Myゴルフダイジェスト

「規制するポイントが違う!」長尺ドライバー規制問題にPGA選手から批判の声ぞくぞく

去る10月12日、ゴルフの統括団体「R&A」と「USGA」(全米ゴルフ協会)が、来年1月からドライバーの長さを制限するローカルルールの採用を決めた。

発表によると、プロ競技と一部アマチュア競技でドライバーの長さ制限が48インチから46インチに変更される。これは飛距離が伸び続ける現状が「有害である」という判断から。

R&Aの最高責任者、マーティン・スランバーズ氏は「正しい選択。トーナメントの主催者がルールの枠内で選択できる柔軟性を提供できる」と語り、USGAのトップ、マイク・ワン氏は「あくまでも規則ではなくローカルルール。一般のゴルファーには当てはまらない」と強調した。

ちょうど1年前の今ごろ、ゴルフ界はデシャンボーの「48インチ挑戦」宣言で持ちきりだった。全米オープンの舞台「ウィングドフットGC」を圧倒的な飛距離でねじ伏せ優勝したのは記憶に新しい。

しかし制限が課されることになり、47.9インチのドライバーで全米プロを制したP・ミケルソンは猛反発。SNSで「情けない。長さとアークを利用したほうが体を痛めないし、飛んだほうがゴルフも楽しくなる。ニューヨークでアイスを売るなというのか?」と独特な言い回しでこの取り決めを批判した。「長いクラブほど真っすぐ飛ばすのは難しい。規制するポイントが違う」とJ・トーマスが言えば、D・ジョンソンも「48インチを試したが、すごく曲がる。皆が使うわけじゃないから規制する必要性を感じない」と“不要論”を展開。

その他の選手も「46インチより長いドライバーを使っている選手は少ないし、規制ができても何も変わらないと思う」(A・スコット)。「距離が短くてもコースの難易度を上げれば良い」(C・モリカワ)。「業界へのインパクトはゼロ。他の案を考えたほうがいい」(S・シンク)。

どうやらツアー現場では、反対意見が大半の様子。議論は尽きなそうだ。

長尺が有利なら全員がとっくに48インチを使っているはずだが……(PHOTO/Blue Sky Photos)

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より

こちらもチェック!

