Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【松山英樹のローフェード】#1 勝負所で相手の心を打ち砕く、完璧にコントロールされた攻めのボール

【松山英樹のローフェード】#1 勝負所で相手の心を打ち砕く、完璧にコントロールされた攻めのボール

松山英樹のドライバーショットといえば、高い弾道のドローボールが思い浮かぶが、勝負所でときおり見せるのが、抑えの効いた「ローフェード」。いったいどのような場面で使用し、どうやって打っているのか? ジュニア時代から松山としのぎを削ってきた黒宮幹仁コーチに解説してもらった。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Blue Sky Photos、Tadashi Anezaki、KJR THANKS/武蔵丘ゴルフコース

解説/黒宮幹仁

連載「世界基準を追いかけろ」でお馴染みのプロコーチ。松山英樹と同世代で、ジュニア時代からしのぎを削ってきたライバルだった。2021年の「ZOZOチャンピオンシップ」では松山のプレーを間近で観察

●CONTENTS●
#1 松山英樹のローフェードってどんな球?
#2 フェードなのに低スピン! どうやって打っている?
#3 ロフトを立てつつ緩やかに…鍵は手首の使い方

悪い流れを打ち破る球

松山英樹の理想の球筋はハイドロー。しかし、「ここぞ」というときに繰り出す決め球は「ローフェード」だと、学生時代に互いにプレーヤーとしてしのぎを削った、黒宮幹仁は言う。

「学生時代は“でっかいドロー”を打っていて、ミスは大体、右にプッシュなんですが、それで崩れそうになるときに、突然、ローフェードを打つんです。それも、出球、高さ、スピン量が完璧にコントロールされていて、ホールの『枠』に入れてくる。それをうまく使いながら、リズムを取り戻していくイメージでしたね。対戦相手の目線でいうと、(崩れかけて隙を見せるのかと思いきや)『そんな球があるの!?』という感じで、心を折られます」(黒宮)

確かに、フェードは「安全」というイメージがあるが、自分の持ち球とは「逆球」になる球筋を、あえて勝負どころで使ってくるのはなぜか。

「アウトサイドインで、でも緩やかな入射角で、というのは元々、苦手なわけじゃなくて、実際に数多くその球を打ってきたから、インパクトのイメージが出やすいんだと思います。大事な場面で安心して打てる球が、あのローフェードということです」(黒宮)

松山が圧勝した昨年の「ZOZO選手権」でも、ローフェードは使われていた。

「初日の5番、パー3で、(同組の)ザンダー・シャウフェレが、バーディを取って、英樹はグリーンを外してパー。次の6番は、ほぼ直角に曲がる右ドッグレッグで、ザンダーはストレートボールで飛距離を出してきたんです。それを見て、英樹が抑えたいいフェードを打ったんですね。流れが悪くなりかけたところを、グッと引き戻すようなショット。その後に打った、パン・チェンツェンが二人二様のナイスショットに混乱して、チーピンを打っちゃうくらい、すごい球でした」(黒宮)

松山英樹の「ローフェード」はこんな球

●「曲げたくないとき」に使用
トーナメントで上位を争うなかで、このホールだけは曲げたくないという「キーホール」で使用。あるいは、ティーショットの調子があまりよくないときに、悪い流れをリセットする意味でも使う。

●フェードなのにスピンが少なくランも出る
PGAツアーの選手は一様に球が高いが、それと比べると段違いで低い。タイガー・ウッズの有名な「スティンガー」にも通じる部分があり、低いが飛距離が出て、コントロールが利いた球筋だ

●多用すると通常のショットに影響も
持ち球のドローとは逆の動きになるため、試合中ずっと打ち続けていると、すぐには本来の体の動きに戻せなくなるリスクがある。また、この球は「ロースピン」のため、アイアンには不向き

どうやって打てばこんな球が出るの?

>>フェードなのに低スピン! どうやって打っている?
>>ロフトを立てつつ緩やかに…鍵は手首の使い方

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

こちらもチェック!

