Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 「年間300ラウンド」「すべてレギュラーティー」エージシュート1000回間近の86歳、達者すぎるゴルフ生活

「年間300ラウンド」「すべてレギュラーティー」エージシュート1000回間近の86歳、達者すぎるゴルフ生活

この2年間、コロナ禍でもゴルフ場は入場者増加の傾向にあり、以前よりラウンド数が増えたというゴルファーも少ないのでは? だがラウンド数が増えたといっても、この方にかなうゴルファーは国内にいないかもしれない。

東京在住の田中菊雄さん(86)の2年間のラウンド数は驚くなかれ、なんと約600回!

「誕生日が3月3日なので、正確には85歳になった20年3月3日から21年の3月2日までに年間317ラウンド。86歳になった21年3月3日からは12月23日時点で270ラウンドでした」

年間317ラウンドを12カ月で割ると1カ月に26回……。週に6日はゴルフ場に通い続けた計算だ。

「21年の2月は1日も休まず28日皆勤賞です。雪や台風に遭遇したときは予約してあったゴルフ場を変更してラウンドしました(笑)」

この期間中、85歳の年はエージシュートを218回、86歳になって202回達成し、12月23日時点の通算回数は942回。さらに驚くことに田中さんのエージシュートは全部レギュラーティーで達成している。

「トータル6100ヤード以上のコースでのみラウンドしています。87歳の誕生日までに通算1000回達成を目標に21年は9月13日から12月23日まで103日連続ラウンド中ですが、いまのままだとちょっと足りそうにないのが、かえすがえすも残念(笑)」

エージジシュートはゴルフの達人であれば誰でもできるというわけではない。健康でないとできないし、仕事でも成功していないと難しい。家庭やゴルフ友達にも恵まれないといけない。言い換えるとエージシューターは「人生の達人」なのだ。田中さんは東京よみうりCCの「TYCC金曜会」会長で、月1回例会を重ねているが、幹事の久家博司さんはこう語る。

「例会の挨拶で田中さんが必ず口にするのがプレーファストとエチケット・マナーを守りましょうということ。ゴルファーの鑑ですね」

まさにアマチュアゴルファーの鑑!

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より

こちらもチェック!

  • 渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏がゴルファーにおすすめのトレーニング&ストレッチメニューを紹介する「らくトレ・ゆるスト」。今回は、渋野日向子が朝の練習場で必ずやるという効果抜群のエクササイズを教えてもらった。 TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Atsushi Tomura MODEL/Nanoka Hagiwara(GOLULU) メニューNo. 2 「9時-3時」エクササイズで回転力アップ ゴルファーにとって効果的な回転系のストレッチは、自力で回すタイプと他力で伸ばすタイプの2種類があります。今回は自力で回すタイプをご紹介します。まず両足を左右に広げます。肩幅よりも広めで、ドライバーの構えと同じくらいのイメージです。そして上体を股関節から折り曲げ、前傾姿勢を保ち、アドレスの姿勢からスタートします。アドレスの姿勢を取ったら、テークバックの意識で左手が時計の9時、右手が時計の12時になるように上体をひねります。その場で回転するのではなく、右股関節にパワーを溜めるイメージ。左手は右腰方向に引っ張られ、右手は真上に引っ張られる感じです。両腕の角度は90度に保ち、3~5秒キープします。今度はフォロースルーの要領で右手が時計の3時、左手が時計の12時になるように上体をひねります。この動きをするには肩が左右に90度ずつ回る必要がありますが、肩やわき腹などに痛みを感じる場合、9時、3時まで無理に回す必要はありません。 【STEP 1】アドレスの姿勢からスタート 【Step 2】両腕で時計の「9時」を作る 体が硬い人は「8時-4時」でもOK! この動的ストレッチは、スウィングと同じイメージです。右サイドにテークバック、左サイドにフォローの動きとなりますから、その反動を利用しても問題はありません。ただ、無理に体を回すのは厳禁。「9時-3時」の動きがきついと感じる人は、それ以上、上体をひねる必要はありません。「8時(7時55分)-4時(4時5分)」でも十分に効果はありますし、それより手前でもOK。各自の年齢や健康状態を考慮し行ってください。大切なことは「続ける」ことですから 正しい動きを動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} ●ここに効く!回転力をアップさせるために必要な背中の筋肉とお腹の筋肉に効果大です。姿勢の維持と、回転力の要となる体幹が使えるようになります●どのくらいやるの?テークバックの姿勢で3~5秒静止したら、今度はフォロースルーの方向に上体をひねります。そして同じく3~5秒静止。これを4~6セット行います●こんな人に!体が硬く、テークバックからトップで捻転不足を感じている人や、ダウンスウィングからインパクトにかけ、上体が起きやすい人におすすめです●どんな効果が?体幹の強化により前傾姿勢がキープしやすくなり、捻転力の向上でヘッドスピードアップも期待できる 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中 週刊ゴルフダイジェスト2020年3月3日号より 「らくトレ」バックナンバーはこちら こちらもチェック!
  • スコアメイクをする上で、最も重要なのがアプローチとパター。とくにアプローチは、ピンが目の前にあるだけに、確実に1パット圏内に寄せたいところだが、なかなか一筋縄にいかないところ。そこで今回は、Myゴルフダイジェストの記事の中から、アプローチに悩む人にオススメしたいレッスン記事をピックアップ! これを読めばスコアがグッと縮まる! PGAの名手が語るアプローチの極意とは? アプローチの名手、パドレイグ・ハリントンは、アプローチが苦手な人にはある共通点があるという。その共通点とは? 名手のアプローチを動画でチェック! 女子ツアーきってのアプローチ名人と言えば、この人、申ジエ。さまざまなシチュエーションから打つ動画もあり、見るだけでいいイメージが湧いてくる! 名コーチが漫画で分かりやすく説明 日本のプロコーチの先駆け、江連忠によるレッスン漫画「新モダンゴルフ」。第885回では、アプローチが苦手な人が守るべき「3つのルール」を提案。 微妙な距離の打ち分け、どうすればいい? ドラコン大会にも出場する飛ばし屋の浦大輔だが、実はアプローチも得意。そんな浦が、アプローチで悩ましい「距離感」の出し方にズバッと回答! 「バウンスを使う」ってこういうことだったのか! よく、アプローチは「バウンス」を使えばカンタン、というが、そもそもバウンスを使うってどういうこと? 女子プロを指導する井上忠久がやさしく解説 アプローチの「シャンク」にお悩みならこちら 「アプローチでシャンクが出る」という悩みを持つ読者に、江連忠ゴルフスタジオ千葉校の内海大祐が解決法を提案。果たしてシャンクは直った? アプローチは、分かった! と思っても、次のラウンドではまた分からなくなってしまう、ということも多いもの。役に立った記事はお気に入り登録しておいて、悩んだときにいつでも立ち返れるようにしておこう!
  • ただでさえ体が回りにくい冬ゴルフ。朝の練習場でいきなりフルスウィングはケガのもと。しっかりと体を温め、スタートホールから最高のパフォーマンスを発揮するためのウォーミングアップ法を、渋野日向子のトレーナーを務める斎藤大介氏に聞いた。 TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Akira Kato、Shinji Osawa THNAKS/ムーンレイクGC鶴舞C MODEL/Nanoka Hagiwara(GOLULU) 解説/斎藤大介柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。週刊ゴルフダイジェストで「らくトレゆるスト」を連載中 朝イチショットの成功率が格段によくなる! 冬は寒くて体が動かないから、体を温めるために練習しているゴルファーの姿をよく見かける。あるいは寒いから練習をスキップし、そのままティーイングエリアへ向かうゴルファーも。だが、それでは本来のスウィングはできないし、好スコアも見込めない。渋野日向子の専属トレーナーを務める斎藤大介氏によると、練習前かスタート前に5分だけでいいからウォームアップを行ってほしいとアマチュアに提案する。「渋野選手は朝起きてからホテルで10分間ストレッチを行い、コースに着いてから練習前に10分間ウォームアップを行います。アマチュアの方はスタート前の準備にそこまで時間をかけるのは難しいでしょうから、せめてショットを打つ前に5分でいいからウォームアップを行ってほしいですね」ウォームアップを推奨する一番の理由はケガの防止だ。