Myゴルフダイジェスト

新モダンゴルフ

  • 片山晋呉や上田桃子など数多くのトッププロを指導したプロコーチ・江連忠が、アマチュアゴルファーのリアルな悩みや疑問にお答えする「新モダンゴルフ」。今回はそのなかから、スウィング作りに役立つレッスンを厳選してご紹介! 「オーバースウィング」「フェースが開く」原因は同じ トップが浅いと悩む人も多いが、逆にクラブが深く入りすぎる「オーバースウィング」に悩む人も少なくない。また、インパクトでフェースが開くクセを持つ人も多いだろう。そんなゴルファーに共通する原因とは? スウィングの土台をつくる“ボディドリル”とは? 道具を操るゴルフのスウィングでは、クラブをどう動かすかに意識が行きがちだが、クラブよりも重視すべきは“体”だと江連コーチ。では、その“体”を強化するのはどうすれば? 地面反力、シャローイング最新理論は僕らも取り入れていい? 「ひざを伸ばしてインパクト」「切り返しでクラブを寝かせる」など、最新のスウィング理論は確かに飛距離アップに役立つが、闇雲に形だけをマネするのは危険だという。 「まずスウィング軸ありき」ではない 「左軸で打て」「いやいや右軸がいい」など、ゴルフでは“スウィング軸”に関する議論は多いが、そもそもスウィング軸は意識して作るものではない。江連流の「軸」感覚とは? 「体重移動」を勘違いしてませんか? 飛ばすには「体重移動」が大事と言われるが、それを、体を大きく左右に揺さぶることだと勘違いしている人が多いと江連コーチは指摘する。江連流の正しい体重移動を教えてもらおう! こちらもチェック!
  • 片山晋呉や上田桃子など数多くのトッププロを指導したプロコーチ・江連忠が、アマチュアゴルファーのリアルな悩みや疑問にお答えする「新モダンゴルフ」。今回はそのなかから、アプローチの上達に役立つレッスンを厳選してご紹介! “寄せワン”を増やすための「3つのルール」とは? アプローチに悩むとつい「形」にとらわれてしまいがちですが、「考え方」を変えるだけでも、ミスが減って寄せワンのチャンスがぐっと増えるという。 「60度」を入れるのはアリ? プロのセッティングを見ると、60度のウェッジを入れている選手も多い。アマチュアも60度を入れるのはあり? 悩ましいウェッジのロフト選びについて、江連の見解は? アプローチでコックは使う? 使わない? 上級者でも手首のコックを積極的に使う人と、ノーコック気味に上げる人、どちらもいるが、果たしてアベレージゴルファーにはどちらが正解? 打ち急いでしまう原因は? アプローチが上手い人は、ゆっくりとクラブを振っているように見える。しかしいざゆっくり振ろうとしても、なかなか上手くいかない。いったいなぜ? 芝が薄い時季の寄せのコツとは グリーンが硬く、芝が薄い冬はグリーン周りの寄せが難しい。そんな時季におすすめのアプローチ法を教えてもらおう。 「新モダンゴルフ」バックナンバーはこちら こちらもチェック!
  • 片山晋呉や上田桃子など数多くのトッププロを指導したプロコーチ・江連忠が、アマチュアゴルファーのリアルな悩みや疑問にお答えする「新モダンゴルフ」。今回はそのなかから、パッティング上達に役立つレッスンを厳選してご紹介! プロが2mを入れる確率は? プロなら2mのパットは決めて当たり前、と思いがちだが、実はそんなことはない。笹生優花のコメントを紐解いていくと、パットで大事なことが見えてくる! 小祝さくらのパット練習法に学ぶ 2021年、パットが好調だったという小祝さくら。そこには、辻村コーチと取り組み続けたある練習法が功を奏しているという。 パッティングで動かしてはいけない箇所は? よく、パットでは頭を動かすなと言われるが、江連プロによれば、動かしてはいけないのは別の場所だという。果たしてその部位とは? 一流選手のフォローが小さい理由 パット巧者のストロークを見ると、フォローが小さく見えることが多い。フォローは大きいほうがいい? それとも小さいほうがいい? どこからでもOKに寄せる秘訣とは? グリーン上での3パット、4パットを減らせればスコアは一気に縮まる。では、長いパットが残っても確実に2パットで収めるためのコツとは? 「新モダンゴルフ」バックナンバーはこちら