Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【山を動かす】時代は“新・鈍感力”!? ゴルフにおける「鈍感力」を考える

【山を動かす】時代は“新・鈍感力”!? ゴルフにおける「鈍感力」を考える

ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマはかつて一世を風靡したワード「鈍感力」。それが今、またゴルフ界や他のスポーツ界でも聞かれるようになった。しかし、その意味合いはちょっと変わってきているようで……。識者、一般ゴルファーに、ゴルフにおける「鈍感力」について聞いてみた。

●“鈍感”というとマイナスなイメージもあるかもしれませんが、意味が広く、ポジティブな面もあると思います。それがトップアスリートの場合ならなおさら。周囲の反応にビクビクせず、マイペースを貫けるのもそのひとつ。背景には環境の変化があると思います。僕たちが学生のころは先生や監督、先輩は絶対的な存在。いつも怒られないように気にしていましたし、監督の様子をチラチラ見るのがお決まりでした。でも、今は上下関係のあり方も変わり、のびのび自分のやりたいことに集中できる。集中して、かつ切り替えがうまいから結果的にパフォーマンスが上がる。それがピタリと当てはまるのが大谷翔平選手かもしれませんね。しかし、そういった環境は諸刃の剣でもあります。自分で自分をコントロールして貫ける子はいいけれど、サボろうとすればいくらでもサボれますから。とくにゴルフのような個人競技では差が出やすいように思います。野球のような団体競技だと、鈍感ではなかなか難しい。とくにキャッチャーなんかはそう。逆にピッチャー、特に左のワンポイントリリーフとして出るようなタイプだと鈍感力が生きるケースもありますね。周囲の雰囲気に流されませんから。(小林雅英/元メジャーリーガー)

●トップアスリートの鈍感力はけっこうですが、同僚や上司の鈍感力は迷惑の領域に入ります。みんなが納期を守ろうと必死なときにサラッと定時で帰るのは鈍感力なの?(30代女性/東京都)

●僕らの時代は、子どもの数も多く周囲と協調して生きるように教育されました。これはアメリカも同じです。しかし、今、ゴルフだけでなくスポーツで活躍している若者の親は50代前後。その世代の親は「周りはいいから自分のことをやるように」と子どもを教育しました。すると子どもは“自分が中心”で生きていけます。大谷翔平がいい例です。自分がやりたいことを100%できる。自分を中心にモノを考えられれば、自分のできることを100%出せます。相手がどんなに強くても、まるでテレビゲームをやっているようにプレーできます。実は僕も当時としては珍しく、そういう考え方をゴルフではしようと思っていました。関東オープン(89年)で青木(功)さんに勝ったときはそうでしたね。でもゴルフ以外ではそうはいきませんでした。親父は怖かったですからね。やっぱり昭和でしたよ。(水巻善典/プロゴルファー)

●ゴルフでは平常心を保ち、一喜一憂しないことが重要です。スーパーショットでもOBでも「こんなものか」と思えること。失敗したときには、先のことは考えず、なぜ失敗したかを考えて、次はこうしようと考えていると前向きになります。常にスタートと思ってやっていると余計なことに惑わされずにすむ。これが“科学的な鈍感力”です。(小林弘幸/順天堂大学医学部教授)

●プレーの結果は自身の思考回路に大きく影響を受けます。常に安全性を優先するのか攻撃的にチャージするのかなどの判断の際、これまでの結果に一喜一憂する傾向にある人と、あまり神経をとがらせることなく気持ちを平らにマイペースに臨む人がいます。マスターズ優勝の松山英樹プロは後者のお手本。今年のPGAツアーのプレーオフ最終戦でも「ピンしか見ないゴルフを目指した」とのコメントがありました。脳の思考回路を一定に保ち、マイナス思考の入る余地もない。もはや“鈍感力”などは超え、マイナスを次のプラス思考で補う“成熟したゴルファー脳”の持ち主と言えるのでは。(大井静雄/東京慈恵会医科大学脳神経外科前教授)

●稲見萌寧の集中しているときの感じ。ほかのことは一切目にも耳にも入らないという雰囲気で、あれも一種の鈍感力? 私は、遠くで聞こえるカラスの鳴き声さえ「私をバカにしている」などと思う。敏感というか集中力のないタイプです。(40代男性・神奈川県)

小祝23歳、稲見22歳、モリカワ24歳。それぞれタイプの違う鈍感力の持ち主のようだ。日本でいう「ゆとり世代」の先の「さとり世代」だが、ひとくくりにできない個性あり

