Myゴルフダイジェスト

LIVゴルフがついに開幕! 第2戦はデシャンボーとリードも参戦!

世界中の注目を浴び、シーズン開幕を迎えた「LIVゴルフ招待シリーズ」。初戦は大方の予想通りだったり意外だったり、さまざまな選手が試合を賑わせた。

その筆頭は、「やっぱり」という声が聞こえてきそうなP・ミケルソン。以前から、たびたび参戦をほのめかしていただけに、予想通りの結末だろう。しかし、S・ガルシアやD・ジョンソンがPGAツアーカードを放棄して“完全移籍”したのに対し、永久シードを保持するミケルソンは、あくまでもPGAツアーのステータスを維持したいと考えている。すでに全米オープンを主催するUSGAは“LIVゴルフ組”を受け入れるとしており、「全米オープンでプレーするのを楽しみにしている」とミケルソン。多くのスポンサー契約を切られた彼にとって、優勝賞金5億円のLIVゴルフへの挑戦は、経済面での切実な思いが反映されているのだろうか。

意外だったのは、“アマチュアの星”がLIVゴルフからプロデビューしたこと。21年の全米アマチャンプ、J・パイオットは、キャリアのスタートをLIVゴルフに委ねることを決断した。これまでは、有望選手でも下部ツアーで下積み生活を送るのが常だったが、彼は「出れば必ず賞金をもらえるほう」を選んだのだ。

パイオットには、すでに約1億3000万円の契約金が支払われたという情報もある。試合に出るだけで経費がかかり、PGAツアーの場合、予選落ちなら賞金はゼロ。その現実を考えれば、契約金や高額賞金は若手にとって、大きな魅力になるだろう。ちなみにパイオットはPGAツアーのメンバーではないため、LIVゴルフに出ても制裁は適用されない。

さらに第2戦にはB・デシャンボーとP・リードという2人のメジャーホルダーが参戦をほのめかせたことも世間を騒がせた。デシャンボーは以前、自身のSNSでLIVゴルフ入りを否定していたし、リードは噂すら立っていなかっただけに、こちらも意外。

いずれにせよ、有望な選手たちの流出は、PGAツアーにとって頭の痛い問題だ。

第2選から出場予定のB・デシャンボー(写真は2022年マスターズ。PHOTO/Blue Sky Photos)

