Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • アマチュアに3Wは必要か?【HS40~42m/s】最新FW29モデル「3W・5W・7W」飛距離と弾道を総チェック

アマチュアに3Wは必要か?【HS40~42m/s】最新FW29モデル「3W・5W・7W」飛距離と弾道を総チェック

ドライバーの下は3番ウッド(3W)を入れている人が大半だが、フェアウェイから3Wを上手く使いこなせている人はどれだけいるだろう。3Wと5Wで飛距離が変わらないのであれば、必ずしも3Wを入れる必要はないかもしれない。今回は、フェアウェイウッド29モデルを一堂に会し、3W、5W、7Wの各番手を試打&計測。ウッドセッティングの参考にしよう!

PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura THANKS/フライトスコープ ジャパン、ゴルフ倶楽部 成田ハイツリー

あえて難しい3Wを
入れる必要はない?

ドライバーの次に飛ぶからとバッグに入れている人も多い3W。確かにロフトが立っていて、シャフトも長いのでティーアップしてちゃんと当たれば3Wのほうが飛ぶ。しかしフェアウェイウッド(FW)は地面から直接打つクラブ。

「ヘッドスピードが遅い人、とくにHS40㎧以下では、フェアウェイから直接打った場合、3Wと5Wのキャリーにほとんど差は出ません。ある程度の打ち出し角度がないと、適正なキャリーが得られないからです」とクラブ設計家の松尾好員氏。

「テストの結果では女子プロでさえ、キャリーの差が6〜7ヤードくらい。ヘッドスピード以上にロフトが立っているとスピンは得にくくなり、球は上がりにくくなります。そのためロフト角のある5Wや7Wのほうが3Wより飛んでしまうということも。あのタイガー・ウッズでさえ3Wは15度。普通のアマチュアには15度の3Wは難しいんです」(松尾)

テスターを務めた後藤悠斗プロがドライバー換算で41㎧ 程度のヘッドスピードで打つと、確かに3Wと5Wの飛距離の差が小さいモデルがあった。一方で、しっかりと距離の差が出るFWもあった。比べてみると、3Wと5Wの差が出たモデルは初速が出ていて、スピンも多い。「一般的にはヘッドの見た目が大きく、高重心&深重心のFWのほうがスピンが入りやすいです」(松尾)

FW29モデルを試打
番手ごとの計測データを公開!

試打&解説/後藤悠斗

「雑巾王子」こと武市悦宏プロとともに広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う。ギアへの造詣も深い

計測方法
後藤プロがドライバーのHS41~42㎧相当で試打。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「フライトスコープ」で計測。データは5球打った平均

>>コースで実際どれだけ飛ぶ?
打って試すなら「クラブステーション」が便利!