●競技に向き合うときの考え方が昔と今とでは違ってきていますね。大西魁斗も、彼のライバルだったコリン・モリカワも大学は違いますけど、難しい経営学部を卒業していてゴルフ以外のチョイスがある。だからゴルフをしていても“切迫感”のようなものがありません。モリカワなんかメジャーで優勝争いしているのに、ニコニコしていられるのも“余裕”があるからだと思います。僕らの時代はゴルフだけをやっていると「ゴルフで成功しなければならない」という切迫感みたいなものがあった。しかし、今の若い選手は「ゴルフだけが人生じゃない」と考えているようです。僕らの時代は、いかに空気を読めるかが大事でしたが、今は空気なんか読まなくてもよくて、もっと“個” が大事。自分の人生は自分が決める……自分のスタイルを持っています。昔は、試合に出るとビビッてしまって、そのビビリに慣れてきたころから、ようやく自分本来の試合運びができて、成績が出せるようになったものです。しかし、今はビビリなんてなくて、いきなり成績が出せます。モリカワは体も大きくないし、飛距離も出ないし、パターもあまりうまくない。昔なら世界では通用しないと考えられたかもしれませんが、まったく臆することなく、メジャーで戦える。“新鈍感力”とでも言うのかな、時代は変わってきていると思います。(内藤雄士/プロコーチ)

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より


みなさまからのご意見お待ちしています!

【現在募集中のテーマはこちら】

●ゴルフのドレスコード、たとえばウェアにパーカーはあり? なし? (締め切り未定)
●距離計測器の使用OK。プレーファストは守られている?(締め切り未定)

こちらもチェック!

