Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【松山英樹アイアン研究】<前編>「聞いたことのない音」「強いけどやわらかい」プロ仲間の証言

【松山英樹アイアン研究】<前編>「聞いたことのない音」「強いけどやわらかい」プロ仲間の証言

インパクトの安定感、音、球の高さ、球質、どこを切り取っても一級品の松山英樹のアイアン技術は、どのようにして生まれ、磨き上げられてきたのか? まずはその凄さについて、プロ仲間に話を聞いた。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Takahiro Masuda

同業のプロゴルファーからも一目置かれる松山英樹のアイアンショット。日本屈指のアイアン巧者、宮里優作をして「アイアンのコンタクトが、毎回毎回、すごくいいところから入って、めちゃくちゃクリーンに当たるのがすごい。『カシュッ』という音でわかります」と言わしめるほど。

インパクト音については、宮里以外のプロの口からも、「すごい」という証言が得られた。大学の後輩、比嘉一貴にによると「VISA(16年VISA太平洋マスターズ)で優勝したときに一緒にラウンドさせてもらって、聞いたことのない音の『分厚さ』にびっくりしました。ZOZO(21年ZOZOチャンピオンシップ)の練習場で見たときもそれは変わってなくて、音を聞くだけでナイスショットだってわかる感じでしたね」。

単に強い衝突が起きた音ではなく、意思を持ってボールを操ろうとしている音。だからすごい。木下稜介は、「ショートアイアンは『ブワッ』じゃなく、『ふわーん』という感じで、真っすぐ、やわらかく飛ぶんです。入射角が絶妙で、スピン量が最適な証拠です」と言い、岩田寛は、「(松山が自身最高のスウィングをしていたと語る)13年のスウィングが好きで、スロー再生して何度も見ましたが、『腰から腰』がものすごく安定していましたね。あのスウィングなら、“一生”曲がらないです」と言う。

アイアンの機能を熟知し、狙ったところにボールを運ぶにはどう振ればいいか、突き詰めた結果が「音」に凝縮されているのだ。

プロ仲間の証言

「入射が安定しているから、手を離すような当たりでもピンハイまでいく」(宮里優作)

「腰を切りつつ、前傾角度をキープして打つので、入射角が一定。上体の強さとやわらかさがないとあの打ち方はできません」

「“一生真っすぐ行くじゃん”って思った」(岩田寛)

「一緒に回って、ミドルアイアンの音を1球聞いただけで、『はい、ピンそば』と確信するほど。それくらいヘッドの入りがいい」

「あの音は日本ツアーでは聞いたことがない」(比嘉一貴)

「どうすればあの音が出るのか、練習すれば到達できるのかと聞かれると不安になるほど、特別な『音』ですね」

「手で投げたように飛ぶ。あとからボールが出てくる感じ」(木下稜介)

