Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ルール・マナー
  • 「ボールを蹴っちゃった」「泥で自分の球か判別できない」 そんなときの正しい処置は?【これだけゴルフルール】

「ボールを蹴っちゃった」「泥で自分の球か判別できない」 そんなときの正しい処置は?【これだけゴルフルール】

2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は、ボールを探す際に遭遇するルールの疑問をQ&A形式でご紹介!

泥まみれで自分のボールか分からない。この場合、拭いていいんだっけ?

ボールは見つかったけど…

雨上がりのラウンド、ティーショットが大きく右に曲がってしまい、林の中へ。なかなか見つからずに諦めかけていると、泥まみれになったボールを発見。マークが隠れるほど泥がべったりと付着していたため、果たして自分の打ったボールかどうかが判別できない。こんなとき、パッと正しい処置ができるだろうか。

まずは球をマークして拾い上げる。ちなみにこのときマークを忘れると1罰打となる(規則14.1a)。そしてボールを拾い上げても泥などで番号やマークが判別できなかった場合は、「確認のために必要な程度だけ」拭くことができる。うっかりすべての泥をきれいに拭きとってしまうと1罰打となるので注意が必要だ。

球が曲がってしまうことの多い我々アベレージゴルファーは、どうしてもボールを「探す」機会が多くなる。そこで今回は、上記のルール以外にも、ボールを探す際に押さえておくべき基本的なルールについて、『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋してご紹介!

Q. 球を探すことができる時間は?

A. 球を探し始めてから3分以内(規則18.2)

球を探し始めてから3分以内に球を見つけることができなければ紛失球となる。

Q. 紛失球となった場合どうすればいい?

A. 最後に球を打った場所に戻り1罰打でプレー(規則18.2)

1罰打を加え、最後にプレーしたところからプレーをする。例えば、ティーショットが紛失球となった場合、3打目をティーイングエリアからプレーする。

Q. 球を探しているときに草や木を曲げても大丈夫?

A. 曲げても折っても罰はつかない(規則18.2)

ゴルフの原則は「コースはあるがままにプレーする」。プレーに影響する場所の草木を曲げたり、折ったりすることはできない。しかし、球を見つけるため、合理的で必要な行動をとっているときに草や木を曲げたり、その結果、草木を折ってしまっても罰はない。

Q. 球を探しているときに自分の球を動かしてしまったら?

A. 偶然に動かしても罰はなし。球は元の位置にリプレース(規則7.4)

球を探しているときに偶然に自分の球を動かしてしまっても、合理的行動をとっていたのであれば、罰はない。動かした球は元の位置にリプレースする。元あった位置が完璧に特定できない場合は、位置を推定してリプレース。

Q. 球を探す“3分”はどの時点からカウント?

A. プレーヤーまたはそのキャディが球のありかを探し始めたときから(規則18.2)

球を探し始めてから3分以内にその球を見つけられなければ、紛失球となる。ただしプレーヤーには球の確認に必要な合理的時間が認められている。たとえば3分間が過ぎる前に同伴者が球を見つけた場合、その球の場所まで行って球が自分のものかどうか確認する時間は、3分間とは別に認められるということだ。

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

こちらもチェック!

