Myゴルフダイジェスト

埼玉から車で岡山へ!? 下部ツアー選手が語る「ウェイティング」の過酷な実態

先日のフジサンケイクラシック、ツアー未勝利の池上憲士郎が堂々の2位に入り、一躍“ケンシロウ”の名を全国に知らしめた。ウェイティングからの出場で得た貴重なチャンスを見事モノにした格好になったが、そもそも「ウェイティング」とはどんな制度?

関連記事

ウェイティングとは、出場資格を持たない選手が、欠場者が出た場合、繰り上がりで出場することができる資格で、出場優先順位順に与えられる制度。ただ、当週に会場に入って手続きを行う必要があり、当たり前のことだが出場できなかったときには交通費などは丸々自己負担になってしまう。選手たちはウェイティングをどのようにとらえているのだろうか? 今年、ウェイティングに翻弄されて、2日間で大阪から埼玉、そして岡山へ車移動したという新木豊プロに話を聞いた。

「その週は埼玉でAbemaTVツアーがあって、着いて練習をしていたらミズノオープンのウェイティング(待ち順)が1番ですとの連絡があり、それで岡山に向かうことにしました。結果、移動の途中で出場資格が下りたという連絡があったので、現地で繰り上がり待ちする必要はなかったんですが、長いドライブでした。ウェイティングの順番が1番なら、100%向かいますが、仮に2~3番目だったら、その時の自分の状況や試合会場の場所などにもよりますが、基本的には行くと思います。何のために練習しているのか、何のためにチャレンジに出ているのか、それはすべてレギュラーツアーに出るためなので、少しでもチャンスがあるならそこに懸けるべきだと自分は思っています。過去には700番目の選手が出場したこともあると聞いたこともありますしね」

今年は女子ツアーでもウェイティングで出場した西山ゆかりが、順位こそふるわなかったがホールインワンを達成して高額賞金を手にして話題になった。選手にとってはリスクを伴うウェイティングだが、少ないチャンスに懸けることをしなければ道は開かれないということだろう。

ウェイティングからという少ないチャンスをモノにした「ケンシロウ」(PHOTO/Hiroyuki Okazawa)

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より

こちらもチェック!

  • 週刊ゴルフダイジェストで連載中の人気ゴルフ漫画「オーイ! とんぼ」を手掛ける、原作者のかわさき健と作画の古沢優。2人が「とんぼ」の前にコンビを組んだのが、ゴルフコミック誌「ボギー」で連載していた「カラッと日曜」という作品だ。 ゴルフ未経験ながら、プロゴルファーである母・天草すみれのキャディを務める「日曜」が発する何気ない一言が、ゴルフの真理をついており、目からウロコの連続。単にマンガとして面白いだけでなく、ゴルフをプレーするうえで役に立つヒントが満載! ゴルファーならぜひ一度読んでほしい作品となっています。 そんな名作マンガ「カラッと日曜」を、本日から毎日1話ずつ、期間限定で特別公開。第1話は下記リンクからお読みいただけます。 「カラッと日曜」第1話はこちらから 第2話は明日12時~配信予定。お楽しみに! こちらもチェック! 「オーイ! とんぼ」第1話から特別無料公開 まだまだある! 無料で読める漫画コンテンツ
  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/