  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<
  • フィル・ミケルソンが自身のSNSで長尺規制に抗議した。 今年の2月、USGA(全米ゴルフ協会)とR&Aが、ドライバーの長さを46インチまでにすることを検討しているのは既報のとおり。現時点では規制がいつからどのように施行されるかは明らかではないが、飛距離がこのまま伸び続ければコースの距離も長くせざるをえず、将来的にゴルフに悪影響を与えるというのがその理由。47.5インチのドライバーを使って史上最年長メジャー覇者となったミケルソンにとって、規制は由々しき問題。そこでSNSにこう投稿した。「間もなくUSGAはドライバーの長さを46インチに制限します。これは憂うべきこと。より短いクラブでより激しく振って飛ばさなければならないのは体への負担が増し、ケガのリスクが増える。アークの大きさで飛ばす術が否定されたのです。40年ぶりのブームが到来したのにゴルフの統治機関はアマチュアの楽しみを奪おうとしています」現在ドライバーの長さは48インチまで許可されている。多くの選手が長尺を試してはいるが、実際に試合で使用しているのは、PGAツアーではB・デシャンボーとミケルソンくらい。ほとんどの選手が45.5インチ以下で、R・ファウラーなどはかなり短いドライバーを使用している。アマチュアも46インチを超えるクラブを使用している人は多くない。46インチ規制が発動されることで影響を被るのはほんの一握りといえる。それでも規制にのりだす意味は、将来起こり得る事態(飛び過ぎ問題)を回避するための予防策なのだろう。平均300ヤード超えができたのはJ・デイリーだけだった時代は去り、今年のスタッツではB・デシャンボーの323ヤードを筆頭に、63人が300ヤード超え。J・ニクラスらが飛ばないボール待望論を唱えるなど、飛距離アップはゴルフ界の将来にとって頭の痛い問題でもある。U字溝が禁止されたときにもUSGAを「バカげている」と非難したミケルソン。彼の発言は長尺規制に待ったをかけることになるのか? 長尺を使いこなせるのもひとつの技術。短尺でも平気で300Y飛ばしている現状では、あえて長さを規制する必要はない気もするが……(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より 読み込んでいます… こちらもチェック!
  • PHOTO/Akira Kato、Takanori Miki、Tadashi AnezakiTHANKS/ジオテックゴルフコンポーネント 理論的にはシャフトが1インチ長くなるとヘッドスピードが1上がるといわれ、長ければ長いほうが飛ばせるはず。しかし、最近のドライバーはヘッド体積や反発係数はルールギリギリなのに、長さは45.5~45.75インチのものが多く、上限の48インチまで余裕がある。なぜこれ以上、長くならないのだろうか? ゼクシオ20年の歴史でも46インチは2モデルのみ 振りやすさを追求したらアンダー46インチに! 20年以上にわたってヒットし続ける、国民的ブランドの“ゼクシオ”。初代から最新の11代目まで、46インチはわずか2モデル。その理由は“振りやすさ”を追い求めてきた結果だった! 当時としては大型の305㏄のヘッドに、46インチという長めのシャフトでデビューした初代ゼクシオ。2代目で350㏄になると短くしてミート率を高め、3代目は405㏄とヘッドをさらに大型化。SLEルールが発表された当時の4代目は適合・高反発の両モデルを揃え、適合モデルとなった5代目でついにルール上限の460㏄に。6代目は初代以来の46インチを採用するも、ヘッドの大型化はこれ以上できず、長尺化での飛距離アップも限界に来ていた。そのため7代目以降は「クラブトータルで飛ばす」「スウィングに着眼して開発」というクラブ作りにシフト。7代目で「クラブ慣性モーメント」を小さくして振りやすさを向上させると、8代目では「スウィング慣性モーメント」を小さくしてヘッドスピードアップを狙う。9代目ではヘッド軌道を改善することでヘッドを走らせ、10代目はクラブの働きによって打点を芯に集めることを促した。現行のゼクシオ イレブンでは、さらに“振りやすさ”を追求し、より速く、正確なインパクトを実現している。 ゼクシオ20年「長さ」変遷史 初代「ゼクシオ」(2000年) 46インチソールは斧の形に似た「AXソール」を採用。曲げ剛性とねじれ剛性をバランスよく複合させたシャフトで振りやすいと大ヒット。ヘッド体積は305cc、長さは46インチと長めで、重さは285g(R)と軽量だった 2代目「ゼクシオ」(2002年) 45インチフェース素材に SP700α-β鍛造チタンを採用し、「インパクトパワーフェース」で飛距離をアップ。ソールは「ツインAXソール」に進化。体積は350ccと大きくなり、長さは45インチと短くしてミート率アップを図った 3代目「ニューゼクシオ」(2004年) 45インチフェース素材にDAT55Gチタンを採用してさらに薄肉化、ボディも薄肉化した「インパクトパワーボディ」によって高反発化を追求。ヘッド体積は405ccとさらに大きくなったが、長さは45インチをキープ 4代目「ALL NEW ゼクシオ」(2006年) 45インチSLEルールが発表され、ルール適合と高反発の2モデルラインナップ。適合モデルは3種類のチタンを組み合わせた複合ヘッドで、高弾道・低スピンで平均飛距離をアップ。