Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 【名手の名言】デビッド・レッドベター「日本人のアイアンが下手な原因は、練習マット、高麗芝、そして飛距離重視主義」

【名手の名言】デビッド・レッドベター「日本人のアイアンが下手な原因は、練習マット、高麗芝、そして飛距離重視主義」

レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、多くのメジャーチャンピオンを輩出し、世界一のゴルフコーチと名高いデイビッド・レッドベターの言葉をご紹介!

日本人はなぜアイアンが下手なのか

レッドベターといえば、“プロを教えるプロ”、いわゆるプロコーチを職業にした初めての人物。多くのメジャーチャンピオンを育てたその教えは現在も受け継がれ、全世界でアカデミーを構えるほど。まさに世界一のゴルフコーチである。

そのレッドベターが1997年に来日し、『週刊ゴルフダイジェスト』誌に、日本ツアー選手たちを分析して発したのがこの言葉。「日本人のアイアンが下手な原因は、練習マット、高麗芝、そして飛距離重視主義にあると思います」

この「言葉」のなかで、前者ふたつは従来いわれてきたことだ。練習マットではソールが滑ってくれ、多少ダフっても打てるので、ダウンブローに打つスキルが身につかない。そして日本のゴルフ場に多い高麗芝はボールを浮かせてくれるので、楽に打っていける。

欧米のベント芝はボールが沈んでしまうために、ボールを持ち上げるパワーと、高度なスキルが必要というわけだ。ただしこれらは日本という環境によるものでもある。

3つ目の理由、「飛距離重視主義」については、スウィング・アナリストのレッドベターらしい見解に満ちている。日本人はドライバー最優先主義で、「飛ばすこと」のアドバンテージばかり考えている。だから身長の割には飛ばし屋が多いと分析したあとで、以下のように疑問符をつけた。

「でもコースにはパー5が4つしかありません。残りの14ホールは、アイアンでグリーンに乗せるのが勝負。遠くに飛ばすより、コントロールや確率の高いショットのほうが大切なのではないでしょうか」

そして、多くの人がドライバーショット中心のスウィングになっていて、他のショットもその要領・スタイルで打っている。そのために、具体的にいうとスパインアングル(背骨の角度)が安定しないと論じた。

「アイアンコントロールと、強いモチベーションが持てれば、いずれはメジャーチャンピオンも生まれます」と結んだレッドベター。その言葉通り、全英女子オープンで渋野日向子が、全米女子オープンで笹生優花が、そしてマスターズで松山英樹が優勝し、世界で活躍する日本人が育っている。

現に新しいクラブが出るたびに「前モデルよりも飛ぶ!」「飛距離アップ」といった謳い文句がお決まりになり、それが魅力的に見えるのも確かだ。しかし、ドライバーを使うのは多くて14回。レッドベターが話した通り、我々アマチュアもいま一度「飛距離重視主義」を見直す必要があるかもしれない。

■デビッドレッドベター(1952年~)

英国に生まれ、59年ジンバブエに移住。11歳でゴルフを始め、69年にプロ転向。南アフリカツアー参戦のあと、英国に帰国。79年米国に移住。82年フロリダにゴルフスクールを開校し、ニック・プライスの専属コーチとなる。その後、ニック・ファルド、アーニー・エルス、パク・セリ、近くはミッシェル・ウィ、リディア・コーなどのコーチとして、数々のメジャータイトルを奪取。「世界一のティーチングプロ」として名声を博した。現在では全世界で35校以上のアカデミーを抱える。日本校は1996年に設立。著書の『ザ・アスレチックスウィング』はゴルフ書としては異例のベストセラーになった。

こちらもチェック!