  • 300Yを超える飛距離に加え、切れ味鋭いアイアンショットが持ち味の注目ルーキー・久常涼。厳しいピン位置をデッドに狙っていける秘密はどこにあるのか。若きアイアン名手の話に耳を傾けよう。 PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/よみうりゴルフウエストコース 解説/久常涼ひさつねりょう。2002年生まれ。岡山県出身。昨年、QT1212位だったにもかかわらず、AbemaTVツアーで9月までに3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。後半戦の7試合すべて予選通過して賞金ランク50位に入り、今季のシード権を獲得した。300ヤードを超える飛距離とキレのあるアイアンショットが武器の注目ルーキーだ ●CONTENTS●#1 アイアンは横から入れて押し込む#2 右わき腹に“シワ”できてますか?#3 最後の最後は右手で「ヒョイ!」 打ち込むのではなく横から押し込む GD 最近の男子選手はかなり弾道が高いですよね?久常 そうですね。コースコンディションにもよりますが、真上から落とさないと止められないことも多いので。GD 高い球を打つために意識していることは?久常 鋭角に打ち込まないことですね。イメージは横から入れて押し込む感じです。GD フェースの打痕が意外と上めだなと思ったんですが、そこも関係していますか?久常 あると思います。打ち込むと吹き上がってしまい風の影響も受けやすくなるので、ボクはボールを長く押して打ち出していきたいんです。 芝の上に浮いているから打ち込む必要はない 日本の芝はボールが浮きやすいので打ち込まなくてもヘッドがボールの下に入りやすい。打ち込むとダルマ落としのようになって薄い当たりになり、しっかり距離を出すことができない 打痕はすべての番手で同じところにある 見事なまでにどの番手も同じ位置に打痕がついている。要するにヘッドの入り方はどのクラブでも同じということ。「鋭角に打ち込まずに低い位置から押すから距離感が合う」と久常 久常涼のアイアンスウィング(正面) 動画もチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} では、どうすればボールを強く押し込める?続きはこちら 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より
  • フェアウェイのど真ん中、なんの変哲もないライで出る突然の「ペチッ」。ボールは右斜め45度のOBゾーンへ……。ゴルフのミスの中でも最も厄介な「シャンク」は、一度出ると二度、三度と連発してしまうタチの悪さ。今回は、そんな恐ろしいシャンクを食い止めるのに役立つレッスン記事をピックアップ。あなたのシャンクに合った治療法が必ずある! 体の開きが早いのが原因かも クラブが外から下りすぎている? 上体が起き上がっているのかも 同じシャンクでも4つのタイプがある? アプローチのシャンクに悩む方はこちら こちらもチェック!
  • ツアーで引っ張りだこのパット専門コーチ・橋本真和氏と松山英樹のコーチ・目澤秀憲が身近なグッズを使ってできるパットの練習法を教えてくれた。まずは、自分のパットの状態をチェックするための動画での撮影方法から。 TEXT/Tadashi Anezaki THANKS/千葉CC川間C 橋本真和(右)TPIレベル1、アスリートボディケア・セルフトレーナーなどの資格を持ち、最新機器を用いて最先端のレッスンをプロやアマチュアに行うパッティングコーチ目澤秀憲(左)13歳からゴルフを始め、日大ゴルフ部を経てプロコーチに。TPIレベル3を取得。2021年1月より松山英樹のコーチに就任 ●CONTENTS●>>#1 スマホでストロークのクセをチェック>>#2 方向性が劇的にアップする「ゲート練」>>#3 ピッタリ距離感が身につく「ガムテープ練」>>#4 方向性と距離感を磨く3つのアイデア練 全身だけでなくヘッドのアップも撮る 現代ゴルファーの最強上達ツール、それは「スマホ」だ。「スマホの動画撮影機能を使って、正面と後方から全身を、さらにパターヘッドのアップを撮りながらだと、自宅でパターマットを使った練習だけできちんと上達できます」と目澤秀憲コーチ。