  • 2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は「正しい打ち方」に関するルールの疑問をQ&A形式でご紹介! ついやってしまいがちだが……(PHOTO/Tadashi Anezaki) とある日のラウンド。ロングパットがナイスタッチでカップを越えてすぐのところにピタリ! 「お先に」と言って球を掻き寄せるようにしてカップイン。ナイスパー! と思いきや「今の打ち方は違反では?」と同伴者からお咎めを受けてしまった。実は規則には「球を正しく打つこと」という項目があり、「球を押し出したり、掻き寄せたり、すくい上げてはならない」とはっきり記されている(規則10.1a)。また「クラブと球の間に一瞬の接触があるようにクラブヘッドで正しく球を打たなければならない」ので、手前からクラブでボールをずるずると引き寄せるような打ち方は違反なのだ。この規則に違反して行ったストロークも1打とカウントされるが、2罰打がつく。つまりパーだと思った先ほどのケースは、ホールアウトは認められるものの、2罰打でダブルボギーとなる。正しい打ち方で言うと、パットのラインを跨いで構え、両足の真ん中に置いたボールを押し出すように打つ、名手サム・スニードが考案した「クロッケー・スタイル」と呼ばれた打ち方も、あまりに“入りすぎる”ため1968年に禁止された。2019年からは、パッティンググリーン上以外でも、プレーの線を跨いでのストロークが禁止となったので(規則10.1c)、たとえば木の根元などから“股抜きショット”で脱出することもNGに。あまり知られていない変更点なので注意が必要だ。これ以外にも、正しいストロークについて覚えておきたいルールの疑問を『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋してご紹介! Q. クラブならどの部分で球を打ってもいい? A. ヘッドで打てばルール違反にならない(規則10.1) クラブヘッドであればどの部分で打っても構わない。 Q. 偶然“2度打ち”になったら? A. 2回以上当たっても偶然ならば1ストローク(規則10.1) プレーヤーのクラブが偶然に2回以上球に当たった場合、1回のストロークとなるだけで、罰はない。 Q. アンカリング禁止とはどういうこと? A. クラブを体に固定してストロークすることの禁止(規則10.1) クラブは両腕(片腕のときもあるが)でコントロールしてプレーするもの。したがって、クラブの一部を体に固定してそこを安定点としてクラブを動かす打ち方は禁止されている。アンカリングとは「固定する」という意味。 Q. アンカリングの違反となるのはどんなこと? A. 固定できないのはグリップエンドや手、前腕(規則10.1) 例えば、グリップエンドを体の一部に固定して打ったり、グリップを持っている手や前腕を体に固定して打ったりした場合は違反となる。違反した場合は2罰打。 Q. グリップエンドが服に触れてもアンカリングの違反? A. 固定しなければ違反にはならない(規則10.1) アンカリングの規則はクラブや、クラブを握っている手を体に固定することを禁止したもの。体に固定をして安定点を作っているのではなく、単に衣服にクラブや手が触れているだけでは規則違反とはならない。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます 「これだけゴルフルール」バックナンバー
  • 2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は、OB・紛失球にまつわるルールの疑問をQ&A形式でご紹介! 球を曲げることが多いビギナーにとって、最もお世話になる機会の多いルールのひとつが「OB」だろう。ゴルフをしない人でも聞いたことがあるほど基本的なルールのひとつだが、意外と多いのが、「OBは2罰打」という思い込み。おそらくこれは、ゴルフを始めた頃に「OBを打ったら後からスコアに2打足せばいい」と教えられたことが原因と思われる。たとえばパー4の1打目がOBで、打ち直した次の1打はナイスショットでフェアウェイ。そこから1打でグリーンに乗せ、パットを2回打ってカップイン。この場合、2オン2パットで4(パー)、そこにOBの2打を足して6(ダボ)という数え方をしている人も多く、スコア自体は間違いではないのだが、この「後から2打を足す」という考え方のせいで、「OB=2罰打」という誤解が生じてしまうのだ。正確には、「OBは1罰打で打ち直し」。最初の1打がOBだったら、1罰打を付加して次の打ち直しのショットは3打目となる。2回、3回とOBを連発すると次が何打目か分からなくなるが、「打った回数に1罰打を加える」と覚えておけば、1回OBを打ったら次は3打目、次もOBだったら1打付加して次は5打目、次もOBなら7打目……と数えられる。ただビギナーの場合は、スムーズな進行を考え、セカンド地点の特設ティーから「4打目」として打てる「プレーイング4」(前進4打)や同等のローカルルール(OBになったと思われる地点の近くのフェアウェイから4打目として打てる)を積極的に活用するのがいいだろう。というわけで今回は、最低限押さえておきたい「OB・紛失球」に関する基本的なルールを『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋してご紹介しよう! Q. 球は何分間、探せる? A. 3分間探して見つからなければ紛失球(規則18.2) 球を探し始めてから3分以内に球を見つけることができなければ、その球は紛失球となる。 Q. 球は見つかったが、自分の球かどうかハッキリしないときは? A. 確認できなければ紛失球となる(規則7.2) その球がプレーヤーの球であることを識別できるマークやブランド、番号が確認できるか、その球がプレーヤーがストロークした球であることを誰かが見ていて確認していたのでなければ、紛失球となる。 Q. OBの球かどうかの判断基準は? A. 球がすべてOB区域にあるかどうか(規則18.2) 球全体がコース外、つまりOBの区域にある場合、その球はOBとなる。 Q. 球が紛失球やOBとなった場合どうすればいい? A. 打ったところに戻って1罰打でドロップ(規則18.2) 1罰打を加え直前のストロークをしたところを基点にして1クラブレングス以内で、ホールに近づかない、基点と同じコースエリアにドロップする。直前にストロークしたのがティーイングエリアなら、ティーイングエリア内にティーアップ。直前のストロークをした場所がパッティンググリーンの場合はリプレースする。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます