Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ウェッジゲームの達人になる!】#3 女子No.1のアプローチ名手・申ジエ「大事なのは目と手です」

【ウェッジゲームの達人になる!】#3 女子No.1のアプローチ名手・申ジエ「大事なのは目と手です」

寄せの達人たちにアプローチの極意を教えてもらう本特集。最後は、女子プロNo.1のアプローチ名手、申ジエプロ。まずはアプローチで大切にしていることを教えてもらった。

PHOTO/Takanori Miki THANKS/太平洋クラブ八千代コース

申ジエ
1988年生まれ。韓国出身。元世界ランクナンバー1のレジェンド。日本だけで26勝、海外での勝利も合わせるとなんと50勝以上。かつて週刊ゴルフダイジェストの企画「女子プロが選ぶこのプロがスゴイ」のアプローチ部門で1位に輝いたことも

失敗を重ねないと覚えない

――プロ仲間からも一目置かれる存在の申ジエプロですが、プロ自身がもっとも大事にしていることは何ですか?

申 アプローチはリカバリーショット。だからこそ、次のパットをどこから打つかが重要で、どこから打つとベストか、そのことを考えています。 

――ベストな結果を生むために、どのような考えでショットに臨んでいますか?

「視線のイメージ」と「手の感覚」を大事にしています。視線で球筋を明確にイメージし、そのイメージをもとに、インパクトの強さをイメージする。このふたつがマッチしたとき、ベストな結果を生むことができるんです。

――ジエプロはたくさんの技の引き出しがあるように見えるのですが、それは経験によって培われたものですか?

申 経験は経験ですが、“失敗”の経験ですかね。

――失敗?

申 今の若い子は練習ではいろんな種類のアプローチを練習しています。でも、試合になると自信がないからか、安全なことしかやらない。もちろん、その気持ちもわかります。でも私は、失敗を重ねないと本当の技術は身につかないと思っています。失敗し、そこで反省して次に生かす方法を考え、また挑む。この繰り返しのおかげで今があると確信しています。レベルの差はあるかもしれませんが、これはアマチュアの方も同じですよ。

――なるほど。確かにラウンドではついつい安全に考えてしまいます……。手の感覚についてはいかがですか?

申 ボールはフェースの当たり方で飛び方が決まります。そして、ボールが当たったとき、最初に感覚が伝わるのは手。つまり、手の感覚が鋭ければ、いいショットのときの感覚を覚えていられるわけです。目隠ししても、当たったときの感触で弾道がわかっていないとダメだと思っています。そうしないと、いつまで経っても、イメージとのギャップは埋められません。“手の感覚”を大切にすることで、きっと違いが出てくるはずです。

