Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【新製品】キャロウェイの2022最新ドライバーは「ローグST」! ラインナップは4種類

【新製品】キャロウェイの2022最新ドライバーは「ローグST」! ラインナップは4種類

キャロウェイゴルフから、「ローグ」(ROGUE)の新シリーズ「ローグ ST」が発表。ドライバーは4種類を揃え、あらゆるゴルファーの要望に応える仕様となっている。

「ローグ ST」シリーズのドライバーのラインナップは「ローグ ST マックス」「ローグ ST マックス D」「ローグ ST マックス ファスト」「ローグ ST マックス LS」の4種類。通常の「マックス」が最もオーソドックスなタイプで、「マックス D」がつかまり重視のドローバイアスモデル、「マックス ファスト」が軽量化でヘッドスピードアップを狙うモデル、「マックス LS」が低スピンの強弾道を実現するモデルとなっている。

「ローグ ST」シリーズ全モデルに共通するのが、「EPIC」シリーズで培ったテクノロジーがてんこ盛りであること。AI設計の「FLASHフェースSS22」「NEW JAILBEAK AIスピードフレーム」「トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール」など、お馴染みのテクノロジーがさらに進化して搭載されている。

またソール後方には、新たに「タングステン・スピードカートリッジ」を搭載。横長形状のウェイトを後部に配置することで、慣性モーメントを高め、ヘッド挙動の安定とミスヒットへの強さをアップしている。

発売予定は2022年3月。「マックス LS」のみ、CALLAWAY SELECTED STORE限定での発売。こちらも争奪戦が予想される。

ラインナップは4種類。あなたはどう飛ばす?

飛距離と振りやすさを追求
「ローグ ST マックス」

つかまった高い球で飛ばす
「ローグ ST マックス D」

軽量化でヘッドスピードUP
「ローグ ST マックス ファスト」

低スピンの強弾道
「ローグ ST マックス LS」

こちらもチェック!

