Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【今平周吾のコントロールショット】#2「フィニッシュは腰の高さでOKです」

【今平周吾のコントロールショット】#2「フィニッシュは腰の高さでOKです」

ショット名手、今平周吾にコントロールショットの極意を聞く本特集。今回は、風の強い日などに役立つ、低めの弾道でラインを出していく打ち方のポイントを教えてもらった。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroaki Arihara

今平周吾

92年生まれ、埼玉県出身。18年、19年と2年連続で賞金王を獲得。今シーズンは「フジサンケイクラシック」で優勝し、ツアー通算5勝目。ショットの正確さはツアーでも一目置かれる存在

>>コントロールショットの大基本
「右手の角度をキープする」

フェースをかぶせて手を返さずに打つ

風が強い日や、ライが悪い状況で、覚えておくと役に立つのが、ロフトを立ててラインを出していく打ち方。

「球筋としてはドロー系のショットの延長線上にあるイメージで、セットアップも、ボール位置がより右足寄りになるだけで、ドロー系とほぼ同じです。ボールを右足寄りに置くほど、ハンドファーストが強くなって、フェースが右を向きやすくなるので、ロフトを立てて打つショットの場合は、フェースが目標方向を向くまで左に向けて(かぶせて)構えるのがコツです」


アドレスで作ったハンドファーストの形のままインパクトするには、やはり「右手首の角度」が重要になる。

「最後まで右手首の角度を変えずに、フェース面をそのままターゲット方向に出していく感じで振ります。フェースを『返す』意識は一切持たないように。フィニッシュは腰より低く止めるイメージで、そこから惰性で少し上がっていくのが理想です」(今平)。

Point 1
アドレスでフェースをしっかり目標に向ける

ボールを右足寄りに置くほど、ハンドファーストが強くなり、フェースが右を向きやすくなる。それを考慮してフェースをややかぶせ、目標方向に向けて構える

Point 2
右手のひらでフェース面を感じて振る

スウィング中は右手のひらの向きが、フェース面の向きとほぼ一致すると考えていい。フェース面をコントロールするには、右手のひらに意識を集中させる

Point 3
フォローでフェースを返さない

フェース面を打ち出したい方向に向けたまま振り抜いていく。フォローで手を返す意識は必要ない

今平周吾の低弾道ライン出しスウィング

右足寄りにボールを置き、フェースはややかぶせて構える。右手首の角度を変えずに、ハンドファーストでインパクト。フォローは腰の高さで止めるイメージでOK

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より

こちらもチェック!

