Myゴルフダイジェスト

「あのとき勝っていなかったら…」ミッシェル・ウィが現役生活に区切り

12歳でプロの試合に出場し、その後長きにわたり第一線で活躍してきたミッシェル・ウィ。思い出深い全米女子オープンを最後に、現役を退くことを表明した。

「試合に出てゴルフに集中すると、ほかに何もできなくなってしまう。そういう生活が怖くなったのです」

全米女子オープンは、彼女にとって14年に戴冠した唯一のメジャー。

「あのとき勝っていなかったら、今も優勝を目指してプレーを続けていたでしょう」

2002年3月の米女子ツアー・武富士クラシックで当時の最年少12歳でマンデー予選会を突破し、ツアーデビューを果たした天才少女は、13歳にしてクラフトナビスコ選手権で9位タイに入賞。長い手足から繰り出すショットは男子顔負けで、いつしか彼女は、“ビッグイージー”の異名をとるE・エルスになぞらえ、『ビッグウィージー』と呼ばれるように。さらに14歳でPGAツアーのソニーオープン・イン・ハワイに出場すると、予選通過まであと1打と迫り、世界を驚嘆させた。

しかし05年にプロ転向してからは、思った活躍ができなかった。プロ入り後、すぐにでも優勝するかと思われたが、初優勝はデビュー4年目。そして現在までメジャー1勝、ツアー通算は5勝にとどまり、19年にNBAゴールデンステートウォリアーズの幹部、ジョニー・ウエストと結婚し、出産してから出場機会を減らしていた。

現役時代を通じ、人々の過剰なほどの期待とケガに悩まされてきたウィ。13歳でメジャーの優勝争いをしたとき、コーチのD・レッドベターが「もし勝ったら騒ぎになるから、約束していた取材は受けられないかもしれない」と真剣な表情で語ったことを思い出す。

全米女子オープンには、歴代覇者として来年まで出場資格がある。来年は自宅近くのペブルビーチ開催のため、夫は「キャディをやる」と言っているそうだが、どうなるか……。

13歳のときに全米女子オープンの予選会を突破し39位、翌年はアマチュアながら特別招待枠で出場し13位に入っている(写真は04年大会)

