Myゴルフダイジェスト

【シェブロン選手権】渋野日向子は4位タイ! 米女子メジャー初戦をレポート

<シェブロン選手権/ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)/3月31日〜4月3日>

ミッションヒルズCCで行われた米女子メジャー初戦「シェブロン選手権」で日本選手が躍動。4位タイに入った渋野日向子をはじめ、それぞれが持ち味を発揮した。

PHOTO/Blue Sky Photos

20年の全米女子オープン以来、メジャーで一時“トップ”に立った渋野。2日目は「アドってた」と本人が語る飛んで曲がらないショット、チップインなどで観客を魅了。一転3日目は「宙に浮いていた。でも、ラウンド中に修正できるようになったのは成長」と語った

昨年までの「ANAインスピレーション」から冠スポンサー変更で試合名が変わり、優勝者が池に飛び込むシーンで有名なミッションヒルズCCで行われる最後の大会となった「シェブロン選手権」。日本勢では渋野日向子、畑岡奈紗、笹生優花、古江彩佳の4選手が予選通過を果たした。

ツアールーキーの渋野は、2日目を終えトップに。見るものをワクワクさせるしぶこらしいゴルフをみせてくれた。同じくルーキーの古江は持ち味の安定感ある粘りのプレーを披露。悲願のメジャー制覇を狙う畑岡はじわじわとショットのキレ味を増していく。昨年の全米女子オープンチャンプ、笹生優花も飛距離を武器にバーディを重ねていった。

現地で取材したプロゴルファーの中村修によると「古江選手は21歳らしからぬ落ち着きぶり。ブレないメンタル、マネジメントで終始戦っていました。笹生選手はどんどんミスの幅が少なくなり、280~290ヤードくらいコンスタントに飛ばせていた。畑岡選手はメジャー勝利に一歩足りないことを踏まえショートゲームのコーチをつけ少しずつマッチしてきているよう。渋野選手はマネジメント力もアップした。3日目は悔しかったでしょうが、それを乗り越えていくのが“しぶこ”という選手ですよね」。

実際、最終日に「66」の猛チャージで4位タイに食い込んだ渋野。残りのメジャーでも日本選手の活躍から目が離せない。

スマイルで外国メディアも虜に

予選をトップ通過した後の海外メディアの会見で、しぶこ節とスマイル炸裂。3年前「ここでは戦えないと思った」コース。今は「そのときよりは成長した。大人になりました」

お茶目な笹生は豪打連発!

銅像と同じように手を上げる20歳らしいお茶目な笹生。「ティーショットが安定していったからスコアになった。これからも自分のゴルフに集中していきたい」

安定感抜群。ブレない古江

今年5戦で予選落ちのない古江。本大会の練習日にもアプローチをみっちり練習、粘りのゴルフを磨く。「これで満足しては上にいけない。もっと上を見て頑張りたい」

もう一段上を目指す奈紗

コ・ジンヨンなどを指導するショートゲームコーチのガレス・ラフルースキーから指導を受ける畑岡。「100Y 以内が課題」という畑岡のよりレベルアップしたい気持ちの表れだ

<シェブロン選手権・最終成績>
優勝 J・カップチョ -14
2位 J・コルダ -12
3位 P・バブニック -11
4位T 渋野日向子 -10
4位T P・タバタナキット -10
4位T L・トンプソン -10
4位T C・ブティエ -10
————–
17位T 笹生優花 -5
17位T 畑岡奈紗 -5
44位T 古江彩佳 -1
93位T 横峯さくら +5