  • ゴルファーのリアルな悩みに答える「週刊ゴルフダイジェスト」の連載「ゴルフジム」、月刊ゴルフダイジェストの連載「読者記者」から、アイアン上達に効果のあるレッスンをピックアップ。どこからでもビシッとグリーンをとらえられるショット力を手に入れよう! お悩み1引っかけのミスが多い お悩み2ダフリのミスが多い お悩み3トップのミスが多い お悩み4球が弱い・上がりすぎる お悩み5球が上がらない お悩み6大事なところでシャンクが出る! アイアンをさらに磨きたい人はこちらもチェック!
  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、日本のゴルフ界を一変させた革命児「ジャンボ」こと尾崎将司の言葉をご紹介! ゴルフは「心・技・体」ではなく「体・技・心」の順なのだ 日本のゴルフ界を一変させた男がデビュー以来、言い続けている言葉である。尾崎が現れるまではプロゴルファーは『職人』の世界であった。ところが、プロ野球界から身を転じた尾崎は強靭な肉体を駆使して、当時のパーシモンで300ヤードをかっ飛ばし、ジャンボと命名され、それまでの規格をすべて変えたのである。結果、ゴルフ人気は沸騰し、トーナメントは毎週おこなわれるようになった。日本ゴルフ界に革命児が誕生した。「体がまずなければ、高度なスキル(技術)も獲得することはできない。技術的に未熟なやつがいくら精神的に強くても、トーナメントに勝つことなどできはしない。まずゴルフをやる土台の『体』がなければ大成はできないんだよ」日本のプロゴルファーがワザを重んじる職人だったのに対し、パワーと高度なスキルを競うスポーツプレーヤーとしてのアイデンティティを確立した言葉であった。 その言葉の通り、昨今のゴルフ界では「体づくり」が重視され、プロゴルファーだけでなくアマチュアゴルファーであってもゴルフのための体幹強化、筋力アップ、練習後のケアなどが当たり前になりつつある。プロゴルファーは男女問わず4日間戦える体を作るために体重を増やすことさえトレーニングの一環となっている。「まずは戦える体を作る」日本ゴルフ界の革命児“ジャンボ尾崎”が言った通りになった。尾崎には当時からそんな未来が見えていたのかもしれない。 上手いゴルファーより強いゴルファーになれ 2008年、尾崎は当時17歳で1億円プレーヤーとなった石川遼にこの言葉を言った。高校生であった石川遼は2008年のツアー前半は予選落ちを繰り返していたが、それは「急がば回るな!」という石川のモットーどおり、守ることなく攻め続けた結果だった。そんな石川に「小さくまとまるな、ドライバーを目一杯振って攻めろ、今はゴルフの器を大きくするときだ」とエールとして贈った言葉がこの「上手いゴルファーより強いゴルファーになれ」である。この年の日本オープンが象徴的だった。最終日、優勝し25勝目を挙げ永久シードを獲得した片山晋呉がドライバーを一度も使わなかったのに対し、石川はドライバーで果敢に攻め続け、4打差ながら2位まで追い上げた。実際石川はこの日のベストスコア「69」をたたき出したのだ。「安全」を突き抜ける破壊力のゴルフがそこには見えた。プロデビューしてからずっとそうであった尾崎は、石川と自身が重なったのかもしれない。 プロ入り1年目だったその年、石川は2勝し獲得賞金も1億円突破の史上最年少記録を更新。そしてまもなく75歳を迎える今もなお、尾崎は笹生優花や原英莉花、西郷真央といった「強いゴルファー」を育み続けている。 尾崎将司(おざき・まさし) 1947年、徳島県に生まれる。幼年時から野球に熱中し、海南高では投手、4番バッターで甲子園選抜で優勝。卒業後プロ野球・西鉄ライオンズに入団するも芽が出ず、プロゴルファーへ転進。70年プロテスト合格。そこから天賦の才能は花開いた。05年10月の段階で勝利数113(海外1回)。賞金王になること12回。圧倒的な数字を残している。 こちらもチェック!