手先で打っていないから、運んでいる感じが出る。ロングアイアンの球も強いけどやわらかい。だから止まるんです

>>驚異的な「音」と「再現性」はどうやって生まれる?
スウィングを詳細分析

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • マスターズ優勝後、7月にコロナ感染、病み上がりで出場した東京五輪でメダル争い。そして10月のZOZOチャンピオンシップでツアー7勝目を挙げるなど、激動の1年間を走り抜けた松山英樹。まもなく30歳になる彼は、いま何を考え、そしてどこに向かっているのか? 心の内をじっくりと語ってもらった。 PHOTO/Takanori Miki、Taku Miyamoto 松山英樹1992年2月25日生まれの29歳。2010年のアジアアマで優勝し、11年のマスターズでローアマに輝く。13年にプロ転向し、国内ツアー賞金王に。14年から米ツアーに本格参戦し、メモリアルトーナメントで初優勝。21年のマスターズで日本人初のメジャー制覇を遂げ、同年10月、日本開催のZOZOチャンピオンシップを制して、米ツアー7勝目を挙げた 「ああ、もう勝てないのかな」正直そう思っていました GD 2017年以降、4年近く勝利がないなかで、4月のマスターズで悲願のメジャー優勝、そして10月にZOZOチャンピオンシップでも優勝し、ツアー7勝目を挙げました。いろんなことがあった1年だったと思いますが、それまで勝てなかった日々を振り返ってみて、いまどんな心境ですか?松山 勝てない時期の最初の1、2年は正直「まあ勝てるだろう」って高をくくっていて、楽観的に考えていました。でも19年、20年になってもなかなか思うような成績が出なくて、コロナ禍になる前、2週連続トップ10に入ったのに(20年3月)、そこで勝てなかった時点で、「あぁ、もう勝てなくなるのかな」と思っている自分がいました。それはコロナ中断明けの試合でも続いて、BMW選手権(20年8月)で上位争いしましたが、そのときも優勝争いをしている感覚はあまりなかった。必死につないで、つないで、なんとか優勝争いしている状態で、ただそこにいるお客さんのような感じでした。GD その「勝てない感覚」に、いつ変化が訪れたのですか?松山 ヒューストンオープン(20年11月)で2位になったときに、「まだ気持ち的に争っている」というのを久しぶりに体感しました。まだ勝てる可能性があるなと。でもその後21年になっても、状態が悪くないのに予選も落ちるし、トップ10にも入れないのが続いて、「なんでだろう」ってすごく考えていました。GD 4月のマスターズ前にそこに変化が訪れたということですか? オーガスタに入って突然の光明! 何があった? 松山 そうですね。オーガスタに入って、前の週にやっていたことと、その前の週にやっていたことがすごくマッチしたんです。オーガスタで練習をしていくなかで、頭の中がすごくクリアになってきて、自分への期待度もどんどん上がっていたんです。「勝てるかもしれない、勝てなくても絶対に上位にいる、優勝は争える」って。いつもなら練習ラウンドも1.5や2ラウンドはするんですが、試合前日も練習ラウンドはしないで練習だけで終わりにしたんです。コースも知っているし、自分の状態を上げることに専念しようって思いました。それが結果的に良かったですね。 オーガスタに移動した瞬間全部がつながった GD 優勝を狙えると思えるようになったのは、スウィングが安定してきたということですか?松山 そうですね、考えることが少なくなったというのがいちばん大きいですね。今までだったらスウィングのことを考えるだけでなく、そこにプラスして球筋を考えていたんですが、あの週は考えることが本当に少なくなっていました。GD 具体的にどのぐらいクリアになっていたんですか。松山 昨年から目澤さん( コーチ)と一緒にやり始めて、目澤さんの言っていることもすごくよくわかりますし、そこに取り組んできたんですけど、一方で自分をなくしている部分もあるのかなとも思っていたんです。それが何の拍子かわからないですが、マスターズ前週のテキサスオープンで時間をかけて練習をしていたら、なんかいい感じだなというのを見つけて。その試合はダメでしたけど、オーガスタに移動した瞬間に、「ああ、だからこうなるんだ」とパターまで含めて全部がつながっていく感じがあったんです。だから、「あ、戦えるな」って。GD 目澤さんが話すようなGC4(弾道解析器)などで測っているデータと、スウィングがマッチしてきたということですか?松山 そうですね。取り組んできたことと自分がやっていることがすごくハマったというか。頭で考えていることを体でうまく表現できるようになって、クラブを上手く扱えるようになったんです。 GD そうなると、マスターズの4日間は、スウィングをシンプルに考えていたということですか?松山 そうですね、けっこうシンプルでした。