Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 松山英樹のスウィングに「完成はない」世界一の練習の“中身”と“意味”に迫る

松山英樹のスウィングに「完成はない」世界一の練習の“中身”と“意味”に迫る

日本でもアメリカでも、あるいはイギリスでも、ラウンド中でなければ松山英樹は大抵、練習場にいる。アジア人として初めてマスターズを制し、世界ランク1位にもっとも近い日本人プレーヤーであるにもかかわらず、誰よりも練習するのはなぜか? その練習で、松山は何を目指すのか? 松山と親交が深い、内藤雄士コーチが「世界一の練習」の中身と“意味”を解説してくれた。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、KJR THANKS/ハイランドセンター

トーリーパインズGCで日没近くまで練習する松山

内藤雄士

丸山茂樹をはじめ、多くのトッププレーヤーの優勝をサポートしてきたプロコーチの第一人者。現在は若手の大西魁斗のコーチも務める

地道な練習をコツコツと
やってきたから今がある

アマチュアのスウィングには「課題」がたくさんあるから、練習場でやることはいくらでもある。でも、松山英樹はどうなのか? プロの目で見ても、ほぼ「完成形」に近いといわれる彼のスウィングの、どこに改善点があるのだろうか。

「松山君のすごいところは、いつでも自分のウィークポイントを探していること。しかも、弱点をちゃんと見つけ出して、その改善に向かって努力するから練習の『質』が高いんです」と、内藤雄士はいう。目先の試合結果よりも、自分自身が理想とするスウィングを長期的視野に立って追い求めているということか。

「松山君の姿は、ベン・ホーガンと重なる感じがします。ホーガンは、あれだけの勝ち星を重ねながら、勝つことよりも理想のスウィングを作り上げることに執着した人物。松山君も、気持ちは同じなんじゃないかと思います。じゃあそのスウィングはいつか完成するのかというと、おそらく死ぬまで完成しない。松山君の中で、常に足りないパズルのピースがあって、そのひとつをはめるために膨大な量の練習をこなす。ひとつがはまったら、また次のピースというふうに努力を重ねてきて、今があるという感じ。その濃密すぎる作業をこれからも続けていくんだと思うと、世界ナンバーワンを目指す道のりの険しさにゾッとします」(内藤)。


松山はプロ入り後、コーチをつけずに自分ひとりで「理想のスウィング」を追求してきた。スウィングに対する深い理解と探求心がなければ、到底続けられない壮大な実験・研究の日々。現在は目澤秀憲コーチとの二人三脚で同じ作業を続けている

実際、松山が内藤にスウィングの話をするときは、「できていること」が話題になることはなく、「ここがよくない」とか、「(別の動きをしようと思っているのに)こうなっちゃう」ということばかり話すという。信じられないことだが、松山の内的感覚としては、我々アマチュアと同じく、「自分はまだ上手くない」と思っているのではないか。

「驚いたのは、あるひとつの課題に対して、『2年間、取り組んでいる』という話を聞いたときです。どんなプロだって、新しい課題に取り組んで、1カ月やって上手くいかなかったら、『自分には合っていない』と判断して、別のやり方を探すのが普通です。ところが、松山君はできるまでやり続ける。2年も続けるというのは、ちょっと聞いたことがないです」と、内藤が明かす。

現在の松山英樹は、気の遠くなるような努力の積み重ねでできている。と同時に、今、この瞬間もその「ゴルフ細胞」が入れ替わり、昨日よりも少し強い、松山英樹に生まれ変わり続けているのだ。

「ジャック・ニクラスが、70歳を超えてもまだ『毎日上達している』と言っていますが、松山君もマスターズに勝って終わる選手じゃないってことだけは確かですね」(内藤)。

ティーオフの4時間前から
試合は始まっている

試合当日、松山の1日はスタート時間の4時間前起床から始まる。「なんだ、そのくらいなら自分も同じだ」と思った人は、起床後のタイムテーブルを見てほしい。起きてすぐのランニングから始まり、食事と移動時間以外は、スタートまでとにかく「ずっと」練習している。