週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。今回はトッププロが愛用するフェアウェイウッド10本をピックアップ! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う >>「ドライバー編」はこちら https://my-golfdigest.jp/gear/p44604/ 「打感」で選ぶならちょい古モデルがオススメ 「フェアウェイウッドもドライバー同様、飛距離性能で選ぶことが多いですが、こだわりのあるゴルファーは打感・打音を重視します。いまのウッドフェースは弾き系が多く、金属音がしてイメージと合わない人は、少し前のモデルを選ぶのもいいでしょう」(後藤) ナイキ「ヴェイパー スピード FW」(2014) 中古価格●5500円~ かつてマキロイも使用した名器 特徴的なキャビティ構造で余分な振動を抑えエネルギーロスを軽減し、ボール初速がアップ 【使用プロ】木下稜介「飛距離よりも曲がらないことが大事。自分のゴルフを支える部分だし、セッティングにおいても核となっている」(木下) 【後藤's インプレッション】3Wなのに5W並みにやさしく打てる「ロフト角15度の3Wを打ちましたが、黄色と白のスコアラインがしっかり見えて5Wのような安心感を持って構えられます。7年前のモデルですが、ミスヒットへの強さも最新クラブ並み。これは名器ですね」 テーラーメイド「M2 ツアー FW」(2017) 中古価格●1万4278円~ 星野、ケプカは16.5度の「HL」を使用 星野が初優勝を挙げた18年フジサンケイでも多用し、FWながら290ヤード超のショットも見せた 【使用プロ】星野陸也、申ジエ「かなり長く使っていますが、スピンが適度に入ってくれてコントロール性が高いのが気に入っている」(星野)「フェースに吸いつく時間が長いほうが好き。最近は弾くクラブが多くスピン量をコントロールしにくいし、スピンのイメージも出せない」(申) ナイキ「VRプロ リミテッド」(2011) 中古価格●4378円~ 12年には松山英樹も使用していた タイガーがスキャンダル後の不振から復活優勝を果たした12年に使用していたのが、このモデル。ネック軸周り慣性モーメントが小さく、操作性の良さが特徴。ややディープフェースでティーショットでも扱いやすく、実際にタイガーも多用した 【使用プロ】スコッティ・シェフラー21年初頭の練習中に10年以上使用していた『VR プロ リミテッド』にヒビが入り、別れを告げた。しかし、その後、新しい同モデルを見つけ、いまも使用中 【後藤's インプレッション】ヘッドを感じやすく切り返しやすい「最新の3Wに比べて、ヘッドに重量を感じます。その重さで飛ばすコンセプトなのでしょう。ヘッドの位置がわかりやすく、良くも悪くもクセがないので、操作性はいまのクラブ以上にいい。球を自分で操りたい人にオススメですね」 キャロウェイ「X HOT プロ」(2013) 中古価格●4378円~ “300ヤードスプーン”の謳い文句で流行 市販では受注生産のみだった『X HOT プロ』。その名のとおりプロモデルで、通常よりも20ccほど体積が小さく、ややディープフェース。それでもシャローバック形状のため、上級者の間では「投影面積が大きく、安心感がある」と好評だった 【使用プロ】上田桃子「シャローなヘッドなので、“いい打点”で打ちやすい。上げにいかなくても上がってくれる安心感が大きい。この2本の安心感はほかでは得られない」(上田) 【後藤's インプレッション】初速が速く、最大飛距離を得られる「最新フェアウェイウッドは高機能にするためにソールに付属品が多く、バックスウィングで芝に引っ掛かるイメージがありますが、このクラブにはそれがなく、スムーズに始動できる。初速も速く、さすが“300ヤードスプーン”です」 タイトリスト「915F」(2014) 中古価格●5500円~ タイトのFWで初めて“溝”を採用 フェアウェイウッド用のソール溝は地面からのショットでも高い反発性能と低スピン、かつロフト角どおりの打ち出し角が得られるように開発。低重心化しつつ、薄型のクラウンとフェースにより、慣性モーメントを高くし、直進性と許容性を両立させた 【使用プロ】パトリック・カントレークラブを替えないプロとして有名で、契約するタイトリストのクラブを使用するが、最新モデルはほとんど入っていない。そんななかいちばんの古参クラブが『915F』だ 【後藤's インプレッション】ウッドなのに打音がアイアンに近い「フェアウェイウッドに飛びを求めるのは間違いではないですが、最近は弾き系で高音の打音が多い。ショットメーカーのゴルファーだと得意なアイアンとの差を感じてしまう。『915F』はその感覚がなく、アイアンの流れで打てます」 ピンゴルフ「G400」(2017) 中古価格●1万8150円~ 極薄クラウンと複合素材ボディで高慣性モーメント リーディングエッジを低く抑えたフラットソールで座りが良く、フェースに薄いマレージング鋼を採用し、たわみ力が上がり、反発性能がアップ。ドライバーと同じく、大慣性モーメントで高い直進性を持っている 【使用プロ】ハリス・イングリッシュドライバー同様、FWも『G400』のハリス・イングリッシュ。ウッドはこの2本しか入れておらず、『G400』への信頼度の高さがうかがえる 【後藤's インプレッション】スクエア感があり構えやすい「ソールが広くて真っ平らなので、構えたときの座りがとてもいいですね。