クラブを上げるときは、ここ(テークバック)とリズムだけという感じでした。意識していたとしても、1カ所、2カ所……、あっても3カ所ぐらい。GD ちなみに普段はどれぐらい考えているんですか?松山 んー、何個かな。アドレスだけで多分4つぐらいある(笑)。GD そんなにあるんですか。松山 まぁでも、それがどんどん減っていけばいくほどやっぱり調子が良くなるんです。考えることが1、2個だったら、すごくシンプルですから、それは調子がいいって発言になると思います。なかなかそういうふうにはならないですけどね。GD ZOZOチャンピオンシップのときは、調子が良くないと言っていましたが、そのときは考えることがいっぱいあったと。松山 いっぱいありましたね(笑)。でも、考えることがあるなかでも、最終日に向けて徐々に減りつつあったかなとは思います。 「良かった、腹が立つんだ」 GD マスターズに勝って、自分の中で心境は変わりましたか?松山 うーん、どうですかね。変わったと言えば変わったかな。3週間クラブ握らないとか今までなかったですからね。今回もZOZOで優勝してからまだ1回もクラブ触っていないですし、そういうことが平気でできるようになっています(取材はZOZOから2週間後)。GD それはプラスなことですか?松山 絶対マイナスでしょ。体を休めるには必要な時期だと思っていますが、でもさすがにちょっとやばいかなと。GD 目標だったメジャー優勝を遂げて、燃え尽きてしまったような感覚はありますか?松山 そうなるんじゃないかと、自分でも心配していました。でも、マスターズ優勝後、最初に出場した試合で(AT&T)、結果が出なくて腹立っている自分がいて、「ああ良かった、自分は変わってなかった、腹が立つんだ。やっぱりゴルフが好きなんだ」と思ったんです。そこで「勝ったからいいや」って思うようだったら多分ゴルフをやらなくなっていたはず。でも本当に腹が立って、イライラしながら練習もしていたし、その姿を客観的に考えて、「ああ良かった」と思いました。GD それまで「メジャー優勝」だった目標は、その後どう変わりましたか?松山 ツアー6勝目をマスターズで挙げて、ZOZOで7勝目も挙げたので、K・J(チョイ)さんに並ぶ8勝目を挙げることが、いまは一番近い目標だと思っています。丸山(茂樹)さんが持つツアー3勝という数字を抜いたときに、「早くK・Jさんの数字を抜けよ」って言われていたので、すごく意識していました。無理じゃないかと思うこともありましたが、あと1勝で並ぶところまできたので、それを早く遂げたいなと。 GD 22年はマスターズのV2もありますが、どんな戦い方を考えていますか。松山 早いうちにもう1勝して、シーズンを楽にプレーしたいですね。もちろんオーガスタでもう一回勝ちたいですし、それに向けてどういうスケジュールを組むか考えなきゃいけないと思っています。GD マスターズに向けてピークを作っていくと。松山 毎試合、山のてっぺんだったらいいんですけど、「ピークから下がったときどこにいるか」がすごく大事なので、そこの基準が上がれば、調子が悪くてもパーッと勝てるかもしれないと思っています。GD マスターズの勝算は?松山 正直ないですね。そこはコンディション次第で、すごく変わると思っています。それこそ一昨年のマスターズ(20年11月)みたいに20アンダー出るセッティングだと、僕にとってはしんどい。10アンダーから15アンダーぐらいのセッティングだったら勝負できるかなと思っています。13番ホールは距離が延びると思うし、天気次第でスコアがどれぐらい伸びなくなるかも変わりますからね。でも、たとえどんな天候だとしても、20アンダーの世界になったとしても、そこについていけるようなプレーはしたいと思っています。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • 日本ゴルフの歴史を動かした松山英樹のマスターズ制覇。大快挙の裏にあったエピソードやコーチをつけた理由、オーガスタを制したクラブセッティングなど、松山英樹の2021マスターズを振り返る! PHOTO/Taku Miyamoto マスターズ制覇を果たした松山英樹のすべてがここに!
