Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【今平周吾のコントロールショット】#1「右手首の角度は絶対キープ」

【今平周吾のコントロールショット】#1「右手首の角度は絶対キープ」

18年、19年と2年連続で賞金王に輝いた今平周吾。今回は、抜群のショット力を誇る今平の、スコアメイクの要ともいえるPWでのコントロールショットについて掘り下げていく。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroaki Arihara

今平周吾

92年生まれ、埼玉県出身。18年、19年と2年連続で賞金王を獲得。今シーズンは「フジサンケイクラシック」で優勝し、ツアー通算5勝目。ショットの正確さはツアーでも一目置かれる存在

コントロールショットの
決め手は右手首の角度

ウェッジのコントロールショットで「いちばん大事なこと」を今平に聞くと、「手先を使わないこと」との答え。

「ドライバーとか、長いアイアンでのショットとは『別モノ』と思ってもらうほうがいいくらい、腕にはまったく力を入れません。通常のショットは、切り返しで少し沈み込んで、地面反力を使う意識がありますけど、コントロールショットの場合は、その感覚もなくします。できるだけ上下動は抑えて、体の幅からクラブが外れないようにして打つ。両腕をロープで縛られた状態で打つ感覚に近いですね」。


また、インパクトまでは「右手首の角度を変えないように下ろしてくることが大事」と今平。右手首がインパクト前に伸びる(リリースされる)のは、手先で打っている証拠。右手首の角度を意識すると、それだけで、手と体の一体感が高まるのがわかるはずだ。

飛ばすショットではインパクトで手首をリリースするが、コントロールショットでは最後までリリースせずに、手首を曲げたままボールを押し込んでいくイメージを持つといい

Point 1
カラダの幅からクラブが外れないように

アプローチでは手と体はほぼ一体となって動き、手が体の幅から外れることはない。ウェッジのコントロールショットでも、常に手は体の幅の中で動かす

Point 2
腕に力が入ると角度がほどける

トップからヘッドを先に振り下ろしてしまう、いわゆる「キャスティング」動作は、コントロールショットの大敵。手首を力ませず、ヘッドの重さを感じて振ると、角度を保持できる

手先の力でコントロールしない

手の力を使った時点で、飛距離を安定させることは難しくなる。アプローチと同様に、手、腕の力を極力抜いて、体の回転でクラブをコントロールするイメージが大事

今平周吾のPWコントロールショット

飛ばすショットでは、沈み込みと伸び上がりを使ってヘッド速度をアップさせるが、コントロールショットでそれは必要ない。上下動を抑え、上体の前傾角をキープして打つ

>>アゲンストも苦にならない!
ライン出しショットのコツとは

  • ショット名手、今平周吾にコントロールショットの極意を聞く本特集。今回は、風の強い日などに役立つ、低めの弾道でラインを出していく打ち方のポイントを教えてもらった。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroaki Arihara 今平周吾 92年生まれ、埼玉県出身。18年、19年と2年連続で賞金王を獲得。今シーズンは「フジサンケイクラシック」で優勝し、ツアー通算5勝目。ショットの正確さはツアーでも一目置かれる存在 >>コントロールショットの大基本「右手の角度をキープする」 フェースをかぶせて手を返さずに打つ 風が強い日や、ライが悪い状況で、覚えておくと役に立つのが、ロフトを立ててラインを出していく打ち方。 「球筋としてはドロー系のショットの延長線上にあるイメージで、セットアップも、ボール位置がより右足寄りになるだけで、ドロー系とほぼ同じです。ボールを右足寄りに置くほど、ハンドファーストが強くなって、フェースが右を向きやすくなるので、ロフトを立てて打つショットの場合は、フェースが目標方向を向くまで左に向けて(かぶせて)構えるのがコツです」 続きを読む アドレスで作ったハンドファーストの形のままインパクトするには、やはり「右手首の角度」が重要になる。「最後まで右手首の角度を変えずに、フェース面をそのままターゲット方向に出していく感じで振ります。フェースを『返す』意識は一切持たないように。フィニッシュは腰より低く止めるイメージで、そこから惰性で少し上がっていくのが理想です」(今平)。 Point 1アドレスでフェースをしっかり目標に向ける ボールを右足寄りに置くほど、ハンドファーストが強くなり、フェースが右を向きやすくなる。それを考慮してフェースをややかぶせ、目標方向に向けて構える Point 2右手のひらでフェース面を感じて振る スウィング中は右手のひらの向きが、フェース面の向きとほぼ一致すると考えていい。フェース面をコントロールするには、右手のひらに意識を集中させる Point 3フォローでフェースを返さない フェース面を打ち出したい方向に向けたまま振り抜いていく。フォローで手を返す意識は必要ない 今平周吾の低弾道ライン出しスウィング 右足寄りにボールを置き、フェースはややかぶせて構える。右手首の角度を変えずに、ハンドファーストでインパクト。フォローは腰の高さで止めるイメージでOK 「今平周吾のコントロールショット」全編はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より こちらもチェック!