常に手に意識を集中

「手先の感覚が大事なので、食事をするときや何か物をつかむときなども、手に意識を集中させるようにしています」

フェース面=右手のひら

「フェース面と右手のひらは同じだと考えています。フェースを手のように使えれば、自分が思った球を打つことができます」

では、実際にどう打っている?
>>後編へ続く

  • アプローチで大事なのは「視線のイメージ」と「手の感覚」と語った申ジエプロ。では実際にどのようなことに注意して打っているのか。左足下がりや砂混じりのライなど、難しい6つの状況での打ち方のポイントを聞いた。 PHOTO/Takanori Miki THANKS/太平洋クラブ八千代コース 申ジエ 1988年生まれ。韓国出身。元世界ランクナンバー1のレジェンド。日本だけで26勝、海外での勝利も合わせるとなんと50勝以上。かつて週刊ゴルフダイジェストの企画「女子プロが選ぶこのプロがスゴイ」のアプローチ部門で1位に輝いたことも >>重要なのは「目」と「手」申ジエが語るアプローチの極意 難しい状況でも、「上げる」「転がす」の基本のアプローチに“ひとアレンジ”加えることで対応できると、ジエプロ。ただし、「打ち方に正解はありません。これはほんとに大事!」と話す。「私のやり方はあくまで私がやりやすい方法論です。『これをしなければいけない』ということではなく、選択肢のひとつとして考えてもらいたいんです。一番大切なのは、みなさん自身が『どの方法がやりやすいかを知る』ことであり『どの方法がもっともイメージが出る』か。だからこそ、いろんな方法を試してみて、自分に合ったものを見つけてほしいです」 続きを読む CASE1 左足下がりフォローを低く短く出す 左足下がりは、傾斜なりに振っていくことが大前提。フォローを大きく取ろうとすると、インパクトが強くなってランが出やすいので、フォローは低く短く出す 【POINT】ひざの高さをそろえよう スウィング中、ひざの高さが変わると、体の軸が傾き最下点も変わってしまう。傾斜地ほど、打点がシビアになるので、左右のひざの高さをそろえることが大事 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE2 バンカー越え弾道の頂点に目線を向ける 目線を高くすることで、自然に右肩が下がり高い球が出やすくなる。ポイントは左足体重で振り抜くこと。上げたいからといって、右足体重になってしまうと、あおり打ちになってダフリやトップのミスが出やすくなる 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE3 ボールが沈んだラフコックを早めに使いクラブを鋭角に下ろす できるだけ芝の影響を受けないように、コックを使い鋭角にクラブを入れていく。バンカーショットのイメージでいい 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE4 ボールが浮いているラフ振り子のように左右対称に振る 浮いているライで一番嫌なのは、ボールの下をくぐること。肩と腕で作った三角形を崩さないように横からボールを払うように打っていく。パターで打つ感覚でもいい 【POINT】浮いているときはロフトが立ったクラブにする ロフトが寝たクラブだと、ボールの下をくぐりやすい。AWやPWなど、ロフトが立った番手を使うとミスが防げる 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE5 フェアウェイとラフの境目芝に触れないように上から入れる 通常のアプローチよりもボールを右足寄りに置き、コックを入れながら打っていく。手前のラフにできるだけ触れないように意識しながらボールの先にクラブを落とす 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE6 砂が多いフェアウェイトップさせるくらいの感覚でOK ボールを右足寄りに置き、肩と腕の三角形をキープして打っていく。左足体重にしておくことで、 最下点がボールの先になるため、ダフリのミスが防げる 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より こちらもチェック!

月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より

こちらもチェック!

