Myゴルフダイジェスト

「今こそ、ゴルフを楽しみたい」2度目のマスターズへ! 金谷拓実の信念と新境地

2019年にアマチュアとして夢の舞台に立ち予選を突破した金谷拓実。その後実績を重ねプロ入り。今週開催のマスターズに、プロとして初出場する。今の思いを聞いた。

PHOTO/Tadashi Anezaki、Blue Sky Photos

2022年が始まってすぐ、金谷拓実は海外転戦に出た。ソニーオープン(予選落ち)、アブダビHSBC(25位)、ドバイデザートクラシック(予選落ち)、サウジインターナショナル(14位)と世界を巡るも、あまり調子が上がっているようではなかった。

金谷はこの時期、プロとして、とにかく結果を出さなければならないという“重い思い”で、がんじがらめになっている自分に気づいたという。

「まずは、それをしっかり受け入れてやろうと、ベイヒル(アーノルド・パーマー招待)の週から決めたんです。そして、プロの僕が言うのも何ですけど、アマチュアのときのような気持ちでプレーしようとも考えるようになった。一打一打、たとえミスしても、まだアマチュアだから、まだ先があるから、まだこれだけではないからと思えていた。プロとして、仕事だと思いすぎて自分を狭めていたのかもしれません。でもそれで、結果もですが、自分自身が長く続けられないのであれば、せっかくゴルフを職業にできているのに、なんだか申し訳ないなと思って。もう少しアマチュアのときみたいにゴルフをエンジョイしたい。そうすると同じ結果でも、次につながるものは違うと思うんです」

焦りや葛藤を、考え実践することで乗り越えてきた金谷。今の気持ちを一つ一つ絞り出すように、丁寧に説明してくれる。

「昨年の全英オープンが終わって飛距離アップに取り組んできて、今年1月から4試合やって、やっぱりそのときにスウィングも崩れた。もう一度、自分のゲームができるよう自分をきちんと磨いて、自分のゴルフをもってやりたいなと思って臨んだベイヒルでした」

このアーノルド・パーマー招待で金谷は予選落ちだったが、

「結果的に1打足りませんでしたが、僕のなかでは活きていて……きちんと自分のゲームをやれていたし、これを続けていけばいいんだと。手応えとまでは言えないけど、自分のなかでは今までよりもすっきりした感じ。コースはめちゃくちゃ難しかった。距離は長いし、フェアウェイも狭いし、フェアウェイからでもなかなかボールを止められない。でも、今までみたいに“わけがわからない”という感じではなかった。それに、あれだけ難しいと、ああいうスコア(優勝スコアは5アンダー)になるんだなあと少し安心しました」

昨年、全米プロで覚えた違和感が取れず、調子が上がらず自信をなくし、もがき悩み続けた日々――とは明らかに違う。それは、「自分のゴルフをしてやる」と考えていたから。

金谷がいう自分のゴルフとは、どんなに曲げても、どんなにミスをしても、目の前の一打を拾っていく“泥臭い”ゴルフだ。


鍛錬し挑戦し続ける
「諦めずに頑張れば、チャンスをもらえる」

そして迎えたWGCデルテクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人で唯一参戦していた金谷拓実は、日々のインタビューで繰り返し「自分らしいゴルフをするだけ」「最後まで諦めないでプレーする」と言い続けた。まるで自分に言い聞かせるように。やるべきことに集中し、諦めない姿勢こそが、運を呼び、道を切り開くことを金谷は知っている。

以前、金谷はこう言っていた。

「どんなときでも最後まで絶対に諦めずにプレーする。もったいないと思うんです。途中で諦めたらスコアにも出る。最後まで尽くしたならば、予選落ちしても、得るものはあると思う」

予選ラウンド第1戦、X・シャウフェレに3&2で敗れ、第2戦のT・フィナウとの試合でも15番を迎えて2ダウン。しかしこのホールを「偶然の」チップインで1つ取り戻し、16番、17番と続けて先にパットをねじ込み、1アップで18番に臨み勝利をもぎ取った。

WGCマッチプレー、逆転勝ちしたフィナウ戦。グリーン外からパットで決めガッツポーズ。目にもゴルフにも、持ち前の勝負強さが戻ってきた。マスターズ後のRBCヘリテージの出場権も獲得した

「中盤までは苦しいマッチだったけど、最後まで諦めずにプレーしてこういう結果になったことは自信にもなる」

3回戦のL・ハーバート戦はさらに凄みが出て5&4で圧勝。続けて行わ懸けたれたハーバートとの決勝トーナメント進出を懸けたプレーオフ・1ホール目の第3打、58度で打った80Yのショットがピンに絡む。これがプレッシャーになったのか、2オンしていた相手が3パットし金谷の勝利。

「この試合は自分らしいプレーができていたし、プレーオフはティーショットをミスしてピンチだったけど、自分を信じて最後まで諦めずにプレーして結果がついてきたのでよかった」

そして迎えた決勝ラウンド。C・コナーズに5&3で敗れ、ベスト16で終わった金谷は、本当に悔しそうな表情をしていた。

「こういうチャンスをつかみたかった」

悔しい思いは、“もっとできる”気持ちがあってこそ生まれる。金谷に自信が蘇りつつある証拠だと思う。この試合の結果、64位だった金谷の世界ランキングは、49位となった。

「こうしなさい」というコースの声を聞いて攻める

マスターズに話を向けよう。

アーノルド・パーマー招待後、フロリダでの合宿の前、金谷はオーガスタナショナルGCで2日間プレーしてきたという。2019年、初めてアマチュアで出場したとき以来のオーガスタだ。

「1回目のときのような感動はやっぱりなかった」と笑う金谷。それこそがプロの証しにも思えるが、3年前を振り返って、「僕、タイガーの復活優勝は見ずに帰らされたんです。ローアマだったら一緒に写真に納まっていましたよね。(最終日一緒に回った)デシャンボーもまだトレーニング前のデシャンボーだった(笑)。でも、あのときはやっぱり、初めてだったから、一つ一つ何でも経験にしたというか、純粋にいろいろなことが受け入れられていたと思うんです。今足りないのはそういう純粋に、楽しいからやっているという気持ちですよね」

3年前とつながっている自分と向き合いながら、今、やるべきことをやり続ける。

3年前のオーガスタ「純粋にいろいろなことが受け入れられていた」
初めてスタートホールに立ったとき、「今までにない感じで、すごく緊張していた」という金谷。ずっとウワーッという感じだったが、「一つ一つ何でも経験にした。いま足りないのはそれです」

昔の自分から学ぶこともある。

「2月の自主隔離期間中に携帯を開いたら19年の練習ラウンドのメモが出てきたんです。(コーチのガレス・)ジョーンズさんとやり取りする時間があり、それを『書き出しなさい』と言われて送ったら、アップデートしたことは何か聞かれ、『では、その練習をしなければね』と。たとえばドライバーでフェード、3番ウッドでドローを打つことがホールごとに必要だから、その練習をしないといけないと書いてあったり。ほかには、傾斜が強いところから60~100Yのピッチショットの練習が必要とか、いろいろと。僕は、結構メモに残している。いいときはあまり書いていませんが、めちゃくちゃダメなときなどは、ショックが大きいから書いてあるんです。でも、見返すと役立つものですよ」

「安定感で攻めるタイプ。ショートゲームもファンタスティック」(ガレス・ジョーンズ)

バレロテキサスの会場で2年ぶりに直接指導を受けたジョーンズコーチと。「精神面も強く、モチベーションも高い。真面目でいつも向上しようとする普段の姿勢がいい。正確性や安定性で戦い、ショートゲームがすごく、戦略で攻めるタイプ。その強みを生かそうとしている。今は長いスパンで見て、一緒にやっていこうと思っている。お互い信頼し合って、やるべきことを共有できてそれに向き合えている。少しずつ自信もついてきているように感じるよ」(ジョーンズ)