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より

こちらもチェック!

  • スコアメイクで最も重要な要素のひとつがアプローチ。そこで今回は、寄せの達人たちにその極意を教えてもらった。まずは男子ツアーきってのアプローチ名手、今平周吾に話を聞いてみよう。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroyuki Okazawa 今平周吾いまひらしゅうご。1992年生まれ。フジサンケイクラシックで通算5勝目を挙げる。卓越したウェッジの技術で2年連続賞金王を獲得 打ち方は2種類でいい! どんなところからでも寄せてくる印象のある、アプローチ巧者の今平周吾プロ。打ち方の「引き出し」が、さぞかしたくさんあると思いきや、「試合で使うのは、『上げる』、『転がす』、『スピンで止める』の3種類だけです。それ以外の特殊な“ワザ”なんて、はっきり言って必要ないです」という。そのうち「スピンで止める」は、トーナメント仕様のグリーンでのみ必要な打ち方で、通常のコースであれば「上げる、転がすの2つだけで十分。中途半端にいろいろやるより、2つを極めるほうが得策」(今平)とも。「自分の場合は60度のウェッジで、まずは『転がし』から考えます。アプローチはイメージが9割。いかに球筋をリアルに想像できるかどうかが大事。転がしが寄らない人は、打球の高さや強さ、グリーンのスピードなどのイメージが湧いていないということです」(今平) 続きを読む 「転がす」アプローチ グリーンエッジからピンまである程度の距離があれば、転がすのがいちばん簡単。コックを使わず体の回転でテークバック、球を包み込むようにインパクトし、最後まで目線を低くキープする 【アドレスのPOINT】手は左太もも、ボールは右足前 ボールは少し右足寄りで、手元は左太ももの前。体重は7:3で左足にかける。フェースを少し開くとバウンスが使え、リーディングエッジが突っかかりにくくなる 「上げる」アプローチ テークバックでコックを使い、ボールを拾う感覚でインパクト。ロフトで球は上がってくれるので、フォローで無理に上げようとしないことが大事。「上げる」アプローチは、どうしても必要がある場合(バンカー越え、エッジからピンまでが近いなど)のみ使用し、それ以外は極力転がしで対応 【アドレスのPOINT】ボールを真ん中~やや左に ボールはスタンス中央、またはやや左足寄りにセット。スタンスはややオープン。フェースは無理に開かなくてもいい ボールがフェース面をどう転がっていくかをイメージしよう 「上げる」「転がす」の2つの基本が分かったら、あとは「打ち方のことをあれこれ考えるより、フェース面をどう使うか、ボールがまずどこに当たって、どう転がって抜けていくかを明確にイメージすることが大事」と今平プロ。転がしの場合は、ヒール側下部からトウ側上部にボールが斜めに駆け上がって、フェース面から離れるときには、もう転がりがスタートしているイメージだという。また上げる場合は、リーディングエッジからトップブレード方向、溝に対して垂直にボールが駆け上がり、順回転のスピンを与えながらフェースから離れるイメージだ。 【転がし】ヒール側からトウ側へボールが駆け上がる ウェッジはそもそも、ヒールからトウにかけて斜めにフェースを使うのが基本だが、転がしの場合はボールが滑りすぎないように、トウ側を閉じてフック回転をかけながら打っていくのがポイント 【上げる】フェース面の溝を存分に使っていく 上げる場合は最初からスクエアに当てて、スクエアなまま抜く。リーディングエッジの中央部分から真上にボールが転がって、全部の溝を通過するイメージ >>「バウンスを使う」ってこういうことか!ザックリに悩む人はこちらもチェック 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、フジサンケイクラシックでツアー5勝目を挙げた今平周吾のセッティングに注目。 