Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ウェッジゲームの達人になる!】#2 ザックリ解消!「バウンスを“当てる”からソールが滑るんだ」

【ウェッジゲームの達人になる!】#2 ザックリ解消!「バウンスを“当てる”からソールが滑るんだ」

アプローチでは「バウンスを使うことが大事」とよく言われるが、そもそもバウンスを使うってどういうこと? どうすれば使えるの? そこで女子プロを指導する井上忠久プロに、ウェッジ上手になるためのバウンスの正しい使い方を教えてもらった

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Takanori Miki THANKS/春日台CC

解説/井上忠久プロ

いのうえただひさ。1976年生まれ。ツアープロとして活動していたが、現在はレッスンを中心に活動中。濱田茉優、安田彩乃らを指導している

バウンスの役割を理解しよう

フェース面上のボールの動きがイメージができると、よく言われる『バウンスを使う』ことも理解できてくる。井上忠久プロによると

「シャフトを垂直にすると、地面がコンクリートならリーディングエッジが浮き上がるはずですが、この状態がウェッジの基本の構え方です。ゴルフ場は地面が芝なので、例えば上からクラブを押しつけたら下に入っていく。刃から押しつけると刺さりますが、バウンスが地面に触れるからこそ、ソールが滑ってロフト通りに当たるんです」

ボールが「フェース面をどう転がるか」を考えると、ソールがどう地面を滑るかも自然にイメージできるはず。元々備わった機能を使わないのはもったいないぞ!


「バウンス」が、ほどよく
芝を押さえつけてくれる

バウンス(ソールの出っ張り)がないと、リーディングエッジが先に接地し、地面に刺さりやすくなる。バウンスを地面に「当てる」イメージを持つことで、バウンスが芝を押さえつける役割を果たすとともに、地面に刺さらずソールが滑ってボールを拾いやすくなる

コンクリートの地面ではリーディングエッジが浮く

芝生のような柔らかい地面ではバウンス部分が沈むが、コンクリートのような硬い地面では、普通に構えるとリーディングエッジが浮いた状態に

地面に「落とす」のではなく「当てる」

上からドスンとヘッドを「落とす」イメージだと、エッジが刺さりやすい。バウンスをずっと地面に「当てたまま」振るイメージのほうがうまくいく

「右手首の角度」だけはキープしてください

ダウンスウィングで右手首の角度が変わると、ヘッドがボールの手前に落ちたり、刃が刺さったりする原因になる

【Point 1】
グリップエンドをお腹につけて振る感覚

クラブを極端に短く持ち、グリップエンドを腹につけた状態で振ると手首は「何もしない」。本番のアプローチもこの感覚で振る

【Point 2】
体の横回転を使う

フェースをシャットに使うと、体が縦回転になりすぎてインパクトが詰まる。フェースの開閉を意識せず、自然な横回転で打つ

>>女子プロNo.1のアプローチ名手
申ジエが大事にしていることとは?

  • 寄せの達人たちにアプローチの極意を教えてもらう本特集。最後は、女子プロNo.1のアプローチ名手、申ジエプロ。まずはアプローチで大切にしていることを教えてもらった。 PHOTO/Takanori Miki THANKS/太平洋クラブ八千代コース 申ジエ1988年生まれ。韓国出身。元世界ランクナンバー1のレジェンド。日本だけで26勝、海外での勝利も合わせるとなんと50勝以上。かつて週刊ゴルフダイジェストの企画「女子プロが選ぶこのプロがスゴイ」のアプローチ部門で1位に輝いたことも https://my-golfdigest.jp/lesson/p42806/ https://my-golfdigest.jp/lesson/p42906/ 失敗を重ねないと覚えない ――プロ仲間からも一目置かれる存在の申ジエプロですが、プロ自身がもっとも大事にしていることは何ですか?申 アプローチはリカバリーショット。だからこそ、次のパットをどこから打つかが重要で、どこから打つとベストか、そのことを考えています。 ――ベストな結果を生むために、どのような考えでショットに臨んでいますか?申 「視線のイメージ」と「手の感覚」を大事にしています。視線で球筋を明確にイメージし、そのイメージをもとに、インパクトの強さをイメージする。このふたつがマッチしたとき、ベストな結果を生むことができるんです。――ジエプロはたくさんの技の引き出しがあるように見えるのですが、それは経験によって培われたものですか?申 経験は経験ですが、“失敗”の経験ですかね。――失敗?申 今の若い子は練習ではいろんな種類のアプローチを練習しています。でも、試合になると自信がないからか、安全なことしかやらない。もちろん、その気持ちもわかります。でも私は、失敗を重ねないと本当の技術は身につかないと思っています。失敗し、そこで反省して次に生かす方法を考え、また挑む。この繰り返しのおかげで今があると確信しています。レベルの差はあるかもしれませんが、これはアマチュアの方も同じですよ。――なるほど。確かにラウンドではついつい安全に考えてしまいます……。手の感覚についてはいかがですか?申 ボールはフェースの当たり方で飛び方が決まります。そして、ボールが当たったとき、最初に感覚が伝わるのは手。つまり、手の感覚が鋭ければ、いいショットのときの感覚を覚えていられるわけです。目隠ししても、当たったときの感触で弾道がわかっていないとダメだと思っています。そうしないと、いつまで経っても、イメージとのギャップは埋められません。“手の感覚”を大切にすることで、きっと違いが出てくるはずです。 常に手に意識を集中 「手先の感覚が大事なので、食事をするときや何か物をつかむときなども、手に意識を集中させるようにしています」 フェース面=右手のひら 「フェース面と右手のひらは同じだと考えています。フェースを手のように使えれば、自分が思った球を打つことができます」 では、実際にどう打っている?>>後編へ続く 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より こちらもチェック!

月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より