスから。その経緯は『ショートアイアンでもっとボールを止めたい』と要望があって、スピン増を狙ってスピン性能の高いZX7をテスト。結果、距離が変わらずスピン量が増え、ボールがより止まるようになったため、そのまま使い出したわけです」

昨シーズンの平均ストロークは70.76で3位。ツアーレップによるサポートとともに挙げた数字と言えるだろう。

ドライバーはスリクソン『ZX5』。9.5度のヘッドをネック調節機能で9度にしている。「小さすぎず大きすぎずシャープに見える顔が好み」という小祝。加えて、いかにもドローをイメージしやすい形状も後押し

2018年から4年使っている2本のユーティリティは打痕もくっきり。19度の3番は200ヤード、22度の4番は180ヤード先のグリーンを狙う。シャフトのスペックシールは10月9日付でスタンレーレディス時に調整

3本のウェッジはクリーブランド『RTX-3』。表示ロフト48度は47度に、50度は51度に調整。58度はそのまま使用。写真は58度

小祝さくらの14本

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より

こちらもチェック!

  • 長い長いシーズンを戦い抜いた女子プロたちはどんな新年を迎えたのか。今年「年女」の女子プロたちのSNSをのぞいてみた。 勝&小祝は新日本プロレスで元気注入! 1月4日にインスタグラムで同じ写真をアップしたのは黄金世代で年女の勝みなみと小祝さくら。東京ドームで行われた「WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム」の観戦だ。待ち合わせをして会ってみたらお互いにおそろいのパーカーとタオルを購入していたという仲の良さ。小祝は特にオカダ・カズチカ選手のファンらしく、「オカダ選手かっこよかったです」「明日の応援しています」とのコメントも残している。今回は同じ席で一緒に観たわけではないようで、勝の投稿に「来年は一緒に行こー」と小祝からのお誘いも。来年も同じように新年早々2人のプロレス投稿が見られるかもしれない。 https://www.instagram.com/p/CYT_OMhlCmB/ 同じく黄金世代で年女の髙木優奈は新年のあいさつとともに1月から3月にかけてジュニアレッスンをすることを告知。「不安もありますが少しでも多くのジュニアがゴルフにふれて、ゴルフの楽しさを知ってくれたらなぁと思い開催します」「そして、レッスンを通して私も成長していきたいと思っております」と投稿。昨シーズンはTP単年登録という形でレギュラーツアーに出場していたが、規定の改正によりTP単年登録が撤廃され、2022年シーズンの出場権を得るには、プロテストに合格するか、賞金ランクかメルセデスランクで50位以内に入ってシード権を得るしか道がなかった。しかしプロテストは不合格。シード権も獲得できず、残念な結果に終わってしまった髙木。今年は彼女なりにあらゆる面で自分の成長を模索しているようだ。 週刊ゴルフダイジェストの「女子プロ総選挙」で1位を獲得したこともある松田鈴英も寅年の年女。シード獲得はならず、2022年はステップ・アップ・ツアーが主戦場となる。年末には「私の1年間は、いつも不安との戦いでした」「くよくよしても良い事はない。意味のない経験はない。心が折れたら勝利はない。不安になるのは頑張ってきた証拠。来シーズンに備えて、これから厳しいトレーニングを行い自分の限界を超えられる様に頑張ります」と投稿していたが、新年最初の投稿では「新年明けましておめでとうございます」「今年も笑顔で頑張ります」とすがすがしい笑顔の写真とともに新年のあいさつをしている。今年は松田の成長にも注目だ。 https://www.instagram.com/p/CYLsHmaPMsR/ 「寅」といえばこの人!2022年はタイガーイヤーになるか? “寅年”といえば、年男ではないがタイガー・ウッズも新年の投稿をしている。「12月に新しい『Stealth』ドライバーを打った。こんなに早く用意してくれてありがとう。最高のクラブだ」というコメントとともに赤いフェースが特徴のドライバーを打っている写真を掲載。間もなく発表されるテーラーメイドの最新ドライバーとみられる。勝負カラーのヘッドを携え、寅年の2022年にタイガーがカムバックを果たす!? https://www.instagram.com/p/CYT3vtcLrUa/ こちらもチェック!
