Myゴルフダイジェスト

【2022女子ツアー序盤戦を振り返る】昨年開幕ダッシュの稲見萌寧&小祝さくらは未勝利。いったい何が?

開幕から2カ月を迎え、盛り上がりを見せる国内女子ツアーだが、昨年序盤戦で大活躍した稲見萌寧、小祝さくらの2人はここまで未勝利と、いまだ本調子とは言えない。いったい何があったのか。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara

2人を取り巻く環境が大きく変わった

クラブセッティングはドライバーのシャフトを替えた程度と、大幅な変更をせず新シーズンに挑んだ2人。実は環境面では両名ともに大きな変化があった。

小祝はプロ入り前から師事してきた辻村明志コーチのもとを離れ、新しいコーチと新スウィングを模索。一方の稲見も、帯同してケアなどを行うトレーナーと新しく契約を結んだものの、開幕から数試合ですぐに契約解除。「細かい感覚のところがかみ合わない」と悩みが深く、新トレーナーを探し中だという。

スタートダッシュには失敗したが、シーズンはまだ始まったばかり。昨年あれだけの強さを見せた2人の復調が待ち遠しい。

稲見萌寧

2021年2022年
ダイキンオーキッド7位タイ10位タイ
明治安田生命優勝32位タイ
Tポイント×ENEOS33位タイ棄権
アクサレディス7位タイ16位タイ
ヤマハレディース優勝予選落ち
富士フイルム・スタジオアリス優勝2位タイ
KKT杯バンテリン11位タイ予選落ち

ドライバーのシャフトと3Wを新調して新シーズンを迎えた。多忙を極め、オフに満足に練習できなかったことも、調子が上がらない理由のひとつなのかもしれない

1Wのシャフトを「ジ・アッタス」から「スピーダーNX」に

長年愛用したシャフトを変更した稲見。飛距離は伸びているが、フェアウェイキープ率が低くなってしまっている。このあたりが改善されれば優勝争いに絡んでくるはずだ

小祝さくら

2021年2022年
ダイキンオーキッド優勝13位タイ
明治安田生命23位タイ32位タイ
Tポイント×ENEOS優勝10位タイ
アクサレディス20位タイ5位タイ
ヤマハレディース4位タイ40位タイ
富士フイルム・スタジオアリス2位予選落ち
KKT杯バンテリン2位タイ5位

上位にも顔を見せているとはいえ、まだ本調子とは言いがたい。クラブは昨年からドライバーとウッドのシャフトを変更したが、今後新クラブの投入はあるのだろうか

1Wのシャフトを「ツアーAD PT」から「ディアマナZF」に

中調子のシャフトから中元調子のモデルに変更。フェアウェイキープ率は昨年より上がっているものの、飛距離は若干ダウン。新コーチとのスウィング調整とクラブがマッチしてくれば夏にかけて数字が上がってくるだろう

手首を返すクセを直したいと、自らYouTubeで見つけたという吉田直樹コーチに今年から師事した小祝。スウィングはまだまだ調整中というが、手ごたえは良好な様子

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号

こちらもチェック!