今年、少し改修されたオーガスタ。戦略を変えたほうがいいと思うホールもあったという。

「たとえば11番(パー4)。距離が少し長くなっていますが、3年前は何がなんでもセカンドはグリーンの右に打ってアプローチで拾うと決めていましたが、それが改修されて、右に外れたらもう絶対に寄らないんですよ。ティーショットの落とし所は少し広くなっているんですけど……15番(パー5)も少し距離が伸びていましたし、ティーショットの落とし所は広くなっていた気がしましたが、2オン狙いがいいのかどうか。そもそもパー5は、すごい傾斜のなかで2打目を打たされるから、ティーショットが上手くいっても3打目で勝負しなさいと、3年前はジョーンズさんに言われていたんですが、今年は……」

とはいえ、やることは変わらないという金谷。

「ドローヒッター有利と言いますが、上手い人には関係ない(笑)。そこまで思い切り曲げる選手もいないし。でも一番はやはり、コースに『こうしなさい』と言われているような感じがすること。ピンではない方向に打ってもピンに寄っていく。だからこそ、きちんとそこに打たなければならない。決められたように進めていかないとダメかなとは思っています。3年前は、予選落ちするような位置から諦めずにプレーしたら、16番(パー3)ですごく長いパットが入ったりした。ハウスキャディさんに1つずつ聞きながら、1ホールごと、1打ごと進めていった。今回も同じようなことを繰り返すと思います」

金谷は今年の海外遠征で、「いろいろな人に助けてもらいながら」過ごしたという。自分だけで突き詰めるのではなく、人や息抜きに頼る術も増やしているようだ。

「欧州ツアーでは、川村(昌弘)さんが、僕とキャディさんを見つけたらすごい勢いで走ってきます(笑)。1人で参戦しているから、たまにお会いすると、すごくしゃべるんです。面白いですよ」

松山英樹のアメリカの自宅にも行った。

「結構お邪魔させてもらいました。ご飯もいろいろと出してもらったし、練習も。松山さんはケガをしていたので、キャディの早藤将太さんとラウンドして、松山さんは18ホールキャディをしてくれました。カートを運転して、ボールを拭いてくれ、ゴルフを教えてもらいました」

風が強いときなど、自分が気づかないうちにボール位置や重心の位置、構えなどが徐々にズレる。それを一回一回確認している、と松山が言うのを聞き、すぐにPGAストアに行き、アライメント確認の練習器具を購入した。こういう体験も気分転換になった。

「自分がどこでプレーしたいのか。それで行動も練習も変わる」

上の言葉は「松山さんの言葉です」。アメリカ遠征中、松山英樹の自宅を訪問、ゴルフも教わり、改めてアライメント確認も徹底。「真っすぐ打ったり、やはり自分の得意分野を磨くことは大事です」

「いろいろな器具を見られたので面白かったです。アメリカにしかないものもあったし、もっと買いたいなと思いました(笑)。生活の面でも何でも挑戦してみようかと思っているんです」

前のめりに進み続ける金谷にとって、メリハリはきっと、心に余裕をつくってくれるはずだ。

マスターズで自信をつけたい

今週、オーガスタの舞台に立つ日本人選手は3人。

昨年の王者、松山英樹に対しては、「初めてのディフェンディングに挑むんですから、とにかくすごいですよね。僕も一緒に出られて名誉です」と金谷。

ナショナルチームの後輩、アマチュアで初参戦する中島啓太は、金谷と一緒にマスターズに出られるのが一番嬉しいと話をしていた。

「僕の出場が後から決まったので。ソニーオープンのときだと思いますが、啓太が『感動した』と言ってくれました。それに一番よかったのは、ジョーンズさんが2人とも出られることを喜んでくれたこと。2人で一緒に練習ラウンドを回れると思うので嬉しいですね。パー3コンテスト、僕はアマチュアのとき出られなかったので、一緒に出られたらいい。僕が啓太くんのキャディをしますよ(笑)」