  • 日本でもアメリカでも、あるいはイギリスでも、ラウンド中でなければ松山英樹は大抵、練習場にいる。アジア人として初めてマスターズを制し、世界ランク1位にもっとも近い日本人プレーヤーであるにもかかわらず、誰よりも練習するのはなぜか? その練習で、松山は何を目指すのか? 松山と親交が深い、内藤雄士コーチが「世界一の練習」の中身と“意味”を解説してくれた。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、KJR THANKS/ハイランドセンター トーリーパインズGCで日没近くまで練習する松山 内藤雄士 丸山茂樹をはじめ、多くのトッププレーヤーの優勝をサポートしてきたプロコーチの第一人者。現在は若手の大西魁斗のコーチも務める 地道な練習をコツコツとやってきたから今がある アマチュアのスウィングには「課題」がたくさんあるから、練習場でやることはいくらでもある。でも、松山英樹はどうなのか? プロの目で見ても、ほぼ「完成形」に近いといわれる彼のスウィングの、どこに改善点があるのだろうか。「松山君のすごいところは、いつでも自分のウィークポイントを探していること。しかも、弱点をちゃんと見つけ出して、その改善に向かって努力するから練習の『質』が高いんです」と、内藤雄士はいう。目先の試合結果よりも、自分自身が理想とするスウィングを長期的視野に立って追い求めているということか。「松山君の姿は、ベン・ホーガンと重なる感じがします。ホーガンは、あれだけの勝ち星を重ねながら、勝つことよりも理想のスウィングを作り上げることに執着した人物。松山君も、気持ちは同じなんじゃないかと思います。じゃあそのスウィングはいつか完成するのかというと、おそらく死ぬまで完成しない。松山君の中で、常に足りないパズルのピースがあって、そのひとつをはめるために膨大な量の練習をこなす。ひとつがはまったら、また次のピースというふうに努力を重ねてきて、今があるという感じ。その濃密すぎる作業をこれからも続けていくんだと思うと、世界ナンバーワンを目指す道のりの険しさにゾッとします」(内藤)。 続きを読む 松山はプロ入り後、コーチをつけずに自分ひとりで「理想のスウィング」を追求してきた。スウィングに対する深い理解と探求心がなければ、到底続けられない壮大な実験・研究の日々。現在は目澤秀憲コーチとの二人三脚で同じ作業を続けている 実際、松山が内藤にスウィングの話をするときは、「できていること」が話題になることはなく、「ここがよくない」とか、「(別の動きをしようと思っているのに)こうなっちゃう」ということばかり話すという。信じられないことだが、松山の内的感覚としては、我々アマチュアと同じく、「自分はまだ上手くない」と思っているのではないか。「驚いたのは、あるひとつの課題に対して、『2年間、取り組んでいる』という話を聞いたときです。どんなプロだって、新しい課題に取り組んで、1カ月やって上手くいかなかったら、『自分には合っていない』と判断して、別のやり方を探すのが普通です。ところが、松山君はできるまでやり続ける。2年も続けるというのは、ちょっと聞いたことがないです」と、内藤が明かす。現在の松山英樹は、気の遠くなるような努力の積み重ねでできている。と同時に、今、この瞬間もその「ゴルフ細胞」が入れ替わり、昨日よりも少し強い、松山英樹に生まれ変わり続けているのだ。「ジャック・ニクラスが、70歳を超えてもまだ『毎日上達している』と言っていますが、松山君もマスターズに勝って終わる選手じゃないってことだけは確かですね」(内藤)。 ティーオフの4時間前から試合は始まっている 試合当日、松山の1日はスタート時間の4時間前起床から始まる。「なんだ、そのくらいなら自分も同じだ」と思った人は、起床後のタイムテーブルを見てほしい。起きてすぐのランニングから始まり、食事と移動時間以外は、スタートまでとにかく「ずっと」練習している。「キャディの早藤(将太)君が朝のランニングに付き合うと、ついていけないくらいのペースで走るらしいんです。そうやって全身に血を巡らせて、頭と体を起こす。タイガー(ウッズ)も長年続けてきたやり方です」と、内藤。コース入りしたら、パッティンググリーンを経由して、ドライビングレンジへ。ただし、ここで打つ球数はおよそ60球とあまり多くない。「とくにドライバーの球数がたった5球と少ないのが、アマチュアには参考になる点です。これは、短いクラブの完成度が高ければ、ドライバーも問題なく打てることを熟知しているから。アマチュアが、不安なドライバーをたくさん打って、それでスウィングを崩しちゃうのとは対照的です」(内藤) 【松山英樹の1日(試合の日)】4:00 起床4:10 体のケア4:30 ランニング&トレーニング6:00 朝食6:30 コース入り6:35 パッティング練習7:00 打撃練習7:35 アプローチ練習7:45 パッティング練習8:00 ティーオフ13:00 ホールアウト13:30 打撃練習15:30 アプローチ練習16:00 パッティング練習17:00 帰宅 Q.ラウンド前の練習はどんなことしているの?A.スタートのぎりぎりまでその日の調子をチェック スタート前にボールを打つのは、あくまでもその日の調子、球筋を見極めるため。感覚だけに頼らず、動画でもチェックして、スウィング全体のバランスやリズムが崩れていないかを確認することで、平常心でスタートできる Q.ラウンド後の練習はどんなことしているの?A.弾道計測器でデータをチェックしながら練習 ラウンド後の練習では、その日のコースでの反省を踏まえ、悪かった部分の「原因」を探り、必要なら修正する。