Myゴルフダイジェスト

【新人インタビュー】植手桃子「メンタルの本を読みあさった」5度目の挑戦でプロテスト合格

毎年20人前後しか合格することができない女子プロテスト。そんな厳しい試練に挑み続けた植手桃子は5回目の挑戦で見事プロ資格を獲得。合格に至るまでの道のり、そしてプロとしての夢を聞いた。

PHOTO/Tsukasa Kobayashi THANKS/北六甲CC

植手桃子
うえてももこ。1997年9月10日生まれ。兵庫県出身。父に教えられ6歳からゴルフを始める。滝川第二高校ゴルフ部では2つ上に堀琴音がいた。高校卒業後、5回目のプロテストで合格。21年のステップアップツアー、京都レディースで自己最高の4位を獲得。156センチ・50キロ。扶和メタル所属

「堀琴音先輩のゴルフを見て
プロを目指そうって思いました」

JLPGAプロテストの合格率は3.3%(2019年度)。しかも開催は年に1度だけだ。そんな狭き門といえるプロテストに挑戦し続け、5回目で合格したのが植手桃子だ。

「諦めずに頑張ってよかったなと思います。高校卒業してすぐの1回目は1次で敗退。すごく甘かったなって今は思います。ろくに練習もしていませんでしたし当然です。でも、心のどこかでイケるかもって思っていたんです。3回目、4回目は自分のなかでは練習量を増やして、いいショットの手応えもあったんです。でも試合になると結果が出せない。思うようなゴルフができませんでした。そこで感じたのがメンタルの弱さです。緊張すると体の動きが微妙に変わってしまって、体が勝手に反応していたんです。そこで迎えた5回目のテストは、コロナ禍が重なり1年延期(実際のテストは21年6月実施)。それがよかったです。その間、メンタルの本を読んで勉強しまくりました。お世話になっている北六甲CCの社長にもいろいろな本を薦められて。本を読んではノートにポイントを書き出し、気持ちの整え方や試合に対する考え方を学びました。あとはアプローチとパットをひたすら練習。もともとショットが好きで学生時代はパーオン率もよかったので、グリーン周りのアプローチが苦手でした。そこでミスしてボギー、ダボが多かったんです。調子が悪くてもパーを拾えるようにアプローチを鍛えました。メンタルとショートゲームの練習、その2つが合格できた要因だと思います」

念願のプロとなった植手にゴルファーとしての夢を聞いてみた。

「滝川第二高校に入ったとき、2つ上の先輩に堀琴音さんがいたんです。当時から上手くて強い選手だった琴音さんとゴルフをしているうちに、私もプロを目指したいって思うようになったんです。まだまだ経験不足、技術不足ですけど、やっとプロになれたのでツアーで活躍できるように一生懸命頑張りたいです。プロテストに合格したご褒美はペット(犬)を飼うことと決めていました。今年のオフに愛犬に出会えるとうれしいですね。ゴルフってすごく楽しい。だからゴルフが大好きです。できるだけ長くゴルフを続けたいし、ギャラリーの前でプレーできることがうれしいんです。まずはステップアップツアーで初優勝を目指します!」

ドライバーの平均飛距離は240Y。得意なクラブはショートアイアンという植手。好きなものは焼肉、嫌いなものはきゅうり、苦手なものは地震とお化け。買い物が大好きで洋服やバッグ、化粧品、アクセサリーには目がないという

