Myゴルフダイジェスト

日本選手18人が出場できず。SMBCシンガポールオープンで何が起こった?

社会経済活動と感染症拡大防止策のどちらを優先するか、再び感染者増のカーブを描き始めた新型コロナウイルス。今後も各国政府は大きなイベントのたびに決断を迫られるのだろうか。

1月20~23日に開催された国内男子ツアー開幕戦(アジアンツアーとJGTO共催)の「SMBCシンガポールオープン」。開幕直前の17日になってJGTOはメディア向けに通達を出した。内容は、従来の開催概要を変更し、同大会の賞金を日本ツアーの賞金ランキングに加算せず、かつ優勝しても日本ツアーの“2年シード”は得られないというもの。ただし、オフィシャルワールドランキングへのポイント加算と、大会上位成績4名の22年全英オープン出場資格はそのまま付与されるという。

実は開幕直前になってシンガポール政府の通達により、同大会出場を予定していた日本選手18名に特別ビザが発給されず、出場できなくなるという事態が発生していた。というのも、その前にアジアンツアーとして開催された「ザ・シンガポール インターナショナル」において、特別ビザで入国した外国人選手が、政府の定めた隔離措置や行動規範に違反した事例が発生。これを重く見た政府は今回の「SMBC」への出場予定選手に対しても特別ビザの発給を停止する通達を出したのだ。

選手にとっては、とんだトバッチリといったところだが、JGTO全メンバーを対象に考えると、すでにシンガポールに入国済みで同大会に出場した選手と、直前に特別ビザが発給されず、出場が不可能となった選手の間に不公平感が生じるのは自明の理。JGTOが不利益、不平等を最小限に抑える目的で、開催概要を変更したことは、やむなしといえるだろう。

それにしても同大会は昨年がコロナで中止。2年ぶりの開催で、賞金総額も100万ドルから125万ドルにアップしていただけに、スポンサー、アジアンツアー、JGTOの3者とも出鼻をくじかれた格好になってしまった。

来年こそは通常通りの開催となってほしい!(写真は2019年大会。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より

こちらもチェック!