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは6月9日に始動する「LIVゴルフ招待シリーズ」について。グレッグ・ノーマン率いる新リーグには、リー・ウエストウッドやフィル・ミケルソンらが参加表明し話題になっているが、PGAツアーは同リーグに出場する選手に何らかの処分を下すとしており、波乱必至。識者やファンに新リーグの是非について聞いた。 ●プロが高い賞金を求めて試合に出るのは当然だと思います。その意味ではノーマンのLIVゴルフにPGAツアーの選手が出場したいと思うのは自然でしょうね。ところが、PGAツアーはそれに出るなら資格剥奪との姿勢。それって自由の国、米国の競争精神を毀損していませんか? 米大リーグの“賃金闘争”を見ても、選手と球団側は対等の立場だから争えるので、今回のPGAツアーのやり方はそうは見えず、選手の選択権を奪っているように思います。旗振り役のノーマンや、出場が噂されている選手らがカネの亡者だとか非難されていますが、これは僕はおかしいと思います。プロなら当たり前だろうって感じ。ノーマンはさまざまなビジネスを手がけ、もともと“お金好き”だろうし、自由市場ではそれが成功者。非難しているのはPGAツアー贔屓の人でしょうね。ツアー側は恐れているんでしょう。これまでも中東オイルマネーの単発の試合にPGAツアーの選手も出場していましたが、やはりシリーズとなると自分たちの利益が失われる危機だと思うんでしょうね。(タケ小山/解説者)●ちょっと前にガルシアが裁定についてPGAツアーと揉めていたニュースを見たが、絶対に謝らないPGAツアー、なんか傲慢だなあと思った。そんな姿勢では反発する人が出るのも仕方ないのでは。(50代男性・東京都)●1977年、ノーマンが初来日して「くずは国際」に勝った次の試合からキャディを務めました。そのとき印象に残っているのは「ゴルフはHC1の母親から手ほどきを受け、15歳から始め1年でシングルになった」ということ。ゴルフでも研究熱心で、その頃からマルチな才能を持っているという感じを受けました。後にクラブメーカー、ワインセラーを経営し、ゴルフ場設計などビジネスでも成功を収め巨万の富を得ています。ユダヤ系で金融関係の知識も豊富で、現在話題になっているサウジアラビア資本と関わり合いになったのも、その興味からだろうと思っています。ただ、そのゴルフツアーもやたらビッグマネーのことばかりメディアでは取り上げ、「ノーマンはカネで世界を牛耳ろうとしている」と評判が悪いですが、僕はそうは思っていません。お金ならすでにたくさん持っているし、ツアーも彼の“アジア愛”から来ていると思うからです。ノーマンは白人ながら、豪州は“アジアのくくり”と思っています。米国対国際選抜のプレジデンツカップを推奨したのもノーマンです。1998年、その大会がロイヤルメルボルンGCで開催されたときのこと。タイガー・ウッズの父親アールも来ていて、ノーマンと「近いうちにアジアの時代が来る」と話していたのを覚えています。アールの妻、つまりウッズの母親はタイ人。それからタイはゴルフ場が見る間に増え、いまや400コース、アジアのゴルフキャピタル的存在です。ともかくノーマンはアジアを中心にしたツアーを展開しようとしているんだと思います。日本ツアーもこれに乗り遅れることなく、コミットしていくほうが日本のためになるのではないでしょうか。ノーマンは友情厚い男でもあります。倉本昌弘が心臓の手術をした折、手書きの激励の手紙を僕に託しました。倉本と僕とノーマンは同い年。それをいつまでも忘れないナイスガイなんです。(ハル常住/マルチプロデューサー) 果たしてノーマンの構想は結実するのか ●私はサッカーファンで、一番好きなのは英国のプレミアリーグ。でも、日本のJリーグでは地元チームのサポーターで、試合観戦にも行きます。2つのリーグは全然別物だけど、両方いいんですよ。ファンにとっては選択肢が増えるのはウェルカムです。(40代男性・神奈川県)●タイガーもマキロイも出ない新リーグ。ならば、思い切った選手の人選があってもいいのでは。ほかのスポーツの選手でゴルフの名手、マイケル・ジョーダンとか、水泳のマイケル・フェルプスとか。リー・ウエストウッドの相手にはならないだろうけど……。(50代男性・千葉県)●グレッグ・ノーマンにはずっと一種の違和感を持ち続けています。米ツアーで何度も顔を合わせ、日本でも倉本昌弘とテレビマッチの司会をやったりしましたが、いつも打ち解けないというか、妙によそよそしいんです。ツアーで顔を合わせると、ほかの選手なら「やぁ」とか「ハーイ」とか声をかけ合うのですが、ノーマンはない。ほかの選手に聞いてもそんなふうなことを言います。仲間意識や連帯というような雰囲気がないというのです。独りよがりというか……。全米オープン中継がNBCからフォックスに移ったとき、解説にノーマンが起用されましたが、1年間でクビになりました。普通、そんなことは考えられないんですがね。今度の新リーグのLIVゴルフ、来月の第1戦のことを記者発表していましたが、その言葉の内容も攻撃的で自己弁護的、信がないというか、つまり“カラ自信”じゃないかと思って首をかしげています。むしろ、この件はノーマン以外の者がやったほうがスムーズにいったのではとさえ思っている次第です……。(川田太三/USGAレフェリー、テレビ解説者)●ツアー現場で確認したところ、日本の男子ツアーの選手数名にも招待状は届いているようです。「参加する」という話は聞こえてきませんが、「出場するだけでも高額な賞金が入るので、気になっています」という声も。JGTOに確認したところ、LIVゴルフに参加しても、日本のツアー競技に出場できないということはないそうです。(小誌ツアー担当) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 投稿フォームはこちらから こちらもチェック!
