Myゴルフダイジェスト

選手の流出を阻止できるか? PGAツアーが“サウジインターナショナル”出場を条件付きで許可

ライバルツアー構想が取り沙汰されるなか、PGAツアーは今年2月に行われるサウジインターナショナルへのPGAツアープレーヤーの出場を条件付きで認める通達を行った。

19年に創設されたサウジインターナショナルは、21年まで欧州ツアーの一環。当初から開催国の人権問題や高額出場料を批判する声が大きく、22年からはアジアンツアーに組み込まれる。選手流出に神経を尖らせるPGAツアーがサウジインターナショナル出場を許可するか注目されていたが、昨年12月20日、条件つきで認可した。

その条件とは、同週開催のPGAツアー「AT&Tペブルビーチプロアマ」に過去5年で1回以上出場した選手に関しては、今後2年間(23年&24年)で最低でも1回は同大会に出場すること、過去5年間に一度も出場していない選手に関しては、今後3年間(23年~25年)で2回以上同大会に出場することを約束すれば、サウジインターナショナルに参戦できるというもの。

これを受け、大会2勝を挙げているD・ジョンソンのほか、P・ミケルソン、B・デシャンボー、S・ガルシアらPGAツアーからおよそ30人がすでに出場認可を申請。一部の選手にはサウジ側から高額の出場料が支払われるという。

PGAツアーの懸念は、将来ライバルとなりうる新世界ツアー構想。G・ノーマン率いるLIVゴルフインベストメンツはサウジアラビアの公的投資ファンドと基金を共有しており、5000億ドル(約57兆円)を超えるファンドが近年国際的スポーツへの投資を活発に行うとしている。

PGAツアーとしては、マネーパワーで選手たちが他ツアーに奪われる危機を何としても防がなければならない。今回の通達でも、AT&Tペブルビーチの歴代覇者を挙げたり開催コースの歴史など特別な大会であることを強調するなど、選手の流出阻止に必死。既存ツアーと新ツアーのせめぎ合いが続いている。

出場するだけで億単位の出場料(アピアランスフィー)が得られるサウジインターナショナルはやはり魅力的?(PHOTO/Hiroaki Arihara)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より

こちらもチェック!

