Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 「いつどの試合に出るかは自分で決められるはず」ミケルソンは処分に不服。“LIVゴルフ”問題をおさらい

「いつどの試合に出るかは自分で決められるはず」ミケルソンは処分に不服。“LIVゴルフ”問題をおさらい

全米オープン開催中も人々の関心を集めた「LIVゴルフ招待シリーズ」の話題。PGAツアーとライバルリーグの間に存在する問題と現状をおさらいしよう。

開幕戦が行われた週に開催されたPGAツアーの「カナディアンオープン」最終日にテレビ出演したジェイ・モナハンコミッショナーは、LIVゴルフに参戦した選手に出場停止処分を下したことについて、「私は一貫して処分について説明してきました。選手はどちらか一方のツアーは選択できるが、両方を選択することはできない」と語った。

P・ミケルソン、D・ジョンソン(DJ)含め、17名が出場停止となったが、うち10名は初戦が始まる前にメンバー資格を辞退。しかしミケルソンは「自分は永久シードを持っている。これまで30年間、ツアーとゴルフ界の発展に貢献してきた。いつどの試合に出るかは自分が決められるはず」と処分を不服とし、メンバー資格を維持する意向を示している。今後さらに厳しい処分(永久追放など)があるかについて、モナハン氏は言及していない。

したがって自主返上した選手たちは、すでにフェデックスランクから除外されており、HPのプレーヤーリストからも削除されているが、返上していない選手たちはランクからもリストからも削除されていない。

「不幸な決断をしたプレーヤーは、我々が再三訴えてきたルールを強行突破しました。彼らは一連の“エキシビションマッチ”を行うのをよしとして、複数年の(財政的に)有利な契約に署名したのです」(モナハン氏)

一方、これまでに類を見ない高額大会を主催するLIVサイドは「我々がゴルファーたちにプレーする機会を作ることに専念している一方で、それを阻止しようとする勢力がある。フリーエージェントの時代は今に始まったことではない」と反発している。

なお、PGAツアーは4大メジャーを主催しておらず、全米オープンはUSGAの管轄。こちらは除外も検討したが、事前に決まっている今年の出場資格を後になって変更するのはフェアではないと判断した結果、受け入れたのでは。結果、LIVゴルフ組を受け入れている(来年以降は未定)。全英オープンを主催するR&Aから最終的な発表はないが、USGA同様の方針をとると見られている。また、マスターズは招待試合なので、委員会の決断に委ねられる。全米プロ主催のPGAオブアメリカも現時点での発表はなし。

では他ツアーの対応はどうか? 現時点でDPワールドツアーは出場停止処分を発動しておらず、LIVゴルフ組のS・ガルシアやG・マクダウェルらは「ヨーロッパで継続的にプレーしたい」意向を示している。JGTOは現時点で出場を認めている。

制裁なし、高額賞金と日本人選手にとっては良いことづくめかと思いきや、実際ロンドンでの第一戦に出場した香妻陣一朗の感想は、「思ったよりギャラリーが少なく、盛り上がりは微妙。観客数は日本ツアーの最終日くらいの感じでした」と捗々(はかばか)しくない。

サウジアラビアの“スポーツウォッシング”(スポーツで自国の人権問題をカモフラージュする方策)だけでなく、今後アメリカで開催する大会が、各団体がドナルド・トランプ前大統領の差別的発言を受け、使用を避けている同氏所有のコースで行われることにも批判が集まっている。

ただ、こんな状況にもかかわらず、モナハン氏の言葉を借りれば「財政的に有利な決断」を下す選手は出てきている。B・デシャンボーは7月に行われる2戦目に出場を表明。マスターズチャンピオンのP・リードやベテランのP・ペレスも移籍を決めており、R・ファウラーも移籍が噂されるプレーヤーのひとり。

その一方でPGAツアーに忠誠を誓う選手も多い。まだまだこの話題は続きそうだ。

2億ドルといわれる契約金に目がくらんだだけではないと主張したミケルソンだが……(写真は2019年シュライナーズホスピタル。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より

こちらもチェック!