  • インパクトの安定感、音、球の高さ、球質、どこを切り取っても一級品の松山英樹のアイアン技術は、どのようにして生まれ、磨き上げられてきたのか? まずはその凄さについて、プロ仲間に話を聞いた。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Takahiro Masuda 同業のプロゴルファーからも一目置かれる松山英樹のアイアンショット。日本屈指のアイアン巧者、宮里優作をして「アイアンのコンタクトが、毎回毎回、すごくいいところから入って、めちゃくちゃクリーンに当たるのがすごい。『カシュッ』という音でわかります」と言わしめるほど。インパクト音については、宮里以外のプロの口からも、「すごい」という証言が得られた。大学の後輩、比嘉一貴にによると「VISA(16年VISA太平洋マスターズ)で優勝したときに一緒にラウンドさせてもらって、聞いたことのない音の『分厚さ』にびっくりしました。ZOZO(21年ZOZOチャンピオンシップ)の練習場で見たときもそれは変わってなくて、音を聞くだけでナイスショットだってわかる感じでしたね」。単に強い衝突が起きた音ではなく、意思を持ってボールを操ろうとしている音。だからすごい。木下稜介は、「ショートアイアンは『ブワッ』じゃなく、『ふわーん』という感じで、真っすぐ、やわらかく飛ぶんです。入射角が絶妙で、スピン量が最適な証拠です」と言い、岩田寛は、「(松山が自身最高のスウィングをしていたと語る)13年のスウィングが好きで、スロー再生して何度も見ましたが、『腰から腰』がものすごく安定していましたね。あのスウィングなら、“一生”曲がらないです」と言う。アイアンの機能を熟知し、狙ったところにボールを運ぶにはどう振ればいいか、突き詰めた結果が「音」に凝縮されているのだ。 プロ仲間の証言 「入射が安定しているから、手を離すような当たりでもピンハイまでいく」(宮里優作) 「腰を切りつつ、前傾角度をキープして打つので、入射角が一定。上体の強さとやわらかさがないとあの打ち方はできません」 「“一生真っすぐ行くじゃん”って思った」(岩田寛) 「一緒に回って、ミドルアイアンの音を1球聞いただけで、『はい、ピンそば』と確信するほど。それくらいヘッドの入りがいい」 「あの音は日本ツアーでは聞いたことがない」(比嘉一貴) 「どうすればあの音が出るのか、練習すれば到達できるのかと聞かれると不安になるほど、特別な『音』ですね」 「手で投げたように飛ぶ。あとからボールが出てくる感じ」(木下稜介) 手先で打っていないから、運んでいる感じが出る。ロングアイアンの球も強いけどやわらかい。だから止まるんです >>驚異的な「音」と「再現性」はどうやって生まれる?スウィングを詳細分析 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、一時代を築いた日本ゴルフ界のレジェンド、青木功の言葉をご紹介! 「できた!」のは終わりではなく始まりなのだ 『週刊新潮』04年10月7号「おれのゴルフ」に掲載されていた名言だ。アマチュアゴルファーであってもどうしても身につけなければならない技術(スキル)がある。たとえば、バンカー越えなどで高く上げて止まる球や、左足下がりのライからのショット、30ヤードの距離のエクスプロージョンなど、ステップアップしていくためには、ひとつひとつ技術を習得していかなければ前に進めない。ひとつの技術を習得するために、一生懸命して、あるとき「できた!」と思う瞬間がある。いったんモノにした技術はそこでフィニッシュ、と思うのが普通のゴルファーである、というのが青木の見解である。ゴルフの技術は忘れやすい。数分前にできたと思っても、手のなかの砂のようにもろく崩れていくものだと青木は言う。少なくとも青木自身、「できた」と思ったところから、すべては始まったのだと。バンカーショットはできたと思った時点から3日やり続けたという。日本アマを6回獲った故・中部銀次郎氏の口癖は「わかったと思うな」だった。「わかった」「できた」と思う時点で成長は止まるのである。 ゴルフは我が人生 もうひとつ、青木の印象に残った言葉を紹介する。14年暮れ、『青木功プロ生活50周年記念』が帝国ホテルでにぎにぎしく行われた。参加者は800名に及び、安倍元首相を始め、青木のスポンサー企業、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督、歌手・北島三郎ら各界の有名人、または終生のライバル、ジャンボ尾崎らが壇上にのぼった。その会場で青木が語った「言葉」のまとめが表題のそれだ。青木は「ゴルフは天職」と常日頃から口にしている。休養で家にいても、そわそわし始め、結局ゴルフが骨休みだとコースへ向かう。「ゴルフがなかったら何になったでしょうか?」との質問は何百回受けただろうか。「それでもしかし、ゴルフは現実にあるんだからそんな質問意味ないよ」と青木は答えている。天職なのだから「引退もないさ」と締めくくった。 ■青木功(あおき・いさお:1942年~) 1942年8月31日、千葉県我孫子市生まれ。29歳で「関東プロ」に初優勝と遅咲きながら、ジャンボ尾崎と人気実力とも二分し、日本プロトーナメントを隆盛に導いた。国内での勝利数もさることながら、海外での活躍は、「オリエンタルマジシャン」と呼ばれ、「世界のアオキ」と絶賛された。なかでも80年全米オープンでの帝王二クラスとの死闘は語り草。国内57勝。シニア9勝、海外7勝、海外シニア9勝、海外グランドシニア3勝。2004年、世界ゴルフ殿堂入り。