  • ゴルファー心をくすぐるアイデア商品を多数取り揃える通販サイト「ゴルフポケット」。今回は、中でも人気の高い売れ筋商品5アイテムをピックアップ! 冬ゴルフにピッタリなアイテムもあるので、気になる商品はすぐにゲットしよう。 売れ筋アイテム#1未来ウェア・ストレッチ撥水ライトダウンパンツ 「こんなウェアが欲しかった!」を叶える「未来ウェア研究所」より、冬ゴルフにピッタリな商品が登場。ひざから上をダウン、ひざから下を素材でありながら、ひざから下をストレッチの効いた別素材に切り替えることで、暖かと動きやすさを両立。ダウンの量も部位によって変えることで、見た目もボテッとせず、すっきりとしたシルエットとなっている。撥水加工も施されているため、少々の雨ならへっちゃら。これ一枚で冬のラウンドは完璧! ひざより上はダウン素材。ひざから下はストレッチの効いた防風素材。ドローコード付きでサイズ調節も容易 未来ウェア・ストレッチ撥水ライトダウンパンツ ●カラー/ブラック●サイズ/M、L、XL●素材/(身生地)ポリエステル100%、(ダウン)ダウン90%・フェザー10% 購入はこちらから 売れ筋アイテム#2吉田ロープ 冬の間にいいスウィングを身につけたい。そんな人にオススメなのが、この「吉田ロープ」。谷原秀人などを教えるプロコーチの吉田直樹が考案した練習器具だ。上の写真のように、インパクトでロープがピンと伸びればきれいなスウィングができている証拠。そのためには、トップでしっかりと「間」を作ること、そして正しいスウィング軌道で振ることが必要。軌道がズレると、ロープが腕や肩に当たってしまう。これを振っていれば、自然といいスウィングが身につくというわけだ。テレワークの合間に、運動を兼ねてロープ素振り。春には飛距離アップしていること間違いなし! ヘッドスピードや体力に応じて重さ・長さの異なる3タイプがある。写真はHS40m/sまでのゴルファーに最適な「レギュラーモデル」 LPロープ(吉田ロープ) ●レギュラーモデル:8910円●アスリートモデル:9310円●レディス&ジュニアモデル:8690円 購入はこちらから 売れ筋アイテム#3コメクエスト セパレートシューズケース 高い機能性とデザイン性で人気の「コメクエスト」とゴルフダイジェストのコラボ商品。通常のシューズケースとは異なり、片足ずつ収納できるセパレートタイプ。持ち運び時にシューズ同士が当たって細かな傷がつくのを防げるほか、柔らかい袋型のため、ボストンバッグなどに入れた際にかさばりにくいというメリットも。また上の写真のようにキャディバッグに結んで使うのもお洒落だ。カラーは3種類。バッグに合わせて選びたい。 コメクエスト セパレートシューズケース ●カラー/ブルー、レッド、カーキ●サイズ/約W440×H440mm●素材/(本体)コットン、(紐)ポリエステル●価格/3850円 購入はこちらから 売れ筋アイテム#4ブラッドライン『VALE』 オデッセイの主要スタッフだったブラッド・アダムスが設立したパターブランド「ブラッドライン」。この『VALE』は、なんと手を離しても倒れない“自立式”パター。一度ターゲットに向かってアドレスを取ったあと、手を離して後方からチェックしてみると、自分がいかに真っすぐ構えられていなかったかに気づく。つまり、パットが入らないのは打ち方うんぬんよりも、そもそも真っすぐ構えられていないことが原因の可能性も。またライ角通りに自立するので、手を添えるだけできっちりと正しいライ角で構えることができる。自然と正しい構えを導いてくれるこのパター、パットに悩む人は要チェック! ナイロンのフェースインサートはソフトな打感。3本のサイトラインで構えやすい ブラッドライン『VALE』 ●ヘッド重量/405g●ロフト/3.6度(標準時)●ライ角/69.5度(標準時)●シャフト/プレミアムカーボンファイバーシャフト(50g)●長さ/33インチ、34インチ、35インチ 購入はこちらから 売れ筋アイテム#5電熱マフラー NUK(ヌーク) 晴れていれば昼間は暖かいが、朝と夕方はやっぱり寒い! そんな冬ゴルフにピッタリなアイテムが、この「電熱マフラー」。内臓のカーボンファイバーヒーティングパッドが約10秒で発熱し、首元から体を効率よく温めてくれる。バッテリー付属で、低温モードなら約4時間の連続使用が可能。日中は電源をオフにすれば通常のネックウォーマーとして使用できるので、4時間もてば1ラウンドは十分に賄える。デザインもシンプルでどんなウェアにも合わせやすい。普段使いもできるので持っておいて損はないだろう。 カラーはブラック、カーキ、オリーブの3種類。温度は高温・中温・低温の3段階で調節可能。専用バッテリー付き 電熱マフラー NUK(ヌーク) ●カラー/ブラック、カーキ、オリーブ●サイズ/(本体)80×13cm、(収納時)16×13×6.5cm●素材/(表地)高密度ポリエステル410T、(裏地)起毛ベルボア 購入はこちらから 今だけ! Myゴルフダイジェスト有料登録(6カ月以上)で もれなく4000円offクーポンプレゼント! >>キャンペーン詳細はこちら こちらもチェック!