  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、全52試合で優勝した23選手の身長と、平均飛距離等のスタッツを調べてみた。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 2020年の日本女子オープンを制した原英莉花(左)と21年大会を制した勝みなみ(右)。身長差は16cmだが飛距離差はわずか3Y 2020-21シーズンの全52試合で優勝した23人の平均身長を調べると、160.57cm。シーズン9勝を挙げ賞金女王に輝いた稲見萌寧(166cm)やエリエールレディスなど3勝を挙げた原英莉花(173cm)など、強い選手は高身長が多いようにも思われたが、23人中11人が150cm台だった。勝ち星でいうと、古江彩佳(153cm)の6勝、小祝さくら(158cm)の5勝、申ジエ(155cm)、西村優菜(150cm)の4勝など、52試合中28勝を150cm台の選手が挙げている。飛距離を見ると、153cmの青木瀬令奈が217.97Y、155cmの申ジエが227.01Y、150cmの西村優菜が230.76Yと、23人の平均(238.27Y)を大きく下回っているものの、飛距離のハンディを正確性とショートゲームの上手さでカバーし、並み居る飛ばし屋を尻目に優勝を飾っている。また157cmの勝みなみが平均254.31Yと、173cmの原英莉花(257.26Y)に次ぐ2位につけている。身長比では勝がいちばんの飛ばし屋といえる。ここ数年力を入れているトレーニングのたまものだろう。ちなみに勝はバウンスバック率とイーグル数が1位、平均パット数(パーオンホール)3位など、総合力が高いこともうかがえる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • 2019年に2勝を挙げ、さらなる飛躍を胸に臨んだ2020-21年シーズン。しかし、そこに待っていたのは理想とはかけ離れた「ギリギリシード」という現実だった。かしこまった場所だと“人見知り”が出てしまう柏原明日架に、渋谷の街を歩きながらざっくばらんに話してもらった。 TEXT/Masato Ideshima PHOTO/Takanori Miki、Hiroyuki Okazawa 柏原明日架かしわばらあすか。1996年生まれ宮崎県出身。2014年にプロテストに合格。2019年、ミヤギテレビ杯でツアー初優勝、同年マスターズGCレディスで2勝目を挙げる。2020-21年シーズンはエリエールレディスで2位タイに入り、滑り込みでシードを決めた。富士通所属 先が見えないコロナ禍に下した大きな決断 「めちゃくちゃ苦しいシーズンだった!」と、渋谷の街を歩きながら柏原は話し出した。今だから笑顔で話せるが、誰もが柏原明日架がシード落ちの危機に陥るとは思っていなかった。プロ入りから5年、シードを失ったことがなかったからだ。2020年、新型コロナウイルスの影響で選手とメディアとの接点も薄くなった。感染予防の観点から、できる限り接触を避けるため、気軽に喋りかけるようなことができなくなり、我々は“ネットの速報”で情報を得ることが主となった。結果はわかっても、それ以外のことはわからない。外見だけで選手の状態を把握するほかに術がなかったのだ。柏原の成績が思わしくないことはもちろん知っていたが、それでも柏原のシード落ちはイメージできなかった。当の本人はそのあたりをどのように感じながら戦っていたのか。「20年のアース・モンダミンカップが初戦でしたが、それ以降も試合がやれるかどうかわからない状況で、実際にあると思っていた試合がなくなったりして、体調的にもメンタル的にも波風が立っていました。3月に当たり前のように開幕していたのができず、4月になっても5月になってもできず……。モチベーションをどの方向に持っていけば良いのかわからなくなっていたのを覚えています」 続きを読む アース・モンダミンカップで開幕したものの、柏原は本来の調子でゴルフをすることができなくなっていた。結果、20年は思うような成績を残すことができなかった。統合シーズンだったため、巻き返しの時間はあったものの、成績が出ないことは選手にとって稼ぎがないことを意味し、それが何よりもキツい苦しみになる。