  • 14本のクラブセッティングは、時代とともに移り変わってきたが、近年、アイアンのストロングロフト化の影響もあり、プロの間でも急激にセッティングが変化している。そこで改めて、クラブセッティングをどう考えればいいか、専門家に聞いてみた。 TEXT/Kosuke Suzuki PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Hiroyuki Tanaka、Tomoya Nomura THANKS/マグレガーCC、相模湖CC 解説/松吉宗之 クラブ設計家。フォーティーンで故・竹林隆光氏のもとでクラブ設計を学び、2018年に「Juicy」を設立した アイアンが担う領域が狭くなっている みなさんのキャディバッグには、アイアンが何本入っているだろうか。「5番はもう打てないから抜いた」と、6番~PWの5本という人がいる一方で、コースではほとんど使わない4番までがバッグに入っていて、7本という人もまだまだ多いだろう。実際は5番~PWの6本という人がもっとも多いと思われるが、どうやらこういった、アイアンが6~7本を占める「普通」と思われていたクラブセッティングは、過去のものとなりそうだ。というのも、今年スタンレーレディスで復活優勝を遂げ、さらに樋口久子三菱電機レディスで今季2勝目を挙げた渋野日向子選手のキャディバッグを覗いてみると、なんとアイアンが6番~9番の4本だけなのだ。そしてFW、UTが各2本、PW代わりの46度を含め、ウェッジが4本というかなり斬新なセッティングだった。渋野選手だけでなく、こういったウッド類が多いセッティングは女子プロを中心にツアーの現場でもどんどん増えているし、ウェッジが4本入ったセッティングは米PGAツアーでも主流になりつつある。 渋野日向子もアイアン4本 5Wはなく、FWは3W、7Wの2本。UTが2本でアイアンは6~9番の4本。PWの代わりに46度と、52、54、58度の計4本のウェッジが入っている。一見飛ばし屋のセッティングとは思えない個性的なラインナップ 渋野選手のような「アイアン4本」のセッティングはアマチュアにとって今後のスタンダードになるだろうと話すのは、クラブメーカー「ジューシー」代表でクラブ設計家でもある松吉宗之さんだ。「アイアンのストロングロフト化が進むいま、従来のようにドライバーと5~7本のアイアンセットをベースに、空いているところをFW・UTとウェッジで埋めて距離やロフトの階段を作るセッティングは実用性を失いつつあります。アマチュアにとっては、7番~PWの4本程度のアイアンをベースに、ウッド類とウェッジ類は各4本投入し、(ドライバーとパター以外の)12本を構成することを基本形態として考えるのがおすすめです」 続きを読む 松吉さんによると、ヘッドスピード40㎧前後のアマチュアにとって、ストロングロフトアイアンでは、4、5番はもちろん、場合によっては6番でさえ球が上がり切らないということもある。一方でPWは、機能面でも使用機会としてもウェッジ的要因を失いアイアン化が進んでいる。そうなると、本来アイアンが持っている、グリーンを狙うクラブとして「距離を刻む」機能を担うのは、7番~PWの4本程度のアイアンだけになるだろうというのだ。「アイアンで十分なキャリーと高さが出せない長い距離の領域は、狙った距離を刻むというよりもグリーン周りにやさしく運ぶことが目的となります。これがFWやUTの役割。そしてフルショットだけでなく距離の加減や弾道の高低をコントロールしてピンを狙う役割を担うのがウェッジ。これらがアイアンの上下でそれぞれの役割を果たすことで、初めて実戦的な12本が整うと言ってよいでしょう。これらは、プレーヤーのヘッドスピードや腕前、使っているクラブなどによってもちろん本数が増減します。ヘッドスピードが速い人やロフトの寝たアイアンを使っている人なら、6番や5番アイアンでも距離を刻めますし、超ストロングロフトアイアンを使う人なら、PWのさらに下までアイアン的な用法になるかもしれません。いずれにせよこれからは、この3つのグループをどのクラブにどう分担させるかでクラブセッティングを考える時代になっていくと思います」 3つのグループに分けて考える時代がやってきた! 