Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【冬を制する低弾道アイアン】<前編> 風に強い低い球を打つための準備

【冬を制する低弾道アイアン】<前編> 風に強い低い球を打つための準備

冬のゴルフが難しいのは、寒さやライだけでなく重く冷たい強風が吹くから。低弾道のアイアンショットを身につけて、冬の強風を返り討ちにしよう!

TEXT/Kosuke Suzuki PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/麻倉GC

解説/大田和桂介

1989年生まれ。鹿島学園から日大を経て2010年にプロ入り。2020年にAbemaTVツアーの「TIチャレンジ」で初優勝。麻倉GC所属

アゲもフォローも基本は同じ!
「球を上げない」のが鉄則

冬の強風下でのアイアンショットは、風の影響をどのくらい受けるかわかりにくく、何番手調整すればいいのか、風に逆らうべきか、乗せるべきかなど実に悩ましく、結果もよくないことが多い。

大田和桂介プロにそんな悩みをぶつけたところ、「風が強い日には風の影響を受けにくい球を打つことが大前提」だと教えてくれた。「普段のショットで風に乗せたり逆らったりとあれこれ考えても、風の強さは刻々と変わるし風向きも正確に読めるものではないので、距離や方向がどうしてもズレてしまいます。だから風が強い日は、風向きにかかわらず風の影響が小さいショット、つまり低い球で攻めるのがセオリーなんです」

「球の高さを普段の半分にすれば、風の影響は半分以下に抑えられるので、強いアゲンストでも2番手上げれば対応できますし、多少フォローでも番手を下げずに打てる。だからタテの距離がズレにくく、大きなミスにならないんです」

<ノーマルショットのアドレス>

普段の8番アイアンのフルショットは、ヘッドがスタンスの真ん中くらいで、ボールは真ん中よりも少しだけ左に置いている。構えは、手元がボールよりも先にあるぶん若干ハンドファーストになっている

<強風ショットのアドレス>

強いアゲンストなら2番手上げてボール位置を普段よりもボール1~1個半右寄りにする。これでロフトが合計10度くらい立つうえ、スウィングを抑えて打つので弾道は普段の高さの半分以下になる。構えは、体のポジションは変えずにボール位置と番手を変えるだけでロフトはかなり立つ

番手選び
7割ショットが届く番手で打つ

肩から肩の振り幅の、フルショットの7割くらいの力感のスウィングで狙った距離に届かせるためには、番手を替えればいい。風の強さ、向きを考慮して番手を調節。2番手くらいは思い切って替えてOK

握り方
グリップは短く持ち強めに握る

コンパクトに振るためにグリップは短く持つ。このとき、グリップを強くしっかり握るとヘッドが走るのを抑えられ、低く強いライナー性の球を打ちやすくなる

では、打ち方のポイントは?
>>後編へつづく

月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より

こちらもチェック!