そんな最も苦しいときに柏原はある決断をする。「今までは父にずっとサポートしてもらって、コーチという立場でもありました。そこから離れて自分で一旦整理したいという話をしました。それで21年に入ってから、自分のゴルフスタイルについて自分で気づいて、感じて、自分の中に落とし込むことを初めてトライしました。自分から言った手前、助けてとも言えないし、プライドもあるから言いたくもない。でもわからないことはたくさんありました。そんなもやもやする日々が続きましたね」 9月のゴルフ5レディスから7戦連続で予選通過。「このころから、自分がどうやれば予選通過できるのか、戦えるのかがやっとわかってきました。少しずつ自信を取り戻せてきたときですね」 「堀琴音の存在は大きかったです」 同級生の堀琴音にもアドバイスを求めた。自分がどん底に落ちたからこそ堀の凄さを知ったと振り返る。堀への恩は優勝でしか返せない 「やらされる」から「自らやる」に変わった 柏原にとって、いわゆるこれが親離れということになる。「25歳で親離れは遅い」と言う人がいるかもしれないが、ゴルフ界では多々あることで、これが意外と難しいのも事実。なぜなら、ジュニア時代から、一番近くでゴルフを見てきてくれた存在だからこそ、良いときも悪いときも最大の理解者であったのが親だからだ。これが単なるコーチなら割り切れる部分もあるが、親となると精神的な支えにもなっていることもあり、そこから最も苦しい時期に離れるのには相当の覚悟が必要だったに違いない。「離れたら勝てないだろうなと思っていました。それに、自分ってこんなにゴルフのことをわかっていなかったんだなと気づいてしまった。これじゃあ勝てないよなって(笑)」初めて父から離れてゴルフをしてみてわかったことは、『ゴルフの難しさ』だと言う。「今まではいろんなことが上手くいっていたんだなと気づきました。アマチュア時代にそこそこ成績が出て、プロテストも通って。初優勝までは6年かかりましたけど、シード権は取れていたし。ありがたいことにスポンサーさんにも付いてもらって、賞金をもらって……。形としてはしっかりプロなんですけど、ゴルフの感覚としてはアマチュアの延長のような感じだったんだと思います。自分で成績を出してきたという感覚はあまりなかったんですよね。ゴルフが仕事だって本当の意味では思っていなかったんだと気づきました」ゴルフをすることが当たり前だったからゴルフが好きかどうかなんて考えていなかった。もしかしたら、“やらされている”感のほうが強かったのかもしれない。しかし、遅めの親離れを経験したことで、自分がゴルフが本当に好きだと改めて知ることができた。11月のエリエールで2位に入って滑り込みでシード権を守った。滑り込みだろうかなんだろうが、シード権に優劣はない。自分のことを初めて知ることができた柏原は来年はどのようなシーズンにしたいと思っているのだろうか?「今まで12月の時点で来年はこうしたいってあまり思わなかったんです。もちろん漠然とした目標はあったけれど、今までは自分から設定しなくても言ってくれる人がいたから(笑)。でも今年は、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃって思っているのであまり時間はないと思っています。12月は挨拶とかゴルフ以外のことも忙しいんですが、その合間に練習できるかなって、今まででは考えられない思考になっている。本質的にゴルフが好きになったのかなって思います。今頃? って笑わないでくださいね!」 ゴルフのことが好きだと気づくことができたのは親離れができたから。同時に親が今までどれだけのことをしてくれていたかに気づいた。感謝の気持ちを胸に柏原はさらに強くなる 「美容にはめちゃくちゃこだわってます!」 柏原は渋谷の街に妙に馴染む。それもそのはず、女子ツアーの中でも美意識が高く、プロアマの前夜祭などでもいつも注目の的になる存在だからだ。「単純に好きだからというのはありますね。好きでやっているうちに徐々に反響があって、若い子から『ゴルフのときのメイクの仕方を教えてください』とか、『日焼け対策はどうしていますか?』とか声をかけてもらうようになって。ゴルフをしたいけれど、そこが壁になっている人が多いんだなと思いました。