  • 開幕直前、昨シーズンの賞金女王・稲見萌寧が都内で記者会見し、楽天グループと所属契約を結んだと発表。昨年4月からスポンサー契約を結んでいたが、所属契約になったことで7月の楽天スーパーレディースには所属プロとして参戦する。ところでこの「スポンサー契約」と「所属契約」ってどう違うの? 企業が所属契約を交わす理由とは? 女子プロの契約事情を掘り下げた。 「所属契約」とは……企業の広告塔になる代わりに、契約料を貰うのが「スポンサー」。「所属契約」とは、その延長にあり、わかりやすくいえば、その会社の契約社員のような関係。スポンサーは単年契約が多いが、所属契約は3年以上の長期になることも。試合のスタートホールで名前とともに所属先が読み上げられ、新聞やテレビなど、メディアに登場する際にも表記される。 スポンサー契約から所属契約に 楽天初の“所属”プロゴルファーとなった稲見萌寧。「世界的な企業の一員になれてうれしいけど、イニエスタさんや田中マー君に比べると私は名前が小さい。楽天の名に恥じないように、目立つ活躍がしたい」と会見で語った。スポンサー契約にも「ユンケル」で知られる「佐藤製薬」が新たに加わり、スポンサー企業は10社となった。所属先が大企業であればあるほど関連企業も多く、広告塔となる「スポンサー契約」に制限が出ることを避けるため、あえて「所属フリー」を選ぶ選手もいる。 会見で三木谷会長はスケジュールやタイミングが合えば宮城での試合の際には始球式なども考えたいと発表。気になる契約金は非公表 ■楽天グループ●1997年創業 ●資本金2059億2400万円(2020年12月31日)●連結売上収益1兆6817億5700万円(2021年度)●従業員数:連結2万3841名(2020年12月31日)インターネット関連サービスを中心に、ゴルフ場予約やギア購入ができる「楽天GORA」も運営。プロ野球の楽天イーグルス、Jリーグのヴィッセル神戸などを所有し、国内外のスポーツでスポンサーを務めている 昨年までの所属は「都築電気」「所属先の役目は終えましたが引き続きサポートしていきます」「楽天グループさんはスポーツでも世界的に有名で、稲見選手が次のステップに行くのに最適ではないかと思います。弊社も変わらず、稲見選手を応援していきます」(都築電気・広報) 西郷真央は3月から「島津製作所」所属 昨シーズン、未勝利ながら賞金ランク4位と大活躍した西郷真央。この3月から「島津製作所」への所属が決まった。「島津」「西郷」と聞くと、どうしても薩摩藩が連想されるが、その縁での所属契約なのか?「創業者の家系が薩摩のお殿様から名前を頂いただけで、薩摩藩や島津家とは直接関係ありません」と広報担当者。偶然とはいえ、実に納得の組み合わせだ。 島津製作所社長上田輝久氏と西郷真央 社内にゴルフ部があり、企業対抗にも出場するなどゴルフが盛んな島津製作所。スポンサードできる若い選手を探していたところ西郷真央に出会い、昨年4月からスポンサーになっていたが、3月から所属契約に。「おかげさまで、多くの方から『見たよ』と言っていただき、とくにトップ同士や営業現場でのコミュニケーションツールとしての役割が大きいことを実感しました。弊社は日本各地だけでなく、海外にも関連会社があるので、海外志向の強い西郷選手と『共に世界に』と思っています。よく何をやっているかわからない『謎の会社』と言われますが、西郷選手を通してもっと世間の方に認知していただけるようになると考えています」(コーポレート・コミュニケーション部 榎本さん) ■島津製作所●1875年創業 ●資本金約266億円 ●連結売上高3935億円(2020年度) ●グループ従業員数1万3308万円分析器や計測機器を中心に、医用機器や航空機器などを製造する世界的メーカー。1909年に日本で初めてレントゲンを作ったのも島津製作所。分析器や計測機器はクラブ開発の現場でも使用されるなど、実はゴルフとも関係が深い 【所属先がツアーの主催者や特別協賛】この試合で勝ちたい! シード選手53名のうち、所属企業が主催者や特別協賛になっている選手も多く、スポンサー企業となると、数はさらに増える。企業の名前を背負って出場する試合は、他の大会よりも勝ちたい気持ちが強くなるだろう。 3月明治安田生命レディスヨコハマタイヤ勝みなみ明治安田生命所属6月宮里藍サントリーレディスオープン渋野日向子サントリー所属7月大東建託・いい部屋ネットレディス渡邉彩香大東建託所属7月ニトリレディス小祝さくら、岡山絵里、永峰咲希ニトリ所属9月ゴルフ5レディス穴井詩ゴルフ5所属9月住友生命Vitalityレディス東海クラシック西村優菜住友生命所属10月富士通レディース古江彩佳、柏原明日架富士通所属11月伊藤園レディス大里桃子、濱田茉優伊藤園所属 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より