  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは女子プロのウェアについて。スポーツ界でも、さまざまな点で多様性が叫ばれるようになったが、それを地で行くのが女子プロたちのウェア。識者、一般ゴルファーはどう思う? ●ゴルフを始める方は「スポーツにドレスコードがあるの?」と驚かれるかもしれませんが、イギリス発祥と言われると腑に落ちるかもしれませんね。特にテニスのウィンブルドンなんて白のみという厳しい縛りがあるのは有名です。汗染みが目立ちにくいからという理由だそうですが、いかにも貴族社会のイギリスらしい。でも、それによってウィンブルドンは高い“格”をキープしています。ゴルフクラブにドレスコードがあるのも同様の理由だと思います。ただし、プロツアーになると話は変わってきます。たとえば、結婚式に出席する場合のドレスコードを考えてみてください。格式の高いホテルでの式に呼ばれれば、相応のおしゃれをするのがマナー。でも、決して花嫁より目立ってはいけません。それが、女子ツアーの会場では選手全員が花嫁なんです(笑)。ギャラリーや視聴者に自らをアピールしなければなりませんし、ゴルフ人口を増やすというミッションもある。プロは“憧れられる存在”でいなければならないからです。現在の百花繚乱のウェア事情にはそういった背景もあると思います。(大谷奈千代/プロゴルファー) ●ドレスコードが厳しいのは断然男性のほう。プロツアーで短パンがダメだなんて、この酷暑の日本でどうかしている。プロでなくても短パンの場合にロングソックスを合わせるなんて、そもそも足が短い私には似合わなくて、笑っちゃうくらい不格好です。勘弁して。(60代男性・愛知県) ●僕の時代、ウェアで目立っていたのは中島恵利華でしたね。写真週刊誌が、今じゃあ死語でしょうが“パンチラ”を狙ってシャッターを切り、取材が一部規制されたこともありましたね。当の恵利華は「アンダースコートをはいているのにバッカみたい」と笑っていたそうですが。中島千尋が初めてノースリーブを着たときには少し問題になりましたし、へそ出しルックも話題になりました。キンクミこと金田久美子はへそにピアスしたりして……。変遷でいえば、ミニスカート、パンタロン、キュロット、ホットパンツといろいろ出ましたが、有力選手が身につけると右へならえという現象が多かったように思います。問題にされるのは開催コースでの「倶楽部ドレスコード」からアピールされるケースが大半だったのではないですかね。五輪が行われた霞ヶ関CCもドレスコードは厳しいと思いますが、今回は各国の“制服”だったので問題にはなりませんでした。選手が所属するアパレルメーカーのマーケティングに左右される面も否めません。男子のタイガー・ウッズのモックネック、あれは襟ですか? ナイキは旧弊を打破し、スポーツの新たな面を表出させようとマーケティングしているのでミッシェル・ウィのように“過激”になるんですね。(タケ小山/テレビ解説者) ●女子プロゴルフを長く取材してきましたが、印象に残っているのは中島恵利華ですね。それまでなかった“ひらひら”としたウェアでミニスカートが斬新でしたね。(小川淳子/ゴルフライター) 70~80年代の女子プロのウェア。“多様性”は今以上!? 【1979年】懐かしのローラ・ボー(右は冬仕様) 【1977年】樋口久子もミニスカート(左)/【1982年】涂阿玉はパンタロン派(中)/【1989年】中島恵利華は今なら普通!?(右) ●一時のミッシェル・ウィの“攻めたウェア”は、記憶に残っています。あれで、USLPGAがミニスカートの丈など、一部、規制に乗り出したんですよね。校則じゃないんだからー、と思いました。ミッシェル・ウィみたいなアスリートは全然いやらしさは感じなかったけれど、もちろん私は真似しません。心得ております(笑)。(40打女性・神奈川県) ●女子プロのウェアといえば、よく取り上げられるのがスカート丈ですね。1940年代のベーブ・ザハリアスのころはまだロングスカートでした。それが50~60年代、ミッキー・ライトになるとバミューダショーツ(ひざ丈)が主流になり、ナンシー・ロペス、ベッツィ・キング、パティ・シーハン、ベス・ダニエル、岡本綾子らもそうでした。80年代になると、ホットパンツのパク・セリが登場。瞬く間にホットパンツの時代となり、それが今も続いているのではないでしょうか。(川田太三/USGAルールコミッティ) ●プロゴルファーのウェアはクラブなどのギアと同様、商売道具のひとつです。レーシングカーみたいなものですよね。公道でレーシングカーを走らせるのがありえないように、一般のアマチュアがプロのウェアをそのまま真似してしまうのは危険です(笑)。もっとディテールに注目してみてください。たとえば、ウェアの配色や靴と靴下の組み合わせなど。ゴルフだからゴルフウェアメーカーが出しているウェアを買わなければならないかといえば、そうではありません。普段着を組み合わせていいんですよ。そういう意味では、多様性があると言えるでしょうね。それで、コーディネートするときにプロの配色を思い出して一部を真似てみるとか。プロは契約もあるし、目立ってなんぼだけれど、アマチュアはコースのドレスコードもあるし、そのなかでどれだけ工夫できるか。ゴルフウェアは総じて高いので、普段着をうまく織り交ぜ、浮いたお金で靴だけは奮発してみようとか、考え方はいろいろあります。そういう目線でプロのウェアを見るのも、また楽しいと思いますよ。(ドン小西/ファッションデザイナー) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 【現在募集中のテーマはこちら】 ●ゴルフのドレスコード、たとえばウェアにパーカーはあり? なし? (締め切り未定)●距離計測器の使用OK。プレーファストは守られている?(締め切り未定) 投稿フォームはこちらから こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/tournament/p33548/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p31501/
