Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • コース・プレー
  • 「まるで100年前のスコットランド!」 五島列島にある2つの“手造りリンクス”が本格的すぎる

「まるで100年前のスコットランド!」 五島列島にある2つの“手造りリンクス”が本格的すぎる

長崎県五島列島、北端の2つの島にある「日本のリンクス」にテレビカメラが入った。

その2島とは、小値賀(おぢか)島と宇久(うく)島。小値賀島は周囲約30km、人口約2500人、独立心が強い島民性で市町村合併もしていない。島全体が西海国立公園に指定され、09年には“日本で最も美しい村”のひとつに選ばれている。

そんな同島の断崖絶壁にあるコースは「浜崎鼻ゴルフ場」で、5ホール(1053Y・P18)、4回まわってパー72にするという。牛の放牧場だったところを有志による手造りで完成させたのは1976年のことだった。人工物は手製のピンとOBの白杭だけだ。

一方、宇久島は周囲40km、人口約2000人。壇ノ浦の戦いに敗れた平家盛が、安住の地を求めてたどり着いたというロマンに満ちた島。島民性は穏健・温厚という。この地に造られた「平原ゴルフ場」は広々とした草原に9ホール(2353Y・P34)と本格的。海越えパー3が2ホールもあり、豪快そのもの。ここも牛の放牧地だった。しかし、今は牛も少なくなり、芝を刈るのは人の手だ。芝は姫高麗の原種で散水は不要。英国のリンクスと全く同じである。

この両島のゴルフ場を柱に島民の生活などを紹介し、離島の活性化の起爆剤になればと、長崎文化放送(TV朝日系)とBS11で共同制作。出演は全英オープンを5回制覇したピーター・トムソンの子息、アンドリュー・トムソンと沖縄出身の女子プロ、諸見里しのぶ。アンドリューは豪州国会議員を経て、現在国際弁護士。ニッカーボッカーをはき、ヒッコリークラブでプレーする。4年前、初めて小値賀島を訪れていっぺんで気に入り、その日に浜崎鼻ゴルフ場の会員となった。平原ゴルフ場は「100年前の全英オープンでプレーしている気分」と感嘆する。