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月21日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは女子プロのウェアについて。スポーツ界でも、さまざまな点で多様性が叫ばれるようになったが、それを地で行くのが女子プロたちのウェア。識者、一般ゴルファーはどう思う? ●ゴルフを始める方は「スポーツにドレスコードがあるの?」と驚かれるかもしれませんが、イギリス発祥と言われると腑に落ちるかもしれませんね。特にテニスのウィンブルドンなんて白のみという厳しい縛りがあるのは有名です。汗染みが目立ちにくいからという理由だそうですが、いかにも貴族社会のイギリスらしい。でも、それによってウィンブルドンは高い“格”をキープしています。ゴルフクラブにドレスコードがあるのも同様の理由だと思います。ただし、プロツアーになると話は変わってきます。たとえば、結婚式に出席する場合のドレスコードを考えてみてください。格式の高いホテルでの式に呼ばれれば、相応のおしゃれをするのがマナー。でも、決して花嫁より目立ってはいけません。それが、女子ツアーの会場では選手全員が花嫁なんです(笑)。ギャラリーや視聴者に自らをアピールしなければなりませんし、ゴルフ人口を増やすというミッションもある。プロは“憧れられる存在”でいなければならないからです。現在の百花繚乱のウェア事情にはそういった背景もあると思います。(大谷奈千代/プロゴルファー) ●ドレスコードが厳しいのは断然男性のほう。プロツアーで短パンがダメだなんて、この酷暑の日本でどうかしている。プロでなくても短パンの場合にロングソックスを合わせるなんて、そもそも足が短い私には似合わなくて、笑っちゃうくらい不格好です。勘弁して。(60代男性・愛知県) ●僕の時代、ウェアで目立っていたのは中島恵利華でしたね。写真週刊誌が、今じゃあ死語でしょうが“パンチラ”を狙ってシャッターを切り、取材が一部規制されたこともありましたね。当の恵利華は「アンダースコートをはいているのにバッカみたい」と笑っていたそうですが。中島千尋が初めてノースリーブを着たときには少し問題になりましたし、へそ出しルックも話題になりました。キンクミこと金田久美子はへそにピアスしたりして……。変遷でいえば、ミニスカート、パンタロン、キュロット、ホットパンツといろいろ出ましたが、有力選手が身につけると右へならえという現象が多かったように思います。問題にされるのは開催コースでの「倶楽部ドレスコード」からアピールされるケースが大半だったのではないですかね。五輪が行われた霞ヶ関CCもドレスコードは厳しいと思いますが、今回は各国の“制服”だったので問題にはなりませんでした。選手が所属するアパレルメーカーのマーケティングに左右される面も否めません。男子のタイガー・ウッズのモックネック、あれは襟ですか? ナイキは旧弊を打破し、スポーツの新たな面を表出させようとマーケティングしているのでミッシェル・ウィのように“過激”になるんですね。(タケ小山/テレビ解説者) ●女子プロゴルフを長く取材してきましたが、印象に残っているのは中島恵利華ですね。それまでなかった“ひらひら”としたウェアでミニスカートが斬新でしたね。(小川淳子/ゴルフライター) 70~80年代の女子プロのウェア。“多様性”は今以上!? 【1979年】懐かしのローラ・ボー(右は冬仕様) 【1977年】樋口久子もミニスカート(左)/【1982年】涂阿玉はパンタロン派(中)/【1989年】中島恵利華は今なら普通!?(右) ●一時のミッシェル・ウィの“攻めたウェア”は、記憶に残っています。あれで、USLPGAがミニスカートの丈など、一部、規制に乗り出したんですよね。校則じゃないんだからー、と思いました。ミッシェル・ウィみたいなアスリートは全然いやらしさは感じなかったけれど、もちろん私は真似しません。心得ております(笑)。(40打女性・神奈川県) ●女子プロのウェアといえば、よく取り上げられるのがスカート丈ですね。1940年代のベーブ・ザハリアスのころはまだロングスカートでした。それが50~60年代、ミッキー・ライトになるとバミューダショーツ(ひざ丈)が主流になり、ナンシー・ロペス、ベッツィ・キング、パティ・シーハン、ベス・ダニエル、岡本綾子らもそうでした。80年代になると、ホットパンツのパク・セリが登場。瞬く間にホットパンツの時代となり、それが今も続いているのではないでしょうか。(川田太三/USGAルールコミッティ) ●プロゴルファーのウェアはクラブなどのギアと同様、商売道具のひとつです。レーシングカーみたいなものですよね。公道でレーシングカーを走らせるのがありえないように、一般のアマチュアがプロのウェアをそのまま真似してしまうのは危険です(笑)。もっとディテールに注目してみてください。たとえば、ウェアの配色や靴と靴下の組み合わせなど。