Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 冬のセントアンドリュースでは「マットから打つ」が常識? 理由に納得!

冬のセントアンドリュースでは「マットから打つ」が常識? 理由に納得!

ゴルフの聖地、セントアンドリュースから届いた1枚の「フェアウェイマット」が、ゴルフコース設計家協会の一部で話題になっている。

セントアンドリュース・オールドコースでは10月~3月までの冬季、フェアウェイからのボールはマットから打つように、会員たちに通達される。ただし強制ではなく、あくまでも「お願い」という形をとっている。

ボールは“あるがまま”がゴルフの原則だが、スコットランド芝は、寒冷地用といえど冬季には生育せず、いわば“冬眠した”状態。だから春までの期間中に芝を保護するため、マットの使用を奨励しているわけだ。これはオールドコースだけでなく、他のクラブでも実施しているところもあれば、議論のさなかにあるコースも。実施しているのは、世界的に有名な“レダングリーン”を有するノースベリックGC。議論中なのは、世界最古の倶楽部組織を持ち、全英オープン開催でも知られるミュアフィールド。

このことは、冬季に現地を訪れないとわからないことだが、そういう物好きな(?)R&A会員が日本にもいるのだ。日本ゴルフコース設計者協会会員でありJGAゴルフミュージアム参与も務める武居振一氏。氏はリンクスフリークで、英国のそれを350コース以上、巡っている。「R&A会員たちはオールドコースを世界に誇る財産と考えていて、それを保護するためなら、マットから打つのも辞さない、ということです」(武居氏)

この武居氏を通じてマット購入を依頼したのは、造園会社で1級造園/1級土木施工管理技師の八和田徳文氏。現在、札幌GC輪厚Cで改修事業も行っている芝の専門家だ。

「(マットは)以前からスコットランドで使われており、昨年からR&A、USGAでも推奨しだしたことを知りました。それで設計者協会で知り合った武居さんがR&Aの会員と知り、送付を頼みました。日本の芝も種類によって違うのですが、11~3月の気温では芝は生育しません。その間、フェアウェイだけ芝の保護のため使ったら、春には素晴らしい芝が生え揃います。マットの使い心地は、打感が最高にいいですよ。というのも練習場の人工芝からの延長で違和感もないし、ダフリも解消されて、ビギナーにはむしろ上達に役立つかもしれません」(八和田氏)

たかがマット、されどマットといったところか。

これが八和田氏がスコットランドから取り寄せたマット

こちらもチェック!

  • ゴルファーなら誰もが一度はプレーしてみたいと憧れるセントアンドリュース・オールドコース。来年には記念すべき第150回の全英オープンが開催される。そんな“聖地”に隣接するアパートが売りに出されたというニュースが入った。 セントアンドリュース・オールドコースのまさに脇、風景に溶け込むかのようにたたずむレンガ色をした「ハミルトングランド」の一室が今回売りに出された物件だ。今をさかのぼること126年、コースのクラブハウスが見劣りするほど豪華な「ハミルトンホテル」が建設された。時を経て何度か改築され、現在、ハミルトングランドは全27部屋を擁するラグジュアリーアパートに生まれ変わっている。アパートと聞くと、それなりかと思いきや、ラグジュアリーとつくだけに室内は豪華絢爛。暖炉が設えられた広いリビングダイニングに家具付きの2ベッドルーム(1部屋が巨大!)タイプの販売価格は280万ポンド、日本円でおよそ4億3000万円だ。高額ではあるが世界最古のメジャートーナメントを至近距離から観戦できる屋上テラスは、まさにプライスレス。全英オープンだけでなく欧州ツアーのビッグイベント、アルフレッドダンヒルリンクス選手権の観戦ももちろん可能だ。来年7月には第150回目の全英オープンの舞台になる。先立つものがあればゴルフファンにとって最高の投資といえるかもしれない。2ベッドルームのアパートが4億円とは景気の良い話だが、上には上が。G・ノーマンは今年1月タイガーも住むフロリダ州ジュピターアイランドの豪邸を6000万ドル(約70億円)で売りに出した。敷地内にはプールハウス、ビーチハウス、テニスハウスなど全8棟が点在する。それを思えば歴史と伝統に彩られた4億円物件も高くない? オールドコース18番グリーンの真裏に佇むハミルトングランド(写真中央)。観戦には最高のロケーションだ 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より こちらもチェック!