Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ウェッジゲームの達人になる!】#4 状況別! 申ジエのお手本アプローチ【動画あり】

【ウェッジゲームの達人になる!】#4 状況別! 申ジエのお手本アプローチ【動画あり】

アプローチで大事なのは「視線のイメージ」と「手の感覚」と語った申ジエプロ。では実際にどのようなことに注意して打っているのか。左足下がりや砂混じりのライなど、難しい6つの状況での打ち方のポイントを聞いた。

PHOTO/Takanori Miki THANKS/太平洋クラブ八千代コース

申ジエ

1988年生まれ。韓国出身。元世界ランクナンバー1のレジェンド。日本だけで26勝、海外での勝利も合わせるとなんと50勝以上。かつて週刊ゴルフダイジェストの企画「女子プロが選ぶこのプロがスゴイ」のアプローチ部門で1位に輝いたことも

>>重要なのは「目」と「手」
申ジエが語るアプローチの極意

難しい状況でも、「上げる」「転がす」の基本のアプローチに“ひとアレンジ”加えることで対応できると、ジエプロ。ただし、「打ち方に正解はありません。これはほんとに大事!」と話す。

「私のやり方はあくまで私がやりやすい方法論です。『これをしなければいけない』ということではなく、選択肢のひとつとして考えてもらいたいんです。一番大切なのは、みなさん自身が『どの方法がやりやすいかを知る』ことであり『どの方法がもっともイメージが出る』か。だからこそ、いろんな方法を試してみて、自分に合ったものを見つけてほしいです」


CASE1 左足下がり
フォローを低く短く出す

左足下がりは、傾斜なりに振っていくことが大前提。フォローを大きく取ろうとすると、インパクトが強くなってランが出やすいので、フォローは低く短く出す

【POINT】
ひざの高さをそろえよう

スウィング中、ひざの高さが変わると、体の軸が傾き最下点も変わってしまう。傾斜地ほど、打点がシビアになるので、左右のひざの高さをそろえることが大事

動画でチェック!

CASE2 バンカー越え
弾道の頂点に目線を向ける

目線を高くすることで、自然に右肩が下がり高い球が出やすくなる。ポイントは左足体重で振り抜くこと。上げたいからといって、右足体重になってしまうと、あおり打ちになってダフリやトップのミスが出やすくなる

動画でチェック!

CASE3 ボールが沈んだラフ
コックを早めに使いクラブを鋭角に下ろす

できるだけ芝の影響を受けないように、コックを使い鋭角にクラブを入れていく。バンカーショットのイメージでいい

動画でチェック!

CASE4 ボールが浮いているラフ
振り子のように左右対称に振る

浮いているライで一番嫌なのは、ボールの下をくぐること。肩と腕で作った三角形を崩さないように横からボールを払うように打っていく。パターで打つ感覚でもいい

【POINT】
浮いているときはロフトが立ったクラブにする

ロフトが寝たクラブだと、ボールの下をくぐりやすい。AWやPWなど、ロフトが立った番手を使うとミスが防げる

動画でチェック!

CASE5 フェアウェイとラフの境目
芝に触れないように上から入れる

通常のアプローチよりもボールを右足寄りに置き、コックを入れながら打っていく。手前のラフにできるだけ触れないように意識しながらボールの先にクラブを落とす

動画でチェック!

CASE6 砂が多いフェアウェイ
トップさせるくらいの感覚でOK

ボールを右足寄りに置き、肩と腕の三角形をキープして打っていく。左足体重にしておくことで、 最下点がボールの先になるため、ダフリのミスが防げる

動画でチェック!

月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より

こちらもチェック!