  • 日本男子ツアーが試合数減少に苦しんでいるなか、アメリカのPGAツアーは、その規模が拡大の一途を続け、賞金総額もかつてないほどに膨れ上がっている。一体、この差はどこにあるのか。PGAツアーのトーナメント部門トップ、アンディ・パズダー氏に独占インタビューを行った TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、KJR ザ・プレーヤーズ選手権の最終日18番ホール。ギャラリーの多くは優勝争いのキャメロン・スミスを撮ろうとスマホを掲げている。日本ではありえないシーンだ アンディ・パズダー氏 PGAツアーのトーナメント部門責任者、アンディ・パズダー氏。後ろの建物はTPCソーグラスのクラブハウス ――今年3月に開催された、「ザ・プレーヤーズ選手権」の賞金総額は、PGAツアー史上最高額の2000万ドル(約25億6000万円)、優勝したキャメロン・スミスは、たった1試合で360万ドル(約4億6000万円)を手にした。近年、ツアー規模を拡大し続けているPGAツアー。何が、それを可能にしているのだろうか。 近年のPGAツアーの成功には、いくつもの要因がありますが、やはりプレーヤーの充実という点が大きいでしょう。今週(3月7日時点)、世界ランクのトップ50が、すべてPGAツアーのメンバーとなりましたが、これは過去になかったことですし、同時に、トップ5が全員30歳以下のプレーヤーとなったことも、これまでになかったことです。強くて、しかも若いメンバーが毎週、熱戦を繰り広げることで、ツアーの価値を高めてくれているわけです。私たち運営側の仕事は、ビジネスとしてのPGAツアーを拡大して、それをプレーヤーの賞金として還元すること。ツアーは今年、メディア各局と新たに2030年までの契約を結び、これまで同様、アメリカ国内のテレビ中継、日本を含む海外での放送、インターネットを通じた世界への映像配信などを行っていきます。メディアから得られる放映権料に加え、100を超えるタイトルスポンサー、それとは別のカテゴリーの、企業マーケティングパートナーなどの協力を得て、今後もツアーを成長させていける体制が整ったといえるでしょう。さらに忘れてはいけないのが、ツアーの活動を支えてくれる、地域との結びつきです。PGAツアーは、様々な形で地域貢献のためのチャリティを行っていますが、今年はその総額がおよそ36億ドル(約4650億円)になる見込みとなっています。 試合中のスマホ撮影を解禁 ――ツアーの発展には、ファン層の確保と新規獲得が欠かせない。どんな取り組みをしているのか。 ゴルフは長く「富裕層のスポーツ」というイメージがあり、それが足かせとなって、クリエイティブなアイデアを妨げていました。私たちは、そうした見えない壁を取り除いて、「これまでなら気づまりとなった状況もいいと思える」改革を進めています。そのひとつが、ファンによるトーナメント中の写真や映像撮影の解禁です。ただ撮影を許可するだけでなく、撮影した素材を個人のSNSなどで発信することにも制限を設けていません。いわゆる“インフルエンサー”が、映像を拡散することによって、ツアーの認知度がアップするのであれば、そのほうがメリットが大きいからです。日本では、法律的な規制でスマートフォンカメラの撮影音を消すことができないそうですが、その点はとても残念なことだと思います。また、プレーヤーも、トーナメント映像を自由にSNSで発信していいことになっています。これにより、プレーヤー個人が1メディアとなり、新たなファンを獲得するのに貢献しているわけです。ツアー側からは、ロープの内側の発信は当然として、「ロープの外側」のプレーヤーの素顔などを、いかに伝えるかということを考えています。たとえば、隠しカメラ的なものを使って、コース上以外での彼らの日常をファンに発信します。プロゴルファーとしての顔だけでなく、父親だったり、夫だったり、いたずら好きだったりといった顔があって、ファンはそうした側面こそ見たいと思っているはずですから。過去約10年にわたって、「ファンとのつながり」を第一に、様々な取り組みを続けてきました。そのことが、現在の発展のベースとなっていることは間違いありません。 PGAツアー・ユニバーシティ ――今年、マスターズを制したスコッティ・シェフラーはまだ25歳。ここ数年、毎年のように新たな若いスター選手が登場している。これは自然発生的なものなのか、ツアーの戦略なのか。 学生の時点で、才能のあるプレーヤーをアメリカの大学にスカウトする傾向は、強まってきています。ジョン・ラームが最たる例でしょう。彼はスペイン北部の海岸地域出身で、とあるジュニアの試合で、サンフランシスコ大学のコーチに見出されて、最初はそこでプレーするはずでしたが、当時、ASU(アリゾナ州立大学)のコーチだった、ティム・ミケルソン(フィルの弟)が奨学金付きでスカウトして、ASUで活躍しました(在学中、歴代2位の11タイトル)。ビクトール・ホブランがノルウェーからオクラホマ州立大学に入学したのも似た経緯です。