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • <JLPGA新人戦加賀電子カップ/グレートアイランドC(千葉)/6625Y・パー72/12月9日~10日> 「JLPGA新人戦 加賀電子カップ」は、12月9日、10日の2日間、千葉県のグレートアイランドC(千葉県)で行われ、18歳の桑木志帆がプレーオフを制し優勝を飾った。 PHOTO/Shinji Osawa 新人戦チャンピオンの称号は、生涯一度のチャンス。今年も合格率3%余りのプロテストの超難関をくぐりぬけた22選手が参加すると、来季の激戦の予兆とばかりの大接戦に。最終日の上位は目まぐるしく入れ替わり、18番でバーディ奪取に成功した桑木志帆と内田ことこのプレーオフに。18番で行われたプレーオフ1ホール目で内田が痛恨の池ポチャ。桑木に軍配が上がった。優勝した桑木は22年のJLPGAツアーの前半戦の出場権をQTでつかんでおり「前半戦で1勝したい」と目標を話す。2003年1月29日生まれの18歳でツアー最年少の桑木。QTのファイナルステージでは、パターを2本入れる“二刀流”セッティングで話題になった。父の正利さんは「会場に入れなかったので、隣のホテルのベランダから見守っていましたが、胃が痛くなるくらい緊張しました」と、娘の明るい様子とは対照的。一方、一歩及ばなかった内田は池ポチャについて「狙った結果。仕方ありません」。応援してくれている地元北海道の人たちに「早く優勝の報告をしたい」と負けても下を向かずキリリ。3%を突破した選手たちのエリートフィールドは12月でもアツかった! 桑木志帆が内田ことことのプレーオフを制して新人戦覇者に <JLPGA新人戦 加賀電子カップ 最終成績> 優勝(プレーオフ)桑木志帆-42位内田ことこ-43位山田彩歩-24位小倉彩愛-15位T後藤未有05位T佐久間朱莉0 優勝直後の本人を直撃! GD 優勝おめでとうございます!桑木 勝ててうれしいんですけど、まだあんまり自覚がないんです。18番にリーダーズボードがなかったので自分がどの位置にいるのかわからなくて。関係者の方が「プレーオフだぞ」って言っているのが聞こえて「あ、私、プレーオフなんだ。マジかー」と思いました。でも、最終ホールでバーディをとっていたので、その勢いで「よし、やるぞ!」って気持ちを切り替えました。GD 桑木プロの強みや弱点は?桑木 自分の特徴は勝負強さ、ピンチから這い上がる力を持っていることだと思います。ドライバーは夏なら平均で260ヤードくらい。アプローチとパターが課題なので、シーズンが始まるまでにしっかり練習したいと思います。あと、好きなものは焼肉。嫌いなものは虫! ゴルフ場なら自分のゴルフだけでいっぱいいっぱいなので気にならないけど、部屋や道にいると「うえー」ってなっちゃいます。GD 今後の目標は?桑木 来年の目標は前半戦で1勝。将来的にはアメリカの試合にも出てみたいです。でも、いまは大学生(倉敷芸術科学大学)なので、授業にも出たいんです。実際にはあまり行けてなくて……。学校にはゴルフ部がないので自分で練習しています。岡山は出身地でもあるんですが、いいところです。なんといっても雨が少ない! 試合で関東によく来るようになって、雨が多いなあと思います。今日は天気がもってくれてありがたかった。これからLPGAアワードなどもあるので、このオフは忙しくなりそう。でもアワードに出席できるなんて名誉だし、うれしいです。 「肉が大好き」という桑木の祝勝会メニューは肉・肉・肉!(撮影:父・正利さん) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • 1度にたった20名しか受からない狭き門であり、受験するだけで多くの出費がかさむプロテスト。今年、7度目の挑戦でついに合格を手にした丹萌乃は、プロテストの受験だけでこれまでに総額300万円以上かかったという。 PHOTO/Hiroshi Yatabe 丹 萌乃たんもえの。2018-2019年は単年登録選手としてレギュラーツアーに出場。岡山県出身の24歳 プロテストの出費はツアーで取り返す 女子ツアーの出場権を得るためには、まず「プロテスト」に通らなければならず、その合格率は3.4%という狭き門。今年、7度目の挑戦で合格を勝ち取った丹萌乃は、喜びよりも安堵感が大きいと話す。「プロテストの雰囲気は二度と経験したくないですね。2015年から毎年受け続け、1打足りなかったのが2回と、悔しい思いもしてきました。