Myゴルフダイジェスト

【名手の名言】尾崎将司「ゴルフは“心・技・体”ではなく“体・技・心”の順なのだ」

レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、日本のゴルフ界を一変させた革命児「ジャンボ」こと尾崎将司の言葉をご紹介!

ゴルフは「心・技・体」ではなく
「体・技・心」の順なのだ

日本のゴルフ界を一変させた男がデビュー以来、言い続けている言葉である。

尾崎が現れるまではプロゴルファーは『職人』の世界であった。ところが、プロ野球界から身を転じた尾崎は強靭な肉体を駆使して、当時のパーシモンで300ヤードをかっ飛ばし、ジャンボと命名され、それまでの規格をすべて変えたのである。

結果、ゴルフ人気は沸騰し、トーナメントは毎週おこなわれるようになった。日本ゴルフ界に革命児が誕生した。

「体がまずなければ、高度なスキル(技術)も獲得することはできない。技術的に未熟なやつがいくら精神的に強くても、トーナメントに勝つことなどできはしない。まずゴルフをやる土台の『体』がなければ大成はできないんだよ」

日本のプロゴルファーがワザを重んじる職人だったのに対し、パワーと高度なスキルを競うスポーツプレーヤーとしてのアイデンティティを確立した言葉であった。

その言葉の通り、昨今のゴルフ界では「体づくり」が重視され、プロゴルファーだけでなくアマチュアゴルファーであってもゴルフのための体幹強化、筋力アップ、練習後のケアなどが当たり前になりつつある。

プロゴルファーは男女問わず4日間戦える体を作るために体重を増やすことさえトレーニングの一環となっている。「まずは戦える体を作る」日本ゴルフ界の革命児“ジャンボ尾崎”が言った通りになった。尾崎には当時からそんな未来が見えていたのかもしれない。

上手いゴルファーより強いゴルファーになれ

2008年、尾崎は当時17歳で1億円プレーヤーとなった石川遼にこの言葉を言った。

高校生であった石川遼は2008年のツアー前半は予選落ちを繰り返していたが、それは「急がば回るな!」という石川のモットーどおり、守ることなく攻め続けた結果だった。

そんな石川に「小さくまとまるな、ドライバーを目一杯振って攻めろ、今はゴルフの器を大きくするときだ」とエールとして贈った言葉がこの「上手いゴルファーより強いゴルファーになれ」である。

この年の日本オープンが象徴的だった。最終日、優勝し25勝目を挙げ永久シードを獲得した片山晋呉がドライバーを一度も使わなかったのに対し、石川はドライバーで果敢に攻め続け、4打差ながら2位まで追い上げた。実際石川はこの日のベストスコア「69」をたたき出したのだ。「安全」を突き抜ける破壊力のゴルフがそこには見えた。

プロデビューしてからずっとそうであった尾崎は、石川と自身が重なったのかもしれない。 プロ入り1年目だったその年、石川は2勝し獲得賞金も1億円突破の史上最年少記録を更新。そしてまもなく75歳を迎える今もなお、尾崎は笹生優花や原英莉花、西郷真央といった「強いゴルファー」を育み続けている。

尾崎将司(おざき・まさし)

1947年、徳島県に生まれる。幼年時から野球に熱中し、海南高では投手、4番バッターで甲子園選抜で優勝。卒業後プロ野球・西鉄ライオンズに入団するも芽が出ず、プロゴルファーへ転進。70年プロテスト合格。そこから天賦の才能は花開いた。05年10月の段階で勝利数113(海外1回)。賞金王になること12回。圧倒的な数字を残している。

こちらもチェック!