  • 昨シーズン、最後まで賞金女王争いを演じた小祝さくら。プロ入り5年、確実に成長しつづけてきた。ちょっぴり天然、でもショットはキレる――。そんなさくらは2022年の開幕戦を、ディフェンディングチャンピオンとして、さらには賞金女王有力候補のひとりとして迎える。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Tadashi Anezaki 小祝さくら1998年4月15日生まれ、北海道北広島市出身。8歳でゴルフを始め、17年プロテスト合格。18年LPGA新人賞を獲得。20-21シーズンはツアー5勝を挙げ、最後まで賞金女王争いを演じた。ツアー通算6勝 「昨年はあっという間に1年が終わりました。思っていたよりも前半にすごくいい成績を出すことができましたが、そのぶん後半が思い通りにはいかなかった。今でも、もう少しあんなふうにできたかなというのはありますが、思い通りにいかないのがゴルフですから、そこは仕方がないですね」小祝さくらが20-21シーズンに出場した国内の試合は「52」。20年が14試合、21年が38試合。1度も休んでいない。それでも予選落ちは5回だけだ。「皆にも途中から調子が悪くなったのは疲れのせいじゃない? と言われましたが、全然疲れはなくて……。ただ、スウィングやゴルフ自体が悪くなっていったんです」昨年のオフ、パットを課題として挙げていた小祝だが、「昨年はパターで頑張ってカバーできました。パターが悪かったら大変なことになっていた。それくらいショットが悪かった」という。確かにパッティングの数値は上がっている。「ずっと悩んでいたパットが昨年途中からいい感覚になって。ライン読みがすごくよくなったんです」パットの転がりやライン読みを課題とし、同じ場所から3球続けて打つのではなく、1球ずつフック、スライスと違うラインの場所に動いて打つ練習などをしていた小祝。その努力が結果として出たのだろう。 小祝さくらの20-21シーズン主な成績●獲得賞金/2億42万3583円(3位) ●平均ストローク/70.7573(3位) ●パーオン率/71.7295%(14位) ●フェアウェイキープ率/64.703%(58位) ●平均パット数(パーオンホール)/1.7874(8位) ●ドライビングディスタンス/240.99Y(19位)トップ10入りは19回と安定感抜群の小祝だが、積極的なゴルフも持ち味。イーグル数12個で2位、バーディ数は577個で1位 しかし、得意のショットが悪くなっていったこともまた、数値に表れている。フェアウェイキープ率の悪さに関しても、「後半戦のショットの乱れです。スウィング自体、前半と全然違っていた。動画を見てチェックしてもどこを直していいかわからなくて、いろいろ頑張ってやっても上手くいかず……」。それでも、賞金女王争いに最後までくい込んだ。「そうですね。最終戦のリコーカップがよかったのも救いです」 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • 昨シーズン9勝を挙げ、賞金女王に輝いた稲見萌寧を練習拠点の千葉県・北谷津ゴルフガーデンで直撃。昨シーズンを振り返ってもらうとともに、オフの取り組みや新シーズンへの思いを語ってもらった。 PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/北谷津ゴルフガーデン 稲見萌寧(22)1999年7月29日生まれ、東京都出身。18年プロテスト合格。19年センチュリー21レディスで初優勝。20-21シーズンに9勝を挙げ賞金女王に。東京五輪銀メダリスト 海外モデルのような引き締まった体にしたい 昨シーズンを振り返ると、いろいろあった年でした。いちばんよかったこと、と聞かれると難しいのですが、9勝を挙げられたのはよかったですね。でも、印象に残っているのは腰をケガしてしまったこと。歩けなくなるくらい痛みがひどくなってしまって。もし最後までやり切れていたら、他のタイトルも取れていたかもしれないので、すごくもったいないことをしたと反省しています。今年はまだ思うように練習ができていないんです。それは私にとって、かなりのストレス。いままで体調が悪いときでもニキビが1個しかできなかったのに、練習できないストレスでニキビが3個もできてしまうほど。1年前は朝から晩まで練習できていたのに、この12月と1月は昨年の30~40%くらい。