今回はプレッシャーで2日目からはほとんど寝られませんでした。覚悟の受験だったので、通過することができてホッとしています。7回のプロテストの受験料やそれに伴う遠征費などで約315万円使いましたが、これはツアーで活躍して取り返したいですね」 超難関と言われる理由 【理由1】合格率4%以下今年の受験者数は614名。その中から合格したのは上位20Tまでの21名。つまり、合格率はたった3.4%【理由2】1次から最終までの長い道のり1次予選から最終プロテストまで約3か月にも及ぶ。プレッシャーとの長い戦いが続く【理由3】受からないとツアーに出られないプレッシャー2020年から、ツアー出場優先順位を決めるQTに出場するためには、LPGA正会員(プロテスト合格)の資格が必須に 「7年間で約315万円使いました」(丹萌乃) ●1次予選/受験料 4万円●2次予選/受験料 6万円●最終プロテスト/受験料 10万円受験料以外にも交通費や宿泊費、プレーフィーもかかるので、受けるだけで多額の出費に 経験者たちが語るこんなにヤバい! プロテストの緊張感 高橋彩華「緊張しすぎて心臓が口から出そうでした」 「緊張はあまりしないタイプですが、プロテストのときはヤバかった。プレッシャーで心臓が飛び出るくらいでした」 三ヶ島かな「おにぎりも喉を通らずオロナミンCを3口だけ飲みました」 福田真未「応援がプレッシャーで携帯を一切見ませんでした」 月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より こちらもチェック!
  • 2021年度の女子ツアー最終プロテストが京都府の城陽CCで4日間(11/2〜5)に渡って行われ、通算4オーバー、20位タイまでの21人が合格。そのうち渋野日向子の母校・岡山県作陽高校出身&在学生が、トップ合格の尾関を含めて4人入った。 PHOTO/Hiroshi Yatabe(代表撮影) トータル8アンダーでトップ合格を果たした尾関彩美悠 2021年度JLPGAプロテスト合格者21人 1位(-8)尾関彩美悠(おぜき・あみゆ) 18歳、岡山県作陽高校3年。158センチ。240ヤードの飛距離を武器にトップ合格。2021年日本女子アマ優勝 2位(-5)髙久みなみ(たかく・みなみ) 20歳、福島県生まれ。明秀学園日立高校(茨城県)出身。160センチ。「ここからがスタート。新たに目標を立てます」。目標とする選手は松山英樹 3位(-2)泉田琴菜(いずみだ・ことな) 22歳、新潟県出身。IMGアカデミー(米国)在学中。160センチ。目標とする選手は松山英樹、不動裕理。ドライバーの飛距離は250ヤード 4位(-1)佐藤心結(さとう・みゆ) 18歳、神奈川県出身。明秀学園日立高校(茨城県)3年。161センチ。ドライバーの飛距離250ヤード。2021年スタンレーレディス2位タイ 5位(0)新真菜弥(あたらし・まなみ) 22歳、兵庫県生まれ。大阪桐蔭高校出身。172センチ。長身から繰り出す平均240ヤードのドライバーが武器。「ツアーでの活躍が目標」 5位(0)丹萌乃(たん・もえの) 24歳、愛媛県生まれ。岡山県作陽高校出身。160センチ。7回目のテストで合格。目標とする選手は宮里藍。2014年四国女子アマ優勝 5位(0)藤田かれん(ふじた・かれん) 21歳、滋賀県生まれ。彦根総合高校出身。163センチ。「ツアーで活躍して、たくさんの方に応援してもらえる選手になりたい」 5位(0)竹田麗央(たけだ・りお) 18歳、熊本国府高校3年。166センチ。目標とする選手はR・マキロイ、D・ジョンソン。2021年日本女子オープンローアマ 9位(+1)村上瑞希(むらかみ・みずき) 20歳、神奈川県立秦野総合高校出身。160センチ。初受験で合格。最後まで諦めない、攻めのゴルフが身上 9位(+1)星野杏奈香(ほしの・あんな) 22歳、埼玉県生まれ。日本大学出身。154センチ。2017年信夫杯日本女子大学選手権個人・団体優勝。「耐えるゴルフに自信あります」 9位(+1)永嶋花音(ながしま・はなね) 20歳、東京都生まれ。日章学園高校(宮崎県)出身。157センチ。「まずは1勝、世界で活躍したいです」。目標とする選手は大山志保、小祝さくら 12位(+2)小林夢果(こばやし・ゆめか) 18歳、埼玉県出身。大宮中央高校3年。167センチ。ジャンボ尾崎アカデミーで練習とトレーニングを積む。目標とする選手は原英莉花 12位(+2)櫻井心那(さくらい・ここな) 17歳、長崎日本大学高校3年。166センチ。「目標は賞金女王です。