コーチのジョーンズ氏とも約2年ぶりに会った。生の言葉での指導は心強い。

「LINEなどでほぼ毎週やり取りはしていますが、本当に久しぶりです。ただ、マスターズのためだけの練習ではなく、今の自分の課題に取り組みます。飛距離も精度もシーズン中に徐々に積み上げていきたいですから」

マスターズでの目標を聞くと、今、「優勝」とは答えられない自分がいると笑う金谷。

「前は結構そういうことが言えていたけど、最近は言えなくなりました(笑)。楽しみですし、もちろんメジャーなのでいいプレーをしたいですが、予選を通過して自信にできればいいなと思います」

その自信は、「PGAのツアーカード獲得」という、先の目標のためにも必要なもの。だからこそ、このメジャーに、いろいろなものを“つかむための試合”として臨む。

「松山さんならば試合を選べる立場ですから、準備の仕方がある。でも僕はそこにも立てていないから。啓太とかを見ていて、僕もアマチュアのときは、メジャーに出られるとなったらそこに向けて準備できていたなあと。今はそれが難しい。でもやっぱり、それが嫌だったら優勝したり、ツアーカードを取ることが必要だなと思います。出るチャンスをいただけた試合はものにしたいです」 

2度目のマグノリアレーンはきっと、葛藤する金谷を、その先の道へといざなってくれるはずだ。

以前、ある野球選手の言葉を借りて、「絶対に皆にチャンスはくるけど、その1回だけかもしれないので、その1回を仕留めないともう上がっていけない世界がある」と話をしてくれた。金谷は絶対に諦めないし、目の前の1打に全力を尽くす

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より

こちらもチェック!