  • 皮肉にも、先日開催された「全米オープン」会場でも、LIVゴルフの話題はひっきりなしに飛び交っていた。そこで各選手の反応を見てみよう。 まずは試合直前となる6月14日、会場となるザ・カントリークラブで久しぶりとなる記者会見に臨んだP・ミケルソンは、LIVゴルフ参戦について「自分の決断を不快に思う人、感情的に許せないという人が大勢いるのはわかっている。でもこれは僕自身が下した決断。いろいろな意見があっておかしくないし、皆さんの意見を尊重している」とし、表舞台から姿を消していた4カ月については、「時間が必要だった。気持ちを整理し(ギャンブル依存症の)セラピーも受けた。家族と過ごす時間ができて良かった」と述べている。一方、ディフェンディングチャンピオンのJ・ラームは「確かに賞金はすごいけれど、僕は世界最高の相手と戦いたいだけ。私が興味を惹かれるのは(お金ではなく)歴史と“レガシー”」と語り、参戦を否定。弟のチェースが第1戦に参戦したB・ケプカは、「今は全米オープンに集中したい。この話題はうんざり」と、たびたび出るメディアからの質問にいら立ちを隠せない様子。松山英樹は「面白そうだとは思いますし、興味はあります」としたうえで、「PGAツアーに出られないんだったら行く気はない」と断言した。R・マキロイも「LIVに出たのは多くが40代、ミケルソンは50代。我々の多くはこれからツアーで最高の日を勝ち取りたいと思っている。心を動かされている我々世代(以下も含め)は多くない」と語った。しかし、頭ではわかっていても、実際に優勝したシュワーツェルが6億4000万円を手にした様子を目の当たりにした選手たちに新たな感情が芽生えてもおかしくない。「ゴルフが分断してほしくない」というマキロイの訴えは至極正論だが……。 はなから興味のない選手には、この話題はうんざり? 週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より
  • 今年の全米オープンにかけるUSGA(全米ゴルフ協会)の期待は大きい。なにしろ全米オープンこそが、USGA最大の資金源だからだ。 コロナ以前の19年、USGAは2億1090万ドル(約280億円)の年間収入があったが、このうちの78%、1億6500万ドルを全米オープンで稼ぎ出しているという。一方、費用のほうはというと、地区予選や本戦の賞金1250万ドルを含めると9500万ドルほどかかっており、大まかにいえば、残りの7000万ドルが実質的な利益となり、それがUSGAの活動資金の一部となる。USGAの収入で最も大きいのは放映権料で、19年はFOXなどにより、1億1359万ドルが支払われているが、これは主に男女の全米オープン、全米シニア、全米アマの放映権料からなると言われるものの、実際は大部分が男子の全米オープンが占めていると見られている。今年は、全米女子オープンの賞金総額が550万ドルから一気に1000万ドルとなり話題となった。優勝賞金が180万ドルは女子ゴルフ最高額で、男子にも追いつきそうな勢いだが、マイク・ワンCEOによれば、「これはProMedica(医療系の非営利団体)がパートナーになったおかげ。USGAは賞金に関して、儲けてもいないし、損もしていない」と語っていた。テニスの全米オープンのように男女平等の賞金額を求める声もあるが、「女子ゴルフの視聴率は、男子の5分の1にとどまる」ため、同じ土俵で語ることはできないとし、現在、全米女子オープンの収支は1000万ドル前後の赤字だという。話を全米オープンに戻す。FOXは、15年から12年契約で10億ドルという大盤振る舞いをして放映権契約を結んだことが話題になったが、他の人気スポーツとの放映スケジュール調整が難航した結果、放映権を手放し、現在はNBCが受け継いでいる。4年後には契約更新、契約交渉は24年ごろから始まると見られるだけに、今から男女の全米オープンのブランドイメージを高める必要に迫られているということだ。 2021年大会はジョン・ラームが優勝賞金225万ドルを手にした(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より