日本女子オープンで優勝したいです」 12位(+2)川﨑春花(かわさき・はるか) 18歳、京都生まれ。大阪学院大学高校3年。158センチ。ドライバーの飛距離は240ヤード。「つねに上位で戦える選手になりたい」 15位(+3)須江唯加(すえ・ゆいか) 22歳、岡山県作陽高校出身。158センチ。「アプローチとパットが得意で耐えるゴルフが好き。レギュラーツアー優勝が目標」 15位(+3)仁井優花(にい・ゆか) 19歳、大阪学院大学高校出身。163センチ。「ピンをさすショットが武器です」。LPGA山陰ご縁むす美レディース2位 15位(+3)桑山紗月(くわやま・さつき) 23歳、千葉日本大学第一高校出身。165センチ。目標とする選手はR・マキロイ。ドライバーの飛距離は240ヤード 15位(+3)大林奈央(おおばやし・なお) 22歳、兵庫県生まれ、相生学院高校出身。163センチ。「(4回目の受験で)やっと受かってホッとしました。ツアーで活躍します」 15位(+3)天本遥香(あまもと・はるか) 23歳、福岡県生まれ。第一学院高校出身。162センチ。2019年に全米女子オープン出場している 20位(+4)成澤祐美(なるさわ・ゆみ) 23歳、北海道生まれ。岡山県作陽高校出身。160センチ。目標とする選手は渋野日向子。2015年全国高校ゴルフ選手権・団体優勝 20位(+4)宮澤美咲(みやざわ・みさき) 19歳、北海道生まれ。青森山田高校札幌校出身。158センチ。「今までで一番うれしいです。いつも笑顔でプレーします」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Tsukasa Kobayashi 小祝さくらと同郷で同い年、ジュニア時代から互いに切磋琢磨してきた22歳の山田彩歩。4度目の挑戦でついにプロテスト合格を果たした彼女の、これまでとこれからについて聞いた。 山田彩歩やまださほ。1998年11月18日生まれ。北海道生まれ。札幌光星高卒。O型。小祝さくらと同じ年の黄金世代。15・16年北海道ゴルフ選手権団体優勝。14・15年と小祝さくらと一緒に国体北海道代表に選出。19年マイナビネクストヒロインゴルフツアー第7戦で優勝 「夏は北海道、冬は宮崎でキャディの仕事をしながらプロを目指していました」 先月のプロテストに合格した山田。北海道出身でジュニアのころから小祝さくらと切磋琢磨してきた。「北海道でジュニアからゴルフをしていたのは人数も少なくて、どこかの試合に行けば必ず顔を合わせる仲。だから当時からライバルという感覚はなく、どちらかといえば同じ仲間みたいな感じ。さくらちゃんが活躍してうれしいし、私も頑張らなくちゃと、いつも刺激を受けていました」小祝は4年前のプロテストに合格してプロの道を歩み出したが、山田は3度苦杯をなめた。その間、キャディの仕事をしながら練習を重ね、プロテスト合格を目指していたという。「ザ・ノースカントリーGCでキャディとして働きながら、仕事後にラウンドさせてもらっていました。でも冬はゴルフができないので、その間は宮崎のフェニックスCCでお世話になっていました。この4年間で何か変わったという感覚はありませんが、時間の使い方が上手になったかなと思います。高校の頃は進学校だったこともあり、毎日勉強とゴルフでくたくた。夜ご飯を食べながらそのまま寝ちゃうことがほとんどでしたけど、そのころから比べると体力的にも充実しているかな(笑)」出身地の北海道が大好きと話してくれた山田だが、お世話になった宮崎にも愛着があるという。「皆さんすごくよくしてくれて。冬しかいない私なんですが、北海道に帰るときはキャディ仲間やゴルフ場の方が送別会を開いてくれるんです。本当に暖かくて優しい人ばかり。あと、地鶏とかおいしいものがいっぱい(笑)」人を引き付ける魅力溢れる彼女だが、出会う人にも恵まれていると話す。「プロテストが終わってスポンサーさんにご挨拶に伺ったのですが会社についてみると、社員の方々総出で花道を作って迎えてくれて、本当にうれしかったです。ちゃんとスーツ着てきてよかった、と思いました(笑)。北海道や宮崎でお世話になった方もそうなんですけど、本当に人に恵まれているな、と思います」  「すぐに練習に行けるように普段はジャージです(笑)」 今年の11月で23歳を迎える。世間でいえば大学を卒業したばかりで、オシャレや流行に敏感な年ごろだが、普段はジャージを着ることが多いといい、イマドキの女の子像とはかけ離れていた。「とにかく練習時間を確保することが最優先。移動するときも練習場にすぐ行けるようにいつもジャージです。