  • ドラコンで女子の日本最長飛距離365Yという記録を持つ女子プロ、高島早百合。飛ばすためには、インパクトでボールを「押す」ことが大事というが、どうすれば「押せる」インパクトが手に入るのか。詳しく聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/高根CC 解説/高島早百合1992年京都府出身。ゴルフの名門・東北高校を卒業後、2011年のプロテストに一発合格。現在はドラコンやレッスンを中心に活躍中 ●CONTENTS●>>#1 ドライバーもハンドファースト>>#2 肩・腰・腕は別々の方向に動く>>#3 手首の角度を最後までキープ ボールを真後ろから真っすぐヒットする ドラコンで365Yという驚異的な記録を持つ高島早百合。細身なのにこんなに飛ばせる理由を聞いたところ、「効率のいいインパクトで、ボールを押せているから」だという。「飛ばないと悩んでいるアマチュアはほぼ例外なく、スウィングのエネルギーをボールにうまく伝えられていません。インパクトでフェースが開いたり、ロフトが増えていたり、軌道が悪くてコスっていたり。これではどんなにパワーがあってもスピンが増えたり曲がるだけで飛びませんよ」(高島)飛ばすために大事なのは、少しロフトが立った状態で、スクエアフェース、ボールに真後ろからエネルギーをぶつけられるインパクト。ポイントは手首の角度にあるという。「左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた形が必須。『ボールを押せる』効率のいいインパクトは、ドライバーもハンドファーストです!」 “押せる”インパクトのポイント1ロフトが立ってフェースはスクエア クラブの運動エネルギーを効率よくボールに伝えるためには、スクエアフェースで、少しロフトが立った状態で当てることが大事 “押せる”インパクトのポイント2左手は掌屈、右手は背屈 左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた状態でインパクトすることで、ロフトが立ち、右手のひらでボールを押すような感覚が生じる ボールを“押せない”3大あるある 最長365Y! ドラコンクイーンの1Wスウィング 「押せるインパクト」もう2つのポイントとは?>>#2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」>>#3「手首の角度を最後までキープ」 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より 高島早百合の飛びの秘密をさらに詳しく知りたい方はこちら 『ドラコンクイーンが365ヤード飛ばすためにやってきたこと』 こちらもチェック!
  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、ルーキーながらシーズン4勝を挙げた西村優菜のセッティングに注目。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa 西村優菜にしむらゆな。2000年8月生まれ、大阪府出身。大阪商業大高を卒業し2020年1月プロ入り。新人として出場の今季、ワールドレディスなど4勝。賞金ランク5位と躍動 ルーキーシーズンいきなり4勝と大活躍した西村優菜。150センチの小柄な体で52試合中51試合に出場、平均ストロークは70.86の5位で、勝負強さと安定感を両立させた。ドライバーの平均飛距離は230ヤード、フェアウェイキープ率は76.6%。まずはドライバーについてキャロウェイのツアーレップ・程塚さんに聞いた。「西村選手のドライバーは『つかまりの良さ』が重要です。ロフトは9度、ライ角はドローポジション、どちらもつかまえて飛ばすための仕様です。長さは45インチ、気持ちよく振り切れる長さを探ってこの長さになりました。エピック スピードに替えたのは6月のサントリーレディスからです」フェアウェイウッドは3・7・9の3本、26度のユーティリティが入って、アイアンは6番からPW。「ウッドもユーティリティもつかまりの良さが第一。これはドライバーから一貫しています。アイアンは9月のゴルフ5レディスから新しいXフォージド スター。前週のニトリレディスからテストを開始して微調整を入れて使用開始。そういう意味で、スムーズに移行できました」アイアンを新調した翌週の日本女子プロが6位タイ、その次の東海クラシックとミヤギテレビ杯で2週連続優勝。使い心地の良さは結果が物語っている。「JAWSウェッジの3本は、50度はかなり前から。54度はコースセッティングで替えます。フルトウの58度はニトリレディスから愛用しています。西村選手のクラブ選びは安定した飛距離とコントロール力の両立。そして、気に入ると長く使うタイプですね」 6月のサントリーレディスからバッグに入れたエピック スピード。この大会初日、66をマークして9位タイに入った。ロフトは9度、ネックのライ角調整機能はドロー、つかまえて飛距離を出す仕様だ。現在はフェースターンしやすいスピーダーNXを装着 ドライバーから3本のフェアウェイウッドまで、共通するのはボールのつかまりやすさ。3Wはツアー仕様のトリプルダイヤモンド。1Wと同じようにライ角をドローポジションにして使っている 新しいXフォージド スターに替えた2週後から2週連続優勝。センターに集中した打痕と結果が相性の良さを語る。シャフトはMCI 70、フレックスはR トウ側までスコアラインの入った58度はニトリレディスから使う ツアープロに愛用者の多いホワイト ホット インサート。ソフトな打感なのにしっかりと転がる性能が特徴。西村は角型ヘッドのショートスラントネックタイプを使う 西村優菜の14本 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より 「プロスペック」バックナンバー