挨拶回りなどで練習時間が確保できなかったんです。だから2月は練習とトレーニングに時間を割いて、朝から晩までやりたいと思っています。今年は可動域も広げられたらいいなと。そうすれば安定性も、もっとよくなるんじゃないかなと思うんです。体重は去年のオフのピークをキープできているのですが、腰のケガで重いものを持てなかったので、大きい筋肉がついていない。今月から追い込んで筋肉をつけ、海外モデルのような引き締まった体にしたいですね。 自分で自分の記録を塗り替えたい 私は日本人として日本で一番でいたいんです。去年は1番になれましたが、まだ1度だけ。やっぱり「目標は永久シード(通算30勝)」と小学校のときから言ってきたので、それに向けて頑張りたいですね。そして、自分が引退するときに何かで一番を死守したい。例えばパーオン率。2019年が最もよかった(歴代1位の78.21%)のですが、これを他の人に超えられるのはイヤ。だから自分で自分の記録を塗り替えたいと思っています。80%を超えられたら……。今年で大学(日本ウェルネススポーツ大学)も卒業です。ただ卒業式は試合かもしれないので、出られなかったら別の機会にご挨拶に行こうかなと思ってます。4年間を振り返って「楽しかった」と言いたいんですが、実際にはずっとツアーに出ていたので……。今年はまだ行けていないのですが、オフに部活でトレーニングやラウンドに参加したのが楽しかったですね。でも、生きづらくなりました。私服で、といってもジャージですが、ご飯を食べていても気づかれてしまう。帽子とマスクをしていてもですよ? 目元でバレてしまうみたいで。もしかして、体型が一般人じゃないんですかね? ありがたいことだけど、食べづらいし、あまりしゃべれなくなってしまいました。 毎週負けたくない 私は総合的な目標はほとんど決めず、身近な目標をひとつずつクリアしていくタイプ。今シーズンも、まずは1勝できるように頑張りたいと思います。今年からランキングがポイント制になるので、どうすれば1位になれるのかが、まだよく分からない。週によっても変わるので、毎週上位にいなきゃいけないのかなって思います。なのでポイントを気にせずに上の順位を目指そうと思っています。やっぱり毎週負けたくないので、出る試合すべてで上位を狙えるように挑んでいきたいです! 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月22日号より こちらもチェック!
  • 長い長いシーズンを戦い抜いた女子プロたちはどんな新年を迎えたのか。今年「年女」の女子プロたちのSNSをのぞいてみた。 勝&小祝は新日本プロレスで元気注入! 1月4日にインスタグラムで同じ写真をアップしたのは黄金世代で年女の勝みなみと小祝さくら。東京ドームで行われた「WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム」の観戦だ。待ち合わせをして会ってみたらお互いにおそろいのパーカーとタオルを購入していたという仲の良さ。小祝は特にオカダ・カズチカ選手のファンらしく、「オカダ選手かっこよかったです」「明日の応援しています」とのコメントも残している。今回は同じ席で一緒に観たわけではないようで、勝の投稿に「来年は一緒に行こー」と小祝からのお誘いも。来年も同じように新年早々2人のプロレス投稿が見られるかもしれない。 https://www.instagram.com/p/CYT_OMhlCmB/ 同じく黄金世代で年女の髙木優奈は新年のあいさつとともに1月から3月にかけてジュニアレッスンをすることを告知。「不安もありますが少しでも多くのジュニアがゴルフにふれて、ゴルフの楽しさを知ってくれたらなぁと思い開催します」「そして、レッスンを通して私も成長していきたいと思っております」と投稿。昨シーズンはTP単年登録という形でレギュラーツアーに出場していたが、規定の改正によりTP単年登録が撤廃され、2022年シーズンの出場権を得るには、プロテストに合格するか、賞金ランクかメルセデスランクで50位以内に入ってシード権を得るしか道がなかった。しかしプロテストは不合格。シード権も獲得できず、残念な結果に終わってしまった髙木。今年は彼女なりにあらゆる面で自分の成長を模索しているようだ。 週刊ゴルフダイジェストの「女子プロ総選挙」で1位を獲得したこともある松田鈴英も寅年の年女。シード獲得はならず、2022年はステップ・アップ・ツアーが主戦場となる。年末には「私の1年間は、いつも不安との戦いでした」「くよくよしても良い事はない。意味のない経験はない。