洋服も買うんですけど、タンスに仕舞ったまま一度も着ないことがほとんどです。流行とかにもあまり興味がなく、今はまっている物といえばユーチューバーの『東海オンエア』さんくらい。趣味もあまりないのですが、1回だけ父について釣りに行きました。それが趣味かな(笑)」それほどゴルフに真摯に向かい合っているということは、さぞ練習のムシで、相当追い込んで練習しているのだろうか……。「練習は好きです。でもボールを打つことは楽しいですが、フィジカルのトレーニングは正直あまり好きではないですね(笑)。あと、練習のムシではないです。日によっては数球打って、今日はもういっか~、みたいな日も結構あるし。やるときはとことんやりますけど、メリハリを大事にしています」そんな彼女のプロデビュー戦は、7月22日から地元北海道で行われる「大東建託・いい部屋ネットレディス」。意気込みを聞いてみると。「ここ数年、ゴルフと仕事が忙しくて友達の誘いを断り続けていたら、最近誰からも誘われなくなっちゃって(笑)。みんな就職したからお互い忙しくなったのもあるけど、それでもデビュー戦にはみんな『応援に行く』って言ってくれました。予選を通過して、今までお世話になった人にも活躍している姿を見せたい。目標はシード権獲得。将来的には賞金女王になりたいです」と目標を語ってくれた。愛嬌のある笑顔でこれから人気を集めそうな彼女。また楽しみな黄金世代がプロの仲間入りを果たした。 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月27日号より
  • PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Takanori Miki、Kazuo Iwamura、Bunpei Fukuda(代表撮影) 新型コロナウイルスの影響で延期となった2020年度のJLPGAプロテストが6月22日~25日に行われ、新たに22人のプロが誕生した。その中から、すぐにでも活躍が期待される注目ルーキーをピックアップ。家族やコーチたちの証言から、彼女たちの素顔に迫ってみた。 トップ合格はジャンボの愛弟子 佐久間朱莉(18) ●さくま・しゅり ●2002年12月11日生まれ ●埼玉県川越市出身 ●155cm・52kg、AB型 ●埼玉平成高卒 ●ゴルフ歴/3歳~ ●1W飛距離/240Y ●主な戦歴/18年関東高校ゴルフ選手権優勝、19年国体団体優勝、19年関東女子優勝、20年ナショナルチームメンバー 今春、高校を卒業しゴルフ場で研修生として働いていた。「意志が強く、プレーも練習も淡々とこなすタイプです。とにかく『いつも笑顔で』とは伝えています。悪いときも笑顔でいて、皆さんから愛されるプロになってほしい」(父・浩太郎さん) 短くて重いクラブをマン振りして飛距離アップ 「体が小さくて飛距離が課題でしたが、ジャンボさんの指導で飛距離が伸びました」(父)。短くて重いミニクラブを、ひたすらマン振りして飛距離が20ヤード伸びたという そろって合格! 最強ツインズ 岩井明愛(19・姉) 岩井千怜(19・妹) ●いわい・あきえ ●2002年7月5日生まれ ●埼玉県比企郡出身 ●161cm・59kg、A型 ●武蔵丘短大在学中 ●ゴルフ歴/8歳~ ●1W飛距離/240Y ●主な戦歴/19年トヨタジュニア団体優勝、20年日本女子OP14位タイ、21年パナソニックレディース3位タイ、21年リゾートトラストレディス11位タイ 「さっぱりとした性格で、何事もあまり考えこまないタイプ。ゴルフでも、どちらかというとどんどんピンを攻めていく。脂っこいものや生クリームが嫌い」(母) インパクトで左の壁を作ってその場で回転 「深いトップからわきを締めてインサイドから振り抜く。重心を右に残したまま、その場で回転してインパクト。ドローボールで飛距離が出るので千怜より10Yくらい飛びます」(姉妹を指導する永井哲二コーチ) ●いわい・ちさと ●2002年7月5日生まれ ●埼玉県比企郡出身 ●162cm・59kg、A型 ●武蔵丘短大在学中 ●ゴルフ歴/6歳~ ●1W飛距離/240Y ●主な戦歴/19年国体団体優勝、20年埼玉女子アマ優勝、20年日本女子OP40位タイ、21年明治安田生命レディス37位タイ 「髪が長いほうが妹です。生まれたときに少しだけ大きかったので、今でもちょっと背が高いんです。姉よりも几帳面で思慮深い性格でコツコツやるタイプ」(母・恵美子さん) アウトサイドイン軌道でフェードが持ち球 「フェードが持ち球。