それでプロゴルファーだからこそ、何か発信できることがあるんじゃないかって。今はプロゴルファーとしてできることってなんだろうと考えながらSNSで発信しています」柏原には見られる意識が備わっている。ゴルフに関してはアマチュアだったとこれまでの自分を振り返っていた柏原だが、美容に関してのほうがむしろプロ意識が高い……。「見られるスポーツだという意識はあったので、そのためのケアはすごくしています。紫外線とか多くの人がゴルフをやると髪が傷むんだろうなって思われているのを取っ払いたいなって思っています」 常に見られていることを意識する。そうすれば何かが変わると柏原は言う。美に関してはメジャー級のプロ意識を持っている とは言うものの、数年前の柏原の印象は“ボーイッシュでかっこいい”だった。それが今はクールビューティ……。イメージが180度変わった人も少なくないはずだ。この変化はいったい……?「髪はショートカットが似合う、化粧はあまりしない、日焼けをしてロングパンツ。“ザ・アスリート”というイメージが親にはあって、その影響が大きかったんです。でも、自分はおしゃれが好きだし、髪をいじるのも好き。それで自分でいろいろと考えて、イメージをいい意味で壊せる方法を考えたんです。おしゃれをしてもカッコイイゴルファーにはなれるんじゃないかと。これは自分だけじゃなくみんなが持つべき意識だと思いますね」2022年、“本当のプロ”になった柏原の姿を見ることができそうだ。 「若い子だけでなく私たちも見てほしい(笑)」 「若い子たちの実力はスゴイと思います」と、素直に認めつつも「私たちも見てほしい。プレーだけでなく、格好とかも含めて、です!」 誌面では載せきれなかった秘蔵写真を特別公開! 柏原明日架の誌面未掲載カットはこちらから 月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より こちらもチェック!
  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、ツアーで生まれた新記録をクローズアップ。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 稲見萌寧、史上2人目の「平均ストローク60台」まで0.06打及ばず 最終戦リコーカップを残して平均ストローク「69.99」をマークしていた稲見萌寧。リコーカップをトータル7アンダー以上で終えることができれば2019年の申ジエに次ぐ史上2人目、日本人選手では初の60台となるはずだったが、結果はイーブンパーで、60台にはわずかに届かなかった。だが、パーセーブ率ではただ一人90%超えを達成。2014年のアン・ソンジュ、2016年のイ・ボミ、2019年の申ジエに続く史上4人目、日本人では初となった。 <2020-21シーズンの平均ストロークと歴代平均ストロークトップ5> <2020-21シーズンのパーセーブ率と歴代パーセーブ率トップ5> プレーオフも歴代最多 これまで1シーズンのプレーオフ回数は91年の14回が最高だったが、20-21シーズンは15回と最多回数を更新。しかも同一選手が何度もプレーオフを戦うという展開。それだけ実力が伯仲していた証しだろう。韓国のペ・ソンウは稲見萌寧と渋野日向子に計3度もプレーオフで敗れ、ツアー3勝目にあと一歩届かなかった。 勝率100%は3人 渋野日向子(23)2戦2勝 ●21 スタンレーレディス(2位/木村彩子、ペ・ソンウ、@佐藤心結)●21 三菱電機レディス(2位/ペ・ソンウ) 古江彩佳(21)3戦3勝 ●20 東海クラシック(2位/東浩子)●20 伊藤園レディス(2位/酒井美紀)●21 富士通レディース(2位/勝みなみ) 稲見萌寧(22)3戦3勝 ●20 スタンレーレディス(2位/淺井咲希、ぺ・ソンウ)●21 明治安田生命(2位/永井花奈)●21 スタジオアリス(2位/小祝さくら) ツアー新記録! 驚異の「13バーディ」 初日の競技が悪天候のため中止となった5月の中京テレビ・ブリヂストンで大記録が生まれた。稲見萌寧が9番から15番までの7連続を含む13バーディのツアー新記録を打ち立てた。これまでの記録は19年の申ジエや蛭田みな美ら6人が記録していた11個が最高。