  • グリーン上の情報を知る上で欠かせない「グリーンブック」の使用が2022年から禁止に。この規制は選手たちにどんな影響をもたらす? PHOTO/Blue Sky Photo、Tadashi Anezaki 元祖「スパイダーマン」ことカミロ・ビジェガスを彷彿とさせるザンダー・シャウフェレのライン読みシーン。今後こうした選手が増えてくる?(PHOTO/Blue Sky Photos) 若い選手ほど戸惑うかも 2022年から、「グリーンブック」の使用を禁止するローカルルールがPGAツアーで採用された。PGAツアーのアジア担当ディレクター、コーリー・ヨシムラ氏によると「正しくストロークするのと同じくらい、正しく芝を読むのも大切な技術のひとつという意見が多かった」のが採用された理由というが、現地での選手たちの反応はどうか、米ゴルフチャンネル解説者・レックス倉本氏によると「これこそフェアな戦いだ! とポジティブな意見を言う選手が多いですね。まぁ本心はわかりませんが……(笑)。噂ですけど、裏で加熱するグリーンブックビジネスに待ったをかける狙いもあると言われています。近頃は最新の衛星を用いてミリ単位まで傾斜を測ったり、翌日のピン位置の情報を裏で得たりとかなり過熱していました」グリーンブックの使用禁止で、選手のプレーにはどのような影響が出るのか。パット専門コーチの橋本真和氏に聞いた。「若いプロは数値化して機械的にストロークすることが多いので、その情報のひとつがなくなるぶん戸惑うはずです。シーズン序盤はベテランが活躍するかも」 グリーンブックが原則グリーン上で使えなくなった 昨シーズンまでグリーンの情報が記載された図の「縮尺」に関する規定はあった。今季からは、公式ヤーデージブック以外は一切NGに。左の写真の「Tour Sherpa」と呼ばれるグリーンブックでは、1つのグリーンに対して色や数字、矢印など、さまざまな表現方法で傾斜情報が記載されていた 使用が認められる「公式ヤーデージブック」はかなりシンプル 唯一使用できる公式ヤーデージブックも年ごとに変わる。今季のヤーデージブックはより簡略化されている 手書きメモの内容も厳しくなった公式ブックに手書きで書き込むのはOKだが、その内容にも規制が入った。●外部から仕入れた情報を書き込むのはNG業者はもちろん、コーチから得た情報を書き込むのもNG。原則選手とキャディのみだ●水準器などで測った情報を書き込んではダメ水準器などの機器から得た情報を書き込むのもNG。選手とキャディが感じた情報だけになる●選手がテレビで見た情報を書き込むのはOK選手とキャディが自ら得た情報なら練習や試合だけでなくTV観戦での情報を書き込んでも良い マキロイはグリーンブック反対派だった R・マキロイは、グリーンブックを使うのはフェアじゃないとマスターズの頃から主張していた デシャンボーとダスティンは痛手? 米メディアは、常にグリーンブックとにらめっこしていたB・デシャンボーとD・ジョンソンの2人が苦労することになるだろうと報じている 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より こちらもチェック!
  • Netflix(ネットフリックス)が制作するドキュメンタリーの撮影が進行中であることが発表された。試合中の選手だけでなく、舞台裏での苦労やコース外での素顔などに迫るリアルなドキュメンタリーは、PGAツアーだけでなく、マスターズを含む4大メジャー大会もカバーする画期的な内容になるという。ネットフリックスはF1を扱った『フォーミュラ1:ドライブ・トゥ・サバイブ』を配信。F1人気の爆発的向上をもたらしたとして評価されている。そして、このたびゴルフ版に着手したというわけ。すでに世界ランクトップ7のうち5名(C・モリカワ、D・ジョンソン、J・トーマス、V・ホブラン、X・シャウフェレ)が出演を承諾。他にもJ・スピース、B・ケプカ、R・ファウラーら多くの選手たちがサインアップしたと米メディアが伝えている。「ネットフリックスとPGAツアーとのパートナーシップは、新しい多様なファンを獲得する絶好の機会になるでしょう」と言うのはツアーのメディア主任リック・アンダーソン氏。「アスリートが勝つとはどういうことなのか? 負けるとはどういうことなのか? 真実の姿を映すドキュメンタリーになるはずです」。現在、ビッグネームで出演予定がないのは世界ランク1位のJ・ラーム、P・ミケルソン、T・ウッズやB・デシャンボーら。松山英樹も出演を了承していないが、日本勢ではアマチュアで4月のマスターズ出場を決めている中島啓太が出演を承諾している。何をしても話題になるデシャンボーは「ネットフリックスは好きだしよく見ている。でも自分はYouTubeチャンネルを開設しているし、インスタグラムにも投稿している。それで十分ファンとの交流はできていると思う。これ以上何かをプラスするのは現時点では難しい」と出演しない理由を語っている。果たしてどんな番組になるのか興味は尽きない。 PHOTO/Hiroaki Arihara 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より こちらもチェック!
  • アマチュア世界ランク1位の中島啓太の株が爆上がり中だ。タイガー・ウッズと同じマネジメント会社と契約を交わすなど中島の将来性に期待が集まっている。 主催者推薦で出場したPGAツアーの「ソニーオープン・イン・ハワイ」では、2日目に“64”をマークし5位タイに浮上すると、優勝した松山英樹から「刺激になったよ」と声をかけられた。米メディアも「アマチュアのナカジマが優勝すれば、91年にP・ミケルソンがノーザンテレコムで優勝して以来31年ぶりの快挙」と大々的に取り上げた。あいにく3日目に崩れ、結果は41位。しかしアマチュアでプロの試合に優勝した先輩、金谷拓実が3度挑戦して一度も予選を通過できていない手強いコースで上位争いを演じたのだから評価に値する。日本アマチャンピオンにして昨年のアジアパシフィックアマチュア選手権の覇者。今年はマスターズをはじめ、全米オープンや全英オープンにも出場が決まっており、ファンも多い。そして、彼に注目しているのは日本だけではない。海外のプロスポーツ界では実績に加えルックスも評価の対象になるが、タイガーが所属するエクセルスポーツマネジメントが中島と契約を交わしたのは、実績プラスアルファがあるから。昨今、アマチュア世界ランク1位は、こぞってプロデビューした途端にツアーを席巻している。C・モリカワしかり、V・ホブランしかり。モリカワはすでにメジャー2勝、両者とも世界ランクトップ10に名を連ねている。目下アマチュアナンバー1の中島が彼らに続く可能性は高い。先ごろNetflix(ネットフリックス)がPGAツアーを題材にしたドキュメンタリー番組の制作を発表した。豪華メンバーが出演する見込みだが、中島もすでに承諾。「No.1アマチュアでマスターズに出場するナカジマも出演」と名指しで紹介された。「松山さんに追いつきたい」という中島の将来が楽しみだ。 マスターズでの活躍が楽しみだ!(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より こちらもチェック!