「体が温まっていない状態でボールを打つと、寝ている間に固まった筋肉をいきなり動かすことになるのでケガの原因になります」また、体が温まっていないのにボールを打つと、本来使うべき部位が適切に使えなくなり、練習と本番で体の動きが微妙に変わってしまうと忠告する。「スタート前に練習するのはラウンドでいいショットを打つためですよね。それであれば、練習前にラウンドと同じ体の状態を作る必要があります」これはショットに限らずアプローチやパターも同じだという。「小さい動きだからといってウォームアップをしなくていいわけではありません。むしろ小さい動きこそ、体がしっかり温まっていないと使うべき場所が使えず数センチのズレで思わぬミスが出やすくなります」斎藤トレーナーによると、ゴルフのウォームアップで大事なのは使いたい部位を少し大げさに動かして刺激を与えることだという。使いたい部分とは、股関節と肩周りだ。渋野本人も練習前のウォームアップを取り入れたことで「練習の1球目からクラブが振り切れるようになった」と語っている。「渋野選手のメニューは少しハードな内容も含まれていますから、アマチュア向けに5分で終わるウォームアップメニューを考案しました。次のラウンドからぜひ取り入れてみてください」 【ウォームアップの目的】筋肉を温めることでケガを防止練習やラウンドの前にウォームアップをしたほうがいい一番の理由はケガの防止。とくに冬場は体が冷え切っているので、いきなり動かすとケガの原因になる。筋肉を温めると1球目から体が動く 【ウォームアップの方法】スクワットやツイストなど動的ストレッチが有効渋野選手の場合、朝起きてからホテルで静的ストレッチ(反動を使わない)を行い、コースに着いてから練習前のウォームアップで体をダイナミックに動かす(動的ストレッチ)。真冬でも10分やるだけで体がじんわり温まる 【温めるべき部位】股関節と肩周りを重点的にゴルフのウォームアップでポイントとなるのが股関節と肩周りをしっかりと動かし刺激を与えることだ。筋肉を伸ばすだけでなく、どんどん使っていくようなイメージで行おう。前屈や側屈、スクワットなどが効果的だという 渋野日向子はチューブの負荷でさらに筋温を上げている 渋野は練習前のウォームアップの仕上げにゴムチューブを使う。ゴムチューブを使うことで体の奥まで温めることができるので、小さい動きでも使うべき筋肉をしっかりと使えるようになるという 斎藤トレーナーおすすめウォームアップメニュー10 ウォームアップを行うタイミングについて、斎藤トレーナーは次のように指摘する。「スタート前の練習でボールを打ち始める直前が理想ですが、練習する時間がない場合は朝イチショットの待ち時間でも構いません。とにかく1球目のショットを打つ前に体に刺激を入れて筋肉を温めることがケガの防止とスムーズなスウィングにつながります」メニューは1から10まで番号をつけているものの、順番が前後してもとくに問題はない。「大事なのは股関節と肩周りに刺激を入れ筋肉をしっかりと温め、1球目のショットから体が動く状態に持っていくことです。写真と同じポーズを作れない場合は、似たポーズで構いません。少し大げさな動きで刺激を入れてあげると、使いたい筋肉の動きがよりスムーズになるはずです」1つのメニューは30秒以内でOK。テンポよく繰り返すうちにすべてのメニューを自然と覚えるはず。さっそく試してみよう。 Menu 1【股関節】股関節から体を折るように前屈(3回) この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です アイアンを両手で持って肩に乗せ、股関節から体を折り曲げるように前屈する。股関節はちょうつがいのような形状をしているので、ひざを曲げたり、背中を丸めたりせず、股関節だけをしっかり折り曲げるのがポイント Menu 2【股関節】重量挙げのイメージでバックスクワット(3回) アイアンを両手で持って頭上に掲げ、重量挙げのイメージでスクワットを行う。深くかがみ込むことよりも、股関節から体を折り曲げることのほうが大事だ。ひざがつま先よりも前に出ないのが理想 Menu 3【肩周り】水平ツイストで肩甲骨の筋肉を刺激(左右各3回) アイアンを体の正面で水平に持って片足を前に出し、足を出した方向にクラブを90度回す。クラブが斜めに傾かないように水平をキープしながら回すと、肩甲骨周辺の筋肉に適度な刺激が入る Menu 4【体幹】逆C字ポーズで体を反り腹筋を伸ばす(3回) アイアンを体の正面で持って片足を前に出し、クラブを背中側に回すようにしながら逆C字ポーズで体を反るように伸ばしていく。股関節と肩周りだけでなく、腹筋や背筋など体幹にも刺激が入る Menu 5【肩周り】体をねじって肩の柔軟性を高める(左右各3回) アイアンを両手で持って頭上に掲げ、上半身を前に倒しながら横にねじり、クラブがタテ向きになるようにツイストする。クラブが垂直になるのが理想だが、キツイ人は可能な範囲で体をねじる Menu 6【体幹】側屈はクラブが垂直になるのが理想(左右各3回) アイアンを両手で持って頭上に掲げた姿勢から、上半身を真横に倒す(側屈)。写真の場合、右わき腹が思いきり縮んで左わき腹が伸びる。クラブが垂直になるまで倒すのが理想だが、キツイ人は可能な範囲で体を倒せばOKだ Menu 7【股関節】股割り&肩入れで股関節の可動域を広げる(5秒キープ) 股割りの姿勢からひざに手をつき、まずは左肩を入れて5秒キープ。その後、左右の肩を入れ替えて同じく5秒キープ。股関節の可動域を広げながら肩甲骨周りの筋肉にもしっかりと刺激が入れば理想的だ Menu 8【股関節】片足蹴り上げで股関節の動きを滑らかに(前後3回・左右3回) 直立してアイアンを杖のようについた姿勢からスタート。まずはクラブを持っているほうの足を勢いよく前後に3回蹴り上げる。その後、クラブを体の正面に置き替えて同じ足を左右に3回蹴り上げる。逆の足を行うときはクラブを逆の手に持ち替える Menu 9【股関節と肩周り】6時から12時で前屈ツイスト(左右各3回) 足を肩幅に広げ、前屈した姿勢からスタート。片手を床についたまま、もう片方の手を真上に上げ、時計の6時のポーズで上下に伸ばすイメージで肩周りに刺激を入れる。3回行ったら上下の手を入れ替え、同じく3回行う。腕の向きは多少斜めでもOK Menu 10【仕上げ】9時から3時で仮想スウィング(3回) 右手を上に伸ばしながら左手を後方に伸ばし、時計の9時のポーズを作った後、左手を上に伸ばしながら右手を前方に伸ばし、時計の3時のポーズを作る。仕上げはテークバックとフォローの動きを繰り返すイメージ。これで1球目からナイスショット! 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より こちらもチェック!