また、クラウンも平らで投影面積が大きく見えるのも安心感を与えてくれます。フェースが長く見えて、芯も広いので、アベレージゴルファーにもオススメです」 タイトリスト「915Fd」(2014) 中古価格●6600円~ ディープフェースで915Fより初速が速い 【使用プロ】ジャスティン・トーマスJ・トーマスは5Wに『915Fd』を使用している理由を「PGAツアーのグリーンは速いので止めるのに高さが必要。その高さを出せるから」と話す。ディープフェースで球が強い タイトリスト「917 F2」(2016) 中古価格●7678円~ シャローフェースで球を上げやすい 【使用プロ】キース・ミッチェル19年ホンダクラシックで初優勝したときからフェアウェイウッドだけは替えておらず、その1本が『917F2』。小ぶりな形状だがオーソドックスで構えやすい テーラーメイド「M2」(2017) 中古価格●9878円~ 一回り大きくなったやさしい「M2」 【使用プロ】エイブラハム・アンサーリーディングエッジを低く抑えたフラットソールで座りが良く、フェースに薄いマレージング鋼を採用し、たわみ力が上がり、反発性能がアップ。ドライバーと同じく、大慣性モーメントで高い直進性を持っている こちらも注目! コブラ「キング ラッドスピード ツアー」(2021) 中古価格●3万6278円~ 【使用プロ】松山英樹ラインナップされているのは5Wだけだが、操作性の高さと低スピンでツアープレーヤーに人気。今年のZOZOチャンピオンシップで松山英樹が18番パー5のセカンドで使用していたのがこのクラブ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より ※価格は10月28日現在のゴルフパートナーでの最低金額 こちらもチェック!
  • 最新のクラブをレンタルして自由に試打できる話題のサービス「クラブステーション」。今回はクラブセットをまるまるレンタルできる「ラウンドセット」を初体験。正直これ、かなりオススメです! 前回利用したのは、「試打クラブレンタル」というサービス。クラブやシャフトを3本まで、3泊4日(Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日!)でレンタルでき、練習場やコースで思う存分試打できるというもの。 >>「試打クラブレンタル」の体験レポートはこちら https://my-golfdigest.jp/gear/p42390/ 今回は、クラブステーションのもうひとつのサービス「ラウンドセット」を申し込んでみた。ラウンドセットは、「エントリーモデル」と「人気モデル」から選べ、前者が1日6600円、後者が1日7700円で利用できる。 ラウンドセットの検索画面は、デフォルトではパターが表示されるので、検索条件の「種類を選ぶ」から「クラブセット」を選択し、「この条件で探す」をクリックすると、クラブセットのラインナップが表示される ゴルフ場で借りるレンタルクラブの場合、何年の前のモデルで使い込まれたクラブしかないケースが多いが、クラブステーションのラウンドセットはほぼ最新のクラブばかり。 テーラーメイドやキャロウェイ、ピンなど人気メーカーの最新クラブを含んだクラブセットをまるまる借りられる。星マークはエントリーモデルのセット これでも十分ラウンドは楽しめるが、ラウンドセットにはもうひとつ「セルフセッティング」なるものがある。こちらはなんと、ドライバーからパターまで、自分の好きなクラブを選んで組み合わせられるというもの。「試打レンタル」のラインナップから選べるので、ロフトやシャフトも自分仕様に揃えることができる。つまり、最新モデルを自分好みのセッティングでコースで試すことができるということ。ここまでできて、料金は上記の「人気モデル」と同じ7700円(パターも選択する場合は+550円)。キャディバッグをコースへ郵送するだけでも、往復で4000円近くかかることを考えれば、発送の手間がなく、コースへ最新のクラブセットを届けてくれるこのサービス……おそるべし。そして何より、「セルフセッティング」では選ぶ時間も楽しい。一度打ってみたかったモデルを組み合わせて、最新モデルだらけの夢のセッティングを作ることができるのだ。もちろん、人気のあるモデルはすでに埋まっているケースもあるが、ある程度時間に余裕をもって予約すれば、希望のクラブを組み入れられる可能性が高い。ああでもないこうでもない、と画面の前で悩みながら、セルフセッティングが完成。 選んだクラブは、画面右側のカートから確認できる プレー日を確認し、予約を確定。でも、本当にこれでコースに届くのか。届いても、誰のクラブか分からずに放置されていたりしないのか、そもそもどんな形で届くのだろうか……。不安だったので、当日、早めにコースに着き、いの一番にバッグ置き場へ。スタッフにクラブステーションからバッグが届いていないか確認すると、慣れた様子で「はい、こちらですね」。心配は杞憂に終わった。バッグにはタグも付いており、自分が頼んだものだとすぐに分かる。フードを開けると、新品同様のピッカピカのクラブが収められていた。 どれも、コースでは初めて打つモデルばかりだったが、シャフトの重さや硬さなど、スペックを自分仕様に揃えていることから、とくに違和感なく振ることができた。ショップや練習場などの試打では、どうしても人工芝で打つことになるが、FWやアイアン、ウェッジなどは芝の上で試したいもの。とくにウェッジは、思ったよりスピンが入るor入らないといったことは、コースボールで実際のグリーンで打ってみるまで分からない。