  • 世界中の注目を浴び、シーズン開幕を迎えた「LIVゴルフ招待シリーズ」。初戦は大方の予想通りだったり意外だったり、さまざまな選手が試合を賑わせた。 その筆頭は、「やっぱり」という声が聞こえてきそうなP・ミケルソン。以前から、たびたび参戦をほのめかしていただけに、予想通りの結末だろう。しかし、S・ガルシアやD・ジョンソンがPGAツアーカードを放棄して“完全移籍”したのに対し、永久シードを保持するミケルソンは、あくまでもPGAツアーのステータスを維持したいと考えている。すでに全米オープンを主催するUSGAは“LIVゴルフ組”を受け入れるとしており、「全米オープンでプレーするのを楽しみにしている」とミケルソン。多くのスポンサー契約を切られた彼にとって、優勝賞金5億円のLIVゴルフへの挑戦は、経済面での切実な思いが反映されているのだろうか。意外だったのは、“アマチュアの星”がLIVゴルフからプロデビューしたこと。21年の全米アマチャンプ、J・パイオットは、キャリアのスタートをLIVゴルフに委ねることを決断した。これまでは、有望選手でも下部ツアーで下積み生活を送るのが常だったが、彼は「出れば必ず賞金をもらえるほう」を選んだのだ。パイオットには、すでに約1億3000万円の契約金が支払われたという情報もある。試合に出るだけで経費がかかり、PGAツアーの場合、予選落ちなら賞金はゼロ。その現実を考えれば、契約金や高額賞金は若手にとって、大きな魅力になるだろう。ちなみにパイオットはPGAツアーのメンバーではないため、LIVゴルフに出ても制裁は適用されない。さらに第2戦にはB・デシャンボーとP・リードという2人のメジャーホルダーが参戦をほのめかせたことも世間を騒がせた。デシャンボーは以前、自身のSNSでLIVゴルフ入りを否定していたし、リードは噂すら立っていなかっただけに、こちらも意外。いずれにせよ、有望な選手たちの流出は、PGAツアーにとって頭の痛い問題だ。 第2選から出場予定のB・デシャンボー(写真は2022年マスターズ。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは6月9日に始動する「LIVゴルフ招待シリーズ」について。グレッグ・ノーマン率いる新リーグには、リー・ウエストウッドやフィル・ミケルソンらが参加表明し話題になっているが、PGAツアーは同リーグに出場する選手に何らかの処分を下すとしており、波乱必至。識者やファンに新リーグの是非について聞いた。 ●プロが高い賞金を求めて試合に出るのは当然だと思います。その意味ではノーマンのLIVゴルフにPGAツアーの選手が出場したいと思うのは自然でしょうね。ところが、PGAツアーはそれに出るなら資格剥奪との姿勢。それって自由の国、米国の競争精神を毀損していませんか? 米大リーグの“賃金闘争”を見ても、選手と球団側は対等の立場だから争えるので、今回のPGAツアーのやり方はそうは見えず、選手の選択権を奪っているように思います。旗振り役のノーマンや、出場が噂されている選手らがカネの亡者だとか非難されていますが、これは僕はおかしいと思います。プロなら当たり前だろうって感じ。ノーマンはさまざまなビジネスを手がけ、もともと“お金好き”だろうし、自由市場ではそれが成功者。非難しているのはPGAツアー贔屓の人でしょうね。ツアー側は恐れているんでしょう。これまでも中東オイルマネーの単発の試合にPGAツアーの選手も出場していましたが、やはりシリーズとなると自分たちの利益が失われる危機だと思うんでしょうね。(タケ小山/解説者)●ちょっと前にガルシアが裁定についてPGAツアーと揉めていたニュースを見たが、絶対に謝らないPGAツアー、なんか傲慢だなあと思った。そんな姿勢では反発する人が出るのも仕方ないのでは。(50代男性・東京都)●1977年、ノーマンが初来日して「くずは国際」に勝った次の試合からキャディを務めました。そのとき印象に残っているのは「ゴルフはHC1の母親から手ほどきを受け、15歳から始め1年でシングルになった」ということ。ゴルフでも研究熱心で、その頃からマルチな才能を持っているという感じを受けました。後にクラブメーカー、ワインセラーを経営し、ゴルフ場設計などビジネスでも成功を収め巨万の富を得ています。ユダヤ系で金融関係の知識も豊富で、現在話題になっているサウジアラビア資本と関わり合いになったのも、その興味からだろうと思っています。ただ、そのゴルフツアーもやたらビッグマネーのことばかりメディアでは取り上げ、「ノーマンはカネで世界を牛耳ろうとしている」と評判が悪いですが、僕はそうは思っていません。お金ならすでにたくさん持っているし、ツアーも彼の“アジア愛”から来ていると思うからです。ノーマンは白人ながら、豪州は“アジアのくくり”と思っています。米国対国際選抜のプレジデンツカップを推奨したのもノーマンです。1998年、その大会がロイヤルメルボルンGCで開催されたときのこと。タイガー・ウッズの父親アールも来ていて、ノーマンと「近いうちにアジアの時代が来る」と話していたのを覚えています。アールの妻、つまりウッズの母親はタイ人。それからタイはゴルフ場が見る間に増え、いまや400コース、アジアのゴルフキャピタル的存在です。