Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【らくトレ】Vol.66 飛距離アップの源「下半身」を強化する“足スライド”メニュー

【らくトレ】Vol.66 飛距離アップの源「下半身」を強化する“足スライド”メニュー

TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Atsushi Tomura
MODEL/Nanoka Hagiwara(GOLULU)

渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏がゴルファーにおすすめのトレーニング&ストレッチメニューを紹介する「らくトレゆるスト」。今回は、オリジナルのフィットネス器具「SAITO-5」を使用した、下半身強化メニューを教えてもらった。


メニューNo.66

「スライドディスク」で下半身強化


今回はスライドディスクを使ったメニューを2種類紹介します。表面と裏面で素材が異なり、フローリングでもじゅうたんでもよく滑るように設計されています。両面の滑り具合を試し、滑りやすいほうを下向きにしてエクササイズを行ってください。

今回使うのは「スライドディスク」

フローリング、じゅうたん、どちらでもよく滑る

1つ目のエクササイズは、スライドディスクを1枚だけ使って行う「片足スライド」。写真のとおりディスクに乗せたほうの足を前後に大きく動かします。この動きによって軸足のお尻のトレーニングと、動かす足の股関節の前側を伸ばすストレッチが同時にできます。

2つ目のエクササイズは、スライドディスクを2枚使って行う「両足スライド」。腕立ての姿勢から左右の太ももをできるだけ速く、大きく動かすことで足腰と体幹を鍛えることができます。両方行うとかなりハードなので、2~3日に1回のペースでOKです。

Exercise 1
足を前後に動かす「片足スライド」

1枚のスライドディスクに片足を乗せ、足を前後に動かすことで、軸足のお尻のトレーニングと動かす足の股関節の前側を伸ばすストレッチが同時にできます。左足で10回行ったら足を入れ替え、右足でも10回行うのが1セット。歩幅をしっかり広げると負荷が高まります

Exercise 2
腕立て姿勢の「両足スライド」で足を素早く動かす

2枚のスライドディスクに両足を乗せ、腕立ての姿勢からスタート。両足を交互に素早く入れ替えることで、太ももを上げる筋肉、股関節のつけ根、体幹を鍛えることができます。床に手をついて行うのがキツイと感じる人は、机などに手をついて斜めの姿勢で行うと少しラクになります

【上級者向き】
両足で円を描きながら開脚&閉脚スライド

こちらはエクササイズ2の応用編で、スタートの姿勢は同じですが、そこから外回りで円を5周描き、内回りでも円を5周描くというのが1セットです。足腰で床をしっかり押さえつけておかないといけないので、股関節の前側とお腹のトレーニングに効果が高いです

ここに効く!
エクササイズ1と2で使う筋肉がまったく変わります。エクササイズ1は、お尻のエクササイズと股関節のストレッチ。エクササイズ2は、足腰、股関節のつけ根、体幹を鍛えることができます。

どのくらいやるの?
エクササイズ1は右足10回、左足10回が1セット。エクササイズ2は左右交互に合計10回が1セット。1日2セット行ったら翌日は体を休め、2~3日に1回でOK。

こんな人に!
デスクワークが中心で普段あまり歩かない人は、足腰が弱っていることが原因で飛距離が出ないケースが多いです。このエクササイズで飛距離アップが見込めます。

どんな効果が?
足腰と体幹を強化すると下半身が安定します。そうするとスウィングも安定し、飛距離アップにつながります。

解説/斎藤大介

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月22日号より

今回使用したのはこれ!

斎藤トレーナーと開発した
自室フィットネスツール

SAITO-5

価格/5940円