  • スコアメイクで欠かせないパッティング。頑張って飛距離を伸ばさなくても、パットが上達すれば、スコアをグッと縮めることができる。今回は、パット上達に役立つオススメ記事を厳選してご紹介! 最近はスコアカードに記入せず、スコア管理アプリにスコアをつけている人も多いはず。フェアウェイキープ率やパーオン率、平均パットなど、今年1年の自分のゴルフを振り返るのにも役に立つ。ちなみにみなさんの平均パット数はどれぐらいだろうか。大まかな目安として、スコアの40%がパット数と言われる。平均100なら40パット、平均90なら36パット、平均80なら32パット……という具合だ。もちろん、パット数はグリーン上で打った回数なので、アプローチが上手く寄せワンが多い人はパット数は減る傾向にある。またショットが上手くパーオン率が高い人は、ファーストパットの距離がどうしても遠くなるので、パット数は増える傾向にある。なのであくまで40%は目安。とはいえ自分はパットが得意なのかどうかのひとつの指標にはなるだろう。パット数がスコアの40%よりも多かった人は、逆に言えばパット数を減らせる余地が大きいということ。スウィングのことをあれこれ考えるよりも、パットを磨いたほうがスコアアップにつながる可能性が高い。そこで今回は、パット上達に役立つ練習法や考え方を学ぶことができる記事をピックアップ。この冬、パットを磨いてゴルフのさらなるレベルアップを目指そう! パット上達のヒントが満載! オススメ記事7選
  • 「乗せて当然」と考えがちな100ヤードだが、実際に残り100ヤードから確実に3打以内で上がれているだろうか。一見簡単そうな100ヤードが上手く打てないのは、「ピッタリの番手でフルショット」しようとしていることが原因だと青木翔コーチは指摘する。ではどの番手でどのように打つのが正解なのか。詳しく聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara、ARAKISHIN THANKS/鶴舞CC、日進ゴルフエトワス 青木 翔 トッププロからジュニアまで、幅広いレベルの選手を育成するコーチ。ショット力を上げるために、100ヤードの精度アップは避けては通れない道だという 8割でしか振れないスタンス幅にする プロに100ヤードの打ち方を聞くと、使用する番手は違うものの、みなフルショットではなく「加減して打つ」という点で共通していた。僕らもプロのように100ヤードを加減して打つべきなのか。青木コーチに聞いた。「ズバリその通りです。100ヤードを狙うショットでは、飛距離・高さ・スピン量のコントロールが必須。フルショットはその制御が難しいうえに、アマチュアの場合は力まかせに振り回しているだけで、力を出し切る本当のフルショットにはなっていません。当たれば100ヤード飛ぶクラブで打つのではなく、1つ上の番手で加減したショットを打つのが正解。『10』の出力を『8』に抑えるイメージです」 続きを読む 力を抑えるのは、振り幅や力感を小さくするのだろうか。「それよりスタンス幅を狭めて、力が出ないようにするほうが簡単です。つまり『10』のエンジンで『8』の力を出すのではなく、『8』しか出ないエンジンで『8』の力を出す。そうするとインパクトでゆるまずに打て、安定したショットが打てます」 Point 1スタンス幅で出力を調整する 落としたい距離に応じて、スタンス幅を狭める。まずは両足の外側が両肩と同じ幅になる広さを基準にしよう。広いスタンス幅だと振り幅や力感で距離を落とす必要があり、インパクトが安定しない Point 2フィニッシュで両ももを締める フィニッシュで両ももがくっつくようにしっかり振り切る。この場合の“振り切る”は振り幅を大きくするということではなく、狭めたスタンスのなかで力を出し切るということ スタンス幅を狭めると自然と振り幅が小さくなる スタンス幅を狭めることで、8割でしかスウィングできない体勢をあらかじめ作っておく スタンスが広いまま、力感を8割に抑えようとすると、小手先で振り幅を調整しようとするため、距離感が合いづらくなる 青木コーチの100Yスウィングを動画でチェック //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 100Y上達ドリル大きい番手で100Yを打ってみよう 100ヤードの精度を上げるには、どんな練習をすればいいのか。「9Iや8Iで、100ヤードを打つ練習がオススメです。