その際、頼りになるのが「トラックマン」などの弾道計測器。自分の感覚と、実際のスウィングの「ズレ」を確認できる 松山英樹 3つのの鉄板メニュー 松山の「片手打ち」は、もはや練習場の風景の一部。「松山君は、右手のほうが『当たっちゃうから難しい』と言っています。右手は器用な分、手打ちでも打ててしまうと。だから必ず、左手で右胸や右ひじを押さえてやっていますよね。つまり、練習の最初に『片手打ち』をやるのは、体で打つことを確認するためということです」と、内藤。また以前から、軟らかめのカーボンシャフトが入った7番アイアンでボールを打つ姿をよく見かける。「軟らかいシャフトは力むと暴れるので、自然とグリッププレッシャーをゆるめて、クラブをプレーンに乗せる振り方になります。とくに朝の練習で軟らかいシャフトは有効で、アマチュアも真似する価値があります」(内藤)。 松山の鉄板メニュー1 片手打ち 【効果】体の回転で打つ感覚を染み込ませる 左右とも、手を使わずに体の回転で打つという点は同じ。わきを軽く締めて腕と体の一体感をキープしつつ、胸の面の向きが変わるように、上体をしっかり回転させて打つ 松山の鉄板メニュー2 軟らかシャフト 【効果】プレーンが安定しリズムが生まれる グリップに力が入ると、腕、肩も硬直し、切り返しで右肩がかぶりやすい。軟らかいシャフトは力んで、クラブが上から入るとまったく当たらないので、自然にオンプレーンに振れる 松山の鉄板メニュー3 両わき締め打ち 【効果】腕と体の運動量が一致する テークバックでボールが落ちるのは、腕に対して体の回転量が不足している。切り返しでボールが落ちる場合は、右わきのゆるみが原因。腕と体が同じ量だけ動けば、ボールは落ちない 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/KJR 東京五輪で惜しくもメダルを逃した松山英樹だが、病み上がりでの大舞台でマスターズ王者らしい戦いを見せてくれた。そんな五輪での松山の戦いぶりについて、内藤雄士コーチが技術面から分析! 解説/内藤雄士 日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。今は高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立し、ゴルフ指導、ゴルフアナリストとして活躍 5Wが新たな武器になるか 3日目まで良かったパットが最終日のバックナインに入って決まらなくなった。最終日のどこかでラインのズレが生じ、それを引きずったのかもしれません。これは本人のみぞ知る部分で、いちばん悔しいのも松山選手。病み上がりの状態でも、最後までメダルを争ったのはさすが。狙えるときはアイアン力でバーディを奪い、ピンチは引き出しの多いアプローチでボギーは打たない。松山、X・シャウフェレ、C・モリカワ、R・マキロイ、P・ケーシー…… 世界トップの共通点はボギーが圧倒的に少なく、ダボは絶対に打たない。それを改めて感じさせる大会でした。 続きを読む 今回、アイアンとショートゲームに加えて、5月から投入した5Wが霞ヶ関のセッティングにマッチした印象です。コブラ(ラッドスピードツアー/ベンタスブラック・10X)の5Wは、ティーショットやフェアウェイだけでなく、ラフからも活躍していました。見た限り、やや短尺に組んでいる様子で、得意のアイアンの延長線上的な使い方をしていましたね。最終日14番の2オンもこのクラブ。霞ヶ関のラフはフライヤーしやすく距離のジャッジが難しいのですが、スピン量の安定度など事前にチェックして投入した結果だと思います。これからバッグに入り続けるかはわかりませんが、大きな武器になっていくはずです。スウィングはマスターズ優勝の際に報道されたように低重心のフラット軌道が板につき、アームプレーンとヘッドプレーンは、よりシンプルな軌道を描いています。来年のメジャー、そして3年後のパリ五輪でも日本のエースとしての活躍を期待します。 スピンが安定する5Wあらゆる場面で活躍 世界のトップは簡単にボギーを打たずダボは絶対回避 イーグルバーディボギーダボX・シャウフェレ(優勝)22170松山英樹(4位T)02160C・モリカワ(4位T)11960R・マキロイ(4位T)12180星野陸也(38位T)01552シャウフェレと上位の実力者3人、そして星野陸也の4日間のスコア詳細。内藤コーチの指摘のとおり、上位4人で最もボギーの多いマキロイが8つ。ダブルボギーは全員ゼロ。対して星野は2つのダブルボギーが響いた。バーディやイーグルを取る力も重要だが、それ以上に簡単にはボギーを打たず、ダボは絶対に叩かない、というゴルフが世界で戦ううえで求められる 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p33579/