  • スコアメイクで最も重要な要素のひとつがアプローチ。そこで今回は、寄せの達人たちにその極意を教えてもらった。まずは男子ツアーきってのアプローチ名手、今平周吾に話を聞いてみよう。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroyuki Okazawa 今平周吾いまひらしゅうご。1992年生まれ。フジサンケイクラシックで通算5勝目を挙げる。卓越したウェッジの技術で2年連続賞金王を獲得 打ち方は2種類でいい! どんなところからでも寄せてくる印象のある、アプローチ巧者の今平周吾プロ。打ち方の「引き出し」が、さぞかしたくさんあると思いきや、「試合で使うのは、『上げる』、『転がす』、『スピンで止める』の3種類だけです。それ以外の特殊な“ワザ”なんて、はっきり言って必要ないです」という。そのうち「スピンで止める」は、トーナメント仕様のグリーンでのみ必要な打ち方で、通常のコースであれば「上げる、転がすの2つだけで十分。中途半端にいろいろやるより、2つを極めるほうが得策」(今平)とも。「自分の場合は60度のウェッジで、まずは『転がし』から考えます。アプローチはイメージが9割。いかに球筋をリアルに想像できるかどうかが大事。転がしが寄らない人は、打球の高さや強さ、グリーンのスピードなどのイメージが湧いていないということです」(今平) 続きを読む 「転がす」アプローチ グリーンエッジからピンまである程度の距離があれば、転がすのがいちばん簡単。コックを使わず体の回転でテークバック、球を包み込むようにインパクトし、最後まで目線を低くキープする 【アドレスのPOINT】手は左太もも、ボールは右足前 ボールは少し右足寄りで、手元は左太ももの前。体重は7:3で左足にかける。フェースを少し開くとバウンスが使え、リーディングエッジが突っかかりにくくなる 「上げる」アプローチ テークバックでコックを使い、ボールを拾う感覚でインパクト。ロフトで球は上がってくれるので、フォローで無理に上げようとしないことが大事。「上げる」アプローチは、どうしても必要がある場合(バンカー越え、エッジからピンまでが近いなど)のみ使用し、それ以外は極力転がしで対応 【アドレスのPOINT】ボールを真ん中~やや左に ボールはスタンス中央、またはやや左足寄りにセット。スタンスはややオープン。フェースは無理に開かなくてもいい ボールがフェース面をどう転がっていくかをイメージしよう 「上げる」「転がす」の2つの基本が分かったら、あとは「打ち方のことをあれこれ考えるより、フェース面をどう使うか、ボールがまずどこに当たって、どう転がって抜けていくかを明確にイメージすることが大事」と今平プロ。転がしの場合は、ヒール側下部からトウ側上部にボールが斜めに駆け上がって、フェース面から離れるときには、もう転がりがスタートしているイメージだという。また上げる場合は、リーディングエッジからトップブレード方向、溝に対して垂直にボールが駆け上がり、順回転のスピンを与えながらフェースから離れるイメージだ。 【転がし】ヒール側からトウ側へボールが駆け上がる ウェッジはそもそも、ヒールからトウにかけて斜めにフェースを使うのが基本だが、転がしの場合はボールが滑りすぎないように、トウ側を閉じてフック回転をかけながら打っていくのがポイント 【上げる】フェース面の溝を存分に使っていく 上げる場合は最初からスクエアに当てて、スクエアなまま抜く。リーディングエッジの中央部分から真上にボールが転がって、全部の溝を通過するイメージ >>「バウンスを使う」ってこういうことか!ザックリに悩む人はこちらもチェック 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より
  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • TEXT/Daisei Sugawara ILLUST/Minoru HamadaPHOTO/Takanori Miki、Shinji OsawaTHANKS/ゴールデンクロスCC、志度CC フェアウェイのど真ん中、残り120Y。ショートアイアンで打てる絶好の位置からのセカンドは、なんとしても乗せたいショットだが、実際に乗せられる確率はどれぐらいだろうか。ショートアイアンでとくに多いのが、左に引っかけるミス。乗せたい距離だけに、大きく外したときの落胆も大きい。ショートアイアンで引っかけることなく、確実にグリーンオンできるようになるためのコツを教わろう! 解説/南 秀樹 みなみひでき。かつて鈴木愛を賞金女王に導いた名コーチ。現在は木村彩子、岡山絵里をはじめ、ジュニア等のアマチュアも指導している ショートアイアンは「勝手につかまる」構造 ショートアイアンで狙いどおりに球をコントロールするためには、まず「ドライバーとアイアンの構造の違いを理解することが必要」と南秀樹プロは言う。「ドライバーはクラブ自体が長く、振れば振るほど『振り遅れる』性質のクラブです。だから、アマチュアは球をつかまえようとして、右手を使うクセがついている人が多い。一方ショートアイアンは、逆に振れば振るほど『勝手につかまる』性質を持っています。なので、ドライバーと同じ感覚で右手を使ってしまうと、全部左に飛んでしまうんです」。つまりショートアイアンは、ドライバーと違う感覚で振る必要があるということ。つかまりやすい性質を持つショートアイアンで左へのミスを防ぐには、3つのポイントがあると南プロ。それぞれ詳しく見ていこう。 ドライバー感覚で振ると左にいきやすい ドライバーはクラブが長いため振り遅れやすく、かつトウダウンしやすいため構造的に右にいきやすい。それを、右手を使うことで無理につかまえるクセがついている人は、ショートアイアンで同じように振ると球がつかまりすぎてしまう 【コースで定点観測してみたら…】ミスの7割が左だった! ゴールデンクロスCC13番の2打目地点(残り100~130Y)で定点観測すると、グリーンを左に外す人の割合が70%と、手前、奥、右に比べ圧倒的に多かった “左”を防ぐ3つのポイント 【POINT 1】ハンドファーストにインパクト 手元をヘッドよりも先行させる形で飛球線方向に動かすと、フェースは開く方向に動く。インパクトではロフトを立ててハンドファーストに当てる意識を持つと、球は左に飛びにくくなる 【POINT 2】ダウンブローを意識しすぎない ショートアイアンは自然とアップライトなスウィングになるため、アウト-インの軌道になりやすい。フェースが開いて当たればスライスになるが、フェースが閉じて当たりやすいショートアイアンでは、アウト-インに振ると余計に左に飛びやすくなる。なので、無理に上から打とうという意識は不要 【POINT 3】フェースローテーションを抑える ロフトが大きな短い番手ほど、重心角は大きくなる。つまりショートアイアンは元々フェースが閉じやすい構造なので、右手を使ってつかまえにいくと、左に飛びやすい。フェースローテーションを極力抑える打ち方が重要だ >>【POINT 1】ハンドファーストに当てるコツ>>【POINT 2】自然なダウンブローを身につける>>【POINT 3】フェースローテーションを抑える 月刊ゴルフダイジェスト2021年10月号より