スタンスも振り幅もさらに小さくなり難易度は上がりますが、番手によって打ち出し角がどれくらい変わるか意識しながら打てれば、距離感と方向性がより磨かれるのでぜひ試してみてください」 Point左右に軸ブレせずバランスよく振る より狭いスタンス幅でも、下半身のねじりで上半身や腕を連動させて振ることが大事。左右に体を動かさず、バランスよく振ることを心がけよう >>フルショットしてはいけない理由をギアの観点から分析! 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • 女子プロのなかでも切れ味鋭いと評判なのが、大里桃子のライン出しショット。風が吹いているときなどに、ちょっと低めの弾道でピンの根元をズドン! と射抜くあのショットはいったいどうやって打っているのか。本人を直撃した。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/サザンヤードCC 大里桃子おおさとももこ。1998年生まれ。熊本県出身。171センチの長身を生かしたアイアンの切れ味は、ツアーでもトップクラス。5月のほけんの窓口レディースでツアー2勝目を飾った。ツアーで2度、ホールインワンを達成している。伊藤園所属 両腕と肩の三角形を崩さない GD 大里プロはライン出しショットが得意ですね。大里 得意ってほどではないですけど、ライン出しは低い球で風の影響を受けにくいので、試合ではよく使います。GD どうやって打っているのでしょうか。大里 クラブを短く持って、ボールを少し右に置いて、コンパクトにフィニッシュします。GD なるほど。そうやって打てば、自然にボールは低くなりますよね。大里 このとき、大切なのが、両腕でできる三角形を崩さないように振ることなんです。GD 体のターンで振るということ? 続きを読む 大里 そうです。手の動きと体の動きが同調するほど、インパクトの精度は高くなります。低い球を打つ準備を整えて、両腕の三角形を崩さないように振る。これが、ライン出しショットのコツです。 ライン出しのコツ 1両腕の三角形を崩さずに打つ 「両腕と肩でできる三角形をなるべく崩さないように振ることが、ライン出しショットでいちばん大切なポイントです。三角形が崩れなければ、手が体の正面から外れずに振れた証拠。これで、ショットの精度が上がるんです」(大里) ライン出しのコツ 2ボール位置は少しだけ右 「ノーマルショットのときより、ボール1個くらい右に置きます。これで、自然にハンドファーストになってロフトが立つため、低い球を打つ準備OKです」 ライン出しのコツ 3フィニッシュを小さく抑える 「ライン出しでは、フォローでヘッドをリリースさせません。ヘッドを走らせると、球が高くなるからです。これで、自然とフィニッシュも低く収まります」 大里桃子のライン出しショット 動画もチェック! 【7Iノーマルショット】 //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 【7Iライン出しショット】 //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 私の先生は“三角先生” GD ライン出しの打ち方を身につけるために、何かいい練習法はありますか。大里 私がいちばん大切にしている、両腕の三角形を崩さずに振れるようになる練習器具があるんですよ。GD なんでしょうか?大里 私が実際に使って、すごく効果があったので、他の女子プロにもすすめているんです。「三角先生」という空気で膨らませる練習器具です。左腕に付けてスウィングすると、両腕の三角形を崩さずに振るコツがつかめます。GD ちょっとやってみます。大里 どうですか?GD ちょっと振りにくいというか、上手くボールに当たらなくなる感じがします。大里 そうでしょう? 違和感を感じるのは、手で打っている証拠です。使っているうちに、三角形を崩さずに振る感覚がわかってきますよ。 タバタゴルフ「三角先生Fit」大里プロおすすめの練習器具。アプローチからドライバーショットまで、両腕の三角形を崩さずに振るコツがつかめる Drill 1三角先生を付けてボールを打つ 「ライン出しに限らず、スウィングでいちばん大切なのは、両腕の三角形を保ったまま振ること。三角先生を左腕に付けると、両腕の三角形を保つコツがつかめます。これを付けると振りにくいと感じる人は、手を使ってスウィングしている証拠です」(大里) Drill 2ゴムベルトを両足に付けて打つ 「両ひざのところにゴムベルトを付けてボールを打つ練習もおすすめです。下半身が強化され、軸ブレを防ぐことができます。腕に三角先生を付けて、足にゴムベルトを付けて打つと効果倍増です」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より こちらもチェック!
