Myゴルフダイジェスト

シニア4戦3勝のミケルソン。5戦目は最終ホールで2日連続『9』の大たたき。何があった?

64歳のベルンハルト・ランガーが史上最年長優勝を飾った米シニアツアー「ドミニオンエナジーチャリティクラシック」で、連覇を目指したフィル・ミケルソンが『9』を2回叩き撃沈。いったい何があった?

シニアデビューしてから4戦3勝と抜群の勝率を誇ってきたミケルソン。ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ舞台では、初日1番でバーディと幸先の良いスタートを切った。

ところが、4番パー3でダブルボギーを叩くと、早くも暗雲が立ちこめた。結果、出入りの激しいゴルフで1アンダーの「71」。31位タイと出遅れた。

そして2日目の最後、思いも寄らない展開が。10番スタートのこの日は中盤からバーディを量産し、上昇気流に乗るはずだった。しかし最終9番パー5でティーショットを2発続けてOBとし、痛恨の『9』。順位を49位まで下げて連覇の夢もはるか彼方。頭に血が上ったのか、ミケルソンは会見を拒否してコースを後にした。

リベンジに燃えた最終日は、12ホール目までに7バーディを奪う猛攻で面目躍如かと思いきや、前日9を叩いた最終ホールで、またもまさかの『9』。首位と14打差の47位タイと、シニア自己ワーストの成績に終わった。

じつは大会前から記者との間ではギクシャクしたムードが。シニア3勝目を挙げたとき、フェアウェイキープ率が最下位の81位だったことを指摘されると、「そのかわりドライビングディスタンスは自分がナンバー1だった。キミたちの着眼点は自分とは違う。そういう見方をしたければすればいい」と反発したのだ。

不穏な空気で終わったが、翌日スポンサーのイベントに登場したミケルソンはホールインワンを達成。すかさずSNSに動画をアップし、「9も打ったけど今日は1」とツイート。さすがただでは起きない男である。

「9」を打ってもアンダーパー(最終日は1アンダー)というのも凄いが……(写真は2020年ファーマーズ。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より

こちらもチェック!

  • 米シニアツアーの「ドミニオンエナジーチャリティクラシック」で64歳のベルンハルト・ランガーが史上最年長優勝を達成した。 12歳年下のD・バロンとのプレーオフを制し、約19カ月ぶりの優勝を飾ったランガーは、「1年半以上プレーオフに何度も進みながら負け続けてきたからね。今回は前だけを見た」と久々の勝利に安堵の表情。敗れたバロンは「自分が彼の年になったとき、あんなゴルフができるとは、とても思えない。才能あふれる尊敬する友人だけれど、あの強さはちょっと異常……」と、なかば呆れ気味でひと回り上の先輩の快挙を称え、「でも、彼に負けるなら悔いはない」とつけ加えた。20年の3月に「コロガードクラシック」を制して以来、ランガーは4度プレーオフに進出して全敗。“2位の山”を築き上げてきた。コロナの影響で20年と21年が統合シーズンとなり、2年近く続いている今季は37試合に出場。うちベスト10入り24回、トップ3に7度入る抜群の安定感で、年間王者(チャールズ・シュワブカップ)のポイントランク1位。シニアデビュー以来、すでに5度年間王者に輝いているが、いよいよ6度目の戴冠目前だ。ちなみに年間王者を2度以上獲っている選手はランガーを置いてほかにいない。それにしても64歳にしてP・ミケルソンやE・エルス、J・フューリック、V・シンといったかなり年下のメジャー王者たちを凌駕しているのだから、バロンの言うように「異常」な鉄人ぶり。これで同ツアー通算42勝目。H・アーウィンが持つ最多優勝記録まであと3勝と迫っている。今季の獲得賞金もただひとり300万ドル(3億3000万円)を超え、シニア通算獲得賞金は3180万ドル(34億円強)となり、もちろんこれは歴代1位。何から何までケタ違いな64歳である。 世界ゴルフ殿堂(2002年)、大英帝国勲章(2006年)と、肩書きもケタ違い(写真は2018年全英オープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より
  • 去る10月12日、ゴルフの統括団体「R&A」と「USGA」(全米ゴルフ協会)が、来年1月からドライバーの長さを制限するローカルルールの採用を決めた。 発表によると、プロ競技と一部アマチュア競技でドライバーの長さ制限が48インチから46インチに変更される。これは飛距離が伸び続ける現状が「有害である」という判断から。R&Aの最高責任者、マーティン・スランバーズ氏は「正しい選択。トーナメントの主催者がルールの枠内で選択できる柔軟性を提供できる」と語り、USGAのトップ、マイク・ワン氏は「あくまでも規則ではなくローカルルール。一般のゴルファーには当てはまらない」と強調した。ちょうど1年前の今ごろ、ゴルフ界はデシャンボーの「48インチ挑戦」宣言で持ちきりだった。全米オープンの舞台「ウィングドフットGC」を圧倒的な飛距離でねじ伏せ優勝したのは記憶に新しい。しかし制限が課されることになり、47.9インチのドライバーで全米プロを制したP・ミケルソンは猛反発。SNSで「情けない。長さとアークを利用したほうが体を痛めないし、飛んだほうがゴルフも楽しくなる。ニューヨークでアイスを売るなというのか?」と独特な言い回しでこの取り決めを批判した。「長いクラブほど真っすぐ飛ばすのは難しい。規制するポイントが違う」とJ・トーマスが言えば、D・ジョンソンも「48インチを試したが、すごく曲がる。皆が使うわけじゃないから規制する必要性を感じない」と“不要論”を展開。その他の選手も「46インチより長いドライバーを使っている選手は少ないし、規制ができても何も変わらないと思う」(A・スコット)。「距離が短くてもコースの難易度を上げれば良い」(C・モリカワ)。「業界へのインパクトはゼロ。他の案を考えたほうがいい」(S・シンク)。どうやらツアー現場では、反対意見が大半の様子。議論は尽きなそうだ。 長尺が有利なら全員がとっくに48インチを使っているはずだが……(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より こちらもチェック!
  • 先日行われた米シニアツアーの「コンステレーション フューリック&フレンズ」で、フィル・ミケルソンが優勝。51歳の殿堂入りプレーヤーは目下シニア4戦3勝。圧倒的な勝率を誇っている。 最終日のバック9では、一時M・A・ヒメネスに並ばれるヒヤヒヤの展開だったが、15番でイーグル逃しのバーディを奪ってようやく一息。出だし3連続バーディで楽勝ムードが漂うなか、5番でOBを打ちダブルボギーを叩いたのが痛かった。それでもトロフィを掲げたミケルソンは「ヒメネスが素晴らしいプレーをしたので厳しい戦いだった。でもすごく楽しかったよ。シニアで戦うのは本当に楽しい」一時代をともに築いたライバル、J・フューリックの冠大会での戴冠に、「レギュラーツアーで5番のようなミスをしていたら絶対に勝てない。でもここでは挽回できる。完璧なゴルフをしなくてもチャンスはあるんだね」と笑顔。5月の「全米プロゴルフ選手権」では、史上最年長メジャーチャンピオンに輝いた。同年にレギュラーとシニア両ツアーで勝利を挙げたのはR・フロイド(92年)、C・スタドラー(03年)、F・ファンク(07年)に次いで4人目の快挙。シニア4戦の平均ストロークは67.16で、1ラウンドを除きすべてアンダーパーをマークしている。「楽しんでいる」というシニアの出場機会を増やせばものすごい戦績を残せるはずだが、本人はまだレギュラーツアーで勝てると確信し二刀流(?)続行中。ちなみに今大会では、フェアウェイキープ率5割で全体の81位だったが、ドライビングディスタンスは301ヤードで1位。「Bomb(長距離砲)を打てるうちはシニアに行かない」宣言をしてきたミケルソンらしさがデータにも表れている。年内あと2試合シニアに出場予定。先輩たちにとっては怖すぎる存在だ。 強者ぞろいのシニアの中でも頭一つ抜けている!(写真は2021年全米プロ。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より
  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<