Myゴルフダイジェスト

【松山英樹のローフェード】#2 アウトサイドインなのに低スピン! いったいどうやって打っているの?

松山英樹がここぞという場面で使用する「ローフェード」。一般的なフェードとは違い、ただ球筋が安定するだけでなく、低スピンで飛距離も出るという不思議な球を、いったいどのようにして打っているのか。昨年の「ZOZOチャンピオンシップ」時にその球を目の前で見た黒宮幹仁コーチが分析してくれた。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Blue Sky Photos、Tadashi Anezaki、KJR THANKS/武蔵丘ゴルフコース

解説/黒宮幹仁

連載「世界基準を追いかけろ」でお馴染みのプロコーチ。松山英樹と同世代で、ジュニア時代からしのぎを削ってきたライバルだった。2021年の「ZOZOチャンピオンシップ」では松山のプレーを間近で観察

●CONTENTS●
#1 松山英樹のローフェードってどんな球?
#2 フェードなのに低スピン! どうやって打っている?
#3 ロフトを立てつつ緩やかに…鍵は手首の使い方

PGAツアーの選手でも難しい

「ローフェード」というのは、実は「理屈に合わない」球筋だ。フェードを打つには、ターゲットに対してアウトサイドインに振る必要があるが、そうすると、普通は入射角が鋭角になってスピン量が増える。つまり、仮にロフトをかなり立てて、打ち出し角を低くできたとしても、最高到達点が高くなってしまうのだ。

「目澤君(松山のコーチ・目澤秀憲)が最近、『幹仁が言っていた、あのフェードのすごさがわかったよ』と言ってきました。ボールを左に置いた状態で、(スウィング)パスを左に向けているのに、入射角は緩やかで、なおかつディロフトして(ロフトを立てて)インパクトしていますからね。体への負担が大きくて、並のプレーヤーだと打とうとしても厳しいです」と、黒宮。


特筆すべきは、松山の手首の使い方。ボールを左に置くほど、フェースが返った状態で当たりやすくなるところを、手首の動きでスクエアの時間を長くし、引っかけず、なおかつロフトが立った、「飛ぶインパクト」を実現している。

「PGAツアーの選手なら、似たような球は打てますが、あれだけのキャリーを出すとなると、打てるのはほんの一握りでしょう」(黒宮)

通常のドローボール
インサイドから入れて右に打ち出す

ローフェード
軸を傾けず胸がボールを向き続ける

ローフェードを打つときは、通常時(ドロー)よりボールを左寄りに置き、ティーは低め。やや左を向いて構える。ドローヒッターは、インパクトでの「右側屈」(右わき腹を縮める動き)が強くなるケースが多いが、それを最小限にして、軸が真っすぐな状態をキープ。最下点ごと左に移動し、体の真正面で打つので、胸がずっとボールを覆うように下を向いている