「キャディの早藤(将太)君が朝のランニングに付き合うと、ついていけないくらいのペースで走るらしいんです。そうやって全身に血を巡らせて、頭と体を起こす。タイガー(ウッズ)も長年続けてきたやり方です」と、内藤。

コース入りしたら、パッティンググリーンを経由して、ドライビングレンジへ。ただし、ここで打つ球数はおよそ60球とあまり多くない。

「とくにドライバーの球数がたった5球と少ないのが、アマチュアには参考になる点です。これは、短いクラブの完成度が高ければ、ドライバーも問題なく打てることを熟知しているから。アマチュアが、不安なドライバーをたくさん打って、それでスウィングを崩しちゃうのとは対照的です」(内藤)

【松山英樹の1日(試合の日)】
4:00 起床
4:10 体のケア
4:30 ランニング&トレーニング
6:00 朝食
6:30 コース入り
6:35 パッティング練習
7:00 打撃練習
7:35 アプローチ練習
7:45 パッティング練習
8:00 ティーオフ
13:00 ホールアウト
13:30 打撃練習
15:30 アプローチ練習
16:00 パッティング練習
17:00 帰宅

Q.ラウンド前の練習はどんなことしているの?
A.スタートのぎりぎりまでその日の調子をチェック

スタート前にボールを打つのは、あくまでもその日の調子、球筋を見極めるため。感覚だけに頼らず、動画でもチェックして、スウィング全体のバランスやリズムが崩れていないかを確認することで、平常心でスタートできる

Q.ラウンド後の練習はどんなことしているの?
A.弾道計測器でデータをチェックしながら練習

ラウンド後の練習では、その日のコースでの反省を踏まえ、悪かった部分の「原因」を探り、必要なら修正する。その際、頼りになるのが「トラックマン」などの弾道計測器。自分の感覚と、実際のスウィングの「ズレ」を確認できる

松山英樹 3つのの鉄板メニュー

松山の「片手打ち」は、もはや練習場の風景の一部。

「松山君は、右手のほうが『当たっちゃうから難しい』と言っています。右手は器用な分、手打ちでも打ててしまうと。だから必ず、左手で右胸や右ひじを押さえてやっていますよね。つまり、練習の最初に『片手打ち』をやるのは、体で打つことを確認するためということです」と、内藤。

また以前から、軟らかめのカーボンシャフトが入った7番アイアンでボールを打つ姿をよく見かける。

「軟らかいシャフトは力むと暴れるので、自然とグリッププレッシャーをゆるめて、クラブをプレーンに乗せる振り方になります。とくに朝の練習で軟らかいシャフトは有効で、アマチュアも真似する価値があります」(内藤)。

松山の鉄板メニュー1 片手打ち

【効果】体の回転で打つ感覚を染み込ませる

左右とも、手を使わずに体の回転で打つという点は同じ。わきを軽く締めて腕と体の一体感をキープしつつ、胸の面の向きが変わるように、上体をしっかり回転させて打つ

松山の鉄板メニュー2 軟らかシャフト

【効果】プレーンが安定しリズムが生まれる

グリップに力が入ると、腕、肩も硬直し、切り返しで右肩がかぶりやすい。軟らかいシャフトは力んで、クラブが上から入るとまったく当たらないので、自然にオンプレーンに振れる

松山の鉄板メニュー3 両わき締め打ち

【効果】腕と体の運動量が一致する

テークバックでボールが落ちるのは、腕に対して体の回転量が不足している。切り返しでボールが落ちる場合は、右わきのゆるみが原因。腕と体が同じ量だけ動けば、ボールは落ちない