  • 4月のマスターズトーナメントに向けて日々「準備」を重ねるスーパーアマ、中島啓太。そのトレーニング現場をちょっぴり拝見。そこには世界アマチュアランキング1位の「自覚」とともに集中力マックスで練習する21歳の姿があった。 PHOTO/Hiroaki Arihara 春の気配が漂ってきた3月某日、杏文パフォーマンスセンターで。胸板が厚くなった姿に「筋肉の撮影」をお願いすると「恥ずかしいです」とはにかむのもまた、中島だ 静かなスタジオに今日も器具の音とトレーナーの掛け声と中島の荒い吐息だけが響く。「技術だけではなく、本当に心技体100%で臨まないと全部跳ね返されそうな感覚です」と話していた中島は、ゴルフの祭典を2週間後に控えて、確かにひと回り大きくなった。「とにかくたくさん食べてたくさんトレーニングをして体を大きくしてきました。最後まで体が切れるイメージを持って、力を出し切るためにトレーニングは頑張れています。順調です。体重も筋肉量も増えていて、このまま継続して試合を迎えられたらいいと思います」体重は75~76キロの間を行き来している。筋肉量も除脂肪体重が64キロくらいでいい感じ。脂肪を増やさないように体重を増やして筋量を増やしていく。その数値を共にチェックするのはトレーナーの栖原弘和氏だ。「彼は痩せやすい。体質もありますが、試合に行くとすぐに体重が落ちる。そこはしっかり気をつけています。胸筋、いいと思いますよ。バランスよく鍛えているので、ハーフパンツの上からはわかりにくいですが、お尻なんかもいい感じです。触ってみてください(笑)」 「メニューも自分のチームも信じて取り組んでいます」 ナショナルチームのヘッドトレーナーでもある栖原氏が考えたメニューで汗を流す中島。これは、コーチのガレス・ジョーンズ氏とも綿密に話し合いながら決めたものだ。この時期のスウィング改造というとリスクがありそうだが、そんなことはない。ミスやケガにつながっていた部分の使い方を細かく修正し、より安定感を求めていく。球筋からスウィングをつくるという中島。手首も積極的に使っていた。「彼は、腰痛、首痛が頻繁に出ていたので、スウィング中の動きが腰や首に負担をかけているということを話し合って、その修正を促進するようなエクササイズをしていきます。ゴルフに特化したプログラムと、腰や首周辺を鍛えるなど体自体を強くしたり柔らかくするジェネラルなプログラム、2つを組み合わせる。また、基本的にクラブがオンプレーン上を動くようにするために、体の動き、下半身や体幹、腕の動きをシンプルにしていく感じなので、手首の動きの修正もそのうちの1つです。マスターズはもちろん、大事な今年、その後にもつながっていきます」トレーニングすればゴルフが上手くなるのではなく、自分のゴルフの何を改善したくてトレーニングするかが大事だと栖原氏。「それぞれのプログラムの意味を、すべての選手に説明しながら行います」 ブルガリアンスクワットバーベルを担いで、片足ごとに下半身の曲げ伸ばしをする。「足の曲げ伸ばしの力を強くして、下半身の力を骨盤の回旋、体幹の回旋につなげていき、クラブスピードを上げていきます」(栖原) 真上と横にジャンプ! スウィングにつながる速い動きをトレーニング。真上と横で力を出す方向を変える。「バックスウィングは、骨盤を横に動かす力があって初めて回転しやすくなるので横にジャンプ、またその後の回転には上方向に力を発揮する必要があるので真上にジャンプ。両方行うんです」(栖原) 中島は、この説明にしっかり耳を傾けるという。学ぶことに貪欲だ。「中島選手は謎の落ち着き感があります(笑)。いい意味で大人です。それに、栄養士さんが『ラーメンには脂質がすごく含まれているのでよくない』と話すと、まったく食べなくしたり、生真面目というか、納得するとずっと貫くところがある。アスリートとしては大事な部分。性格は見た目のクールな感じのままですが、元気ですよ。でもヘラヘラしているよりシュッとしていてアスリートっぽいでしょう」栖原氏も夢の舞台に同行する。「初めて行くので楽しみです。でも、あちらでも、いつもとやっていることは変わらないと思います」先日、中島のもとにアマチュアディナーの招待状も届いた。「本当にワクワクしています。自分が今持っているすべてをかけられればいいかなと思います」(中島)日頃から、世界アマランク1位の「自覚」を持っていたいと言う中島に魔女もきっと微笑むはず。2週間後、オーガスタナショナルGCの1番ティーに立つため、視界は良好だ。 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!
