Myゴルフダイジェスト

上田桃子は会社員男性とバースデー婚。「出会いがない」は昔の話? 女子プロの結婚事情

先日のパナソニックオープンレディースで2年ぶりのツアー15勝目を挙げた上田桃子が、35歳の誕生日を迎えた6月15日に同い年の会社員男性との結婚を発表。おめでたいニュースが続く女子プロたちの結婚事情を整理してみよう。

最近では、大江香織(31)が5月31日に自身のインスタグラムで入籍を発表。渡邉彩香(27)も3月1日に、同じくインスタで埼玉栄高の同級生の柔道家との結婚を発表している。

転戦の多い女子プロは“出会いがない”とよく言われ、多いのは同じゴルフ業界内結婚。2019年12月に結婚した菊地絵理香(32)のお相手はプロキャディ。片山晋呉や上田らとのタッグで勝利に貢献した名キャディだ。横峯さくら(35)が14 年に入籍したのは自身のメンタルトレーナー。宮里藍(36)は18年にマネジャーと結婚。渋野日向子が全英女子オープンを制したときに、優勝スピーチのサポートをしている姿がテレビにも映った男性だ。

17年に7歳下の小平智と結婚した古閑美保(38)は、ともにメジャーウィナーという同業者のビッグカップルだ。19年には一ノ瀬優希(32)がツアー2勝の谷口拓也と結婚。当初のコーチと弟子という関係から、人生のパートナーへと発展させた。また、今年1月にも大西葵(26)がプロ5年目で同い年の伊藤有志と入籍。5月のサロンパスカップに出場した翌週、妊娠と産休入りを発表した。

いわゆる“セレブ婚”で知られるのは11年に結婚した不動裕理(44)だ。自身も13億円あまりを積み重ね生涯獲得賞金1位に君臨するが、結婚相手は兵庫県にある住宅メーカーの社長。ちなみに直近の売上はグループ合計で164億9500万円という。「不動さん」がツアー出場を続け夫は不動産で稼いでいる。最強の共働き夫婦といえそうだ。

上田桃子のお相手はこの方……ではありません。幸せを呼ぶ辻村明志コーチ!(PHOTO/Shinji Osawa)

週刊ゴルフダイジェスト2021年7月6日号より

こちらもチェック!

  • ゴルファーのリアルな悩みに答える「週刊ゴルフダイジェスト」の連載「ゴルフジム」、月刊ゴルフダイジェストの連載「読者記者」から、ドライバーのスライスを解消するレッスンをピックアップ。ひとくちにスライスといっても原因はさまざま。あなたのスライスにピッタリの解決法が必ずある! どの番手で打ってもスライスしか出ない…… ドライバーでも、アイアンでも、とにかくスライス。原因は打ち方よりも、構えにあった? アイアンはいいのにドライバーはなぜか右へ…… アイアンはしっかりとボールがつかまるのに、ドライバーだけはなぜかつかまらずに右に出てしまう。その原因とは? スライスも出るけどフックも出る。いったいなぜ? スライスだけなら左を向けばいいが、時おり引っかけも出てしまう……。どうすれば直せる? トップが浅いのは体の硬さが原因と思っていたけど…… トップで肩の入りが浅い。体が硬いからと思っていたけど、実は原因は違うところにあった。 フェードが持ち球だけど、たまに右にプッシュしてしまう たまに右へのプッシュスライスが出てしまう。どうしたら“つかまった”強いフェードが打てる? 「ゴルフジム」バックナンバーはこちら 「読者記者」バックナンバーはこちら
  • ゴルフを愛する華やかな美女ゴルファーを紹介する「週刊ゴルフダイジェスト」の名物コーナー「ビューティ」。2021年に登場してくれた美女ゴルファーの中から、ベストスコア89以下の凄腕ゴルフ女子をピックアップ! 驚異のベストスコア60台! スーパービューティ 「今週のビューティ」バックナンバーはこちらから
  • スコアメイクで欠かせないパッティング。頑張って飛距離を伸ばさなくても、パットが上達すれば、スコアをグッと縮めることができる。今回は、パット上達に役立つオススメ記事を厳選してご紹介! 最近はスコアカードに記入せず、スコア管理アプリにスコアをつけている人も多いはず。フェアウェイキープ率やパーオン率、平均パットなど、今年1年の自分のゴルフを振り返るのにも役に立つ。ちなみにみなさんの平均パット数はどれぐらいだろうか。大まかな目安として、スコアの40%がパット数と言われる。平均100なら40パット、平均90なら36パット、平均80なら32パット……という具合だ。もちろん、パット数はグリーン上で打った回数なので、アプローチが上手く寄せワンが多い人はパット数は減る傾向にある。またショットが上手くパーオン率が高い人は、ファーストパットの距離がどうしても遠くなるので、パット数は増える傾向にある。なのであくまで40%は目安。とはいえ自分はパットが得意なのかどうかのひとつの指標にはなるだろう。パット数がスコアの40%よりも多かった人は、逆に言えばパット数を減らせる余地が大きいということ。スウィングのことをあれこれ考えるよりも、パットを磨いたほうがスコアアップにつながる可能性が高い。そこで今回は、パット上達に役立つ練習法や考え方を学ぶことができる記事をピックアップ。この冬、パットを磨いてゴルフのさらなるレベルアップを目指そう! パット上達のヒントが満載! オススメ記事7選
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます