Myゴルフダイジェスト

【リゾートトラストレディス】小祝さくらが今季初勝利。全米女子オープンに弾み

<リゾートトラストレディス/メイプルポイントGC(山梨)/ 6580Y・パー72/5月26日〜29日>
PHOTO/Shinji Osawa

山梨県のメイプルポイントGCで行われたリゾートトラストレディス。小祝さくらが昨年のCATレディース以来となる通算7勝目を挙げた。

「毎日4アンダー」を目標に大会をスタートした小祝さくら。初日は3アンダーと1打足りなかったが、翌日に5アンダーで回り目標ペースに乗せ、暫定首位に立つ。そして3日目には大会コースレコードタイの8アンダー64をマークし、4日分の目標をクリアした。

最終日は2打差でスタートしたサイ・ペイインに序盤で追いつかれ、自身はバーディがなかなか奪えない苦しい展開に。それでも13番パー4をバーディとして突き放すと、その後はパーを重ねてそのまま逃げ切った。 

18年から142試合連続出場中だが、そのタフネスぶりを示す場面は今大会土曜日にも見られた。この日はまず、前日サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りを消化したため、第3ラウンド最終組の小祝のティーオフは12時50分。ホールアウト後も公式記者会見をこなすなど長丁場となったが、午後6時半ころに本誌カメラマンが練習場を覗くと、そこにはただ一人ボールを打ち続ける小祝の姿があった。

暗くなるまで練習

3日目終了後も最後の1人になるまで練習を続けた小祝。そのストイックさが勝利を呼び込んだ

今週出場する全米女子オープンに向け、昨年8月のCATレディース以来となる通算7勝目は、この上ない弾みに。ただし心残りは、試合終了後すぐ渡米するため、移動着を日本で購入しておきたかったが、宿泊ホテル近くに店がなく諦めたことか。だが大丈夫。今の小祝なら普段着のゴルフでアメリカでも十分に戦えるはずだ。

<リゾートトラストレディス最終成績>

優勝小祝さくら-17
2位T菅沼菜々-15
2位Tサイ・ペイイン-15
4位桑木志帆-14
5位T勝みなみ-13
5位T大里桃子-13
5位T辻梨恵-13
5位T尾関彩美悠-13
5位T阿部未悠-13

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月14日号より

こちらもチェック!

  • 2021-22シーズンのPGAツアーはレギュラーシーズン45試合、プレーオフ3試合の計48試合。初めてフロリダにPGAツアーのオフィスができた1979年は44試合と、あまり変わっていないように見えるが、実は当時とは比べものにならないほど規模が拡大している。 PHOTO/KJR フロリダにオフィスを構えて43年 もともとはPGAオブアメリカの一部門として作られたが、1968年に独立して正式に「PGAツアー」という組織が設立された。ワシントンDCにオフィスを構えていた設立当初、スタッフ数はわずか12名でのスタートだった。その後、ジャック・ニクラスの活躍やテレビ放映の影響もあり、ツアー人気が高まっていくと、80年にはスタッフ数100名にまで増え、1979年に本部をフロリダ州ポンテベドラビーチへと移転した。PGAツアーはトーナメント運営だけではなく、ゴルフ場運営やeスポーツ、映像制作会社なども手掛け、ゴルフでの影響力とツアーのブランド力を拡大していく。そしてタイガー・ウッズの活躍により、莫大な放映権料やスポンサー料が入るようになると、1980年の年間賞金総額約1270万ドルから、昨シーズンは約4億8100万ドル(現在のレートで約622億円)にまで上昇。名実ともに世界最高峰のゴルフツアーとして、世界中のプロゴルファーが参戦を目指している。最近では欧州ツアーと提携したり、東京や北京にオフィスを構えるなど、世界進出にも積極的で、まだまだ成長し続けるPGAツアー。いったいどこまで大きくなるのか⁉ トーナメントの運営 【PGAツアー】世界からトッププレーヤーが集い、今シーズンはアメリカ以外からも29カ国90名の選手が在籍。日本など米国外で開催される試合も複数ある。 PGAツアーはココが凄い!●21-22年シーズン賞金総額……4億8105万ドル(約622億2000万円)●充実した年金制度……10年シード維持で数十億円!?●15試合出場でボーナス発生……一律5万ドル(約650万円)●地域貢献やチャリティに積極的……累計33.7億ドル(約4400億円)以上●ShotLinkで全ショット計測●561項目ものスタッツを掲載 【PGAツアーチャンピオンズ】(シニアツアー)1980年から開催され、50歳以上の選手が対象。今季は28試合開催。ベルンハルト・ランガーが史上最多11度の賞金王に輝いている 【コーンフェリーツアー】(下部ツアー)1990年に始まった下部ツアー。Qスクールに合格後、まず参加することになるのがこのツアー。19年から現在の名称に。年間ランク上位25名は自動的にPGAツアーに昇格。75位までは入れ替え戦に進むことができる。 【PGAツアーラテンアメリカ】2012年から開催。22年シーズンは12戦で賞金総額210万ドル。マスターズに出場したハリー・ヒッグスも在籍した。 【PGAツアーカナダ】前身となるカナダツアーを2012年にPGAツアーが買収。コロナ禍の影響で20年シーズンは中止された。 【PGAツアーチャイナ】2014年から開催。シーズン上位5名がコーンフェリーツアーへ。18年小斉平優和が4位となって、翌年コーンフェリーツアーに挑戦した。 【プレジデンツカップ】(世界対米国の対抗戦)ライダーカップが行われない年に開催される、米国選抜と世界選抜の対抗戦。1994年初開催。2015年に韓国で開催されるなど、世界規模のゴルフイベントとして年々注目が高まっている トーナメントコースの運営 TPCソーグラスをはじめ世界に30コースを展開「TPC」はトーナメント・プレーヤーズ・クラブの略で、1980年開場のTPCソーグラスから始まり、現在世界に14のパブリックコースと16のプライベートコースがある。ここのプレーフィーなどもPGAツアーの収入源。日本にもかつてTPCの名を冠したコースがあった。 トーナメント放映 ディスカバリー社と12年20億ドルで契約公式メディア「GOLFTV」創設米国を除いた世界中でライブ配信を進めるため、米メディア大手のディスカバリー社と契約し、「GOLFTV」が誕生。日本では19年に始まり、順次展開中で2024年にはフランスでも配信予定。世界中のどこでもライブ配信が視聴可能になる。またディスカバリー社は19年に米国ゴルフダイジェスト社も買収。コンテンツの充実と発信力を強化し、新しいファン層を獲得している 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より こちらもチェック!
  • 一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードで、いとも簡単に240~250ヤード先のフェアウェイをとらえる女子プロたち。一体どんなドライバーを使っているのか? 注目選手のヘッド&シャフトの組み合わせを調べてみた! PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara※成績、スタッツは5月12日現在 西郷真央「ST-X220」に変更して4勝 ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生で、ジャンボ尾崎からは「せごどん」の愛称で呼ばれる。22年は8戦して、4勝を含むトップ10が7度と安定感抜群 ミズノ「ST-X 220」(10.5度)×「ベンタス ブルー」(50・S) 2021年10月のマスターズGCレディースから「ST-X 220」を投入。その後、22年シーズンを含め14戦4勝。トップ10を逃したのが2回と驚異の結果。 <西郷真央のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2020年~ミズノ ST200XスピーダーTR2020年8月~ミズノ ST200Xスピーダーエボリューション72021年~ミズノ ST-Xベンタス ブルー2021年10月~ミズノ ST-X 220ベンタス ブルー 高橋彩華今年からクラブ契約フリー テーラーメイド「ステルス」(9度)×「スピーダーNX」(50・S) 「1Wは弾道の高さを気にする」という高橋。クラブをあまり替えないタイプだが、今年は契約フリーになり、いろいろ試した結果「ステルス」を選択。それでもシャフトは「スピーダーNX」を使い続ける。 <高橋彩華のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~ブリヂストン ツアーB XD-3スピーダーエボリューション72021年~ブリヂストン ツアーB XD-3スピーダーNX2022年~テーラーメイド ステルススピーダーNX 畑岡奈紗ゼクシオX×ベンタスレッドで米6勝目 「ここまで大きく変えたのは4年ぶりくらい」と語るように、ヘッドだけでなく、シャフトは日本未発売モデルに替えFWキープ率も74.9%から79.0%へ上昇 「ゼクシオX」(9.5度)×「ベンタスレッド」(50・S) オフに取り組んだスウィングのバージョンアップもあり、「クラブの進化に頼ってみてもいいのではないか」と思ってこのスペックに変更。 <畑岡奈紗のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~スリクソン Z785Miyazaki KIRI2022年~ゼクシオXベンタスレッド 稲見萌寧「スピーダーNX」投入も「ジ・アッタス」へ戻る キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」(10.5度)×「ジ・アッタス」(50・S) シーズン9勝と圧倒的な強さを誇った稲見の代名詞的スペック。22年は「スピーダーNX」にしたものの調子が上がらず、他のシャフトを試すなど試行錯誤中。 <稲見萌寧のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~キャロウェイ エピック フラッシュアッタス ジャック2020年~キャロウェイ マーベリック サブゼロジ・アッタス 渋野日向子ヘッドを替えないプロの代表格 高校1年でピンの『G30』を手にしてから『G』、『G 400 』、『G410 PLUS』と移行。『G425シリーズ』が発売された後も、『G410 PLUS』を使用。21年シーズンからはスウィング改造に伴い、ロフト角を1.5度立たせたがヘッドは替えず ピン「G410 PLUS」(8度)×「スピーダーNX」(50・S) スウィング改造を機に、シャフトは『スピーダー NX』に変更。ヘッドは『G410 PLUS』のままだが、ロフト角を8度に変更 <渋野日向子のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~ピン G410 PLUSスピーダーエボリューションⅤ2019年6月~ピン G410 PLUSスピーダーエボリューションⅥ2021年~ピン G410 PLUSスピーダーNX 小祝さくら20-21年の優勝は全部「PT」 スリクソン「ZX5」(9.5度)×「ツアーAD PT」(50・S) 尊敬する上田桃子と同じシャフトで20-21年シーズンを戦った。22年は『ディアマナ ZF』に変更 <畑岡奈紗のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~スリクソン ZX785ディアマナ B2020年~スリクソン ZX5ツアーAD PT2022年~スリクソン ZX5ツアーAD ZF 原英莉花22年からクラブ契約フリー キャロウェイ「エピック スピード ◆◆◆」(9.5度)×「ツアーAD IZ」(50・S) 20-21年シーズンにドライビングディスタンス1位を獲得した際はミズノ「ST-Xプロトタイプ」と「ツアーAD GP」の組み合わせ。今季から契約フリーとなり、ドライバーはキャロウェイ「エピック スピード ◆◆◆」を使用。 <原英莉花のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~ミズノプロ モデル-Eテンセイ CK オレンジ2020年~ミズノ ST-X プロトタイプツアーAD GP2022年~キャロウェイ エピックスピード ◆◆◆ツアーAD IZ 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号 こちらもチェック!
  • 毎週盛り上がりを見せる国内女子ツアー。開幕からまだ2カ月しか経っていないが、早くも記憶に残る名シーンが生まれている。そのいくつかを振り返ってみよう。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara Topics 1リーダーボードに「桃子」が並んだ! 昨年5月のパナソニックオープンでもプレーオフで大里桃子との“桃子対決”を制し優勝した上田桃子。あれから約1年、埼玉県の石坂GCで行われた「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」で、大会2日目を終えて3位タイと好位置につけた上田だったが、リーダーボードを見ると、上にも下にも「桃子」の文字。なんと単独2位に大里桃子、上田と同じ3位タイに岸部桃子と、優勝圏内に3人の桃子が並んだのだった。最終日は、最終組に鈴木愛と大里、岸部、そして最終組のひとつ前から上田が追う展開となったが、難コースで3日間「69」を並べた上田が2位に3打差をつけ逆転優勝。昨年に次ぐ2度目の“桃子対決”も見事に制した。 上田桃子「桃子」の由来:父の友人が女児用に用意していた名をもらった 結婚したばかりの夫は「すごく応援してくれる」というが、残念ながら大会には足を運べておらず、ミセス初Vには立ち会えていない 大里桃子「桃子」の由来:プロゴルファーの妻だった菊池桃子に因む トップアマの父が長男にはジャンボ尾崎から「将司」、妹は「ゴルファーの嫁になれ」ということで「桃子」と命名されたのだとか 岸部桃子「桃子」の由来:中国では桃が縁起がいいから 初優勝を狙った岸部。