心が折れたら勝利はない。不安になるのは頑張ってきた証拠。来シーズンに備えて、これから厳しいトレーニングを行い自分の限界を超えられる様に頑張ります」と投稿していたが、新年最初の投稿では「新年明けましておめでとうございます」「今年も笑顔で頑張ります」とすがすがしい笑顔の写真とともに新年のあいさつをしている。今年は松田の成長にも注目だ。 https://www.instagram.com/p/CYLsHmaPMsR/ 「寅」といえばこの人!2022年はタイガーイヤーになるか? “寅年”といえば、年男ではないがタイガー・ウッズも新年の投稿をしている。「12月に新しい『Stealth』ドライバーを打った。こんなに早く用意してくれてありがとう。最高のクラブだ」というコメントとともに赤いフェースが特徴のドライバーを打っている写真を掲載。間もなく発表されるテーラーメイドの最新ドライバーとみられる。勝負カラーのヘッドを携え、寅年の2022年にタイガーがカムバックを果たす!? https://www.instagram.com/p/CYT3vtcLrUa/ こちらもチェック!
  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、ツアーで生まれた新記録をクローズアップ。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 稲見萌寧、史上2人目の「平均ストローク60台」まで0.06打及ばず 最終戦リコーカップを残して平均ストローク「69.99」をマークしていた稲見萌寧。リコーカップをトータル7アンダー以上で終えることができれば2019年の申ジエに次ぐ史上2人目、日本人選手では初の60台となるはずだったが、結果はイーブンパーで、60台にはわずかに届かなかった。だが、パーセーブ率ではただ一人90%超えを達成。2014年のアン・ソンジュ、2016年のイ・ボミ、2019年の申ジエに続く史上4人目、日本人では初となった。 <2020-21シーズンの平均ストロークと歴代平均ストロークトップ5> <2020-21シーズンのパーセーブ率と歴代パーセーブ率トップ5> プレーオフも歴代最多 これまで1シーズンのプレーオフ回数は91年の14回が最高だったが、20-21シーズンは15回と最多回数を更新。しかも同一選手が何度もプレーオフを戦うという展開。それだけ実力が伯仲していた証しだろう。韓国のペ・ソンウは稲見萌寧と渋野日向子に計3度もプレーオフで敗れ、ツアー3勝目にあと一歩届かなかった。 勝率100%は3人 渋野日向子(23)2戦2勝 ●21 スタンレーレディス(2位/木村彩子、ペ・ソンウ、@佐藤心結)●21 三菱電機レディス(2位/ペ・ソンウ) 古江彩佳(21)3戦3勝 ●20 東海クラシック(2位/東浩子)●20 伊藤園レディス(2位/酒井美紀)●21 富士通レディース(2位/勝みなみ) 稲見萌寧(22)3戦3勝 ●20 スタンレーレディス(2位/淺井咲希、ぺ・ソンウ)●21 明治安田生命(2位/永井花奈)●21 スタジオアリス(2位/小祝さくら) ツアー新記録! 驚異の「13バーディ」 初日の競技が悪天候のため中止となった5月の中京テレビ・ブリヂストンで大記録が生まれた。稲見萌寧が9番から15番までの7連続を含む13バーディのツアー新記録を打ち立てた。これまでの記録は19年の申ジエや蛭田みな美ら6人が記録していた11個が最高。男子ツアーでも石川遼や倉本昌弘が持つ12個が最多。稲見は女子ツアーだけでなく、日本一バーディを取った選手となった。 「2位回数」最多の西郷真央連続アンダーパー記録更新中 昨年までの連続アンダーパ―記録は14試合だったが、稲見萌寧が今年初戦のダイキンオーキッドから15試合連続で記録を更新。さらに、西郷真央が6月のサントリーレディスから最終戦リコーカップまで23試合連続アンダーパーをマークして記録を更新中。西郷は未勝利ながら2位が最多の7回で、賞金ランクも4位とシーズン4勝を挙げた西村優菜をも上回る活躍をみせた。 <20-21シーズン2位回数トップ5> 史上最高の年間獲得賞金1億円プレーヤーが14人! 年間獲得賞金歴代トップとなる2億5000万円以上を稼いだ稲見萌寧に加え、古江彩佳、小祝さくらの賞金ランクトップ3が2億円超え。さらに賞金ランク14位の渡邉彩香までが1億円プレーヤーに。そのため3000万円以上稼いだのにシード権のボーダーラインに届かなかった選手も。 <歴代シーズン獲得賞金トップ5> 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!