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • 松山英樹をはじめ、多くのプロが練習に取り入れている“片手打ち”。果たしてどんな効果があるのか。我々アマチュアも取り入れていいのか。正しい片手打ちの方法や、練習する上での注意点などをプロコーチの石井忍氏に解説してもらった。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Kazuo Iwamura THANKS/ジャパンゴルフスクール 解説/石井 忍 多くのシード選手を育成してきた一方で、「万単位」のアマチュアを指導してきた経験も。「練習場で片手打ちをしているアマチュアは、ほとんど見たことがありません」 片手で打つことで役割が明確になる まずは左右の「片手打ち」にそれぞれどんな意味があるのか、石井忍に聞いてみた。「英語で左腕は『リードアーム』、右腕は『トレイルアーム』と呼ばれるように、左腕はクラブを引っ張ってスウィングをリードする役割、右腕はそれに追随しつつ、クラブが軌道を外れないように舵取りする役割です。片手ずつだと、それぞれの役割をしっかり感じられるので、両手で打つときも左右の腕に役割分担をさせながら振れるのが、『片手打ち』の最大の効果です」と石井。アマチュアの多くは、どちらの腕も機能不全を起こしていて、それを相互に補うことで、ごまかして「アバウト」に打っているとのこと。プロたちは「片手打ち」練習で、左右の役割を緻密にチェックしているのだ。 左腕=クラブを引っ張るリードアーム 左手は切り返しから「ずっと引っ張り続ける」ことが大事。左足の踏み込みからスタートし、腰、胸が回って、左腕が引っ張られる。左腕を先に振ろうとしたり、左腕の引っ張りが足りないと、「手打ち」になってしまう 右腕=軌道を整えるトレイルアーム 右腕は、右ひじが右のあばら骨に常に接していて、体の回転にずっとついていくことが最重要。右ひじが体から離れた状態で体が回ると、ヘッドが正しくボール位置に戻らず、うまく当てることが困難になる 右手打ちは右ひじのポジションが最重要 松山英樹は、右手打ちの練習のとき、左手で右ひじを軽く体に引き寄せながら打っている。この動作の意味は? 続きを読む 「右手は右ひじのポジションが最重要なので、ひじが正しい位置から外れないようにするために、左手を添えるというのはとてもいい方法です」と石井。『右ひじの正しいポジション』とは、右前腕を暴れさせることなく、いちばん力を出せるポジションのこと。「たとえば腕相撲。力を出そうと思ったら、誰でも右ひじを少し絞って内側に入れるはずです。ひじが体の外に外れていると、体の力を使えなくなりますが、ひじを内側に入れることで、体の力が右前腕まで伝わります。ゴルフの場合も、右ひじを正しいポジションにセットすることで、腕と体がコネクト(連動)して、体の回転でクラブを操作することができるようになります」松山はウェッジを使うが、アマチュアの場合、スウィング作りに使う番手で、打球の行方より『体の使い方』にフォーカスしてやると良いそう。 右手打ちのポイント1上腕を外旋させ、前腕を内旋 腕を前に真っすぐ伸ばし、手のひらを上に向けると上腕(ひじから肩の部分)が最大限に「外旋」する。その状態でひじを体に密着させ、前腕(ひじから先の部分)だけを「内旋」して構える 右手打ちのポイント2後方から見て腰の高さで手とヘッドが重なる ひじの位置を気にするあまり、ヘッドを極端にインサイドへ上げるのはNG。右腕の外旋・内旋を維持したまま始動することで、写真のヘッド位置に収まりやすい。鏡を見ながらチェックしよう 右手打ちのポイント3手を返す意識は必要ない インパクトまでは右手首の角度を保って、体の回転でヘッドをボール位置まで下ろしてくる。その後も手を「返す」のではなく、体が回転し続けることで、自然にフェースは閉じていく 左手打ちは動かす順序が大事 左腕での「片手打ち」は、アマチュアがやってもボールに当たらないか、当たったとしても正しい体の動きになっていないことが多い。