移住者や、ゴルファー、観光客増加の一助になれば幸いだろう。

本場スコットランドを彷彿とさせるリンクスの原風景が広がる。5月放送予定の番組名は「長崎離島ゴルフ旅」(仮題)(PHOTO/Takanori Miki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • 「ゴルフは18ホール」という常識は昔の話? 9ホールプレーが世界中で広がりつつある。 ハンディキャップ申請のために9ホールでスコア登録をしたゴルファーは、イングランドでは19年に17万5000人だったのに対し、21年には40万7000人に増加。スコットランドでは18年は4万4834人だったが、現在はその3倍強。アイルランドでもここ3年で倍増している。英国だけではない。オーストラリアでは、2020〜21年シーズンに9ホールプレーが20%増え、ニュージーランドでは18〜19年シーズンの25万2412人から20〜21年シーズンには34万1534人に増加したという。さらに今年はR&Aの「9ホールチャレンジ」が、セントアンドリュースのオールドコースで全英オープンの直前となる7月8日に開催される。これはオールドコースの1番から4番、14番から18番ホールの計9ホールをラウンドするというもの。出場資格は公式のハンディキャップを持ったイギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドのゴルファー。そのために、先述された国の9ホールプレー状況が各ゴルフ協会によって発表されたのだが、「私たちは自分が所属するクラブでの予選に参加することを勧めている。9ホールプレーは、フレキシブルで時間をかけずに楽しめ、さらに新たなゴルファーや観客を引きつけるものだ。私たちは、(40人の)ファイナリストとオールドコースで7月に会うことを楽しみにしている」というのは、R&Aのフィル・アンダートン氏。調査によれば、ゴルファーがコースへ足が向かない最大の理由が、「プレーに時間がかかること」だという。日本のように都市部のゴルファーがコースへ行くのに1時間も2時間もかかるようなところでは、9ホールのプレーといっても意味は薄いのかもしれないが、コースが身近な海外では9ホールプレーが一つのトレンドになりつつあるということか。 全英オープン直前のオールドコース、9ホールでもぜひプレーしてみたいものだ 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!
  • 気温も上がり、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来。落ち着いた雰囲気の林間コースもいいが、たまにはPGAツアーの舞台のような戦略性に富むコースにトライしてみるのも一興。そこで今回は、PGAツアーの舞台も数多く設計している“奇才”と呼ばれる設計家3人が手掛けたコースを紹介。まずは、アメリカのミッションヒルズCCなどを設計したデズモンド・ミュアヘッドのコースから。 PHOTO/Hiroaki Yokoyama、Tadashi Anezaki、Seiichiro Matsuoka 葛飾北斎の「富嶽三十六景」のひとつ「神奈川沖浪裏」をテーマにした富士クラシックの17番パー3 デズモンド・ミュアヘッド(1923-2002) 1923年英国生まれ。ケンブリッジ大学で建築、土地計画を学び、その後カナダのブリティッシュコロンビア大学、アメリカのオレゴン大学でも都市工学や造園を学ぶ。英国空軍ではナビゲーターとして2000時間以上のフライトを経験。1960年代からコース設計に携わり、アートや神話などを取り入れた独自のデザインを確立した 【主な海外の設計コース】●ミッションヒルズCC(米カリフォルニア州)女子メジャー「シェブロン選手権(旧ANAインスピレーション)」の開催コース●ミュアフィールドビレッジGC(米オハイオ州)J・ニクラスとの共同設計。ニクラスがホストのPGAツアー「メモリアル」の舞台 大地に葛飾北斎を描き出すコース設計界のピカソ 世界のベストコースランキングで必ず上位に入るミュアフィールドビレッジGCをJ・ニクラスと共同設計したことで知られるミュアヘッド。日本でも、ニューセントアンドリュースGCジャパンをニクラスと共同で設計した。しかし、ニクラスとのパートナシップを解消後、10年の空白期間を経て復帰した後は、より大胆な設計に変わった。アートや神話を題材とした造形は、他に類を見ないもの。富士クラシックでは葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフに17番では富士と大波を大地に描いている。そのほかにも魚の形をしたグリーンや、ギターの形をしたホール、渦巻き形のバンカーなど、まるでテレビゲームのようなコースを実際に造ってしまうのだ。その大胆な設計に対して「鉛筆を持った狂人」と揶揄されることもあるが、一度ラウンドしたらきっと忘れられないコースになるだろう。 富士クラシック(山梨) 18H・7171Y・P72 中央自動車道・河口湖ICより22キロ 富嶽三十六景をモチーフ有名な葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」を題材に、各ホールにはそれぞれ浮世絵図や北斎にまつわる名前がつけられている。17番は富士と大波で知られる「神奈川沖浪裏」をモチーフに。 セゴビアGCインチヨダ(茨城) 18H・7056Y・P72 常磐自動車道・千代田石岡ICより10キロ ギターの形をしたホールも1番「フラメンコ」から始まるコースはスペインがテーマ。3番「ギター」はギターのヘッド部がティー、ネック部がバンカー、ボディがグリーンというユニークなホール。 ゴルフ5Cオークビレッヂ(千葉) 18H・6610Y・P72 圏央道・市原鶴舞ICより13キロ テーマはアーサー王伝説イギリスのアーサー王伝説をモチーフにしたコースは、11世紀に切り開かれた森「ヒューフォレスト」からスタートし伝説をたどっていく。今年のゴルフ5レディスの開催コース。 新陽CC(岐阜) 18H・7080Y・P72 東海環状自動車道・せと品野ICより15キロ ギリシャ神話を表現したギリシャ神話を題材としたコース。7番「アポロンの池」には池に囲まれた魚の形をしたグリーンがある。日本プロゴルフマッチプレー選手権や中部オープンの舞台にもなった。 【その他のミュアヘッド設計コース】●ニュー・セントアンドリュースGCジャパン ニューコース(栃木)●アバイディングCGS(千葉)●芝山GC(千葉)●ブリック&ウッドC(千葉)●若木GC(佐賀) など 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!