Myゴルフダイジェスト

イギリスに世界初の“地下ゴルフ場”が登場!?

イギリス南西部のウェールズに、間もなく前代未聞のゴルフ場が完成するという。

完成するのは、18ホールを有する“地下ゴルフコース”。最深部は地下約150m、移動にはケーブルトロッコが利用され、全4層に分かれるコースに到着するという。

現在、明らかにされているのは第1層のパターコースだけで、残りの3層は未公開。大方の予想では、パターコースになるのでは? と目されるが、もしショットできるとしたら、「曲げても壁に当たってOBなし」なんて夢のコースになるかも……。

このコースは、もとは採石場跡。50年ほど前からトロッコを使った洞窟ツアーを行い、ウェールズの観光名所ともなっていた。その後さまざまなアトラクションが追加され、好評を博したが、これを大幅に改修してゴルフコースを作ったというわけ。

エンターテインメント性も高く、コースを回っていると、採石場の歴史を感じさせる情報とともに採掘音が聞こえてきたり、ホールアウトするとダイナマイトの発破音が鳴る演出がされるそう。

今後イギリスにゴルフ旅行を計画するのなら、リンクスはもちろんだが、“地下ゴルフ”を予定に加えてみるのも悪くない?

雨の多いイギリスでも“地下”なら関係ない?

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

こちらもチェック!

  • これまでありそうでなかったゴルフとビジネスのマッチングアプリが提供されているが、どんな仕組みのだろうか? 提供されたアプリは「Tee’s(ティーズ)」といい、運営は(株)ライフアップという会社。その趣旨を「ビジネス面で連絡をとりたい相手や気の合いそうな相手とのラウンドマッチングから、ゴルフを一緒にプレーすることで知り合いになり、そこからビジネスにつながるプラットホームを目指す」という。これまでビジネスマッチングもゴルフマッチングもたくさんあったが、その2つを結びつけたという。たしかに、この2年間のコロナ禍で60万人の若年層ゴルファーが新たに生まれ、ゴルフマーケットは拡大し、会食など密な出会いが制限されるなか、需要はあるのかもしれない。ただマッチングアプリといえば、過去は男女の出会い系がメインで、問題視されたケースもあった。そのリスクを避けるため、同アプリでは「登録は招待制で、すでに登録している利用者から招待される」ことになっているという。また、「会員になった人は業種、役職、年齢、スコアなど希望を登録し、相手を探す場合でもゴルフ友達、同業種、異業種などから希望する条件で検索する」。利用者が増加すれば、ゴルフのレッスントレーナーを探す“レッスンマッチング”や “就職マッチング”、“婚活マッチング”などの実現も視野に入れているという。会員は月額無料から有料会員まで、マッチング可能な回数によって4段階のランクがあり、有料会員になるとゴルファー保険が付加される。この仕組みをゴルフ業界のITに詳しい関係者は次のように話す。「登録済みの会員による招待制なので、こういったアプリにありがちなトラブルのリスクは低いと思います。ただ今後は婚活マッチングも、となっているので、そこは気をつけてほしいですね。あくまでビジネスをメインにうたっているわけですから」これまでの分野にないゴルフ+ビジネスマッチング、これからの経緯も見ていきたい。 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より こちらもチェック!
  • ゴルフの祭典「マスターズ」を開催するオーガスタナショナルGC。世界中のゴルファーが一度は回ってみたいと憧れる美しいコースだが、世界にはオーガスタよりも高い評価を得るゴルフ場が多数存在する。今回の「なんでもランキング」は、米ゴルフマガジンが選ぶ「世界のゴルフ場100選」から、トップ10を抜粋してご紹介! 2位は、米カリフォルニア州の名門「サイプレスポイントクラブ」。オーガスタナショナルと同じマッケンジーの設計だ 毎年マスターズが行われるオーガスタナショナルGC。米ゴルフマガジン誌が2年ごとに発表している「世界のゴルフ場100選」の昨年11月に発表された最新21-22年のランキングでは第9位となっている。これが低いのか、高いのかはさておき、上位には名門コースがズラリ。トップのパインバレーGCは、このランキングが始まった1983年からずっと首位の座をキープし続けている。2位のサイプレスポイントクラブと7位のロイヤルメルボルンGCはオーガスタナショナルと同じアリスター・マッケンジーの設計。3位にスコットランドのセントアンドリュース・オールドコース、6位に北アイルランドのロイヤルカウンティダウンGCと、英国を代表するリンクスも上位に名を連ねている。歴史あるコースがほとんどだが、10位のサンドヒルズGCは1995年開場と新しく、米国中西部の内陸地に広がる草原地帯に造られたコースだが、本場のリンクスを彷彿させるコースだ。ちなみに日本からは廣野GC(37位)と、川奈ホテルGC富士コース(62位)の2コースがランクインしている。 米ゴルフマガジン誌が選ぶ世界の名コースTOP10 米ゴルフマガジン“Top 100 Courses in the World 2021-22”より 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より 「なんでもランキング」バックナンバー こちらもチェック!
  • 長崎県五島列島、北端の2つの島にある「日本のリンクス」にテレビカメラが入った。 その2島とは、小値賀(おぢか)島と宇久(うく)島。小値賀島は周囲約30km、人口約2500人、独立心が強い島民性で市町村合併もしていない。島全体が西海国立公園に指定され、09年には“日本で最も美しい村”のひとつに選ばれている。そんな同島の断崖絶壁にあるコースは「浜崎鼻ゴルフ場」で、5ホール(1053Y・P18)、4回まわってパー72にするという。牛の放牧場だったところを有志による手造りで完成させたのは1976年のことだった。人工物は手製のピンとOBの白杭だけだ。一方、宇久島は周囲40km、人口約2000人。壇ノ浦の戦いに敗れた平家盛が、安住の地を求めてたどり着いたというロマンに満ちた島。島民性は穏健・温厚という。この地に造られた「平原ゴルフ場」は広々とした草原に9ホール(2353Y・P34)と本格的。海越えパー3が2ホールもあり、豪快そのもの。ここも牛の放牧地だった。しかし、今は牛も少なくなり、芝を刈るのは人の手だ。芝は姫高麗の原種で散水は不要。英国のリンクスと全く同じである。この両島のゴルフ場を柱に島民の生活などを紹介し、離島の活性化の起爆剤になればと、長崎文化放送(TV朝日系)とBS11で共同制作。出演は全英オープンを5回制覇したピーター・トムソンの子息、アンドリュー・トムソンと沖縄出身の女子プロ、諸見里しのぶ。アンドリューは豪州国会議員を経て、現在国際弁護士。ニッカーボッカーをはき、ヒッコリークラブでプレーする。4年前、初めて小値賀島を訪れていっぺんで気に入り、その日に浜崎鼻ゴルフ場の会員となった。平原ゴルフ場は「100年前の全英オープンでプレーしている気分」と感嘆する。移住者や、ゴルファー、観光客増加の一助になれば幸いだろう。 本場スコットランドを彷彿とさせるリンクスの原風景が広がる。5月放送予定の番組名は「長崎離島ゴルフ旅」(仮題)(PHOTO/Takanori Miki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!