「左片手打ちには、切り返しでの左足の踏み込み、そこから腰、胸、腕と回転が伝わっていく動き、さらに左ひざを伸ばして回転を加速させる動きなど、スウィングの重要な部分が詰まっています。つまり、それらの要素がない、形だけの左片手打ちは、何の効果もないということです」と石井。松山の左片手打ちを見ると、足→腰→胸→腕という『正しい』連鎖に、クラブが追従するように動いていることがわかる。「野球のピッチング動作は、まず左足を踏み出すところから、すべての動きが連鎖していきます。左腕がスウィングをリードするのにも、この下からの運動連鎖が不可欠。それを確認するのが、左片手打ちというわけです」(石井) 左手打ちのポイント1手は常にお腹の前から外れない 左腕は、アドレスのときから左わきの下で胴体とのコネクションを感じることが大事。スウィングのスタートは体幹部の回転から。体の回転と連動して、左腕が上がっていくのが正しい。グリップエンドをお腹につけながら振るとわかりやすい 左手打ちのポイント2ダウンは左足の踏み込みから 切り返しのスタートは左足の踏み込みから。左足の裏に垂直に力を加えるイメージで、ひざから下が真っすぐになるのがポイント。左足→骨盤→胸郭(胴体)→腕と動きが連なっていく 左手打ちのポイント3当てて終わるイメージで良い インパクトでは腹筋に力が入って、体全体でボールを打つ感覚が必要。体幹を使って打つのが、この練習の最大のポイントなので、それさえできれば、無理にフォローを出そうとしなくてよい 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より
  • タイガーやマキロイ、デシャンボーといった強い選手のスウィングをお手本にしたいが、フィジカルが違いすぎるから参考にすべきでない、という意見もよく耳にする。果たしてトッププロのスウィングはマネしていいのか、いけないのか。マネするならどんな部分を参考にすればいいのか。江連忠、内藤雄士、永井延宏、中井学の4人の一流コーチに話を聞いた。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa かつてはアダム・スコットがタイガーのスウィングやパッティングをお手本にしていたし、全米女子オープン覇者、笹生優花がマキロイのスウィングを研究してきたのは有名。では、我々普通のアマチュアもタイガーやマキロイ、はたまた飛ばし屋・デシャンボーのスウィングをマネしてよいものか。内藤雄士コーチや江連忠コーチは、“完コピ”は無理だし、デメリットもあるが、参考にできる部分はあるという。また永井延宏コーチは次のように指摘する。「こういう話で絶対に出てくるのが年齢や体力、体型との関連。でも、基本的にそれはバイアス。それを言った時点でその人は進化できません。タイガーみたいなトレーニングが必要ということではなく、今の自分にできることを目指す時の目標としてタイガーやマキロイのマネをすることは否定されるべきではない。若い人の動きは僕の歳や体力ではできないと思わないことです」中井学コーチは「プロはまず一番やさしい方法を考えますから、それが参考になります。たとえばタイガーは昔バンカーショットが苦手だった。そういう人が何をもって上手くなるのかという観点も大事。デシャンボーも皆さんは飛ばすことばかり考えるからそこに目がいきがちですが、ショートゲームにこそヒントがある。飛ばさない方法をマネしたほうがいい。もちろん、ショットをマネしてダメということはない。楽しいですしね。ただ、形を真似したからといって同じスピードは出ないことは認識しておいたほうがいい。できることからやるほうが効率的ですよ」 タイガーやマキロイ、デシャンボーのスウィングを真似してもいい? 「力んでしまうデメリットがある」(江連忠) 「タイガーやマキロイを手本としてイメージすると、パワーがあるからすごく力んでしまうデメリットがある。でも、あれだけ速く振れるのはスウィングがいい証拠。