  • 群雄割拠の女子プロ界にあって、いま最も注目されているスウィンガー・植竹希望。プロテスト合格後、結果が出ずに悩んでいたという植竹を救った友人の一言と、スウィング改造のために実践した効果抜群の練習法とは? PHOTO/Kazuo Iwamura、Hiroaki Arihara THANKS/船橋カントリークラブ 植竹希望 2017年にプロ入りした98年生まれの黄金世代。 「一人のコーチの考え方に縛られることなく、多くの人の意見を参考にしたい」と、専属コーチをつけず、独学でスウィングを研究する ●CONTENTS●>>#1 独学で磨いた強力スウィング>>#2 このドリルで開眼した!>>#3 体を「3分割」して考える 3年前、同級生の一言で開眼した 「プロテストに合格してから、2年くらい、ずっと予選を突破できない時期があったんです。いくらがんばっても結果がついてきませんでした」そんな植竹を変えたのが、日出高校時代の同級生で、現在チャレンジトーナメントを主戦場にする黒崎蓮プロ。「スウィング全般が“緩い”と言われました。これじゃ曲がらないけどスピンをかけられないから、ハードなコースセッティングになると通用しないと。身長もあるし体格もしっかりしているんだから、男子プロの振りを目指したら? と。絶対できると言われて、全部直しましたね」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です スウィングの“緩さ”とは、たとえばわきが開いて手をダラリと使うことだったり、下半身が左右に動き、回転時のパワーを逃がしてしまうこと。170センチ・59キロという恵まれた体格を持つのだから、もっと体幹を生かすべきという指摘を受け改造に踏み切った植竹。プロ入りしてからの大改造は、よほど大変だったと思いきや……。「ずっと同じドリルをやっていたんですが、2週間くらいで“かなり良くなってきた”と実感できるレベルまで変わりました。以前は62%くらいだったパーオン率が70%を超えるようになり、飛距離も伸びました。さらにドローとフェードを打ち分けられるようになったんです」 2013-15無心で振れたアマチュア時代 13年の「スタジオアリス女子オープン」では14歳ながら最終日に優勝争いに加わり、15年には2試合で20位以内。このときは気持ちよく振れていたそう 2017-19結果が出ず伸び悩む。「スウィングが緩かった」 プロ入り後は、プレッシャーや試合のコースセッティングに翻弄され、思った結果が出なかった。「わきが開きやすく、手をダラリと使っていました」(植竹) 2020-21ショットが上向き一気にブレーク スウィング中、両ひじが体にピタッとつき、体の回転だけで球をつかまえられている 植竹を変えたドリル「5番アイアンのハーフショットでドローを打つ」 両わきにティーを挟んで打つ 写真のようにティーを挟み、ハーフスウィング中、落とさないようにすることで、“スウィングの緩さ”を徹底的に除去した このドリルにはスウィングの大事が凝縮!【両わきにティー】……スウィング軌道を安定【ハーフスウィング】……ビジネスゾーンの軌道を意識【ドローを打つ】……体の回転だけで球をつかまえる >>ポイントは「体を3分割」。圧巻のスウィング動画も! 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より
  • 昨年末のPNCチャンピオンシップに出場したタイガー・ウッズ。2021年2月の自動車事故から驚異的な回復を見せたが、ケガの影響はどの程度あるのか。最新スウィングを横田英治プロが分析! PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 解説/横田英治 ツアー経験に基づく理論的アドバイスに定評があるプロコーチ。女子プロの岸部桃子を指導中 怪我が右足だったのが不幸中の幸い 怪我が右足だったことが不幸中の幸いだったと思います。怪我が左足だったら、ここまでのスウィングは不可能でした。ゴルフはティーショット以外、8割以上が地面のボールを打つ球技。地面から正確にボールをとらえるには左足の踏ん張り、踏み込みは不可欠ですから。この写真はティーショットですが、軸を左に寄せ右足の負担を軽くして振っているのがわかります。タイガーは数年前、スタック&チルト(左1軸打法)を取り入れた時期がありました。そういった経験も生きていると思いますし、それを上手に生かせるのもタイガーならでは。スウィング全体の印象は、事故前と比べたら重心が高いですが、これは仕方ないところ。切り返しの沈み込みは小さく、とても静かな動き。おそらく50%ぐらいの力感で振っていると思いますが、その効果でクラブ軌道やフェース向きは今のほうがむしろ教科書的です。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です パワーや捻転力を下げても、ヘッドとシャフトに仕事をさせれば十分に飛ばせることを誰よりも知っているのがタイガー。実際、300ヤード前後は飛んでいました。これからメジャーを中心に出場すると思いますが、経験を最も生かせるのがマスターズ。足の負担を考えてショートウッドやユーティリティでパー5を攻略する姿が見られるかもしれません。逆に強風や硬い地面などコンディションがタフな全英オープンは厳しいかも……。いずれにせよこれからが楽しみです。 タイガー・ウッズの1Wスウィング 足の負担を考慮して前傾は浅め 右足の踏み込みは少なめ、そのぶん重心は高くなる。捻転よりも回転重視のテークバック 静かな切り返し。クラブの軌道は理想的 切り返しの沈み込みは小さく50%程度の力感で振っているのがわかる。そのぶんクラブの動きにねじれはなく、教科書的な動き 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!