  • アプローチでは「バウンスを使うことが大事」とよく言われるが、そもそもバウンスを使うってどういうこと? どうすれば使えるの? そこで女子プロを指導する井上忠久プロに、ウェッジ上手になるためのバウンスの正しい使い方を教えてもらった。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Takanori Miki THANKS/春日台CC https://my-golfdigest.jp/lesson/p42806/ 解説/井上忠久プロ いのうえただひさ。1976年生まれ。ツアープロとして活動していたが、現在はレッスンを中心に活動中。濱田茉優、安田彩乃らを指導している バウンスの役割を理解しよう フェース面上のボールの動きがイメージができると、よく言われる『バウンスを使う』ことも理解できてくる。井上忠久プロによると「シャフトを垂直にすると、地面がコンクリートならリーディングエッジが浮き上がるはずですが、この状態がウェッジの基本の構え方です。ゴルフ場は地面が芝なので、例えば上からクラブを押しつけたら下に入っていく。刃から押しつけると刺さりますが、バウンスが地面に触れるからこそ、ソールが滑ってロフト通りに当たるんです」ボールが「フェース面をどう転がるか」を考えると、ソールがどう地面を滑るかも自然にイメージできるはず。元々備わった機能を使わないのはもったいないぞ! 続きを読む 「バウンス」が、ほどよく芝を押さえつけてくれる バウンス(ソールの出っ張り)がないと、リーディングエッジが先に接地し、地面に刺さりやすくなる。バウンスを地面に「当てる」イメージを持つことで、バウンスが芝を押さえつける役割を果たすとともに、地面に刺さらずソールが滑ってボールを拾いやすくなる コンクリートの地面ではリーディングエッジが浮く 芝生のような柔らかい地面ではバウンス部分が沈むが、コンクリートのような硬い地面では、普通に構えるとリーディングエッジが浮いた状態に 地面に「落とす」のではなく「当てる」 上からドスンとヘッドを「落とす」イメージだと、エッジが刺さりやすい。バウンスをずっと地面に「当てたまま」振るイメージのほうがうまくいく 「右手首の角度」だけはキープしてください ダウンスウィングで右手首の角度が変わると、ヘッドがボールの手前に落ちたり、刃が刺さったりする原因になる 【Point 1】グリップエンドをお腹につけて振る感覚 クラブを極端に短く持ち、グリップエンドを腹につけた状態で振ると手首は「何もしない」。本番のアプローチもこの感覚で振る 【Point 2】体の横回転を使う フェースをシャットに使うと、体が縦回転になりすぎてインパクトが詰まる。フェースの開閉を意識せず、自然な横回転で打つ >>女子プロNo.1のアプローチ名手申ジエが大事にしていることとは? 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より
  • スコアメイクで最も重要な要素のひとつがアプローチ。そこで今回は、寄せの達人たちにその極意を教えてもらった。まずは男子ツアーきってのアプローチ名手、今平周吾に話を聞いてみよう。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroyuki Okazawa 今平周吾いまひらしゅうご。1992年生まれ。フジサンケイクラシックで通算5勝目を挙げる。卓越したウェッジの技術で2年連続賞金王を獲得 打ち方は2種類でいい! どんなところからでも寄せてくる印象のある、アプローチ巧者の今平周吾プロ。打ち方の「引き出し」が、さぞかしたくさんあると思いきや、「試合で使うのは、『上げる』、『転がす』、『スピンで止める』の3種類だけです。それ以外の特殊な“ワザ”なんて、はっきり言って必要ないです」という。そのうち「スピンで止める」は、トーナメント仕様のグリーンでのみ必要な打ち方で、通常のコースであれば「上げる、転がすの2つだけで十分。中途半端にいろいろやるより、2つを極めるほうが得策」(今平)とも。「自分の場合は60度のウェッジで、まずは『転がし』から考えます。アプローチはイメージが9割。いかに球筋をリアルに想像できるかどうかが大事。転がしが寄らない人は、打球の高さや強さ、グリーンのスピードなどのイメージが湧いていないということです」(今平) 続きを読む 「転がす」アプローチ グリーンエッジからピンまである程度の距離があれば、転がすのがいちばん簡単。コックを使わず体の回転でテークバック、球を包み込むようにインパクトし、最後まで目線を低くキープする 【アドレスのPOINT】手は左太もも、ボールは右足前 ボールは少し右足寄りで、手元は左太ももの前。体重は7:3で左足にかける。フェースを少し開くとバウンスが使え、リーディングエッジが突っかかりにくくなる 「上げる」アプローチ テークバックでコックを使い、ボールを拾う感覚でインパクト。ロフトで球は上がってくれるので、フォローで無理に上げようとしないことが大事。「上げる」アプローチは、どうしても必要がある場合(バンカー越え、エッジからピンまでが近いなど)のみ使用し、それ以外は極力転がしで対応 【アドレスのPOINT】ボールを真ん中~やや左に ボールはスタンス中央、またはやや左足寄りにセット。スタンスはややオープン。フェースは無理に開かなくてもいい ボールがフェース面をどう転がっていくかをイメージしよう 「上げる」「転がす」の2つの基本が分かったら、あとは「打ち方のことをあれこれ考えるより、フェース面をどう使うか、ボールがまずどこに当たって、どう転がって抜けていくかを明確にイメージすることが大事」と今平プロ。転がしの場合は、ヒール側下部からトウ側上部にボールが斜めに駆け上がって、フェース面から離れるときには、もう転がりがスタートしているイメージだという。また上げる場合は、リーディングエッジからトップブレード方向、溝に対して垂直にボールが駆け上がり、順回転のスピンを与えながらフェースから離れるイメージだ。 【転がし】ヒール側からトウ側へボールが駆け上がる ウェッジはそもそも、ヒールからトウにかけて斜めにフェースを使うのが基本だが、転がしの場合はボールが滑りすぎないように、トウ側を閉じてフック回転をかけながら打っていくのがポイント 【上げる】フェース面の溝を存分に使っていく 上げる場合は最初からスクエアに当てて、スクエアなまま抜く。リーディングエッジの中央部分から真上にボールが転がって、全部の溝を通過するイメージ >>「バウンスを使う」ってこういうことか!ザックリに悩む人はこちらもチェック 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より