  • 松山英樹がここぞの場面で使用する「ローフェード」。我々アマチュアには簡単に真似できるものではないが、その打ち方を細かく分析していくことで、球を真っすぐ遠くへ飛ばすための重要なポイントが見えてきた。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Blue Sky Photos、Tadashi Anezaki、KJR THANKS/武蔵丘ゴルフコース 解説/黒宮幹仁 連載「世界基準を追いかけろ」でお馴染みのプロコーチ。松山英樹と同世代で、ジュニア時代からしのぎを削ってきたライバルだった。2021年の「ZOZOチャンピオンシップ」では松山のプレーを間近で観察 ●CONTENTS●#1 松山英樹のローフェードってどんな球?#2 フェードなのに低スピン! どうやって打っている?#3 ロフトを立てつつ緩やかに…鍵は手首の使い方 ヘッドを低く長く動かすには手首の使い方がポイント 松山英樹の“決め球”である「ローフェード」は、手首の使い方がキーになると黒宮幹仁は言う。「スプリットハンドにして、ヘッドを地面から離さずに、ほうきで掃くように動かしてみると、左右の手首がまったく違う形をしているのがわかります。左手首は『掌屈(しょうくつ。手のひら側に折る)+尺屈(しゃっくつ。小指側に折る)』、右手首は『背屈(手の甲側に折る)+撓屈(とうくつ。親指側に折る)』と、3次元的になっています。この手首の使い方が、フェードでも入射角を緩やかに保つ秘密で、これに体の回転を足すと、英樹のインパクトイメージに近くなります」これを体感するには、たとえば9番アイアンでいつもよりボール1個分、左足寄りに置いて打ってみる。普段通り打つと、ボールは左に高く出やすいが、それをストレートボールにするにはどうするか。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「手首の『3D』の動きに加え、体の軸を右に傾けずに、自分が左に動くイメージで、最下点の位置を左にずらす必要があります。また、インパクトまでは、胸がずっとボールを覆う形でないといけません」(黒宮) 松山流ローフェードのPoint 1左手と右手を「3D」に使う 左右の手首は、片方が手のひら側に曲がれば、もう一方は手の甲側に曲がる関係にあり、これが「2D」。それに、親指と小指側への曲げ角を組み合わせることで、手首の動きが「3D」になる 右手はサムアップ&背屈左手はサムダウン&掌屈 左手だけ、右手だけでそれぞれ、フェーススクエアのままロフトを立てる動きをしてみると、ロフトを立てる際のそれぞれの手首の形がわかる 松山流ローフェードのPoint 2フィニッシュがピタッと締まる フェードは元々、最後まで両わきを締めて回転するイメージ。さらに、やや左を向いて振るので、フィニッシュで完全に体が回り切る。いいイメージが残るので、リズムが整いやすい 体の緩みをリセットできる効果も ドローはインパクト後に手が体から離れるが、フェードは体と一緒に回る。締まったスウィングの感覚を取り戻せる 松山流ローフェードのPoint 3やや左を向いてトップは浅めに スタンスだけをオープンにするのではなく、すべてをスクエアにしたまま、全体を少し左に向ける。ターゲットに対してはアウト-インだが、スウィング自体はイン-インのまま ボールを中心に体全体を左に回転 ボールを中心に、反時計回りに靴1足分回転。スタンスだけを左に向けるのではなく、全体的に左向きに構える 松山流ローフェードのPoint 4インパクトで右に倒れ込まない ローフェードを打つ松山のインパクトは、軸(上体)がほぼ真っすぐで、体(胸)の真正面でボールをとらえている。軸を傾けないことで、スウィングの最下点が左に移動し、ボールを真横から叩ける 胸がずっとボールを覆うようにして打つ 切り返し後すぐに胸をボールに向け、そのままずっとボールに向けたままインパクトすると、軸が右に傾かない グリップにタオルを巻いて打ってみよう 松山と同じ球は打てなくても、エッセンスを取り入れることで、インパクト前後のヘッドの動きは安定する。「スプリットハンドで、左足寄りにボールを置いて、真っすぐなボールを打つ練習がいちばん効果的です。難しければ、グリップにタオルをグルグル巻きにして打つのもいい。グリップの太さは入射角と関連があって、太いほど入射角は緩やかになります。緩やかな入射角は、基本的にイン‐アウトなので、それがアウト‐インになるくらい体を回す。そうすると、当たり方が一定になってきます」(黒宮) グリップにタオルを巻き、「極太グリップ」にして打つ。グリップが太いと、入射角が鋭角になりにくい。この状態でボールを左に打ち出せると、体の回転を使えている証拠 まずは入射角を緩やかにする フェードを打とうとして、アウト-インに振ると、入射角が鋭角になりやすいが、これだと松山のフェードには程遠い。極太グリップなどで、まずは緩やかな入射角の感覚をつかむ スプリットハンドで打つと手首の使い方が分かりやすい スプリットハンドにして、ヘッドを低く動かし続けると、左右の手の役割がわかり、手首を「3D」に使う感覚も理解しやすい。右手は下げすぎず、左手はインパクトに向かって高くなっていく 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号