  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<
  • TEXT/Kosuke Suzuki PHOTO/Tsukasa KobayashiTHANKS/√dゴルフアカデミー 身長171㎝で420Yという驚異の飛距離を誇る浦大輔が、飛ばしのコツを伝授する連載「解決! 浦ゼミナール」。今回は、ミスなく正確なアプローチをするための重要なポイントを教えてくれた。 https://my-golfdigest.jp/lesson/p32717/ 前回のお話はこちら 右足を送る動きは不要 ――前回はコントロールショットについてお聞きしましたが、今回はそこからさらにアプローチに話を進めていきたいと思います。アプローチは、コントロールショットの小さい版、と考えていいんでしょうか。浦 まぁそうとも言えますが、50ヤード以下、とくにキャリー15ヤード前後の短い距離のアプローチに関してはちょっと別の技術としてとらえたほうがいいかもしれません。――なぜですか?浦 体重移動せずにムリなく球を運べる距離を打つショートアプローチは、スウィングに「飛ばす」要因がひとつも要らないからです。30%とか50%とかのスウィングを、いかに誤差なくやるかということがテーマになる動き。だから構えもスウィングも、通常のショットの延長線上から外れたものでも問題ないんです。――なるほど、安定こそが至上命題のスウィングということですね。浦 そうです。そこでみなさんに絶対におすすめしたいのが、「ベタ足」のアプローチなんです。短い距離のアプローチは、右足を地面から動かさずにベタ足のまま打ったほうが絶対に精度が高いのに、これをやっているアマチュアは本当に少ない。――どうして「ベタ足」はやさしいんですか?浦 右足をベタ足のままスウィングするということは、左に(もちろん右にも)体重移動しないということ。だからスウィングのタイミングも変わらないし、体がブレないから入射角も軌道も安定する。飛距離を出すためには体重移動は不可欠ですが、これは精度の面ではデメリットになる。でも50ヤード未満の短い距離のアプローチなら体重移動のエネルギーは要らないですから、ベタ足のまま打ったほうがやさしいに決まっています。――飛ばしの要因を最初から外してスウィングすることで精度を担保するわけですね。浦 みなさん普通にダウンスウィングで右ひざを送って打っていますけど、右足をめくる量、つまり体重移動の量やタイミングでスピン量は不安定になるし球の高さもそろいにくいから難しいと思いますよ。いわゆる天才系のテクニシャンはそこで「微調整」をして距離や高さやスピン量を自分でコントロールしているわけですが、すごい練習量や研ぎ澄まされた感覚がなければただの不確定要素ですからね。あとは、スピンで止めるためによほどヘッドスピードを上げたいとき以外は不必要な動きです。まずは高さも出しやすくスピン量も距離も安定しやすい「ベタ足」の打ち方を覚えたほうが得策ですよ。 球をつかまえて打つベタ足と球を逃がして打つひざ送り 【ベタ足アプローチ】体重移動がないぶん振り幅は大きくなる 【ひざ送りアプローチ】体重移動して体を押し込むぶん少し逃がして打つ ハンドファーストな構えから体重移動せずそのまま打つのがベタ足のアプローチ(上)。ダウンスウィング以降で右ひざを送りながら体重移動して打つアプローチ(下)よりもやさしくミスしにくいと浦さん。アマチュアには絶対的に前者がおすすめだ 手首キープ!手元を絶対浮かさない ――では「ベタ足アプローチ」の打ち方を教えてください。浦 本当に右足をベタ足のまま打つだけです。一応細かく説明すると、アプローチなのでインパクトは絶対に最下点の手前ですから、多少ハンドファーストで左足体重です。体重移動せずにその状態でインパクトするために、アドレスでその形を作っておき、そのままスウィングするだけ。 左重心を作りそのまま打つ ハンドファーストにクラブをセットし、左足重心で立って構える。その重心バランスを崩さずに、バックスウィングでもダウンスウィングでも一切体重移動をせずに打つことで精度の高い動きができる ポイントを挙げるなら、左手とクラブの角度を絶対に変えないこと。スウィングスピードが遅いので、クラブのトウダウンは考えなくていい。だから手元もアドレスから一切浮いてはいけません。これだけを死んでも守れば、ダフる要因はありません。――絶対にダフらない打ち方というわけですか。浦 体重移動もしない、トウダウンもしないでダフるとしたら、手首がほどけるしかない。それだけを死ぬ気で防げばいいんです。あとは、トウダウンしないぶん普段のイメージよりフェースが左を向いて当たります。正確には右を向かずにスクエアなまま当たるんですが。それを考慮して最初から少し右を狙い、球をつかまえてドローっぽい球を打つイメージを持ってください。それでもヘッドが走らないぶん飛距離も出にくいですから、最初は少し大きめの振り幅をイメージして自分の距離感を作ってください。 