アマチュアだからあんなふうに振れないとは考えずに、理想形として参考にしてみてください」 「“振り切る”を参考に」(内藤雄士) 「一般アマチュアはカリスマ性があったり飛距離が出る選手に目がいくことが多いでしょう。もちろん、そのスウィングをコピーするのは無理です。しかし、上体と下半身のギャップをつくって振り切る、自分の運動能力の範囲でできるだけ振り切る、という部分は参考にしてください」 「“仕組み”の部分をマネしてほしい」(永井延宏) 「車に例えると、F1のマシンの性能のフィードバックで乗用車の性能が向上したりしますよね。細かい部品の性能をF1で試し、軽自動車に搭載される流れなどもある。外見的なイメージをマネするのではなく、“仕組み”の部分でマネすべきです」 「ショートゲームにヒントがある」中井学 「たとえばタイガーは『バンカーはドロー系で打つ』と言っていた。インサイドから入れるほうが、シャローになるし、ヘッドのターンも意識できる。僕もマネしてバンカーだけでなくショットのスピン量も減り、イメージが良くなった。またデシャンボーは、ドライバーは水平に振るイメージだがウェッジは縦に使う。クラブの長さが同じでも、飛ばす番手と飛ばさない番手ではスウィングを変えているんです。アプローチはパターを打つ感覚で体を縦に使えば飛ぶスウィングにならないことが気づきました」 「稲見萌寧は今のクラブに合った現代的スウィングの代表」(永井) 続きを読む 「しなやかさなどの質感みたいなものではなく、力学的な仕組みを理解してほしい。質感をマネたことで仕組みもよくなることはありますが、自分がどんな仕組みを目指すか考えることは大事です」と永井コーチ。その“仕組み”から考えて、今、お手本にできる女子プロを挙げてもらうと「今のクラブに合う現代的スウィングなら稲見萌寧選手。理にかなった仕組みで構築されている。『現代型』とは、クラブの遠心力が体を追い越さないスウィングです。クラブを自分が引っ張り続けるスウィング。『従来型』は、遠心力が体を追い越していくスウィング。代表的なイメージが宮里藍選手や植竹希望選手。フォロースルーで手が伸びて体と遠心力が引っ張り合いダイナミックでカッコよく見える。でも、アマチュアは遠心力を上手くさばけずミスの原因にもなりがちなんです。従来型は左の壁や軸をつくって、遠心力をコントロールして体の正面で打つイメージですから、クラブがトウダウン方向に開く力が働き、それをスクエアに戻す技術が必要になる。上級者は工夫や感覚でカバーできますが……。対して現代型はとにかく動き切る。コツは左サイドを止めないこと、左ひじを支点として使うこと。体の仕事量が大きいので効率よく飛びます」 稲見萌寧「遠心力が体を追い越さない。左サイドを止めない」 現代型は、左サイドは止めずに自分がクラブを引っ張っていき遠心力をコントロール。クラブの力がトウダウン方向に働かないので大型ヘッドでもスクエアにロフトが立って戻ってくる。「インパクトロフトの管理をしやすい。これが再現性の高さの力学的答えです」  「パワーはなくてもタメはつくれる。植竹希望が参考になります」(中井) 女子プロは飛距離が自分に近いからと安易にマネするのは危険だと中井コーチ。「女子をなめてはいけません。女子のほうが絶対的に体がやわらかい。160㎝くらいの選手が柔軟性を使いシャープに振って男子顔負けの距離を出す運動効率は素晴らしい。筋トレをして筋肉をつけるほうがラクかも」と言いつつ、「今回は男性的なスウィングをしている植竹希望選手をお手本にあげましょう。彼女はたぶん男子プロ、とくに外国トップ選手のスウィングからヒントを得てるのでは。海外のユーチューブなど見て研究していそう。ベン・ホーガンにも見えます。具体的には切り返しがいい。ここまで下半身の踏み込みで切り返してくる女子選手はいません。だからタメができる。笹生優花選手も若干反動を使いゆさぶる感じで振りますが、彼女は無理やり揺さぶってくる感じがないので軌道もすごく綺麗です。もちろんアマチュアにもできますよ」練習はシャドースウィングがいいと中井。「球を当てる意識はないほうがいい。