今平周吾 いまひらしゅうご。1992年生まれ埼玉県出身。ツアー通算5勝。2年連続賞金王に輝くなど、安定感抜群のゴルフで男子ツアーを牽引する存在。3季連続の賞金王を狙う フジサンケイクラシックで19年以来の優勝を飾った今平周吾。今年はセガサミーカップでパターを2本入れるなど、パッティングに悩まされ続けてきたが、ようやくエースが決まったようだ。「ずっと使っていたエースパターよりも操作性が高くて、ラインを出しやすいのがこのパターに決めた理由です。自分のなかでパッティングのストロークはフェースをある程度開閉させるイメージが持てるといいんですが、その感覚が消えてしまうパターだとフィーリングが出ないんです。子のパターにしてクロスハンドから順手グリップに戻せたのも大きいです。オートマチックになりすぎると、とくにプレッシャーのかかった場面でスムーズにストロークできず、一度フェースが開いたらそのまま当たってしまうこともありました」またウェッジに関してはバウンスを増やしてやさしさを少し上乗せした。「前はソール幅が少し厚くてローバウンスのモデルを使っていましたが、今度のウェッジは少しバウンスがあるタイプにしました(バウンス角を3度から5度に)。アプローチでヘッドがボールの下を抜けてしまうことがよくありましたが、バウンスを2度増やしたことで、フェースにボールが乗るようになりました」ウェッジ・パターと信頼できる武器が揃った今平。3季連続賞金王に邁進するのみだ。 現在テスト中のニューモデル。ソールのウェートポジションなどを調整しつつ、今はまだ試合で使えるようカスタマイズしている段階だが、データ的には満足できるものに近づいているという 高校の頃から10年ほど使い続けているユーティリティ。フェース面には使い込まれた痕跡が。これ以上のユーティリティにはいまだ出合えていないという もともと3度という超ローバウンスを使っていたが、ヘッドがボールの下を抜けることがあり、5度に変更。フェースに乗るようになったことでイメージどおりのアプローチができるようになった 大型マレットタイプはヘッドの慣性モーメントが高いのが特徴だが、この「EXO SEVEN MINI」は操作性も高く、少しフェースを開閉させる動きを入れられる。「このパターにして順手に戻せたのでタッチも合うようになりました」 今平周吾の14本 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より 「プロスペック」バックナンバー
  • 「ゲンちゃん」こと時松隆光がプロを招いてトークをする連載「わかった! なんで言えません」。今週からのゲストは、2年連続賞金王の今平周吾。東京五輪代表の座を逃した今平だが、テレビで観戦しながらどんなことを思っていたのか……。 ホスト/時松隆光 1993年生まれ、福岡県出身。ツアー通算3勝。プロ10年目。テンフィンガーグリップで戦う。愛称は“ゲンちゃん ご指名/今平周吾 埼玉生まれ。ツアー5勝。2年間の米国武者修行を経て2011年プロ入り。27歳67日での複数回賞金王はジャンボ尾崎を抜いて最年少記録 時松 先日のフジサンケイクラシック、優勝おめでとうございます!今平 3年連続賞金王を目指してやってきて、この優勝から乗っていければいいなと。今年の前半は自分なりにいろいろとやっても、なかなか結果が出なかったんだよね。調子が上がってきたところでの優勝だったから嬉しかったです。時松 最終日の5番(パー4)、20ヤードのアプローチを60度でチップイン。さすがっす!今平 ちょっと球が沈んでいて、浮いていれば上げて寄せられたんだけど、ワンクッションを選択したんだよね。打った瞬間はちょっと強いかなと思ったけど、カップに入ってくれてよかった。時松 今年は前半、まだ結果が出なかったときに東京オリンピックがあって。