  • さまざまな分野で「リスタート」の年になりそうな2022年。 昨今のツアー界を賑わせているサウジアラビア政府系ファンドのスーパーリーグ構想。ツアーにどんな影響を及ぼすのか。 【解説】タケ小山……世界中のツアーに精通するプロ。TBS「サンデーモーニング」の解説者としてもお馴染み内藤雄士……丸山茂樹のコーチとしてともに米ツアーを戦ったティーチングプロ。ハイランドセンター代表 GD 波紋を呼んだ「プレミアゴルフリーグ」の世界ツアー構想ですが、今度はサウジ系のスーパーリーグ構想が話題となっています。タケ その中軸となるリブ・ゴルフ・インベストメントのCEOに、あの男が就任したね。グレートホワイトシャークこと、グレッグ・ノーマン!内藤 年末のQBEシュートアウトにも出ていましたね。タケ ノーマンはビジネスマンだからね。政財界にも人脈があるし、策士だから。もともと世界ツアー構想って90年代にノーマンが最初に言い出したことだし。GD 当時は欧州ツアーにも強い選手が多く、世界のトップ選手が競うのが年4回のメジャーだけじゃ足りないと主張していました。タケ それで世界の5大ツアーが話し合ってWGCが始まった。さらにプレジデンツカップも、ノーマンが「オレたちもライダーカップみたいな試合がしたい」と発案して生まれた大会だからね。 プレジデンツカップもWGCもノーマンが開催のきっかけだった 世界ツアー構想を最初に唱えたのは94年のノーマン。世界のツアーの選手たちが年4回のメジャーでしか競えないのは少ないというのが理由。プレジデンツカップもノーマンの発案だ 内藤 でもPGAツアーも欧州ツアーもスーパーリーグ構想には警戒感を強めていますよね。タケ だからアジアンツアーを巻き込もうとしているのかもしれないね。200億円以上も投資してアジアと中東で10大会やるって言っている。GD 欧州ツアーの冠スポンサーにUAEの港湾会社「DPワールド」がつき、UAEとサウジの覇権争いという話もあります。内藤 サッカーもワールドカップがカタールで開催されますし、今や中東のオイルマネーをスポーツ界は無視できないのが現状です。タケ ノーマンがどう動くか、もうしばらく様子見だね。 R&Aはサウジと組んだアジアンツアーの全英OP出場資格をはく奪 R&Aではこれまでアジアンツアーの賞金王には全英オープンの出場資格を与えていたが、22年からは資格をはく奪すると発表。サウジと組んだアジアンツアーへの意思表示と見られている 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • 欧州ツアーからアジアンツアーに移行した「サウジインターナショナル」(22年2月3日〜6日開催)に、多くのトッププレーヤーが参戦することが明らかになった。 サウジアラビアゴルフ協会によれば、ディフェンディングチャンピオンのD・ジョンソンを筆頭に、B・デシャンボー、B・ワトソン、J・ダフナー、P・ミケルソン、X・シャウフェレ、A・スコット、H・ステンソン、P・ケーシー、T・フリートウッド、I・ポールター、L・ウエストウッドなど、現時点で25名が発表されている。「アジアンツアーは、パートナーから競争相手になってしまった」と語るのは、DPワールドツアー(欧州ツアーの新名称)のデビッド・ウィリアムズ会長。この試合のことだけを指しているのではない。“サウジマネー”が投下されたG・ノーマンの新会社『リブゴルフ』が計画するアジアンツアーの10試合も念頭に置いてのことだろう。「サウジインターナショナル」は、その10試合には含まれないとされているものの、どれだけのプロが集まるかの試金石とも言われている。サウジアラビアが計画する新ツアー「スーパーゴルフリーグ」に関しては、PGAツアーもDPワールドツアーも、これに参加すればメンバー資格を剥奪するとしており、『リブゴルフ』の10試合も(アジアンツアーの試合であることから)資格は剥奪できないながらも強い警戒感を示している。加えて、サウジアラビアの人権問題などにより、これらの試合には参加しないほうが良いという世論もあるにもかかわらず、これだけの有名プレーヤーが集まったことに対して、驚きをもって受け止められている。PGAツアーもDPワールドツアーも同週に試合があるため、サウジインターナショナルの出場選手には罰金が科せられるものと見られているが、数万ドルの罰金よりアピアランスマネーのほうが魅力的なのかも。 ディフェンディングチャンピオンのD・ジョンソンも参戦 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • グレッグ・ノーマンが新たな会社のトップになり、アジアンツアーに2億ドル(約226億円)以上を投資。今後10年間で10試合の新規大会を開催予定だという。 「ゴルフを世界的な規模での発展させるために、まだまだ未開発であるアジアの可能性を広げる」というのが、サウジアラビアがバックについた新会社『LIVゴルフインベストメンツ社』が発表した声明だ。これだけなら、アジアンツアーが盛り上がるグッドニュースだろう。しかしノーマンに言わせると「これは始まりにすぎない」ということで、まだまだ先がある話なのだ。ノーマンが30年前に企画した、少人数のスター選手による新ツアー構想が復活し、そのコミッショナーにノーマンが就任するという噂も流れている。実際、英ガーディアン紙は先のライダーカップに出場したアメリカチームのメンバーの1人が、3年契約の1億5000万ドル(約170億円)で新ツアーへの参戦の提示がなされたという話を伝えている。これに対して、スター選手を失いかねないPGAツアーは警戒感を強めている。昨今の賞金やボーナスの大盤振る舞いもさることながら、新ツアーに参戦すれば、PGAツアーのメンバー資格を剥奪する措置も辞さない構えだ。ただ、新しいサウジアラビアの試合がアジアンツアーの一環として開催されることになれば、簡単には批判ができなくなる可能性もある。加えて、ツアープロは個人事業者なので、PGAツアー側が選手の行動を縛ることについて、法的な問題もないことはない。一方、サウジアラビアを批判していたワシントンポスト紙の記者殺害を支持したと言われるサウジアラビアの王子が、くだんの新会社にも関与しているとされ、人権擁護団体がサウジアラビア主催の試合に出場しないよう呼びかけている。一体どうなるのか? 今後の展開が見逃ごせない。 いったい何をもくろんでいる……?(PHOTO/Kiyoshi Iwai) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より