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、植竹希望、渋野日向子、古江彩佳、三ヶ島かな、大里桃子の5人をピックアップ! 植竹希望 渋野日向子 古江彩佳 三ヶ島かな 大里桃子 こちらもチェック!
  • 飛距離アップのためには、トップでしっかりと体を回すことが必要。しかし、デスクワークで体が固まっていたり、年齢とともに柔軟性が落ちてくると、どうしてもトップが浅くなってしまう。無理に深いトップを取ろうとすると、腕だけで上げてしまい、手打ちの原因に。そこで今回は、肩まわりの柔軟性を高め、回りやすい体を手に入れるストレッチを、週刊ゴルフダイジェストの連載「らくトレ・ゆるスト」から厳選してご紹介! 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中 こちらもオススメ!
  • 昨年末の予選会・Qシリーズを突破して、今季から米女子ツアーに本格参戦している古江彩佳。デビュー戦は18位タイとまずまずの滑り出し。2試合を戦い終え今週いったん帰国するが、米女子ツアーの手ごたえについて聞いてみた。 PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe ――デビュー戦は18位でした。率直な感想は?まあまあ、いい順位では終われたかなと思います。昨年末のQシリーズを終え、帰国してから隔離やスポンサー回りなどがあり、練習できていない状態で1月に入って、すぐに渡米。練習が足りていないというのがずっとあったので。――Qシリーズ以来の久しぶりの試合でした。体力的には大丈夫だったかなと思います。プレー的にも予選をクリアできたので、まあまあ、よしとしましょう。そこから、上手くいくかいかないかはまだ経験が足りていないので、徐々に上げていければ。まずは4日間戦えたことには自信を持ちたいですね。それを続けていければいいなと思います。――日本との違いは?まだ空気に慣れていないというのがあります。もっと経験して、早く慣れるように頑張りたいですね。もっと練習することももちろんですが、芝に慣れていないというのもあって。芝に慣れるのも大事なことだと思っています。――何か芝対策を?新しく入れた58度が役立っています。ティフトン芝のラフの感覚が、まだよくわかっていなくて。開幕前はバンカーも心配していたのですが、バンカーはすごく上手くできたと思います。――次戦は3月3日開幕のシンガポールでのHSBC女子世界選手権です。自分に自信を持ってプレーできたらいいなと思うので、楽しみながら、自信を持ちながら頑張りたいと思います。 日本よりも硬いグリーンとティフトン芝対策として、昨シーズンまで使っていたブリヂストン「ツアーB BRM」ウェッジの58度を変更。選んだのはよりスピンが利く「ツアーB XW-F」に「無限」の刻印が入ったプロトタイプ。初戦からバンカーなどで威力を発揮 浜崎あゆみの大ファンだという古江。ライブ会場で手に入れたというタオルをキャディバッグに忍ばせ米女子ツアーを戦っている 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月22日号より こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。今回は、昨季から賞金額が大幅にアップした米女子ツアーの高額賞金大会をランキング。 PHOTO: Robert Beck/USGA https://my-golfdigest.jp/tournament/p57022/ 前回のランキングはこちら 3月3日に開幕する国内女子ツアー。今年は最終戦リコーカップまで全38試合で争われ、シーズンの賞金総額は過去最高の42億9600万円となっている。一方、日本よりひと足早くスタートした2022シーズンの米女子ツアーは全34試合と日本より4試合も少ないが、賞金総額はなんと9020万ドル、およそ103億円と日本の倍以上。なかでも全米女子オープンが昨年からほぼ倍増の1000万ドル(約11億4000万円)に。優勝賞金は180万ドル(約2億円)と、日本女子プロ選手権の賞金総額とほぼ同じ。すべての女子スポーツにおいて最高額というから、なんとも豪勢な話だ。昨年、米女子ツアーで年間獲得賞金が180万ドルを超えたのは賞金ランク3位の畑岡奈紗までのわずか3人。全米女子オープン1試合だけで、一気に賞金女王争いに加われるのだ。さらに全米女子オープンは今後5年間で賞金総額を1200万ドル(約13億7000万円)まで増やすという。これは今年から全米女子オープンの大会スポンサーに民間企業がついたことによるもの。日本の女子メジャーにもサロンパスカップ、リコーカップと民間企業がついているが、その金額は文字通り桁違いだ。 <2022年の米女子ツアー高額賞金大会トップ10〉 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月15日号より 「なんでもランキング」バックナンバー