動画や連続写真を併用しながら、植竹選手の切り返しからダウンの形をマネしてみる。たとえばダウンの手首の角度をマネるだけでなく、その角度でインパクトまでキープするにはどうするか考えることも必要です」 植竹希望「下半身からの踏み込みで切り返してくる」 「タメは力や手首のやわらかさが必要だと思う方は多いでしょうが、彼女がそれは関係ないと教えてくれている。切り返しでの下半身からの踏み込みに注目。カッコいいスウィングです」 「お手本は“好きなプロ”という基準で選ぶのもあり」(江連) 「ベン・ホーガン、サム・スニード、タイガー・ウッズ、ニック・ファルド、ニック・プライス……。スウィングプレーン、スウィングが綺麗な人ならプロアマ問わず誰でもお手本になります」と江連コーチ。しいて言えば女子プロがおススメだというが、「女子は基本的に体を精一杯使っていて、スウィングプレーンもいいし、力みも少なくあまり曲がらない。ヘッドスピードが40㎧前後でボールが曲がるようなら、どこかに力や硬さ、ポジションが間違っているなど問題があるはず。女子プロと一般アマでは可動域が違うから手本にならないと反論されそうですが、可動域が狭くて参考になるプロはいない。アマチュアの方も頑張って可動域は大きくするしかないんです」体型や年齢が近いのも、リズム感が似通っている可能性があるので選ぶ基準としてはいいが、何より「好きなこと」が肝心だと江連。「可愛いから吉田優利、スウィングがカッコいいから上田桃子、というように、好きなプロだったら誰でもいいです。目から入る情報は大きいし、あるプロを手本にするというのは勝手に弟子になるわけで、師弟関係は相性もとても大切な要素。いくらいいスウィングでも、個人的に好きになれない人を手本にしないほうがいいんです」マネする注意点はスローの映像をなるべく見ないこと。「練習量が少ないアマは形にとらわれて動きが硬くなる。スローで見たいなら自分も素振りしながら。動きのポジションを確認します。素振りはたくさんやってほしい。力を抜いて、軽く速く大きく。一番エネルギー効率がいいですし、今できる範囲で最大限頑張ることができます」 ルーティンや仕草もマネしよう スウィングやリズムだけでなく、アドレス前のルーティンからフィニッシュ後まで、仕草、所作などもマネしたい。「ニクラウスは『ショットの成否は打つ前に90%は決まっている』と言っています」(江連) 「スライスを直したい人はフェードヒッターをお手本にしないこと」(内藤) 自分がよくやるミスと反対の球筋のプロを参考にする方法があると話す内藤コーチは、「右に打ち出してさらに右へ曲がるプッシュスライスのミスが出る人が、フェード系のプロを手本にしても直りません。稲見萌寧選手などはスウィングも素晴らしいですが、フェードボールが持ち球なのでフィニッシュを低いところへ抜いている。プッシュスライスの人がそこをマネしてもスライスがひどくなるだけ。スライスが持ち球でスコアも悪くない人ならブラッシュアップする意味で稲見プロを手本にするのはいい。しかし、カット軌道で悩む多くのアマチュアには、ドローボールが持ち球の手嶋多一選手、深堀圭一郎選手などインサイドから高いフィニッシュに振り抜くプロのほうが手本になります」ドローヒッターは女子プロにも多いという。「アマチュアは体が柔軟な女子プロほど捻転差をつくれないので、フェースの向きやクラブの軌道を手本にしたほうがいい。また女子はドローヒッターが多いのでストロンググリップが目立つ。ボールをしっかりつかまえたいなら参考になるポイントです。ただし、ボールがつかまりすぎて困っている人は稲見選手のようなスクエアグリップを参考にしましょう」写真や動画を参考にする際は、球筋も含めスウィング全体が見える飛球線後方から見たほうがいい。「とくにシャフトがどう動いているのかに注目しましょう。いずれにせよ、自分がどういう球筋を打ちたいのか、そこを明確にして手本を選ぶことが大切です」 ドローヒッターのフォローを参考に “脱スライス”を目指す人に。