Myゴルフダイジェスト

【2021女子プロテスト合格者一覧】トップ合格は渋野の後輩・尾関彩美悠

2021年度の女子ツアー最終プロテストが京都府の城陽CCで4日間(11/2〜5)に渡って行われ、通算4オーバー、20位タイまでの21人が合格。そのうち渋野日向子の母校・岡山県作陽高校出身&在学生が、トップ合格の尾関を含めて4人入った。

PHOTO/Hiroshi Yatabe(代表撮影)

トータル8アンダーでトップ合格を果たした尾関彩美悠

2021年度JLPGAプロテスト合格者21人

1位(-8)
尾関彩美悠(おぜき・あみゆ)

18歳、岡山県作陽高校3年。158センチ。240ヤードの飛距離を武器にトップ合格。2021年日本女子アマ優勝

2位(-5)
髙久みなみ(たかく・みなみ)

20歳、福島県生まれ。明秀学園日立高校(茨城県)出身。160センチ。「ここからがスタート。新たに目標を立てます」。目標とする選手は松山英樹

3位(-2)
泉田琴菜(いずみだ・ことな)

22歳、新潟県出身。IMGアカデミー(米国)在学中。160センチ。目標とする選手は松山英樹、不動裕理。ドライバーの飛距離は250ヤード

4位(-1)
佐藤心結(さとう・みゆ)

18歳、神奈川県出身。明秀学園日立高校(茨城県)3年。161センチ。ドライバーの飛距離250ヤード。2021年スタンレーレディス2位タイ

5位(0)
新真菜弥(あたらし・まなみ)

22歳、兵庫県生まれ。大阪桐蔭高校出身。172センチ。長身から繰り出す平均240ヤードのドライバーが武器。「ツアーでの活躍が目標」

5位(0)
丹萌乃(たん・もえの)

24歳、愛媛県生まれ。岡山県作陽高校出身。160センチ。7回目のテストで合格。目標とする選手は宮里藍。2014年四国女子アマ優勝

5位(0)
藤田かれん(ふじた・かれん)

21歳、滋賀県生まれ。彦根総合高校出身。163センチ。「ツアーで活躍して、たくさんの方に応援してもらえる選手になりたい」

5位(0)
竹田麗央(たけだ・りお)

18歳、熊本国府高校3年。166センチ。目標とする選手はR・マキロイ、D・ジョンソン。2021年日本女子オープンローアマ

9位(+1)
村上瑞希(むらかみ・みずき)

20歳、神奈川県立秦野総合高校出身。160センチ。初受験で合格。最後まで諦めない、攻めのゴルフが身上

9位(+1)
星野杏奈香(ほしの・あんな)

22歳、埼玉県生まれ。日本大学出身。154センチ。2017年信夫杯日本女子大学選手権個人・団体優勝。「耐えるゴルフに自信あります」

9位(+1)
永嶋花音(ながしま・はなね)

20歳、東京都生まれ。日章学園高校(宮崎県)出身。157センチ。「まずは1勝、世界で活躍したいです」。目標とする選手は大山志保、小祝さくら

12位(+2)
小林夢果(こばやし・ゆめか)

18歳、埼玉県出身。大宮中央高校3年。167センチ。ジャンボ尾崎アカデミーで練習とトレーニングを積む。目標とする選手は原英莉花

12位(+2)
櫻井心那(さくらい・ここな)

17歳、長崎日本大学高校3年。166センチ。「目標は賞金女王です。日本女子オープンで優勝したいです」

12位(+2)
川﨑春花(かわさき・はるか)

18歳、京都生まれ。大阪学院大学高校3年。158センチ。ドライバーの飛距離は240ヤード。「つねに上位で戦える選手になりたい」

15位(+3)
須江唯加(すえ・ゆいか)

22歳、岡山県作陽高校出身。158センチ。「アプローチとパットが得意で耐えるゴルフが好き。レギュラーツアー優勝が目標」

15位(+3)
仁井優花(にい・ゆか)

19歳、大阪学院大学高校出身。163センチ。「ピンをさすショットが武器です」。LPGA山陰ご縁むす美レディース2位

15位(+3)
桑山紗月(くわやま・さつき)

23歳、千葉日本大学第一高校出身。165センチ。目標とする選手はR・マキロイ。ドライバーの飛距離は240ヤード

15位(+3)
大林奈央(おおばやし・なお)

22歳、兵庫県生まれ、相生学院高校出身。163センチ。「(4回目の受験で)やっと受かってホッとしました。ツアーで活躍します」

15位(+3)
天本遥香(あまもと・はるか)

23歳、福岡県生まれ。第一学院高校出身。162センチ。2019年に全米女子オープン出場している

20位(+4)
成澤祐美(なるさわ・ゆみ)

23歳、北海道生まれ。岡山県作陽高校出身。160センチ。目標とする選手は渋野日向子。2015年全国高校ゴルフ選手権・団体優勝

20位(+4)
宮澤美咲(みやざわ・みさき)

19歳、北海道生まれ。青森山田高校札幌校出身。158センチ。「今までで一番うれしいです。いつも笑顔でプレーします」

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa 鳥取県大山GCで行われた、日本女子アマチュアゴルフ選手権は、渋野日向子の母校・岡山県作陽高校3年の尾関彩美悠(あみゆ)が逆転優勝。また、同日行われたアベマTVツアー「ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山」では、同じ作陽高出身の久常(ひさつね)涼が初優勝を果たした。 目標とする選手は申ジエと語る尾関。「いつも平常心。変わらないスタイルに憧れます」(尾関) 女子アマ日本一を決める「日本女子アマチュアゴルフ選手権」。最終日、4打差の5位タイからスタートした岡山県作陽高校3年の尾関彩美悠(18)が68をマークし逆転優勝した。「日本女子アマはいちばん大きな試合だとずっと思っていました。その試合で優勝できたのは、本当にうれしいです。高校1年のとき、ナショナルチームの選手を見てカッコいいなって憧れていましたが、今回、ナショナルチームのウェアを着て勝てたことも夢のようです。このウェアは着るだけで、自分は日本代表なんだなと実感がもてたし、自信をもってプレーできました。 念願のナショナルチームウェアで優勝! 昨年、念願のナショナルチーム入りを果たした尾関さんだが、コロナ禍の影響で試合がなくなり、チームウェアでの初の国内試合が日本女子アマに。「ナショナルチームのウェアでプレーするのが夢でした」 お姉ちゃんが(渋野)日向子ちゃんと同級生で以前から話もしていましたが、私は作陽高校の後輩でもあるので、自分もあとにつなげられるようにもっともっと頑張りたいです」この優勝で日本女子オープンと最終プロテストの出場権を獲得した尾関さん。昨年、予選落ちした日本女子オープンでのリベンジを誓った。 2日目、3日目と首位に立っていた15歳の手塚彩馨さんは、最終日にスコアを伸ばせず2位に。「昨日よりショットがグリーンに乗らなくて耐えるゴルフになってしまった」と悔しい思いを語った <日本女子アマ 最終成績> 優勝尾関彩美悠(岡山県作陽高3年)-102位手塚彩馨(佐久長聖高1年)-93位佐藤心結(明秀学園日立高3年)-84位T川﨑春花(大阪学院大学高3年)-64位T吉田 鈴(千葉黎明高3年)-66位T星川ひなの(日大4年)-56位T左 奈々(沖学園隆徳館中3年)-58位T花田華梨(ルネサンス高3年)-48位T竹田麗央(熊本国府高3年)-4 一方、日本女子アマと同日に開催された、男子下部ツアーのアベマTVツアー「ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山」でも、作陽高校出身の久常涼が優勝。同校の先輩・幡地隆寛との対決という、まさに“サクヨウ祭り”。渋野日向子の母校、作陽高校出身の2選手が同日優勝を飾るミラクルな日となった。 「ジャパンクリエイトチャレンジ」でツアー初優勝を飾った久常涼。昨年プロ転向し今年3月に高校を卒業した18歳のルーキーは、54ホール最多アンダーパーとなる「22」アンダーを記録。「(作陽高の先輩)幡地さんは飛距離があるし、ずっと1、2打差の戦いで正直きつかったです。後半で伸ばせたのがよかったです」(写真提供:JGTO) 2人とも2016年に連載「キミこそ王子」に登場 尾関さんは当時、岡山・倉敷市立連島中学1年生。曲がらない球で武市を驚かせた。久常涼プロは当時、岡山・津山市立東中学2年生。アイアンの超高弾道ショットを見た武市は「石川遼くんみたい!」と絶賛した <ジャパンクリエイトチャレンジ  最終成績> 優勝久常 涼(SBSホールディングス)-222位幡地隆寛(ディライトワークス)-183位永澤 翔(ダイワロイヤルゴルフ)-164位TS・ストレンジ(アクシネット)-154位T岩﨑亜久竜(フリー)-156位T佐藤太地(フリー)-146位T照屋佑唯智(まる)-148位T鈴木敬太(銀座コバウ)-138位T日高将史(フリー)-13 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月6日号より