もしコロナ禍で五輪が1年延びていなければ、今平さんが出てたでしょ。今平 地元埼玉の霞ヶ関CCが会場だったし、出たいとは思っていた。でも僕は切り替えが早いほうだから、オリンピックに出られなかった悔しさはもうなくて、しょうがないよなと。それに、調子が上がってこなかった状態で僕が出ても、いい成績は出せなかったと思う。試合もなかったから、オリンピックはのんびりテレビで見てた(笑)。時松 僕もオリンピックはゴルフに限らず見ていましたけど、いやぁ、僕は国を背負うまではしきらんです(笑)。柔道とか見ていても、日の丸をつけるって、重圧がハンパなさそうで……。今平 通常のトーナメントとは違った雰囲気で、特別感があったよね。3年後のパリ大会には出たいと、あらためて思った。ただ、オリンピックもいいけど、やっぱり目指しているのは海外メジャーかな。メジャーは国を代表するというよりも、個人の戦いだよね。時松 海外メジャー、出場されたどの大会が一番感激しました?今平 やっぱり、マスターズ。他のメジャーはタフなセッティングと飛距離で圧倒されるけど、マスターズはラフがそんなに深いわけでもないし、距離が長いわけでもない。ただ全体の雰囲気とコースの美しさだけで、もう感動して。だって、初めて出場できたときの1番ティーで、手が震えたから。 続きを読む 時松 今平さんでも手が震えるなんてこと、あるんすね?今平 ティーアップするとき、ボールを落としはしなかったけど、指先がブルブルしているのが自分でわかった。時松 今年は松山(英樹)さんの優勝で日本中が大騒ぎでしたけど、そもそもマスターズって、出られるだけでとんでもなくすごいということを、みなさんにもっとわかってほしい! 世界ランキング50位以内に入るってことが、どれだけ大変なことか。今平 (笑)。確かに最初は出られただけでも嬉しかった。マスターズに出ることを目標に昔からゴルフをしてきたということもあったから。そのマスターズで日本人が勝てたということは刺激になりました。ただグリーンが難しすぎて勝てる気はしないけれど(笑)。時松 今平さんといえば、僕は「究極のオールラウンダー」だと思っているんです。ショットは曲げない、アプローチはピンをデッドに攻めてくる、パターも上手。スキが見当たらない!今平 自分としては、全体的に平均点ぐらいかなと。大きな欠点はないかもしれないけど、「これで勝負している」という1つ飛び抜けているものがないというか……。時松 そうかなぁ。フジサンケイもそうでしたけど、僕は今平さんのアプローチは、ホント真似できん上手さ。カップまで距離がない場面でも、フワッと上げて寄せる技術は圧巻っす。今平 アプローチは、小さな頃から好きだった。 随所に光る今平の小技は練習のたまもの。「今でも落としどころが絞られている難しいグリーンは嫌いじゃないです」(今平) 時松  上げて寄せるのが上手だから、グリーンからこぼれることも恐れずにセカンドでピンをデッドに狙っていける。僕は転がすアプローチを基本に考えるからグリーンは外したくない。今平 アプローチを磨けたのは、2年間海外留学していたことも多少はいい影響があると思う。向こうは日本みたいに手前から花道を転がしてなんとかなるというホールが少ない。池が多かったり、ラフがキツかったり。ピンも狙うし、こぼれることも多いから、アプローチも練習することになる。時松 なるほど。今平 それに向こうでよかったことは、とにかく練習がいっぱいできたこと。だって、ゴルフしかやることないんだから(笑)。しかもアメリカは、スループレーが基本。朝からスルーで1ラウンドして、午後からもう1ラウンド、なんてよくやってた。それもよかったのかな。時松 海外留学の強みって、やっぱりあるんすね~。(つづく) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より 「わかったなんて言えません」バックナンバー