トウダウンしないから少し左に出るイメージです トウダウンが起こらないので通常のショットよりも出球がやや左になることを考慮し、少しだけ右を狙おう ――なるほど。ほかにポイントがあれば教えてください。浦 そうですね。アプローチは、前述のように「飛ばさない」スウィングですから、グリップもドライバーの飛ばしとは違います。ドライバーとは真逆で、左手はパームグリップのロングサムで握ってください。そしてグリップを短く握ってボールの近くに立ち、手首を使わないアップライトな軌道をイメージしてください。スウィングは、前回説明した「アクセルコントロール」で距離感を作ることが大事。フィニッシュの位置を決めて、そこにブレーキを踏まずにスッと収まるような力感のスウィングを目指してください。くれぐれもバックスウィングの大きさで振り幅を作るようなことはしないでください。全部台無しになります。 アプローチはパーム&ロングサム 飛ばしたくないアプローチは、ドライバーと真逆のグリップが適している。左手は親指の腹がグリップに密着したパームグリップでロングサム。右手も深くパームで握ろう。グリップを短くもち、ボールに近く立ってアップライトに振るのがコツ。手のひらがグリップに密着したパームグリップは手首を使いにくくヘッドも走りにくい「飛ばない」握り 浦大輔 うらだいすけ。身長171cmで420Y飛ばす飛ばし屋にして超理論派。東京・赤坂で√d golf academyを主宰 月刊ゴルフダイジェスト2021年10月号より 「浦ゼミナール」バックナンバー
  • 片山晋呉や上田桃子など数多くのトッププロを指導したプロコーチ・江連忠が、アマチュアゴルファーのリアルな悩みや疑問にお答え! https://my-golfdigest.jp/lesson/p34168/ 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月7日号より 「新モダンゴルフ」バックナンバーはこちら
  • ARRANGE/Mika Kawano PGAツアーアジア担当ディレクターのコーリー・ヨシムラさんが米ツアーのホットな情報をお届けする隔週連載「PGAツアーHOT LINE」。第9回のテーマはパドレイグ・ハリントンの“アプローチ”について。 https://my-golfdigest.jp/tournament/p31506/ 前回のお話はこちら 「左足体重で打つ」を忘れていませんか? アイルランド出身のパドレイグ・ハリントンが全英オープンと全米プロでメジャー2連勝したのは08年のこと。彼は全盛期からわずか2年足らずでメジャー3勝を挙げ世界ゴルフ殿堂入りを果たしました。ちなみに全米プロを欧州勢が制したのは実に76年ぶりの快挙でした。当時のデータを紐解くと秀でている項目があります。それはショートゲームの優秀さを示す「ストローク・ゲインド・アラウンド・ザ・グリーン」。PGAツアー初優勝を挙げた05年からメジャーに勝ちまくった全盛期にかけ、グリーン周りのデータは常に上位で、ハリントン最大の武器がアプローチ、特にチップショットにあったといえるのです。40代になっても同部門のランキング6位( 16年)に入るほど小技のキレは衰えていません。アマチュアがグリーン周りでおかしやすい最大のミスをこう指摘します。「多くの人がアプローチに苦手意識を持っています。そういう人たちに共通する大きな間違いが1つあります」共通する間違い?「無意識に球を上げようとすることです」とハリントン。「するとどうなるか? 体重が右足に残りすくい上げる動作が入る。胴体、重心、胸骨が右に傾くことでクラブはボールの手前の地面を叩くことになります。手が必要以上に動いてクラブに仕事をさせていないのです」直すのには大手術が必要な気がしますよね。でもご心配なく。ハリントンは「とてもシンプルな治療法」を我々に伝授してくれています。「スウィングを通して左足に体重をかけて打つこと。それですべて解決します」状況によって球の位置を変えることはあってもグリーン周りでは常に左足体重で打つべし。これこそハリントンをメジャー3冠に押し上げた最大の秘訣。「アライメントスティックを使ったオススメのドリルがあります。左足かかとの延長上にスティックを置き、それにヘッドが当たらないようにクラブを上げ、ボールを打つのです。体重が少しでも右に残るとヘッドはスティックに激突。左体重をキープしてスティックにヘッドを当てないようにしながら球を打つドリルに挑戦してください」次回はドリルの応用編をご紹介しましょう。 ハリントンというと、ショットメーカーのイメージが強いかもしれないが、実はショートゲームで成績を挙げてきた。彼のアプローチの理論はシンプル。そのなかには我々アマチュアにも通じる上達のヒントがいっぱいあった コーリー・ヨシムラ PGAツアーのアジア全体のマーケティング&コミュニケーションディレクター。米ユタ州ソルトレーク出身でゴルフはHC6の腕前 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24日・31日合併号より