前半はよかったが「後半ショットが乱れて、チャンスを作れなかった」といい、6位タイと優勝には手が届かなかった Topics 222年ぶり4人でのプレーオフ 4月のKKT杯バンテリンレディスでは、2000年の日本女子プロ以来となる4人によるプレーオフに。「黄金世代」の植竹希望と「プラチナ世代」の西村優菜、吉田優利、小倉彩愛という若手4人の争いは、1ホール目で西村が、2ホール目で小倉が脱落し、植竹と吉田の一騎打ちに。両者一歩も譲らぬ展開のなか、6ホール目に植竹がバーディを奪って勝負あり。黄金世代10人目の優勝者となった。2時間に及ぶプレーオフは2002年の「ヴァーナルレディース」を上回り過去最長の熱戦となった。 Topics 3“姉妹”がツアーを盛り上げた 妹がキャディとして優勝争いをサポート(富士フイルム・スタジオアリス) 岸部桃子の妹・華子はティーチングA級を持つプロゴルファーで、小誌2020年のビューティクイーンにも選出。これまでも何度かトーナメントで姉のバッグを担いできた。スタジオアリスでは2人で優勝争いを闘ったが「2人だけ違う空気みたいだった。でも一緒に優勝したかったなと思います」(桃子)。姉妹で優勝の栄冠を手にする日も遠くないだろう。 姉は2位、妹はローアマ(KKT杯バンテリンレディス) 姉・吉田優利妹・吉田鈴 吉田優利の妹・鈴さんは今年高校を卒業しオーガスタ女子アマにも出場。バンテリンレディスでは32位タイでローアマを獲得し、表彰式にも出席。姉の優利が優勝していれば、姉妹そろってトロフィを掲げる姿が見られたが、惜しくもプレーオフで敗れ、実現ならず。鈴さんは今後もマンデーからトーナメント出場を目指していくということで、姉妹で表彰式に立つ姿が見られるかも。 双子の姉妹が同組に(富士フイルム・スタジオアリス) 姉・岩井明愛妹・千怜 スタジオアリスでは、初日に双子の岩井明愛・千怜姉妹が同組でプレー。妹・千怜のキャディを務めたのは2人の父親・雄士さんで、親子3人の共演が実現したが、千怜は2打足らず惜しくも予選落ち。一方の明愛は予選を通過し、自己最高の14位タイでフィニッシュ。ふたりとも昨年ステップ・アップ・ツアーでは優勝しているが、どちらが先にレギュラー初勝利を手にするか? 堀琴音、史上初の姉妹そろって複数回V(Tポイント×ENEOS) 昨年、悲願のツアー初優勝を挙げた堀琴音。今季も開幕戦から好調を維持すると、3戦目で早くも優勝。初優勝までは時間を要したが、2勝目までは24試合と、早々に複数回優勝を達成した。姉の奈津佳もツアー2勝で、姉妹揃っての複数回優勝はツアー史上初。6月のアース・モンダミンカップでは、史上初の姉妹で同一大会優勝という快挙にも期待がかかる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より
  • 開幕から2カ月を迎え、盛り上がりを見せる国内女子ツアーだが、昨年序盤戦で大活躍した稲見萌寧、小祝さくらの2人はここまで未勝利と、いまだ本調子とは言えない。いったい何があったのか。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 2人を取り巻く環境が大きく変わった クラブセッティングはドライバーのシャフトを替えた程度と、大幅な変更をせず新シーズンに挑んだ2人。実は環境面では両名ともに大きな変化があった。小祝はプロ入り前から師事してきた辻村明志コーチのもとを離れ、新しいコーチと新スウィングを模索。一方の稲見も、帯同してケアなどを行うトレーナーと新しく契約を結んだものの、開幕から数試合ですぐに契約解除。「細かい感覚のところがかみ合わない」と悩みが深く、新トレーナーを探し中だという。スタートダッシュには失敗したが、シーズンはまだ始まったばかり。昨年あれだけの強さを見せた2人の復調が待ち遠しい。 稲見萌寧 2021年2022年ダイキンオーキッド7位タイ10位タイ明治安田生命優勝32位タイTポイント×ENEOS33位タイ棄権アクサレディス7位タイ16位タイヤマハレディース優勝予選落ち富士フイルム・スタジオアリス優勝2位タイKKT杯バンテリン11位タイ予選落ち ドライバーのシャフトと3Wを新調して新シーズンを迎えた。多忙を極め、オフに満足に練習できなかったことも、調子が上がらない理由のひとつなのかもしれない 1Wのシャフトを「ジ・アッタス」から「スピーダーNX」に 長年愛用したシャフトを変更した稲見。飛距離は伸びているが、フェアウェイキープ率が低くなってしまっている。このあたりが改善されれば優勝争いに絡んでくるはずだ 小祝さくら 2021年2022年ダイキンオーキッド優勝13位タイ明治安田生命23位タイ32位タイTポイント×ENEOS優勝10位タイアクサレディス20位タイ5位タイヤマハレディース4位タイ40位タイ富士フイルム・スタジオアリス2位予選落ちKKT杯バンテリン2位タイ5位 上位にも顔を見せているとはいえ、まだ本調子とは言いがたい。クラブは昨年からドライバーとウッドのシャフトを変更したが、今後新クラブの投入はあるのだろうか 1Wのシャフトを「ツアーAD PT」から「ディアマナZF」に 中調子のシャフトから中元調子のモデルに変更。フェアウェイキープ率は昨年より上がっているものの、飛距離は若干ダウン。新コーチとのスウィング調整とクラブがマッチしてくれば夏にかけて数字が上がってくるだろう 手首を返すクセを直したいと、自らYouTubeで見つけたという吉田直樹コーチに今年から師事した小祝。スウィングはまだまだ調整中というが、手ごたえは良好な様子 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号 こちらもチェック!