【FW&UT】やさしく「運ぶ」クラブ FWやUTのようにアイアンよりも深・低重心で球が上がりやすく飛距離を出しやすいクラブは、グリーンに球を止めるには技術が必要だがグリーン周りまでやさしくボールを運ぶことには長けている。アイアンのロフトが立つほど重要性が増すカテゴリーだ 【アイアン】距離を「刻む」クラブ アイアンは、番手ごとに10~15ヤードの間隔で距離を刻んで分担し、グリーンを狙うクラブ。フルショットで使用し、スピンの入った球で必要なキャリーを出し、グリーンにボールを止める能力が求められる。これを満たさないものは、アイアンとしては不十分 【ウェッジ】距離を「打ち分ける」クラブ 本来のウェッジの役割は、アプローチをしたり、距離の微調整や弾道をコントロールして正確に距離を打ち分けること。それにはアイアン的な形状よりも、ウェッジ的な形状で「飛びすぎない」性能を備えたクラブが適している 上の番手が打てているか下の番手をどう使うか では3つのグループの組み合わせをどう考えればいいのか。さらに松吉さんに聞いてみたところ、まずは自分が使っているアイアンのロフトや飛距離をしっかり把握することが大事だという。「たとえばPWのロフトが40度を切るような今どきの超ストロングロフトアイアンを使っているとします。これがドライバーのヘッドスピードが40㎧程度の人だったら、23~24度の6番アイアンでは高さが出せず、おそらく『距離を刻む』用途では使えません。つまり、アイアンとしては考えないほうがいいということ。一方、ロフト37~38度のPWは110~120ヤード前後飛ぶでしょうから、距離を「打ち分ける」ウェッジというより、「距離を刻む」アイアンとして考えるべき。こういうケースでは、7番~PWの4本で十分です。これがロフトの寝たアスリートモデルアイアンだったら、また番手構成も変わります。ドライバーで43㎧くらいの人なら、多分5番でも十分に『距離を刻める』でしょう。一方でPWはウェッジ的に使っているのであれば、セットとし5番~PWをバッグに入れ、アイアン的に使うのは5番~9番の5本という感じになります」 ストロングロフトの飛び系アイアン6番では十分な高さが出せない可能性も アスリートモデル5~9番をアイアン、PWをウェッジと考える こうして「距離を刻む番手」が決まったら、そこから上の「やさしく運べるクラブ」と、場合によってはPWを含めた「距離を打ち分ける用のクラブ」を何本入れられるかが決まる。いずれにしても「アイアンセットが何番から何番なのか」ではなく、「どのクラブをどのように使うのか」を基準に判断することが重要だ。「FWやUTに関しては、ブランドを統一することはおすすめしません。この領域は、実は(1)ティーショット用のクラブ、(2)芝の上からいちばん飛ぶクラブ、(3)アイアンの上の距離をカバーするクラブの3つの用途があるので、それぞれに適したモデルを、ブランドにとらわれずに選ぶことが大事です」もちろんティーショットでFWを使わない人は(1)のタイプのクラブは不要になるし、もっと下のUTなどの番手に任せてもよい。(2)のタイプはヘッドスピードやモデルによって適したロフトが異なり、必ずしも3Wが必要なわけではない。(3)に関しても、顔の好みや求める弾道などによってFWとUTを柔軟に組み合わせて考えよう。「ウェッジも、モデルをそろえたりロフトを等間隔に並べる必要はありません。打ちたい距離や使い道に応じて、必要なモデル、ロフト、バウンスのウェッジを組み合わせましょう」 Point 1FW・UTはブランドをそろえず用途を明確に ロフト15~16度では芝の上からでは十分な高さが出せないケースも多いのでヘッドスピードが遅めの人は、ティーショット用と分けて考える必要がある。「芝の上からいちばん飛ばせるクラブ」も、18度の5Wや、ヘッドスピードによっては21度前後の7W等の場合もある。その下の番手は、FW、UTを好みや用途によって柔軟に組み合わせてみよう Point 2ウェッジはいまや誰でも3~4本 PWをアイアン的に使う人はその下から、PWをウェッジ的に使う人はPWも含めて3~4本でウェッジを構成。とくに飛び系アイアンを使っている人は、低重心で四角い顔をしたアイアンでは飛びすぎたり球が強くなりすぎるので、丸いウェッジ的な顔の高重心の単品モデルを使いたい。ロフトを等間隔にそろえるのではなく、打ちたい距離を打てるロフトや、バンカーや球を上げる用など、用途に応じたモデル・ロフト・バウンスを組み合わせよう 月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より