男子ツアーでも石川遼や倉本昌弘が持つ12個が最多。稲見は女子ツアーだけでなく、日本一バーディを取った選手となった。 「2位回数」最多の西郷真央連続アンダーパー記録更新中 昨年までの連続アンダーパ―記録は14試合だったが、稲見萌寧が今年初戦のダイキンオーキッドから15試合連続で記録を更新。さらに、西郷真央が6月のサントリーレディスから最終戦リコーカップまで23試合連続アンダーパーをマークして記録を更新中。西郷は未勝利ながら2位が最多の7回で、賞金ランクも4位とシーズン4勝を挙げた西村優菜をも上回る活躍をみせた。 <20-21シーズン2位回数トップ5> 史上最高の年間獲得賞金1億円プレーヤーが14人! 年間獲得賞金歴代トップとなる2億5000万円以上を稼いだ稲見萌寧に加え、古江彩佳、小祝さくらの賞金ランクトップ3が2億円超え。さらに賞金ランク14位の渡邉彩香までが1億円プレーヤーに。そのため3000万円以上稼いだのにシード権のボーダーラインに届かなかった選手も。 <歴代シーズン獲得賞金トップ5> 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Tadashi Anezaki 1本100万円という驚きの価格で注目を集めた小祝の新パターだが、いったいどんなところで造られているのか。北海道の工場を直撃訪問した。 https://my-golfdigest.jp/gear/p35667/ 関連記事 新パターでいきなり連勝「前に伸びる感覚がある」(小祝) 小祝仕様の特注モデルには、ソールに可愛らしい絵柄が刻印されている 3月の優勝以降、低迷が続いた小祝の復調のきっかけは、オリンピック期間中のオープンウィーク。スウィング見直しとリフレッシュを兼ね、地元・北海道に帰省した小祝に、あるパターが手渡された。「近所ということで、もともと小祝選手を応援していました。ニッポンハムレディス(桂GC・有観客開催)で彼女について回ったのですが、ルーティンからストローク、転がり方まで詳細に観察して、彼女に合いそうなパターを4本作ってみたんです」と語るのは、北海道の金属加工メーカー「ワールド山内」の代表を務める山内雄矢さん。ゴルフ好きが高じて、自らパターブランド「ワールドクラフトデザイン」を立ち上げてしまった。「お渡ししたのは(「NEC軽井沢」前週の木曜日)。言ってみれば私が勝手に作ったものなので、『良いと思ったら使ってほしい』と手渡したんです。そうしたら20メートルのパットが面白いように寄っていました」マッチングの成果は、その後の快進撃が示すとおり。NEC軽井沢で新パターを手に初日6連続バーディを含む64のロケットスタートを切った小祝は、3日間首位を譲らず完全優勝、さらに翌週のCATレディースでもパターは火を吹き、2連勝を飾ったのである。「前に伸びる感じがあって、ロングパットも距離が合う」と小祝。いったいどんな秘密があるのか。詳しく調査してみよう。 初めて見るパターに同伴者も興味津々? これが小祝さくらのニューパターだ! 続きを読む 小祝と同じ角型マレット ワールドクラフトデザインWY700シリーズ ヘッド重量は3つのタイプ(310g、325g、340g)から選択可能。フェース面のミーリングや刻印にも個別対応している。地元の二木ゴルフ美しが丘店で試打が可能 STMのグリップには北海道の地図がデザイン。シャフトはカーボン、スチール、コンポジットから選べる すでに使用しているプロも 小山内護 「なんといっても打感だね。社長のこだわりを聞いてると、それだけで入る気になるよ(笑)」(小山内護) 中山正芳 「打感がとにかく素晴らしい。球の初速と終速のイメージがピッタリ合ってタッチが合いやすい」 この2人も投入間近!? 金田久美子や永井花奈ほか、女子プロ界にも浸透中。近々試合でお目見えするかもしれない IoT化された機械で1日かけて削り出す 工場を訪れると、想像以上に静かだった。「いち早く工場のIoT化を進め、工場の無人化に成功しました。コンピューター制御されていて、自動で加工が進むんですよ」母体であるワールド山内は、世界的なシェアを持つ金属加工メーカーで、航空部品をはじめ、高精度な金属加工が主業で、工場見学や講演依頼も多いそう。「コロナ禍で工場見学や出張が激減したとき、『ここだ!』