  • ハートフルな作風が感動を呼ぶやまさき拓味氏が、かつてゴルフコミック誌「ボギー」で連載していた読み切りシリーズ「ゴルフの花道」。わずか26ページの中で表現される珠玉の物語は、涙なしに読むことは難しい。本日から全6話をMyゴルフダイジェストにて毎日公開。第4回は「地球最強のゴルファー」。主人公はあのレジェンドを彷彿とさせますが、もちろんフィクションです! 後編へつづく 「地球最強のゴルファー」後編はこちら まだまだある! 無料で楽しめる名作ゴルフ漫画 こちらもチェック!
  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、エリエールレディスでツアー4勝目を挙げた原英莉花のセッティングに注目。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa 原英莉花はらえりか。1999年2月生まれ、神奈川県出身。湘南学院高校を経て、2018年プロ入り。20-21年ドライビングディスタンス257ヤードで1位獲得。通算4勝 なかなか勝てなかった2021年。最終戦前週のエリエールレディスが初勝利。最終日17番で2オン&イーグルを決めて抜け出した、飛ばし屋の原英莉花らしい勝ち方だった。そんな原のクラブ選びのこだわりについて、ミズノのツアー担当の笠原さんに話を聞いた。まずはドライバーから。「ヘッド形状は、構えたときの座りが良く、フェースが左を向いていないものが前提です。長さはしばらく46.5インチでしたが、秋に46インチをテストして日本女子オープン以降、この長さ。シャフトは振りやすく、全体にしっかりしていて中間部がしなり、つかまりのいいモノ。高弾道のストレートに近いドローが出る性能が好みです。『ST-Xプロト』ヘッドはマスターズGCで使用して、多少の調整を入れたうえで使っています」アイアン型UTの『FLI-HI』は、「イメージどおりのボールが打てる確率を上げたい」と組んだ2本。「ロフトを少し立ててあります。原選手はウッド型よりもアイアン型UTがしっくりくるタイプ。6番からPWの『921ツアー』アイアンもロフトを少し立て、ライ角はフラット。ドライバーを短くした流れで、アイアンも0.25インチずつ短くしました。その関係でバランスが軽くなったのでバックフェースに鉛を貼って調整しました」全体を通じて言えるのは、「ドライバーからウェッジまで同じ感覚でスウィングできること」が基本。「新しいドライバーを試す際も、他の番手を打ちながらヘッドやシャフトに違和感はないか、必ずチェックします」新しいクラブを試すときは、単体での良しあしだけでなく、他の番手との整合性も勘案する。我々も参考になる原英莉花流テスト方法だ。 46.5インチを使っていたが、日本女子オープンから46インチに。手元剛性が高く、中間部がしなる振り心地のいいツアーADのGPを装着。高弾道のストレートに近いドローが打ちやすいという JPX921シリーズの中で、重心距離が最も短く操作性が高いJPX921 TOURを愛用。シャフトはN.S.プロ850GH neo、バックフェースに鉛を貼って振り心地を微調整。4番と5番はミズノプロFLI-HI 52度と60度のウェッジはキャロウェイの『JAWS フォージド』「2021年のアクサレディスから使用開始しました。その後もオフセット具合やソールなど微調整を繰り返して最終戦まで使用しました」(キャロウェイツアーレップ・程塚さん) トゥーロン サンディエゴのヘッドをベースに、ネックをロングスラントにした限定モデル。ソールには20グラムのウェートを装着。「構えたときのネックの見え方が気に入っています」(原) 原英莉花の14本 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より 「プロスペック」バックナンバー こちらもチェック!
  • 今冬も厳しい寒さが予想されるが、それでもゴルフはやっぱりしたい! 冬はラフが短いぶんやさしい面もあるが、硬い地面に強い風、寒くて体が回らないなど、難しい要素もたくさん。しかし、ちょっとしたコツさえ押さえておけば、冬でもいいスコアで回ることができる。そこで今回は、冬ゴルフで役に立つオススメ記事をピックアップ。ラウンド前にチェックしておこう! 冬ゴルフの必須テクニック ラウンド術&ギアの工夫 ストレッチ&ウォームアップ