  • ドライバーの下は3番ウッド(3W)を入れている人が大半だが、フェアウェイから3Wを上手く使いこなせている人はどれだけいるだろう。3Wと5Wで飛距離が変わらないのであれば、必ずしも3Wを入れる必要はないかもしれない。今回は、フェアウェイウッド29モデルを一堂に会し、3W、5W、7Wの各番手を試打&計測。ウッドセッティングの参考にしよう! PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura THANKS/フライトスコープ ジャパン、ゴルフ倶楽部 成田ハイツリー あえて難しい3Wを入れる必要はない? ドライバーの次に飛ぶからとバッグに入れている人も多い3W。確かにロフトが立っていて、シャフトも長いのでティーアップしてちゃんと当たれば3Wのほうが飛ぶ。しかしフェアウェイウッド(FW)は地面から直接打つクラブ。「ヘッドスピードが遅い人、とくにHS40㎧以下では、フェアウェイから直接打った場合、3Wと5Wのキャリーにほとんど差は出ません。ある程度の打ち出し角度がないと、適正なキャリーが得られないからです」とクラブ設計家の松尾好員氏。「テストの結果では女子プロでさえ、キャリーの差が6〜7ヤードくらい。ヘッドスピード以上にロフトが立っているとスピンは得にくくなり、球は上がりにくくなります。そのためロフト角のある5Wや7Wのほうが3Wより飛んでしまうということも。あのタイガー・ウッズでさえ3Wは15度。普通のアマチュアには15度の3Wは難しいんです」(松尾)テスターを務めた後藤悠斗プロがドライバー換算で41㎧ 程度のヘッドスピードで打つと、確かに3Wと5Wの飛距離の差が小さいモデルがあった。一方で、しっかりと距離の差が出るFWもあった。比べてみると、3Wと5Wの差が出たモデルは初速が出ていて、スピンも多い。「一般的にはヘッドの見た目が大きく、高重心&深重心のFWのほうがスピンが入りやすいです」(松尾) FW29モデルを試打番手ごとの計測データを公開! 試打&解説/後藤悠斗 「雑巾王子」こと武市悦宏プロとともに広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う。ギアへの造詣も深い 【計測方法】後藤プロがドライバーのHS41~42㎧相当で試打。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「フライトスコープ」で計測。データは5球打った平均 >>コースで実際どれだけ飛ぶ?打って試すなら「クラブステーション」が便利! 続きを読む 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!
  • 最新のクラブをレンタルして自由に試打できる話題のサービス「クラブステーション」。今回はクラブセットをまるまるレンタルできる「ラウンドセット」を初体験。正直これ、かなりオススメです! 前回利用したのは、「試打クラブレンタル」というサービス。クラブやシャフトを3本まで、3泊4日(Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日!)でレンタルでき、練習場やコースで思う存分試打できるというもの。 >>「試打クラブレンタル」の体験レポートはこちら https://my-golfdigest.jp/gear/p42390/ 今回は、クラブステーションのもうひとつのサービス「ラウンドセット」を申し込んでみた。ラウンドセットは、「エントリーモデル」と「人気モデル」から選べ、前者が1日6600円、後者が1日7700円で利用できる。 ラウンドセットの検索画面は、デフォルトではパターが表示されるので、検索条件の「種類を選ぶ」から「クラブセット」を選択し、「この条件で探す」をクリックすると、クラブセットのラインナップが表示される ゴルフ場で借りるレンタルクラブの場合、何年の前のモデルで使い込まれたクラブしかないケースが多いが、クラブステーションのラウンドセットはほぼ最新のクラブばかり。 テーラーメイドやキャロウェイ、ピンなど人気メーカーの最新クラブを含んだクラブセットをまるまる借りられる。星マークはエントリーモデルのセット これでも十分ラウンドは楽しめるが、ラウンドセットにはもうひとつ「セルフセッティング」なるものがある。こちらはなんと、ドライバーからパターまで、自分の好きなクラブを選んで組み合わせられるというもの。「試打レンタル」のラインナップから選べるので、ロフトやシャフトも自分仕様に揃えることができる。つまり、最新モデルを自分好みのセッティングでコースで試すことができるということ。ここまでできて、料金は上記の「人気モデル」と同じ7700円(パターも選択する場合は+550円)。キャディバッグをコースへ郵送するだけでも、往復で4000円近くかかることを考えれば、発送の手間がなく、コースへ最新のクラブセットを届けてくれるこのサービス……おそるべし。そして何より、「セルフセッティング」では選ぶ時間も楽しい。一度打ってみたかったモデルを組み合わせて、最新モデルだらけの夢のセッティングを作ることができるのだ。もちろん、人気のあるモデルはすでに埋まっているケースもあるが、ある程度時間に余裕をもって予約すれば、希望のクラブを組み入れられる可能性が高い。ああでもないこうでもない、と画面の前で悩みながら、セルフセッティングが完成。 選んだクラブは、画面右側のカートから確認できる プレー日を確認し、予約を確定。でも、本当にこれでコースに届くのか。届いても、誰のクラブか分からずに放置されていたりしないのか、そもそもどんな形で届くのだろうか……。不安だったので、当日、早めにコースに着き、いの一番にバッグ置き場へ。スタッフにクラブステーションからバッグが届いていないか確認すると、慣れた様子で「はい、こちらですね」。心配は杞憂に終わった。バッグにはタグも付いており、自分が頼んだものだとすぐに分かる。フードを開けると、新品同様のピッカピカのクラブが収められていた。 