と思ったんです。もともと10年ほど前から贈呈用としてパター作りはしていましたが、時間が空いたので、これまで夢に描いていたものを一気に形にしました」ブランドとして立ち上がったのは今年の4月だったが、ずいぶん前から構想はあったそう。高い加工技術をもってすれば、パターの製造も簡単なのかと思いきや……。「大変ですよ。理想の打感や打音を求め、金属の配合割合から試行錯誤したのですが、そのために非常に軟らかい金属が必要でした。軟らかいと加工が難しいことに加え、早く削ろうとすると素材に熱が入り、良さが死んでしまう。精度を高めるためには1つずつ加工が必要で、1個のヘッドを削り上げるまでに、3日かかることもあるんです」こうしてできたヘッドを自身でテストし、ようやく形になったパターは、ミクロレベルの精密さを持ち、多少芯を外しても同じ転がりを見せる。インタビュー中もひっきりなしに電話が鳴り、製品説明を繰り返す。本業の空いた時間はすべてパター作りに費やし、社長室は試作品の山であふれている。最高峰の技術力を持つ「北のラボ」。あふれる研究意欲とモノ作りへの強烈なこだわりに、値段で語れないパワーを感じた。 航空部品の製造で培った技術を採用 (1)CGで工程を作る(2)金属ブロックをセットする(3)PCからのデータを入力(4)IOT化された機械で1日かけて削り出す(5)刻印なども同時に行う(6)完成!設計図の作成から加工、モーション解析などは、すべてコンピュータ内で作成され、そのプログラムが機械を制御。機械に独自配合のステンレス合金のブロックをセットし、削り上がるのを待つ。削りから研磨・刻印まで1工程ですることで、精度が出せるという 社長室はパター愛で溢れていた 代表の山内雄矢さんは、多忙の合間を縫い、寝る間も惜しんで作業に明け暮れる。「パターが好きすぎるんです(笑)」と語る山内さん自身もハンディ3.2の上級者で、これまで膨大な数のパターを購入してきたという超がつくほどのギアマニア。打音・打感・重量バランスやデザインまで、徹底的に研究を重ねた結晶が、超高額パターの正体。とはいえ材料費や人件費を考えると、ほぼ利益はないそう。まさに熱意のなせるわざ 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より
  • 五輪期間のオープンウィーク明けに2戦連勝と絶好調の小祝さくら。その手に握られていたパターが話題になっている。 小祝の地元でもある北海道の企業(株式会社ワールド山内)が手がけたオリジナルパターで、100万円以上というその価格も注目を集めた。そのパターを小祝よりも早くから使っている小山内護に話を聞くと、「素材の良さや構造の良さはもちろん、社長のパターへのこだわりと想いを知ったら、もう値段じゃないよね。実際に工場に行かせてもらって、イチからパターを作る過程を見せてもらったんだけど、工程数もハンパじゃなかった」。ワールド山内はもともと、あらゆる金属製品を扱う企業であることに加え、代表を務める山内雄矢氏はHC3.2の腕前。小山内いわく、だからこそゴルファーの機微もわかっているし、パターに求められる打感や顔、重さといった使用感が、現場の声が生かされた形で高水準に仕上げられているということだ。「値段ばかり注目されていますが、実は材料費と人件費がほとんどなんですよ。私たちは航空や宇宙分野、産業機械などの金属加工が主業なので、ステンレスの配合比率や加工に関し、長年の経験と技術を持っています。そのうえでパッティングにベストだと考える配合比率で調整したステンレスブロックを削り出し、形状から重心位置まで、すべて使い手のパッティングを見ながら作らせていただいています」と山内氏。ちなみに、小祝のパターヘッド1つを削り出すのに、1週間以上かかっているそう。さらにヘッドだけでなくネックも削り出しで、ステンレスブロックの3分の2が“削りカス”になるという。山内氏によれば、小祝の優勝以降、多くのプロから問い合わせが来ているという。たしかに超高額ではあるが、投資利益率も高そうだ。 水も滴るいいパター(?)で後半戦もまだまだ勝利を量産するか(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月7日号より こちらもチェック!