ともかくノーマンはアジアを中心にしたツアーを展開しようとしているんだと思います。日本ツアーもこれに乗り遅れることなく、コミットしていくほうが日本のためになるのではないでしょうか。ノーマンは友情厚い男でもあります。倉本昌弘が心臓の手術をした折、手書きの激励の手紙を僕に託しました。倉本と僕とノーマンは同い年。それをいつまでも忘れないナイスガイなんです。(ハル常住/マルチプロデューサー) 果たしてノーマンの構想は結実するのか ●私はサッカーファンで、一番好きなのは英国のプレミアリーグ。でも、日本のJリーグでは地元チームのサポーターで、試合観戦にも行きます。2つのリーグは全然別物だけど、両方いいんですよ。ファンにとっては選択肢が増えるのはウェルカムです。(40代男性・神奈川県)●タイガーもマキロイも出ない新リーグ。ならば、思い切った選手の人選があってもいいのでは。ほかのスポーツの選手でゴルフの名手、マイケル・ジョーダンとか、水泳のマイケル・フェルプスとか。リー・ウエストウッドの相手にはならないだろうけど……。(50代男性・千葉県)●グレッグ・ノーマンにはずっと一種の違和感を持ち続けています。米ツアーで何度も顔を合わせ、日本でも倉本昌弘とテレビマッチの司会をやったりしましたが、いつも打ち解けないというか、妙によそよそしいんです。ツアーで顔を合わせると、ほかの選手なら「やぁ」とか「ハーイ」とか声をかけ合うのですが、ノーマンはない。ほかの選手に聞いてもそんなふうなことを言います。仲間意識や連帯というような雰囲気がないというのです。独りよがりというか……。全米オープン中継がNBCからフォックスに移ったとき、解説にノーマンが起用されましたが、1年間でクビになりました。普通、そんなことは考えられないんですがね。今度の新リーグのLIVゴルフ、来月の第1戦のことを記者発表していましたが、その言葉の内容も攻撃的で自己弁護的、信がないというか、つまり“カラ自信”じゃないかと思って首をかしげています。むしろ、この件はノーマン以外の者がやったほうがスムーズにいったのではとさえ思っている次第です……。(川田太三/USGAレフェリー、テレビ解説者)●ツアー現場で確認したところ、日本の男子ツアーの選手数名にも招待状は届いているようです。「参加する」という話は聞こえてきませんが、「出場するだけでも高額な賞金が入るので、気になっています」という声も。JGTOに確認したところ、LIVゴルフに参加しても、日本のツアー競技に出場できないということはないそうです。(小誌ツアー担当) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 投稿フォームはこちらから こちらもチェック!
  • アメリカで5月17日に出版されたフィル・ミケルソン非公認の伝記で、彼がギャンブルで4000万ドル超(約52億円)を失ったという衝撃の事実が明かされた。 PHOTO/Blue Sky Photos アレン・シプナックの著書「フィル:ゴルフ界で最もカラフルなスーパースターの咆哮」(非公認の伝記)は、発売前から大きな話題に。とりわけ著者が事前に自身のウェブサイトで内容の抜粋を掲載し、ギャンブルで想像を絶する額をミケルソンが失ったと綴った点に注目が集まった。16年にミケルソンはギャンブラーのビリー・ウォルターズがインサイダー取引で有罪になった事件で関連性を指摘され、米国政府当局者により財政監査を受けたが、調査の過程で10年から14年の間に4000万ドル以上を失っていたことを当局者が断定したという。以前からミケルソンのギャンブル好きは有名で、一晩で20万ドルを失った噂がまことしやかにささやかれているほか、練習ラウンドの最中でも選手やときにギャラリーと「これを入れれば何百ドル」など、すべてを賭けにしなくては気が済まない性分だったが、それにしてもまさかこれほど多額の金銭をギャンブルに注ぎ込んでいたとは……。昨年の全米プロの優勝で生涯獲得賞金は9400万ドル(約122億円)を突破。フォーブス誌によると、賞金以外の契約金などでミケルソンが得た収入は7億5000万ドル(1000億円弱)を超えると推定されているのに、タイガーと人気を二分するゴルフ界の超大物が、いま金欠に陥っている。ちなみに伝記の著者シプナックは、サウジ政府とPGAツアーをミケルソンが痛烈に批判したことを報じた人物である。それによりミケルソンはスポンサーを失い、ゴルフから離れたが、シプナックは著書が発売され懐が潤うことに。自らがまいた種とはいえミケルソンが気の毒に思えてくる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より こちらもチェック!