ヘッド体積は432cc、長さは45インチ 5代目「The ゼクシオ」(2008年) 45.75インチつかまりをよくする「パワーチャージボディ」と手元部の変形を抑える「パワーチャージシャフト」によって、1球目からハイドローを実現。ヘッド体積は460ccとなり、長さは45.75インチと前モデルより長くして飛距離を追求 6代目「新・ゼクシオ」(2010年) 46インチ深重心にして、さらにシャフト先端部を軟らかくすることで高い打ち出し角を実現。シャフトは46インチと長くしたが、横縞柄のデザインを採用し、長く見えないように工夫してヘッドスピードがアップ 7代目「ゼクシオ セブン」(2012年) 45.5インチクラブ慣性モーメントを小さくして振りやすさを向上させるという新しいコンセプトのもと、シャフトを軽量化し、重心を手元側に移動。長さを45.5インチと短くすることでミート率がアップしてボール初速アップ 8代目「ゼクシオ エイト」(2014年) 45.5インチスウィング慣性モーメントを小さくすればヘッドスピードが上がるという理論のもと、グリップを10g、シャフトを1g軽くし、クラブ重心を10㎜手元側に移動。ヘッドを1g重くしてボールスピードもアップ 9代目「ゼクシオ ナイン」(2016年) 45・5インチスウィング軌道がよくなる設計で、切り返し時にヘッドが残り、コックの解放を遅らせる。ヘッドが体の近くを通り、回転半径が小さくなり、腕の振りが速くなる。遠心力がアップしてヘッドが走り、ヘッドスピードがアップ 10代目「ゼクシオ テン」(2018年) 45.75インチ体の近くを通して体への負荷を抑えつつ、大きなしなり戻りによって一気にヘッドを走らせ芯でとらえる確率を高めるシャフトと、打点分布を徹底分析して芯を拡大したヘッドで「飛びの芯食い体験」。重さは270g(R) 11代目「ゼクシオ イレブン」(2020年) 45.75インチシャフトを軽量化して、グリップエンドに重量を配置。それにより、クラブの手元に重量が集中し、テークバックしやすく、安定した理想のトップ「飛びのパワーポジション」を実現し、より速く、正確なインパクトが可能に。長さ45.75インチ、重さ280g(R) 今秋発表が予想される12代目はどうなる?ダンロップ広報の浅妻肇氏によると「弊社調べですが、一般ゴルファーの場合、46インチを境として、それよりも長くするとミート率が下がるという計測データがあります」。やはり12代目も45インチ台か? そもそも「振りやすい」ってどういうこと? 「クラブ全体の慣性モーメントが振り心地の目安になります」 そもそも「振りやすい」「振りにくい」とは、どういうことなのか? クラブ設計家の松尾好員氏によると「クラブ総重量が軽いほど振りやすいのは間違いない」というが、単純に軽ければいいというわけではなく、振り心地を左右する指標として「クラブ全体慣性モーメント」があるという。 松尾好員氏によると、スウィングにおいて重要なのは「振り心地」だという。「“振り心地”とは(1)振りやすく、(2)タイミングが取れて、(3)ミートしやすいこと。例えば、松山英樹プロがシニア向け軽量クラブを振ったとします。当然、ヘッドスピードは上がりますが、タイミングが合わずに上手く当たらないはずです。これは“振り心地”が合っていないから。この振り心地の目安となるのが『クラブ全体慣性モーメント』です。モノが回転するときに必要な力を『慣性モーメント』といいますが、スウィングでは、クラブはグリップエンドを中心に回転していると考えます。そしてクラブを回転させるのにどのぐらいの力が必要かを表す数値が『クラブ全体慣性モーメント』。この値が、振り心地に大きく関わってくるんです」 基本的には、より長いほど、そしてより重いほど、クラブ全体慣性モーメントは大きい。すなわち「振りにくい」クラブということになる。さらに松尾氏は「長年の研究の結果、ヘッドスピードによって、タイミングよく振りやすい『クラブ全体慣性モーメント』の数値が違うことが分かってきた」と言う。たとえば最新の『シム2』(純正Sシャフト)はクラブ全体慣性モーメントの値が294万g・㎠。これは、HS47m/sくらいのゴルファーが振り心地がいいと感じる値だという。ただし、ゴルファーによってスウィングのタイミングが異なるため、この数値はあくまでも目安だという。では、「D0」「D1」といった“スウィングバランス”についてはどうなのか。「たとえば同じ『D0』なら長さが違っても同じフィーリングなのか? という疑問に対して理論的な答えはありません。しかし、経験的に違うフィーリングになると想像できます。クラブ開発者は昔から“スウィングバランス”に関しては『とりあえずの数値』としてきたはずです。バランスは同じでも、長さも重さも異なるわけですから、スウィングバランスではクラブの“振り心地”を説明できないと考えています」(松尾氏) 「スウィングバランス」では“振り心地”はわからない 同じバランス「D0」でも、35インチのウェッジと45インチのドライバーではフィーリング、つまり“振り心地”がまったく変わるのは経験的に想像がつく。松尾氏は「1Wの長さがほぼ同じだった時代にヘッドの利き具合を判断するのには使えた」という プロの世界ではどうか? 「15年後には48インチが主流になる」(フィル・ミケルソン) 「振り心地」を考えると、やはりあまり長くしすぎないほうが「振りやすい」といえそうだ。