この3アングルの映像で、アライメントと体の動きが網羅でき、さらにヘッド軌道は、高さも含めた「3D」で把握できる。橋本真和コーチは、「ヘッドの高さが大事で、パッティングの振り子を『ピザのひと切れ』でイメージすると、トップとフィニッシュでヘッドが高くなりますが、ヘッドを低く、真っすぐ引く人は、『ピザ』の形が崩れて、最高点、最下点ともずれてしまう。そうすると、しっかり加速してヒットできないんです」と指摘。まず自分の姿を知ることが、上達への第1歩なのだ。 低く長く引こうとすると支点がズレて振り子にならない グリップエンドが、「みぞおち」までつながっている状態をイメージして、パターの軌跡が「ピザのひと切れ」のような形になるのが理想。支点がずれると「ピザ」の扇が崩れる 動画でチェックすべきは「打ち出し」と「振り幅」(タッチ) 【Check Point 1】狙った方向に打ち出せているか 主に後方からの映像で、アドレスでのフェースの向きや、打ち出し直後のボールの転がりをチェック。狙った方向に真っすぐ出ればOK 【Check Point 2】振り幅が左右対称になっているか 正面からの映像では全体のストロークをチェック。振り幅は左右対称になっているのがベスト。転がしたい距離に応じたトップの大きさが必要 動画の撮り方は「正面」「後方」「アップ」の3つ 【正面】振り幅や体重配分をチェック 正面からは、体重配分やボール位置など基本的なセットアップ情報がわかる。また、振り幅が左右対称かは必ずチェックしたい 【チェック項目】◎振り幅 ◎ボール位置 ◎頭や両肩の高さ ◎左右の体重配分 など 【後方】アライメントをチェック 後方からは、肩のラインがスクエアかどうかなど、アライメントをチェックしたい。上体の前傾角度や、ボールとの距離も確認 【チェック項目】◎肩のアライメント ◎ボールとの距離 ◎前傾角度 ◎ヘッド軌道 ◎シャフトと腕の関係 など 【ヘッドのアップ】出球の方向やヘッド軌道をチェック ヘッドを振り子運動させると、トップではヘッドが地面から浮くので、必ずその部分をチェック。後方から撮って出球の方向も確認したい 【チェック項目】◎ヘッド軌道 ◎出球の方向 ◎ヘッドの高さ ◎打点 など 橋本&目澤コーチ考案の効果抜群ドリルをチェック! >>方向性が劇的にアップする「ゲート練」>>ピッタリ距離感が身につく「ガムテープ練」>>方向性と距離感を磨く3つのアイデア練 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より
  • 最高峰のPGAツアー選手をはじめ、渋野日向子など多くのトッププロが取り入れ、結果を出している「シャローイング」。強靭な体を持ったアスリートゴルファーだけが可能なスウィングと思われがちだが、我々一般ゴルファーでも、飛距離を伸ばし、かつ曲がらないショットを手に入れるためには有効な動き。では、そもそもどんな動きで、どうすれば身につけることができるのか。動画での練習法なども交え、吉田直樹コーチが分かりやすく解説! 吉田直樹1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで過ごし、世界の有名コーチの指導を受けた経験を持つ。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」主宰 シャローイングは決して新しい理論ではない シャローイングは近年になって登場した理論と思われがちだが、実は往年の名手も自然に取り入れていた動き。いいスウィングをすれば結果的に“なる”ものだという。 取り入れるうえで最も注意すべきポイントとは? 正しく身につければ飛距離アップが望めるシャローイングだが、ただ形だけを取り入れようとするのは危険。ではどんなところに注意すればいいのか。 クラブは“上から下”に振り下ろすものではない ゴルフでは「ボールを叩く」という表現が使われるように、上から下にクラブを振り下ろすイメージが強いが、その意識が効率的なインパクトを阻害しているという。 “ヘッドが走る”力の使い方とは? 吉田直樹コーチのもとスウィング改造に取り組み、飛んで曲がらないスウィングを手に入れたという上井邦裕選手。改造のポイントは「力の出し方」だというが…。 こちらもチェック!