Myゴルフダイジェスト

【インタビュー】稲見萌寧<前編>「10歳でゴルフを始めて、1カ月後にはプロになると決めていた」

PHOTO/Tsukasa Kobayashi THANKS/北谷津ゴルフガーデン

10月のスタンレーレディスでツアー2勝目を挙げた稲見萌寧。8月には全英女子オープン、12月には全米女子オープンにも出場し、着々と実績を積んでいる。順風満帆にも見える彼女だが、どんなゴルフ人生を歩んできたのか。

稲見萌寧
いなみ・もね。1999年7月29日生まれ。東京都豊島区出身。日本ウェルネススポーツ大学3年生。2018年にプロテスト1発合格。ルーキーイヤーの2019年、センチュリー21レディスでツアー初優勝を果たす。166㎝、58キロ。趣味は音楽鑑賞

今年の女子ツアーは20歳前後の若手の活躍が際立ったが、稲見萌寧もそのひとりだ。1999年生まれの21歳。大学生とプロを両立する稲見は、どんな子供時代を過ごしたのだろう。

「池袋で育ちました。小学生のときは毎日公園で鬼ごっこやかくれんぼをして、日が暮れるとサンシャインや東急ハンズに行っていました。外で体を動かすのが好きな子どもでした」

そんな稲見がゴルフを始めたのは、10歳のとき。

「父と一緒に始めたのですが、最初から空振りとかはなくてボールに当たるし、ちゃんと飛んでいたんです。それで1カ月後にはプロを目指すって決めていました。東京ではゴルフ環境がよくなかったので、小学6年生のとき、父と2人で千葉に引っ越しました。『北谷津ゴルフガーデン』をベースにしていて、休日はいつもここで練習しています」

ゴルフのために千葉へ引っ越した稲見は、高校、大学もゴルフに合わせて選択。プロとしてツアーを転戦しながらゴルフ部の活動とレポート提出で大学卒業を目指している。

「オフは練習しかしていません。たまに友達とディズニーランドに行ったり、ららぽーとに買い物に行くくらいです。アクセサリーが好きで買うことはありますが、本当にゴルフしかしてなくて……」

と語る稲見だが、唯一ハマっているのがスキンケアだという。

「やっぱり肌はきれいじゃないとダメ。清潔感があるというか、ツヤがあるというか……肌がきれいなら少しブスでも可愛く見えるんです。だからお風呂上がりのスキンケアが大事で、自分のなかではすごく楽しい時間なんです。化粧水をつけたり、パックしたり。韓国の女優さんのインスタを参考にコスメを集めたりもしています。高校生のときからやっておけばよかったって後悔しているくらい。地味に頑張っています!」と女子大生らしい一面ものぞかせた。

「指輪やブレスレットなど、アクセサリーが大好き」という稲見。このあたりは普通の女子大生だ

>>後編へつづく

週刊ゴルフダイジェスト2020年12月29日号より

関連記事