「ドローヒッターは、切り返しのポジションより高いところにフィニッシュが抜けています」 2年連続賞金王の今平周吾「お手本としては最高」(江連) 「その時代で一番強い人が手本として頭に浮かぶのは当然。今なら今平周吾。クラブを短く持つところも、ミート率アップの参考になります」(江連)「トップで両足が正面を向いたまま捻転するのはアマチュアには難しいが、左足を少し左に寄せ、腰も少し右に回せば、胸だけは今平選手同様にトップで右を向かせられる。そのまま切り返してクラブを下ろせば、カット軌道にならず引っかけやスライスを直せます」(内藤) シニアプロのスウィングも参考になる 「メカニカルに考えたいなら髙橋勝成さん、しなやかに打ちたいなら羽川豊さん、小柄な人なら井戸木鴻樹さんをお手本に」(江連)「可動域が狭くなり飛距離が落ちても技術でカバーできる。地道なトレーニングの話も聞きます。ゴルフに向き合う姿勢や考え方なども学んでほしいですね」(内藤) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より
  • PHOTO/KJR 東京五輪で惜しくもメダルを逃した松山英樹だが、病み上がりでの大舞台でマスターズ王者らしい戦いを見せてくれた。そんな五輪での松山の戦いぶりについて、内藤雄士コーチが技術面から分析! 解説/内藤雄士 日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。今は高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立し、ゴルフ指導、ゴルフアナリストとして活躍 5Wが新たな武器になるか 3日目まで良かったパットが最終日のバックナインに入って決まらなくなった。最終日のどこかでラインのズレが生じ、それを引きずったのかもしれません。これは本人のみぞ知る部分で、いちばん悔しいのも松山選手。病み上がりの状態でも、最後までメダルを争ったのはさすが。狙えるときはアイアン力でバーディを奪い、ピンチは引き出しの多いアプローチでボギーは打たない。松山、X・シャウフェレ、C・モリカワ、R・マキロイ、P・ケーシー…… 世界トップの共通点はボギーが圧倒的に少なく、ダボは絶対に打たない。それを改めて感じさせる大会でした。 続きを読む 今回、アイアンとショートゲームに加えて、5月から投入した5Wが霞ヶ関のセッティングにマッチした印象です。コブラ(ラッドスピードツアー/ベンタスブラック・10X)の5Wは、ティーショットやフェアウェイだけでなく、ラフからも活躍していました。見た限り、やや短尺に組んでいる様子で、得意のアイアンの延長線上的な使い方をしていましたね。最終日14番の2オンもこのクラブ。霞ヶ関のラフはフライヤーしやすく距離のジャッジが難しいのですが、スピン量の安定度など事前にチェックして投入した結果だと思います。これからバッグに入り続けるかはわかりませんが、大きな武器になっていくはずです。スウィングはマスターズ優勝の際に報道されたように低重心のフラット軌道が板につき、アームプレーンとヘッドプレーンは、よりシンプルな軌道を描いています。来年のメジャー、そして3年後のパリ五輪でも日本のエースとしての活躍を期待します。 スピンが安定する5Wあらゆる場面で活躍 世界のトップは簡単にボギーを打たずダボは絶対回避 イーグルバーディボギーダボX・シャウフェレ(優勝)22170松山英樹(4位T)02160C・モリカワ(4位T)11960R・マキロイ(4位T)12180星野陸也(38位T)01552シャウフェレと上位の実力者3人、そして星野陸也の4日間のスコア詳細。内藤コーチの指摘のとおり、上位4人で最もボギーの多いマキロイが8つ。ダブルボギーは全員ゼロ。対して星野は2つのダブルボギーが響いた。バーディやイーグルを取る力も重要だが、それ以上に簡単にはボギーを打たず、ダボは絶対に叩かない、というゴルフが世界で戦ううえで求められる 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p33579/