アウトサイドインにクラブを下ろし、インパクトからフォローにかけて腰を回転させ、左に体重移動してフェースを閉じています」(永井コーチ) この春、埼玉栄高を卒業し短大生に 「4月から練習環境が整っている武蔵丘短大に進学しました。プロとしての活動も大変だと思うけど、入った限りは絶対に卒業してほしい。今はそれがいちばんの願いです」(母) 渋野日向子を育てた青木翔コーチに師事 上野菜々子(20) ●うえの・ななこ ●2000年7月20日生まれ ●大阪府枚方市出身 ●163cm・57kg、A型 ●東海大付属大阪仰星高卒 ●ゴルフ歴/10歳~ ●1W飛距離/230Y ●主な戦歴/18年エリエールレディス ローアマ、21年サントリーレディス55位タイ、21年オーガスタナショナル女子アマ19位タイ 前回のプロテスト失敗後から青木翔コーチの門下に。「関西人らしく明るい性格。普段から面白い子です。ゴルフIQがすごく高く、真面目。コースの形状や自分の調子に合わせてゴルフを組み立てられる」(青木コーチ) 低く長くボールを押せるインパクト 押せるインパクト「飛距離は出ませんが、ほとんど毎回クラブパスが変わらずスウィングの再現性が高い。フェースの向きが常に一定で、ほとんど曲がらない」(青木コーチ) 上田桃子、小祝さくらと同じ辻村明志コーチに師事 阿部未悠(20) ●あべ・みゆう ●2000年9月27日生まれ ●北海道恵庭市出身 ●155cm、O型 ●第一学院高卒 ●ゴルフ歴/9歳~ ●1W飛距離/230Y ●主な戦歴/19年北海道女子アマ優勝、20年日本女子OP40位タイ、21年パナソニックオープンレディース42位タイ プロを目指し母娘2人で北海道から福岡へ移住。「素直で正直な性格ですが、意思は曲げない。辻村コーチからマネジメントの大切さを教わってゴルフが変わりました」(母) 飛距離260ヤードの飛ばし屋女子大生 桑木志帆(18) ●くわき・しほ ●2003年1月29日生まれ ●岡山県岡山市出身 ●164cm・57kg、A型 ●倉敷芸術科学大学在学中 ●ゴルフ歴/4歳~ ●1W飛距離/250Y ●主な戦歴/17・18年中国女子アマ優勝、20年The “One” Junior Golf Tournament優勝、21年フジサンケイレディス ベストアマ 「サバサバした性格ですがナイーブな一面も。でも決して表情には出しません。昔から飛ばすことに夢中でしたが、緻密さもあって小技も得意」(父・正利さん) プロテスト合格前にすでにプロとして活躍していた3選手 来年からTP単年登録制度がなくなるため、この制度でツアーに出ていた選手もプロテストを受験。見事合格しJLPGA正会員となった3人がこちら。 最後のTP単年登録者 後藤未有(20) ●ごとう・みゆ ●2000年9月29日生まれ ●福岡県北九州市出身 ●157cm・58kg、B型 ●沖学園高卒 ●ゴルフ歴/10歳~ ●1W飛距離/240Y ●今季の主な戦績/20年NEC軽井沢14位タイ、20年ダイクレレディース9位タイ、21年アクサレディス45位タイ 前回のプロテストは1打届かず涙をのんだプラチナ世代。昨年のNEC軽井沢では2日目「66」で首位に立ち、最終日最終組を経験。桜美式の門下生で時松隆光の妹弟子。 ステップ・アップ・ツアー賞金ランク1位 リ・ハナ(19) ●2001年7月26日生まれ ●韓国仁川市出身 ●157cm・55kg、A型 ●白山高卒 ●ゴルフ歴/8歳~ ●1W飛距離/240Y ●今季の主な戦績/20年ユピテル・静岡新聞SBSレディース優勝、20年フンドーキンレディース優勝、21年ECCレディス優勝 昨年のアース・モンダミンでプロデビュー。ステップ・アップ・ツアーですでに3勝を挙げ、目下賞金ランク1位。中国生まれ、韓国育ちのマルチリンガル。 ユピテル・静岡新聞SBSレディースで優勝 フォン・スーミン(26) ●1995年4月7日生まれ ●中国広西省出身 ●177cm・63kg、A型 ●米ヴァンダービルト大 在学中 ●ゴルフ歴/11歳~ ●1W飛距離/230Y ●今季の主な戦績/21年九州みらい建設グループレディース2位、21年ツインフィールレディース11位タイ、21年ユピテル・静岡新聞SBSレディース優勝 2015年から5年間米女子ツアーに参戦していた実力者。昨秋から国内女子ツアーに参戦し、先月ステップ・アップ・ツアーで初優勝を果たしている。 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月20日号より