  • 切れ味鋭いアイアンショットが武器の若手プロ3人に、アイアンで重要なことを教えてもらう本特集。まずは、現在賞金ランク16位、3種類のドローを打ち分けるという大岩龍一プロに話を聞いた。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/土浦CC(アコーディア・ゴルフ) 大岩龍一 おおいわりゅういち。1997年生まれ。千葉県出身。アイアンは3種類のドローを打ち分ける。ZOZOチャンピオンシップにも出場。ディライトワークス所属 インパクトは点ではなくゾーン GD 大岩プロのスウィングは、コンパクトなトップと大きなフォローが特徴ですね。大岩 ツアーでは『フィナウに似てる』と言われています。GD なるほど、フィナウですか。では、大岩プロのようにアイアンの“芯”で打つにはどうすればいいでしょうか。大岩 僕が大切にしているのは、振り抜きです。アイアンは、ヘッドを上から入れるのがセオリーといわれてますが、上から入ると抜けが悪くなるので、僕の場合は、完全に横から払い打ちです。GD 横から払い打つとどんなメリットが? 続きを読む 大岩 インパクトが“点”ではなく“ゾーン”になって、芯に当たりやすいし、ミスにも強いんです。僕はドローが持ち球なので、インサイドアウト軌道で右に振り抜きます。ドローを追求するうちに、大きなフォローが身につきました。 Point 1小さく上げて大きく振り抜く 「インパクトを点ではなく、ゾーンで考えているので、アイアンもダウンブローに打つ意識はまったくありません。トップをコンパクトに、フォローを大きくすると、横から払い打ちしやすく、ボールを“打つ”のではなく、“振り抜く”感覚が生まれます」(大岩・以下同) Point 2インサイドからヒットする 「ドローを持ち球にするなら、インサイドからボールをとらえることが絶対条件です。クラブが外から下りると、カット軌道になるだけでなく、ヘッドが鋭角に下りるため、インパクトが点になってしまいます」 Point 3インパクトは“点”ではなく“ゾーン” 「振り抜きをよくするためにも、上から打ち込むのではなく、横から払い打つ軌道がおすすめ。インパクトが点ではなくゾーンになり、ミスの許容範囲が大きくなります。少し手前の芝を噛んでもナイスショットとほぼ変わらないボールが打てます」 Point 4打ち出す方向にフォローを出す 「狙いどおりのドローを打つには、ターゲットよりも右に打ち出すことが必須条件。このとき、打ち出す方向にフォローを出すように振るのがコツです。インサイドにフォローを出すと、球を引っかけやすくなります」 大岩龍一のアイアンスウィング 動画もチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 手打ちを防ぐ最強練習「片手打ち」 GD 大岩プロはどんな練習をしていますか。大岩 まず、体と手の一体感を高めるというか、体と手の動きを同調させる練習をしています。片手打ちはもっとも効果的な練習方法ですよ。GD 手先で打たず、体のターンですね。大岩 もちろんです。あと、僕がおすすめしたいのは、ハーフスウィングから始めて、少しずつ振りを大きくしていってフルスウィングまで打つ練習。フルスウィングはハーフスウィングの延長ですから、確実に芯でとらえる感覚が身につきます。 Drill 1右手1本でSWを打つ 「右手でSWを持ち、左手を右ひじに添えてボールを打ちます。距離は10~15ヤードくらい。左手を添えるのは、フェースが返らないようにするためです。手の位置は常に体の正面。手と体が同調して動く感覚をつかみます」(大岩) Drill 2左手1本でSWを打つ 「左手でSWを持ち、ボールを打ちます。距離は同じく10~15ヤードくらい。左手の場合は、フェースが返る動きが出にくいので、右手はおなかに。左手打ちは難度が高いため、慣れるまではティーアップして打ちます」 Drill 3ハーフスウィングから徐々に距離を伸ばす 「フルショットの3分の2くらいの距離を打つハーフスウィングから始め、4段階でフルスウィングまでもっていきます。徐々に振り幅を大きくしていくことで、芯に当たる再現性の高いスウィングを身につけます。9Iのハーフスウィング→フルスウィングから始め、7I、5Iを同様に打ちます」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より