とくにヘッドスピードが速くない一般ゴルファーは、46インチを超えると振り心地が悪く感じる傾向にあるといえる。では、ヘッドスピードの速いトッププロの場合はどうか? PGAツアーの事情に詳しいレックス倉本氏に話を聞いた。 「肉体改造で圧倒的な飛距離を手に入れたブライソン・デシャンボーが、さらなる飛距離を求めて48インチをテストしたことで、他の選手もどうやって飛距離を伸ばすか模索しています。すでに47.5インチの長尺を実戦投入したミケルソンは、『15年後くらいには48インチのクラブがプロショップで普通に売られているようになるだろう』とコメントしています」 ミケルソンは2020年のマスターズ前に、長尺の理由を「オーガスタではドライバーショットがキャリーでバンカーに捕まるようになっている。最低でも315~320Yのキャリーが必要なんだ。オーバーできればいくつかのホールでは有利になる」と語った 「ただ、長尺は確かに飛びますが、PGAツアーのトップ選手でもコントロールが難しい。飛距離が欲しくて叩きにいっているからだとも思いますが、ミケルソンも長尺にしてからは、だいぶ球が荒れています。昨秋のマスターズ前には確かに話題になりましたが、練習で試していても、実戦投入している選手はそれほど多くありません。もちろん今後、他のクラブや自分のゴルフ全体に悪い影響が出ないようになったら、投入してくる選手は増えると思います。すでに長尺を使っているのはD・フリッテリとV・ホブランですが、彼らはもともと球の曲がらないタイプなので、長尺にも合わせやすかったんだと思います」 PGAツアーでも46インチ超ユーザーがじわじわ増加中 ●アダム・スコット46インチで369Yのビッグドライブを披露20年9月の全米オープンでは4日間平均で315.5Yだったが、46インチに替えた11月のヒューストンオープンでは平均326.5Yと11Yもアップ。初日には左ラフに外したものの、369Yのビッグドライブも叩き出した ●ビクトール・ホブラン47インチと48インチの2本の1Wを使用以前は45.75インチを使用していたが、A・スコットが46インチを使用したヒューストンオープンで、47インチと48インチの長尺2モデルを実戦投入。前者は1.3~2.2m/s、後者は1.8~2.7m/sほどボールスピードがアップ ●ディラン・フリッテリ46インチへ移行し22Yアップ20年に史上初の秋開催となったマスターズで5位タイに入ったD・フリッテリ。トレーニングもさることながら、1Wの長さを44.5インチから46インチに変更し、飛距離が22Yも伸びたのが要因だという ●ブライソン・デシャンボー長尺ブームの火付け役も実戦投入はまだ20年マスターズの練習日に48インチをテスト。実戦投入が期待されたが、結局は45インチを使用。ちなみに今年3月のアーノルド・パーマー招待で見せた370Yドライブも45.75インチだった 近い将来、1Wの長さ規制が48インチから46インチに変更の可能性も かねてから、飛距離偏重になると「ゴルフゲームが持つ戦略的なチャレンジを損なう」という考えを持つR&AとUSGAが用具規制の変更案を今年2月に公開。そのなかには「パター以外のクラブ長の上限を48インチから46インチへ短縮」という項目が。ただし、このクラブ長の規制は高度なスキルを持つプロ、あるいはトップアマの大会のみで適用されるローカルルールとしての採用が検討されているという 長尺にこだわるマジェスティ 総重量をとことん軽く!46.5インチでも振りにくさなし 45インチ台が主流となったいま、46インチ超のドライバーで勝負するマジェスティ。「ヘッドスピードを上げることで初速を上げ、飛距離アップにつなげる」ことが狙いというが、通常は、長くすればするほど、クラブ全体の慣性モーメントが大きくなり、振りにくくなる。マジェスティはそこをどう解消しているのか。 マジェスティゴルフのコンセプトは『最大飛距離のアップ』。そのための一要素として長尺を採用しているが、振りやすさを犠牲にしないために、どのような工夫をしているのか。マジェスティゴルフの岩井徹氏に話を聞いた。「長尺にするにはクラブ全体の軽量化が必須。シャフトはもちろん、グリップも軽量化することで総重量を大幅に軽くしています。グリップ、シャフトは軽く、ヘッドはある程度利かすことでスウィング軸が安定するのです。『ヘッドを利かす』といっても長尺なので、ヘッド重量は『マジェスティ ロイヤル』で180g強と超軽量に仕上げています。この重量で高打ち出し・低スピンを実現するには低重心設計が重要です。また長尺はボディターンスウィングが基本なので、全体になだらかな剛性分布曲線を描く『全体しなり』のシャフト設計も必須なんです」 「マジェスティ ロイヤル」のクラブ全体慣性モーメントは「ゼクシオ イレブン」と同じ293万g・㎠ ●ヘッド重量は180g強20%軽量化した独自のカーボンクラウンのおかげで重心が低くなり、高打ち出し・低スピンを実現。シャフトとグリップが軽量なので、ヘッドの利きはいい ●標準シャフトの重量は40g台前半振り切るための軽量化はもちろん、ボディターンのスウィングに合うよう、全体になだらかな剛性分布曲線を描く「全体しなり」の設計を採用 ●グリップ重量は30gとこちらも軽量グリップが重くなるとヘッドの利きが悪くなるので、グリップも軽量化。それにより長尺でも軽快に振り切ることが可能になった 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月1日号より