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは五輪ゴルフの競技方式について。東京五輪はリオと同じく4日間のストロークプレーで行われたが、はたしてこれがベスト? 識者や一般ゴルファーに聞いた。 ●私は五輪が決まったときから、ストロークプレーだけでは普通のトーナメントと何ら変わることがないので、ほかのフォーマットも付け加えるべきだと考えていました。たとえば①男女ともに18ホールストロークプレー②男女ともに18ホールのチーム戦、フォアサム③男女混合のミックスダブルスではどうでしょう。この3つのフォーマットなら個人、団体も含み、18ホールなので時間も少なくて済みますし、東京五輪で最初に謳っていたコンパクト化も実現できます。またミックスダブルスは必然だと思います。今後、ジェンダー問題を避けては通れません。華やかさも出るし、五輪には、まさにうってつけだと思いますよ。(佐渡充高/テレビ解説者)●4日間、朝から晩までやるスタイルは五輪にはそぐわないなあと思って見ていたら、男子最終日にまさかの銅メダルプレーオフ。しかも7人が徐々に脱落していくなんて、まるで「ゴルフサバイバル」みたいで興奮! そこが一番面白かったのに、途中でNHKの中継が終わりスタジオトークに切り替わった際は心底驚いた。(40代女性/東京都)●本当に強いやつを決めるのか、4年に1回のお祭りか、まだ指針は決まってないようですね。案として考えられるのは、プロとアマ混合の国別対抗の団体戦。あとは60人によるマッチプレーも手ですが、どれも帯に短し、襷に長し、ですね。各国「参加することに意義がある」というくらいの気持ちでやるしかないのでは……。次のパリ五輪までにみんなで考えましょう。(タケ小山/テレビ解説)●現状のやり方では、(代表)コーチの手腕が発揮できない。選手はそれぞれコーチがいるから、技術的な指導はあまりできないだろうし。だったら、団体戦にしてライダーカップのように選手選抜の時点で「キャプテンピック」のような枠を作る。そうすれば、辞退する選手もいなくなるのでは。(50代男性/千葉県)●毎週やっているトーナメントと同じ形式では、見ていても熱くなれませんね。       やはり他の競技でもやっているように、国別みたいな形式にするともっと盛り上がると思います。ライダーカップがあれだけ選手も観戦している人も熱狂できるのは、国とか地域を代表しているからだと思うんです。ああいうフォーマットが可能かどうかわかりませんけど、ライダーカップとかワールドカップなどをヒントにして考えてみたらどうでしょうか。前回のリオも今回の東京も男子4日間、女子4日間でしたが、2週間という期間があるわけですから、やり方次第では男女混合もありだと思います。(富永浩/プロゴルファー)●ゴルフとテニスは出場辞退したトップ選手が多く、始まる前からしらけていたが、シャウフェレやマキロイが「貴重な経験だ」と頑張っていたのを見て、五輪ならではの価値があるのだなと思った。でも、私がプロテニス選手ならウィンブルドンに勝ちたいし、プロゴルファーならマスターズに勝ちたい。(60代男性/福岡県)●やはり4日間のストロークプレーではオリンピックの特別感がありませんね。何かオリンピックならではの工夫はほしいと思います。1カ国3人とか4人の団体戦にするとか、18ホールにこだわらず6ホール単位にして、勝ち抜きにするとか、考え方を柔軟にすれば、いろいろと面白いゲームスタイルが提案できると思うんです。6ホールなら時間短縮にもなって、国別対抗戦もやりやすいと思うんです。競技形式も、例えば日本でやっている3ツアーズみたいに9ホールでポイント制にするとか。それを6ホールにすれば、かなり多くの国が参加できます。ゴルフの普及でネックになっているのは時間がかかるというのがありますが、時間短縮の提案にもなると思います。現在は男女合わせて2週間という期間があるわけですから、それだけの長さがあれば、いろいろなフォーマットを実施できる可能性があります。五輪ゴルフを統括している団体は、もっと柔軟に考えて、新しい提案をしてほしいですね。(水巻善典/プロゴルファー)●ゴルフをしない友達も「ゴルフ中継を見た」と言うから、競技普及、ファンの拡大という意味では意義があったのかもしれない。ただし、その友達の感想は「ゴルフって長いなー」でした。そもそも五輪向きじゃないのかも。(40代男性/東京都)●リオ五輪でゴルフが復帰したとき、試合形式がストロークプレーに決まったのには裏話があります。2013年頃ですが、タイガー・ウッズが「ストロークプレーなら出場する」と言ったそうなんです。それに60人出場というのもタイガーの提案らしい。とにかくタイガーが出場すればなんでもいいという、当時のサマランチIOC会長の商業主義優先のゆえですよ。五輪はメジャーでもないですし、最強を決める大会ではありません。もし、最強を求めるなら世界ランクの順位通りでなくてはならない。五輪はいわば万国博覧会の顔見世興行です。万国旗がずらりと並ぶあれですよ。そういう意味では、今回の東京五輪で1位が米国、2位がスロバキア、3位が台湾というのは“成功”しましたね。全米オープンでは絶対起こりえないことです。これが1位から3位まで、米、日、英(豪)が独占したのでは面白くもおかしくもありません。これらの観点からすればストロークプレーでもマッチプレーでもいいですが、マッチでは有力選手が早く消えることもあるので、万国博覧会としては困るでしょうね。団体戦もあればドタキャンできなくなる利点もありますがね……。結論をいえば、五輪の試合フォーマットはどれでもいいということです。(川田太三/17年までJOC委員) 読み込んでいます… 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 【現在募集中のテーマはこちら】 ●ゴルフのドレスコード、たとえばウェアにパーカーはあり? なし? (締め切り未定)●距離計測器の使用OK。プレーファストは守られている?(締め切り未定) 投稿フォームはこちらから 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p33682/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p31501/