  • 世界のトップで戦い続け、日本のゴルフ界をリードする松山英樹。そんな松山に、将来有望なアマチュアや若手プロからの質問をぶつけた。すると、松山らしい厳しくも愛のある答えがたくさん返ってきた! PHOTO/Takanori Miki 強い覚悟がない者はアメリカに来る資格なし 松山英樹に若手からの質問状を渡すと、じーっと見つめた後、開口一番「男子プロの質問には厳しく答えるよ(笑)」と不敵な笑みを浮かべた。香妻陣一朗や出水田大二郎からはアメリカで戦うための質問があった。その質問に対する松山の答えは言葉通り辛辣なものだった。「アメリカのことを質問するなら、自分がアメリカに来ればいい。それが一番手っ取り早いのに(笑)。その覚悟がないからこういう質問になるんだと思う。自分は覚悟を持ってアメリカに来ている。そういう選手でないとダメですよね」 男子プロからの質問 Q. 緊張をほぐす方法を教えてください(香妻陣一朗) A. 自分の方法を見つけていくしかない「誰だって緊張するし、それをどうするかは経験を積んでいくしかないと思う」 Q. PGAツアーで戦うために食事面で大事なことは?(出水田大二郎) A. 実際に来て確かめればいい(笑)「男子には少し厳しくなるけど、アメリカに来て自分自身で確かめるのがいい」 Q. アイアンでゆるむことがあるんですが……(稲森佑貴) A. 曲がらないんだからライン出す必要ないじゃん(笑)「ゆるむなら、ゆるまないような練習をすればいい。それしか解決方法はないかな」 最強アマ・中島啓太からの質問 Q. マスターズの最終ホール何を考えていましたか? A.ドローかフェードどちらでいくか考えていた「一番思っていたのは『あとひとホールだ』ということ(笑)。同時に、どっちの球筋でいこうか考えていた。初日と2日目、フェードで失敗して、3日目はドローで失敗したから、どうしよっかと。17番をドローで打って成功したから、『よし、ドローでいこう!』と考えていた」 Q. 最終ホール、ティーアップした後目を閉じたと思うのですがあのときは何を考えていましたか? A. 球筋のイメージが出なくて無意識に閉じたんだと思う「ドローでいこうと決めていたけど、ティーアップして景色を見た途端にイメージが出なくなった。そこでなかなか切り替えられなくて無意識に取った行動だと思う。結果フェードでいったんだけど、イメージが明確にできているときはそういう行動にならないと思う」 女子プロからの質問 Q. 昔からやっている練習はありますか?(三ヶ島かな) A. 飽き性だからコロコロ変えている「毎日同じ練習をしていたら飽きてしまう。変えながら飽きないように工夫している」 Q. 好きなお酒、なんですか?(山路晶) A. 一緒に飲んだとき教えます(笑) Q. スイッチの入れ方を教えてください(原英莉花) A. 勝手に入るくらい練習が必要だと思う「練習からプレッシャーをかけることが大事。そういった場面をイメージして練習している」 Q. 英語はどれくらいか必要ですか?(勝みなみ) A. 必要だけど絶対条件ではないと思う「“何をしに”アメリカに来たかが重要。もちろんできたほうがいいけど、絶対条件ではない」 松山の大ファン! ジュニア2人からの質問 Q. スコアが悪かったときどう切り替えていますか?(萩生田みらんさん・中3) A. 切り替える必要はないと思っています「すべてが自分の経験だから記憶に残しておく。失敗の経験も受け入れて、それを積み重ねて強くなっていくもの」 Q. スウィングでもっとも大切にしていることは何ですか?(萩生田さん) A. これは絶対! アドレスですね「同じようにやっているつもりでも変わる。だからこそ、常にチェックする。構えがよくなればスウィングもよくなるはず」 Q. 飛距離と方向性どっちが大事ですか?(黒田裕稀くん・高2) A. どっちも大事。もっと大事なのは飛距離を知ること「両方あるに越したことはない。でも、飛距離を正確に知るほうが大事。ただ、まだ高校生なら飛ばして(笑)」 Q. アイアンの落下角度気にしていますか?(黒田くん) A. 気にしてないけど意識することは大事「細かく知る必要はないけど、意識は大事。グリーンをどう使うかに関わってくるから、弾道のイメージも変わる」 松山の言葉から思考を分析「口数は少ないですが、他のトップアスリートと似た思考を持っています」(作新学院大学・笠原彰教授)「多くのアスリートの言葉を分析していますが、松山選手は極めて分析が難しい選手のひとりです。コメントが少なく真意が読み取りにくい。その中で印象的だったのは『緊張を受け入れる』という言葉です。『緊張は誰でもする』という考えを持っていて、これは『マインドフルネス』と呼ばれる思考。簡単に言うと、『今やるべきことに集中する』こと。つまり、緊張したときでも、その緊張を抑えようとしたりせずに緊張している状態に気づき、受け入れながらプレーしている。そうすることで、ベストパフォーマンスを引き出せるのです。この発想は、オリンピック選手やトップアスリートに共通する部分ですね」 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より こちらもチェック!