Myゴルフダイジェスト

これからは「9ホールプレー」が主流になる? 7月にセントアンドリュースで大会も

「ゴルフは18ホール」という常識は昔の話? 9ホールプレーが世界中で広がりつつある。

ハンディキャップ申請のために9ホールでスコア登録をしたゴルファーは、イングランドでは19年に17万5000人だったのに対し、21年には40万7000人に増加。スコットランドでは18年は4万4834人だったが、現在はその3倍強。アイルランドでもここ3年で倍増している。

英国だけではない。オーストラリアでは、2020〜21年シーズンに9ホールプレーが20%増え、ニュージーランドでは18〜19年シーズンの25万2412人から20〜21年シーズンには34万1534人に増加したという。

さらに今年はR&Aの「9ホールチャレンジ」が、セントアンドリュースのオールドコースで全英オープンの直前となる7月8日に開催される。これはオールドコースの1番から4番、14番から18番ホールの計9ホールをラウンドするというもの。出場資格は公式のハンディキャップを持ったイギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドのゴルファー。そのために、先述された国の9ホールプレー状況が各ゴルフ協会によって発表されたのだが、「私たちは自分が所属するクラブでの予選に参加することを勧めている。9ホールプレーは、フレキシブルで時間をかけずに楽しめ、さらに新たなゴルファーや観客を引きつけるものだ。私たちは、(40人の)ファイナリストとオールドコースで7月に会うことを楽しみにしている」というのは、R&Aのフィル・アンダートン氏。

調査によれば、ゴルファーがコースへ足が向かない最大の理由が、「プレーに時間がかかること」だという。日本のように都市部のゴルファーがコースへ行くのに1時間も2時間もかかるようなところでは、9ホールのプレーといっても意味は薄いのかもしれないが、コースが身近な海外では9ホールプレーが一つのトレンドになりつつあるということか。