買ってから「思っていたのと違う!」というケースもある。コースで遭遇するリアルなケースで試せるのは、非常にありがたい。返却も、ラウンド後、カートから下ろす際にクラブステーションへ返送する旨を伝えればOK。発送伝票を書いたりする必要もない。試打を目的としなくても、たとえば出張先でラウンドの予定が入った場合や、帰省中に地元の友人とゴルフをする場合など、クラブを送るのが面倒な場合にこのサービスを利用するのもアリ。なんとシューズや距離計までレンタルできるので、ウェアなど最低限の用具さえ持っていけばOKだ。至れり尽くせりの「ラウンドセット」レンタル、ぜひ一度活用してみていただきたい。 「ラウンドセット」はこんな人にオススメ!●クラブを送って電車でラウンドに行くことが多い人●最新モデルをコースで思う存分試したい人●出張先や帰省先でラウンドの予定がある人 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「ラウンドセット」が5940円に! Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、クラブステーションの「ラウンドセット」サービスが通常7700円のところ5940円で利用できる。クラブをコースに送る往復送料だけでも4000円近くかかることを考えれば、かなりお得だ。「ラウンドセット」以外にも、Myゴルフダイジェスト有料会員向けのスペシャル特典満載。お得なキャンペーンも随時開催している。詳細は下記リンクをチェック! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで今回は、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。まずはドライバーから! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う ドライバーは2017年が当たり年 PGAツアー選手のなかにも、最新モデルではなく旧モデルを使用する選手もいるが、なかには2017年のモデルを愛用する選手も。4年前のモデルをあえて使用するということは、よほどの名器に違いない。どんなモデルかチェックしてみた。 テーラーメイド「M1 460」(2017) 中古価格●9900円~ トッププロが使用し一世を風靡した 初代『M1』よりも重心深度が浅くなり、また芯の位置が低いので、有効打点距離が長くなり低スピンになりやすい 【使用プロ】ケビン・チャッペル調子のよかった17年に使用していたのがこのモデル。その後、他メーカーも使用したが、今年、このクラブに戻した。 【後藤's インプレッション】フェースアングルがストレートで構えやすい「『M3』以降、オープンフェースがきつくなり、いわゆる“逃げ顔”になったので、このモデルのほうがスクエアに構えやすい。またスピン量も少なく、叩いても吹けずにつかまるモデルで、上級者ならいまも現役で使えますね」 ピンゴルフ「G400」(2017) 中古価格●2万4200円~ 大慣性モーメントでミスに強い 前作『G』に比べ、ヘッド体積は小さくなったが、重心距離は長く、重心深度は深くなり、ミスヒットへの寛容性を高めた 【使用プロ】ハリス・イングリッシュ17年全米オープン前に『G400』にスイッチ。それ以降は一貫してこのモデルを使用し、21年には2勝を挙げた。 【後藤's インプレッション】アッパーに振るイメージが湧きやすい「ピンのなかでは小ぶりなヘッドですが、構えるとクラウン部の突起のおかげで後ろに長いシャローバックに見える。そのため、アッパー軌道をイメージしやすい。オープンフェースの“逃げ顔”なので、怖がらずに叩ける」 ピンゴルフ「G400 LST」(2017) 中古価格●2万878円~ 17年国内賞金王&賞金女王が使用 発売された17年の国内男女の賞金ランク1位の宮里優作と鈴木愛が使用していたことで話題になった。ヘッド体積は445ccと小ぶりでやや締まった印象だが、打ち出し角と直進性が高く、スピン量は少ないという「飛びの3要素」の2つで優位性があり使用者が多かった 【使用プロ】スコッティ・シェフラー大学最後のNCAAディビジョンIから使用。プロ入り後も手放さず、300ヤードを超す豪快なショットを繰り出す。 ピンゴルフ「G400ストレッチ」(2017) 中古価格●1万7600円~ G400シリーズはミニドライバーも人気 やや前方に配置されたソールウェートにより、低スピンで強弾道。193ccのコンパクトヘッドながら13度というロフト角で高い飛距離性能を誇る。直進性の高さはドライバーの『G400』シリーズと同様でミスにも強い。FWとしてだけでなくミニドライバーとしての使用も可能 【使用プロ】トニー・フィナウ3Wを多用した20年に比べ13度の「ストレッチ」を使用した21年はイーグル率が60位から19位にジャンプアップ。 こちらも将来の名器候補 キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」(2020) 中古価格●2万7500円~ 稲見萌寧が昨年から使い続ける 「構えたときにしっくりくるから迷うことなく振り切れる。ボールのつかまり具合の良さと、操作性の高さのバランスがいい」(稲見)。プロモデルだがシャローバック形状で450ccながらも投影面積が大きく、安心感がある 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より こちらもチェック!