どれも、コースでは初めて打つモデルばかりだったが、シャフトの重さや硬さなど、スペックを自分仕様に揃えていることから、とくに違和感なく振ることができた。ショップや練習場などの試打では、どうしても人工芝で打つことになるが、FWやアイアン、ウェッジなどは芝の上で試したいもの。とくにウェッジは、思ったよりスピンが入るor入らないといったことは、コースボールで実際のグリーンで打ってみるまで分からない。買ってから「思っていたのと違う!」というケースもある。コースで遭遇するリアルなケースで試せるのは、非常にありがたい。返却も、ラウンド後、カートから下ろす際にクラブステーションへ返送する旨を伝えればOK。発送伝票を書いたりする必要もない。試打を目的としなくても、たとえば出張先でラウンドの予定が入った場合や、帰省中に地元の友人とゴルフをする場合など、クラブを送るのが面倒な場合にこのサービスを利用するのもアリ。なんとシューズや距離計までレンタルできるので、ウェアなど最低限の用具さえ持っていけばOKだ。至れり尽くせりの「ラウンドセット」レンタル、ぜひ一度活用してみていただきたい。 「ラウンドセット」はこんな人にオススメ!●クラブを送って電車でラウンドに行くことが多い人●最新モデルをコースで思う存分試したい人●出張先や帰省先でラウンドの予定がある人 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「ラウンドセット」が5940円に! Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、クラブステーションの「ラウンドセット」サービスが通常7700円のところ5940円で利用できる。クラブをコースに送る往復送料だけでも4000円近くかかることを考えれば、かなりお得だ。「ラウンドセット」以外にも、Myゴルフダイジェスト有料会員向けのスペシャル特典満載。お得なキャンペーンも随時開催している。詳細は下記リンクをチェック! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで今回は、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。まずはドライバーから! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う ドライバーは2017年が当たり年 PGAツアー選手のなかにも、最新モデルではなく旧モデルを使用する選手もいるが、なかには2017年のモデルを愛用する選手も。4年前のモデルをあえて使用するということは、よほどの名器に違いない。どんなモデルかチェックしてみた。 テーラーメイド「M1 460」(2017) 中古価格●9900円~ トッププロが使用し一世を風靡した 初代『M1』よりも重心深度が浅くなり、また芯の位置が低いので、有効打点距離が長くなり低スピンになりやすい 【使用プロ】ケビン・チャッペル調子のよかった17年に使用していたのがこのモデル。その後、他メーカーも使用したが、今年、このクラブに戻した。 【後藤's インプレッション】フェースアングルがストレートで構えやすい「『M3』以降、オープンフェースがきつくなり、いわゆる“逃げ顔”になったので、このモデルのほうがスクエアに構えやすい。またスピン量も少なく、叩いても吹けずにつかまるモデルで、上級者ならいまも現役で使えますね」 ピンゴルフ「G400」(2017) 中古価格●2万4200円~ 大慣性モーメントでミスに強い 前作『G』に比べ、ヘッド体積は小さくなったが、重心距離は長く、重心深度は深くなり、ミスヒットへの寛容性を高めた 【使用プロ】ハリス・イングリッシュ17年全米オープン前に『G400』にスイッチ。それ以降は一貫してこのモデルを使用し、21年には2勝を挙げた。 【後藤's インプレッション】アッパーに振るイメージが湧きやすい「ピンのなかでは小ぶりなヘッドですが、構えるとクラウン部の突起のおかげで後ろに長いシャローバックに見える。そのため、アッパー軌道をイメージしやすい。オープンフェースの“逃げ顔”なので、怖がらずに叩ける」 ピンゴルフ「G400 LST」(2017) 中古価格●2万878円~ 17年国内賞金王&賞金女王が使用 発売された17年の国内男女の賞金ランク1位の宮里優作と鈴木愛が使用していたことで話題になった。ヘッド体積は445ccと小ぶりでやや締まった印象だが、打ち出し角と直進性が高く、スピン量は少ないという「飛びの3要素」の2つで優位性があり使用者が多かった 【使用プロ】スコッティ・シェフラー大学最後のNCAAディビジョンIから使用。プロ入り後も手放さず、300ヤードを超す豪快なショットを繰り出す。 ピンゴルフ「G400ストレッチ」(2017) 中古価格●1万7600円~ G400シリーズはミニドライバーも人気 やや前方に配置されたソールウェートにより、低スピンで強弾道。193ccのコンパクトヘッドながら13度というロフト角で高い飛距離性能を誇る。直進性の高さはドライバーの『G400』シリーズと同様でミスにも強い。FWとしてだけでなくミニドライバーとしての使用も可能 【使用プロ】トニー・フィナウ3Wを多用した20年に比べ13度の「ストレッチ」を使用した21年はイーグル率が60位から19位にジャンプアップ。 こちらも将来の名器候補 キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」(2020) 中古価格●2万7500円~ 稲見萌寧が昨年から使い続ける 「構えたときにしっくりくるから迷うことなく振り切れる。ボールのつかまり具合の良さと、操作性の高さのバランスがいい」(稲見)。プロモデルだがシャローバック形状で450ccながらも投影面積が大きく、安心感がある 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より こちらもチェック!