全英オープン直前のオールドコース、9ホールでもぜひプレーしてみたいものだ

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフの聖地、セントアンドリュースから届いた1枚の「フェアウェイマット」が、ゴルフコース設計家協会の一部で話題になっている。 セントアンドリュース・オールドコースでは10月~3月までの冬季、フェアウェイからのボールはマットから打つように、会員たちに通達される。ただし強制ではなく、あくまでも「お願い」という形をとっている。ボールは“あるがまま”がゴルフの原則だが、スコットランド芝は、寒冷地用といえど冬季には生育せず、いわば“冬眠した”状態。だから春までの期間中に芝を保護するため、マットの使用を奨励しているわけだ。これはオールドコースだけでなく、他のクラブでも実施しているところもあれば、議論のさなかにあるコースも。実施しているのは、世界的に有名な“レダングリーン”を有するノースベリックGC。議論中なのは、世界最古の倶楽部組織を持ち、全英オープン開催でも知られるミュアフィールド。このことは、冬季に現地を訪れないとわからないことだが、そういう物好きな(?)R&A会員が日本にもいるのだ。日本ゴルフコース設計者協会会員でありJGAゴルフミュージアム参与も務める武居振一氏。氏はリンクスフリークで、英国のそれを350コース以上、巡っている。「R&A会員たちはオールドコースを世界に誇る財産と考えていて、それを保護するためなら、マットから打つのも辞さない、ということです」(武居氏)この武居氏を通じてマット購入を依頼したのは、造園会社で1級造園/1級土木施工管理技師の八和田徳文氏。現在、札幌GC輪厚Cで改修事業も行っている芝の専門家だ。「(マットは)以前からスコットランドで使われており、昨年からR&A、USGAでも推奨しだしたことを知りました。それで設計者協会で知り合った武居さんがR&Aの会員と知り、送付を頼みました。日本の芝も種類によって違うのですが、11~3月の気温では芝は生育しません。その間、フェアウェイだけ芝の保護のため使ったら、春には素晴らしい芝が生え揃います。マットの使い心地は、打感が最高にいいですよ。というのも練習場の人工芝からの延長で違和感もないし、ダフリも解消されて、ビギナーにはむしろ上達に役立つかもしれません」(八和田氏)たかがマット、されどマットといったところか。 これが八和田氏がスコットランドから取り寄せたマット こちらもチェック!
  • 滞在型リゾートゴルフ場の“はしり”が、今度はグランピング設営に動いている。 伊東市にある「サザンクロスリゾート」は、バブル崩壊後に“滞在型ゴルフ場”へと舵を切ってきた。まず富士山、天城連峰、相模湾を望む絶景の18ホールがある。世界に数多くのコースを設計するJ・ニクラスは「いいコースの条件の第1はロケーションだ」と言ったが、この伝からすれば、同リゾートは“いいコース”の第1条件を余裕で満たしているといえよう。リゾートといえば“温泉”もキーワードの1つ。こちらは温泉を有しており、インドア温水プール、露天ジャグジーも付帯。さらに2万冊所蔵という規模の図書館まで有している。そして、コロナ禍で需要が増した“ワーケーション”にもすぐに対応できたという。もともと、Wi-Fi環境は館内すみずみまで整えてあったから、宿泊での部屋はもちろん、ラウンジでくつろぎながらのリモートワークが可能になったのだ。滞在型リゾートの楽しみを同リゾート社長の北村大介氏は次のように話す。「5日以上、連泊されるお客さんも少なからずいらっしゃいますが、見ていると、その方たちはゴルフ漬けではないですね。ある日はプール、ジャグジーを楽しまれたり、1日中、ライブラリーで本を読んで過ごされたりもします。別荘代わりに利用される人もいて、これが滞在型ゴルフ場の楽しみ方といえるのではないかと思います」ゴルフだけでなく、楽しみ方の選択肢を多くということから、グランピングも新規事業としてスタートさせたという。テント、キャンプ用品、食材などが用意してあり、手ぶらでキャンプして、トイレ、温泉はクラブハウスで、という趣向だ。「箱根や伊豆、軽井沢に伊勢志摩など、コロナ禍によって大都市からクルマで移動でき、日帰りでは難しいエリアが注目されています。伊東市は東京から近くもなく遠くもない、新幹線も止まらない“ほどよい遠さ”で、海、山、温泉というイメージもありますからね。そういったエリアにはゴルフ場も多く、競争になるでしょうが、同リゾートは滞在型の先駆けということで、一日の長があるのでは」とは経営コンサルタントの菊地英樹氏。コロナ禍時代のゴルフ環境は変化していく。 敷地内から湧出する天然温泉を有する 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • さる15日、「全米オープン」(6月16~19日、ザ・カントリークラブ、マサチューセッツ州)を主催するUSGAは、日本の最終予選会を5月23日に千葉のカレドニアン・ゴルフクラブで行うと発表した。 カレドニアンGCは、本格的な戦略型コースを目指し、1990年に開場。過去には「日本プロゴルフ選手権(2000年)」が開催されており、高速グリーンのコースとして知られているが、予選当日、いったいどんなグリーンに仕上げるつもりなのか、同GCの渋谷康治支配人に聞いてみた。「まだ連絡を受けたばかりで詳細は決まっていませんが、個人的には最低でも13フィート、日本のツアーではありえないスピードに仕上げたいとは思っています。今回、日本の最終予選会場にUSGAが選んでくれたことは、コースがそれだけハイレベルな競技に対応できると評価されたということ。そこは光栄に思っていますが、会場に選ばれたからといって特別なことをするのではなく、試合に向けてきちんと仕上げていくことが大切だと思っているんです」同GCのグリーンは第5世代といわれる最新のベント芝“777(トリプルセブン)”を採用。スムーズな転がりを実現する均質なパッティンググリーンは、日ごろから12フィート近い速さを維持しているという。「当コースは毎日、『明日トーナメントをやりたい』というリクエストがきても対応できるようキーパーがメンテナンスしてくれていて、しかもメンバーさんは、速いのはいくら速くしても文句を言わないので、特別どうこうするということは、現時点で考えていません」予選会に出場できる対象選手は、プロゴルファーとハンディキャップ1.4以下のアマチュアのみ。知り合いにメンバーがいる人は、この機会にぜひ世界標準の超高速グリーンを体験させてもらおう。 J・マイケル・ポーレット設計の変化に富んだ18ホール。ポテトチップのようにうねった超高速グリーンがゴルファーを悩ませる 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より こちらもチェック!