ゴルフだからゴルフウェアメーカーが出しているウェアを買わなければならないかといえば、そうではありません。普段着を組み合わせていいんですよ。そういう意味では、多様性があると言えるでしょうね。それで、コーディネートするときにプロの配色を思い出して一部を真似てみるとか。プロは契約もあるし、目立ってなんぼだけれど、アマチュアはコースのドレスコードもあるし、そのなかでどれだけ工夫できるか。ゴルフウェアは総じて高いので、普段着をうまく織り交ぜ、浮いたお金で靴だけは奮発してみようとか、考え方はいろいろあります。そういう目線でプロのウェアを見るのも、また楽しいと思いますよ。(ドン小西/ファッションデザイナー) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より こちらもチェック!
  • アニカ・ソレンスタムのツアー参戦が話題になったばかりだが、ここ2年ほど競技から遠ざかっていたミッシェル・ウィも、米女子ツアーに復帰した。 ウィが復帰したのは3月25日開幕のキアクラシック。翌週に開催されるANAインスピレーションへの出場の可能性も示唆されており「メジャー大会の前哨戦はウィにとって肩慣らしにちょうど良い」と米メディアが報じている。ロサンゼルスレイカーズ(NBA)のレジェンド、ジェリー・ウェスト氏の息子ジョニー・ウェスト氏と19年8月にビバリーヒルズで盛大な結婚式を挙げたウィ。翌20年の6月には長女マケナちゃんが誕生。さらに昨年の11月にはCBSテレビでマスターズのレポート役も務めており、公私ともに充実した日々を過ごしている。しかし本人は本業復帰への意欲をことあるごとに口にしており「マケナのためにもツアーで戦うママの姿を見せたい」とキッパリ。キアクラシックへのエントリーはいよいよ機が熟したことの証かもしれない。元祖天才少女として世界から脚光を浴びたウィも31歳。19年6月のKPMG全米女子プロ選手権を最後にツアーから遠ざかり、現在の世界ランクは558位(3月22日現在)。優勝となると18年のHSBC女子チャンピオンシップまで遡らなければならず(それがツアー通算5勝目)、20代から慢性的な手首のケガに苦しんだこともあり、実はアマチュア時代に期待されたほどの戦績を残せていない。だが彼女のスター性はツアー屈指。主催者も「キアクラシックのフィールドに彼女がいてくれることにとても興奮している」と歓迎している。先日はジュリアーニ元ニューヨーク市長のセクハラ発言に猛烈な抗議をして話題になったウィ。母になった彼女が今度は本業で話題をさらえるか? ママになったウィの活躍に期待したい(写真は2016年全米女子オープン。PHOTO/Shizuka Minami) 週刊ゴルフダイジェスト2021年4月6日号より
  • ミッシェル・ウィが元ニューヨーク市長、ルドルフ・ジュリアーニ氏(76)の発言に激怒している。 ことの発端はジュリアーニ氏のポッドキャスト(インターネット配信)での発言。ラジオトークショーのホストで米右派の代表ラッシュ・リンボー氏が他界したのを受け2月17日に追悼番組に出演し故人との思い出を語ったのだが、そこでウィが話題になった。14年にアーニー・エルス主宰の自閉症児のためのチャリティプロアマでジュリアーニ氏、リンボー氏とウィが同組になった。するとそこには数多くのパパラッチの姿が。「リンボーは『パパラッチがキミ(ジュリアーニ)を狙っている、迷惑』と機嫌を損ねた。でもじつは彼らが狙っていたのは僕じゃなくウィ。180cmの長身でモデル並みにゴージャスな彼女は腰を折り曲げる独特のスタイルでパットしていて、そのたびにパンティが丸見え。パパラッチはいっせいにシャッターを切ったよ。リンボーに言ったんだ。『彼らのお目当てはパンティだった』ってね。このジョーク、言っちゃって大丈夫だった?」この発言にウィはツイッターで「完全に不適切」と猛反発。「この人が覚えておくべきことはその日私が64をマークして並み居る男子プロを打ち負かし、チームを優勝に導いたこと。笑顔で私のプレーを褒めながら、1日中パンティを観察していたと思ったら震えが止まりません」当時、彼女はコーヒーカップテーブルといわれた上半身を地面と平行にして打つパッティングスタイルだったが「それで私は全米女子オープンにも勝ったの!」とウィ。このバトルにUSGAも参戦。「性差別はゴルフには存在しない」とウィを擁護した。それにしてもニューヨーク市長として輝かしい実績を残しながら「このジョーク、言って大丈夫だった?」とは……。ウケ狙いのつもりだったのだろうが大炎上。ちなみにジュリアーニ氏はトランプ前大統領の顧問弁護士だ。 独特なパッティングスタイルで2014年の全米女子オープンを制したウィ(PHOTO/Shizuka Minami) 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月16日号より