  • マスターズ優勝後、7月にコロナ感染、病み上がりで出場した東京五輪でメダル争い。そして10月のZOZOチャンピオンシップでツアー7勝目を挙げるなど、激動の1年間を走り抜けた松山英樹。まもなく30歳になる彼は、いま何を考え、そしてどこに向かっているのか? 心の内をじっくりと語ってもらった。 PHOTO/Takanori Miki、Taku Miyamoto 松山英樹1992年2月25日生まれの29歳。2010年のアジアアマで優勝し、11年のマスターズでローアマに輝く。13年にプロ転向し、国内ツアー賞金王に。14年から米ツアーに本格参戦し、メモリアルトーナメントで初優勝。21年のマスターズで日本人初のメジャー制覇を遂げ、同年10月、日本開催のZOZOチャンピオンシップを制して、米ツアー7勝目を挙げた 「ああ、もう勝てないのかな」正直そう思っていました GD 2017年以降、4年近く勝利がないなかで、4月のマスターズで悲願のメジャー優勝、そして10月にZOZOチャンピオンシップでも優勝し、ツアー7勝目を挙げました。いろんなことがあった1年だったと思いますが、それまで勝てなかった日々を振り返ってみて、いまどんな心境ですか?松山 勝てない時期の最初の1、2年は正直「まあ勝てるだろう」って高をくくっていて、楽観的に考えていました。でも19年、20年になってもなかなか思うような成績が出なくて、コロナ禍になる前、2週連続トップ10に入ったのに(20年3月)、そこで勝てなかった時点で、「あぁ、もう勝てなくなるのかな」と思っている自分がいました。それはコロナ中断明けの試合でも続いて、BMW選手権(20年8月)で上位争いしましたが、そのときも優勝争いをしている感覚はあまりなかった。必死につないで、つないで、なんとか優勝争いしている状態で、ただそこにいるお客さんのような感じでした。GD その「勝てない感覚」に、いつ変化が訪れたのですか?松山 ヒューストンオープン(20年11月)で2位になったときに、「まだ気持ち的に争っている」というのを久しぶりに体感しました。まだ勝てる可能性があるなと。でもその後21年になっても、状態が悪くないのに予選も落ちるし、トップ10にも入れないのが続いて、「なんでだろう」ってすごく考えていました。GD 4月のマスターズ前にそこに変化が訪れたということですか? オーガスタに入って突然の光明! 何があった? 松山 そうですね。オーガスタに入って、前の週にやっていたことと、その前の週にやっていたことがすごくマッチしたんです。オーガスタで練習をしていくなかで、頭の中がすごくクリアになってきて、自分への期待度もどんどん上がっていたんです。「勝てるかもしれない、勝てなくても絶対に上位にいる、優勝は争える」って。いつもなら練習ラウンドも1.5や2ラウンドはするんですが、試合前日も練習ラウンドはしないで練習だけで終わりにしたんです。コースも知っているし、自分の状態を上げることに専念しようって思いました。それが結果的に良かったですね。 オーガスタに移動した瞬間全部がつながった GD 優勝を狙えると思えるようになったのは、スウィングが安定してきたということですか?松山 そうですね、考えることが少なくなったというのがいちばん大きいですね。今までだったらスウィングのことを考えるだけでなく、そこにプラスして球筋を考えていたんですが、あの週は考えることが本当に少なくなっていました。GD 具体的にどのぐらいクリアになっていたんですか。松山 昨年から目澤さん( コーチ)と一緒にやり始めて、目澤さんの言っていることもすごくよくわかりますし、そこに取り組んできたんですけど、一方で自分をなくしている部分もあるのかなとも思っていたんです。それが何の拍子かわからないですが、マスターズ前週のテキサスオープンで時間をかけて練習をしていたら、なんかいい感じだなというのを見つけて。その試合はダメでしたけど、オーガスタに移動した瞬間に、「ああ、だからこうなるんだ」とパターまで含めて全部がつながっていく感じがあったんです。だから、「あ、戦えるな」って。GD 目澤さんが話すようなGC4(弾道解析器)などで測っているデータと、スウィングがマッチしてきたということですか?松山 そうですね。取り組んできたことと自分がやっていることがすごくハマったというか。頭で考えていることを体でうまく表現できるようになって、クラブを上手く扱えるようになったんです。 GD そうなると、マスターズの4日間は、スウィングをシンプルに考えていたということですか?松山 そうですね、けっこうシンプルでした。クラブを上げるときは、ここ(テークバック)とリズムだけという感じでした。意識していたとしても、1カ所、2カ所……、あっても3カ所ぐらい。GD ちなみに普段はどれぐらい考えているんですか?松山 んー、何個かな。アドレスだけで多分4つぐらいある(笑)。GD そんなにあるんですか。松山 まぁでも、それがどんどん減っていけばいくほどやっぱり調子が良くなるんです。考えることが1、2個だったら、すごくシンプルですから、それは調子がいいって発言になると思います。なかなかそういうふうにはならないですけどね。GD ZOZOチャンピオンシップのときは、調子が良くないと言っていましたが、そのときは考えることがいっぱいあったと。松山 いっぱいありましたね(笑)。でも、考えることがあるなかでも、最終日に向けて徐々に減りつつあったかなとは思います。 「良かった、腹が立つんだ」 GD マスターズに勝って、自分の中で心境は変わりましたか?松山 うーん、どうですかね。変わったと言えば変わったかな。3週間クラブ握らないとか今までなかったですからね。