オクラホマ州立大といえば、在籍中のプレーヤーに、スペイン出身のユージニオ・シャカラがいて、彼も数年後にはきっとPGAツアーで活躍する逸材です。2020年に、ツアーでは「PGAツアー・ユニバーシティ」制度を創設して、才能ある学生プレーヤーがスムーズにプロツアーに移行できるようにしました。これは、大学で少なくとも4年以上プレーしている学生が対象のランキング制度で、トップ15までに入ったプレーヤーは、すぐに「コーンフェリーツアー」(PGAツアーの下部ツアー)のメンバーになれるというもの。これまでは、学生ゴルフ出身のプレーヤーがプロツアーに出るには、各ツアーのQT(予選トーナメント)を受けて上位に入賞する必要がありましたが、どんなに才能にあふれていても、たった1週間、あるいはたった1ラウンドの不出来で、ツアーデビューが1年以上も先延ばしになるケースが多かったのも事実です。「PGAツアー・ユニバーシティ」は、そうしたタイムラグをなくし、才能あるプレーヤーが、早い段階でプロツアーの経験を積めるようにした仕組みで、ここまで非常によく機能していると思います。 2022年にWMフェニックスオープンで初優勝の後、アーノルド・パーマー招待(写真)、WGCマッチプレー、そしてマスターズにも勝った25歳、スコッティ・シェフラー(左)/試合会場には女の子のギャラリーも多い。手には選手のサインがびっちり入ったキャップ。WGCデルテクノロジーズ・マッチプレーにて(右) 日本は成長戦略の重要な路線 ――PGAツアーには、韓国で開催される「CJカップ」、日本開催の「ZOZO選手権」など、アジア地域での試合も組み込まれている。今後のアジア戦略は、どういったものだろうか。 PGAツアーは、日本の企業のサポートを長年受けているということもあり、日本を含むアジア地域に進出することは、当然、今後の成長戦略の重要な一路線と考えています。今はヒデキ・マツヤマ(松山英樹)が、PGAツアーのメンバーとして活躍してくれていますが、彼がPGAツアーにもたらすものの大きさ、プロモーション効果は計り知れません。過去にはジャンボ・オザキ(尾崎将司)がいて、シゲキ・マルヤマ(丸山茂樹)がいて、リョウ(石川遼)、ヒデキと続き、さらにケイタ(中島啓太)がいる。ケイタにはまだ直接会ったことはないですが、誰に聞いても「ぜひ見るべき逸材だ」というので、実際に会うのが楽しみです。日本1カ国だけで、これだけの才能がいるわけですから、アジア地域全体では、まだまだ優れたプレーヤーがたくさんいるはず。将来的にはそうしたプレーヤーたちの姿を見られる機会を増やすことが、ツアーの成長に直結すると考えています。また、2015年に韓国の仁川(ジャック・ニクラスGCコリア)で開催した、「プレジデンツカップ」(アメリカと、ヨーロッパ以外のインターナショナルプレーヤーの対抗戦)は、大変な成功を収めましたから、近い将来、またアジアで開催できたらと思っています。できれば、私が定年を迎える前に実現したいと思っていますよ(笑)。1998年のプレジデンツカップで、シゲキがただひとり、出場したすべてのマッチで負けなしだったのを、今でも鮮明に覚えています。あれは間違いなく、ゴルフにおける「記憶すべき瞬間」のひとつです。PGAツアーは現在、30年来のパートナーである、「DPワールドツアー」(旧ヨーロッパツアー)とのつながりを、より強化していますが、その先にアジアが地続きになっていると考えています。東京や北京にPGAツアーのオフィスを置いているのはそのためです。PGAツアーの、この先10年の課題は、「ダイバーシティ」(多様性)の重要性を、このスポーツ、あるいはツアーを通じて発信していくことです。そうして、世界中のゴルフ界が発展していかなくてはいけません。そのなかで日本が果たすべき役割は大きいでしょう。 昨年のZOZOチャンピオンシップは松山英樹が優勝。「これから先のツアーの成長にアジアは欠かせない」(パズダー氏)。国内ツアーは連携をより深める必要がありそうだ ツアーメンバーは我々を100%支持している グレッグ・ノーマンが中心となり、新たなツアーとしてスタート予定の「LIVゴルフインビテーショナル」(LIVは「54」の意)だが、PGAツアーはメンバーの出場を認めない方針を明言している。ノーマンは、「法廷で争う準備があり、プレーヤーに対してライバルツアーへの出場を制限する行為は、法廷では認められないだろう」とコメント。これに対し、PGAツアー・コミッショナー、ジェイ・モナハン氏は、「ザ・プレーヤーズ選手権」での記者会見で、次のように語った。「PGAツアーのルールは、プレーヤー自身による、プレーヤーのためのもので、すでに50年以上も存在している。(いかなる訴訟に対しても)PGAツアーの立場が揺らがないことは断言できるし、我々はツアーを前進させることに集中するだけ。この件でもっとも重要なことは、PGAツアーがこの先の10年で、かつて経験したことのない発展の真っただ中にいるということ。プレーヤーの多くが表明している通り、PGAツアーメンバーは100%、我々のツアーを支持してくれている」一方で、LIV側は、先日、今シーズンのスケジュールを発表。全8試合によるツアーで、初戦は6月9~11日に、英国のロンドンで開催される。PGAツアーからの出場希望者には、スポット参戦を認める(全試合への出場義務を課さない)方針。プレーヤー囲い込みの綱引きは続くだろうが、前述のモナハン氏の言葉には、揺るぎない自信がみなぎっていた。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より