今回もZOZOで優勝してからまだ1回もクラブ触っていないですし、そういうことが平気でできるようになっています(取材はZOZOから2週間後)。GD それはプラスなことですか?松山 絶対マイナスでしょ。体を休めるには必要な時期だと思っていますが、でもさすがにちょっとやばいかなと。GD 目標だったメジャー優勝を遂げて、燃え尽きてしまったような感覚はありますか?松山 そうなるんじゃないかと、自分でも心配していました。でも、マスターズ優勝後、最初に出場した試合で(AT&T)、結果が出なくて腹立っている自分がいて、「ああ良かった、自分は変わってなかった、腹が立つんだ。やっぱりゴルフが好きなんだ」と思ったんです。そこで「勝ったからいいや」って思うようだったら多分ゴルフをやらなくなっていたはず。でも本当に腹が立って、イライラしながら練習もしていたし、その姿を客観的に考えて、「ああ良かった」と思いました。GD それまで「メジャー優勝」だった目標は、その後どう変わりましたか?松山 ツアー6勝目をマスターズで挙げて、ZOZOで7勝目も挙げたので、K・J(チョイ)さんに並ぶ8勝目を挙げることが、いまは一番近い目標だと思っています。丸山(茂樹)さんが持つツアー3勝という数字を抜いたときに、「早くK・Jさんの数字を抜けよ」って言われていたので、すごく意識していました。無理じゃないかと思うこともありましたが、あと1勝で並ぶところまできたので、それを早く遂げたいなと。 GD 22年はマスターズのV2もありますが、どんな戦い方を考えていますか。松山 早いうちにもう1勝して、シーズンを楽にプレーしたいですね。もちろんオーガスタでもう一回勝ちたいですし、それに向けてどういうスケジュールを組むか考えなきゃいけないと思っています。GD マスターズに向けてピークを作っていくと。松山 毎試合、山のてっぺんだったらいいんですけど、「ピークから下がったときどこにいるか」がすごく大事なので、そこの基準が上がれば、調子が悪くてもパーッと勝てるかもしれないと思っています。GD マスターズの勝算は?松山 正直ないですね。そこはコンディション次第で、すごく変わると思っています。それこそ一昨年のマスターズ(20年11月)みたいに20アンダー出るセッティングだと、僕にとってはしんどい。10アンダーから15アンダーぐらいのセッティングだったら勝負できるかなと思っています。13番ホールは距離が延びると思うし、天気次第でスコアがどれぐらい伸びなくなるかも変わりますからね。でも、たとえどんな天候だとしても、20アンダーの世界になったとしても、そこについていけるようなプレーはしたいと思っています。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • 2020-21シーズンの国内男子ツアーが終了し、米国のチャン・キムが1億3000万円近くを稼ぎ賞金王に輝いたが、1億円の大台を初めて超えたのは36年前の中嶋常幸だった。 1985年に中嶋常幸が達成 春先のダンロップ国際オープンで最終日に首位でスタートしながらも陳志忠に5打差を大逆転され、翌週の中日クラウンズでも最終日に崩れ海老原清治に逆転負けを喫し、不安なシーズン序盤戦を戦っていた1985年の中嶋常幸。翌週のフジサンケイクラシックでも初日2位と好発進しながらもスコアを伸ばせず3位。あと一歩のところで優勝に手が届かなかった。しかし6月のよみうりサッポロビールで優勝すると、2週後の関東プロでも勝利。後半戦に入ると全日空オープン、日本オープン制し、ビッグマネーの太平洋クラブマスターズとダンロップフェニックスで2週連続優勝。カシオワールド終了時で年間獲得賞金額が初めて1億円を突破し、3度目の賞金王に輝いた。それまでの国内賞金獲得記録は中嶋自身が2年前に作った83年の8551万4183円。前年に青木功の5年連続戴冠を阻止して初の賞金王に輝いた中嶋は、3月に行われたシーズン初戦、静岡オープンで勝利し幸先のいいスタートを切ると、5月は日本プロゴルフマッチプレーを含む2勝、7月に日本プロ、8月には日本プロ東西対抗と5勝を挙げ賞金王レースを独走。9月以降も3勝を積み重ね、年間8勝で2回目の賞金王を連覇で飾った。この年、マスターズでは16位、全米オープンでは26位に入っており、海外獲得賞金を合わせると1983年にすでに1億円は突破していた。青木功も同年2月のハワイアンオープンに勝ち、米ツアー初制覇を皮切りに、念願の日本オープン、そして欧州オープンを制し、最後の日本シリーズで有終の美を飾り、国内外合わせると獲得賞金1億円を突破していた。テレビCMなどを含めると、ふたりの稼ぎは3億円を超えていたといわれている。 83年2月にハワイアンオープンで優勝し、優勝賞金5万8500ドルを手にした青木功。海外での獲得賞金を合わせると、青木と中嶋常幸のふたりが1983年に1億円プレーヤーとなっていた 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より 「もう死んでやろうと、薬局へ行って…」中嶋常幸が明かした壮絶な過去 「ゴルフ初物語」バックナンバー