Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【マイギアを語ろう】「ミスヒットでも初速が落ちない」カーボン効果にビックリ! ローリー・マキロイの14本

【マイギアを語ろう】「ミスヒットでも初速が落ちない」カーボン効果にビックリ! ローリー・マキロイの14本

プロの道具へのこだわりを紹介する「マイクラブ マイギアを語ろう」。今回は、マスターズ最終日にベストスコア「64」をマークし、自己最高の2位に入ったマキロイのセッティングをクローズアップ。

TEXT/Hikaru Togawa PHOTO/Blue Sky Photos、KJR

ローリー・マキロイ
1989年、北アイルランド生まれ。2007年にプロ転向し、9年に欧州ツアーで初優勝。メジャーを4度制し、キャリアグランドスラムまで残すはマスターズのみ。2度の年間王者にも輝く。米ツアー通算20勝

打点がズレても弾道はブレない

テーラーメイドの『SIM2』シリーズから、カーボンフェースの新モデル『ステルス プラス』にチェンジしたローリー・マキロイ。

試打の段階からデータをチェックしていたツアーレップのエイドリアンさんは、こう語る。

「カーボンフェースの最初の印象として、ローリーはボール初速が非常に速いと感じていたようで、とても喜んでいました。計測器のモニターでチェックすると、フェースセンターで打ったときと、少し外したときとでボールスピードは変わりませんでした。弾道も、計測データもローリーのベストショットと同じまま。これにはローリーも驚いていましたね」

飛距離自体は前モデルと大きく変わらなかったが、直進性が非常に高くなり、持ち球であるハイドローもイメージどおりに、落ち着いた弾道を描けたという。

「オーガスタナショナルのドライビングレンジで計測してみると、ボール初速が84.5m/s、キャリー330ヤードの数値をマークしていた。それにスピンも2000〜2400回転と適正。打ち出し角もいいし、理想的な数値でした」

マキロイ自身、緊張感が高まってきた場面でも、これならボールを曲げずに自信を持って打っていける、と語っているという。

ドライバー
オーガスタでキャリー330Y連発!

テーラーメイド「ステルス プラス」

ソールのウェートはニュートラルだが、可変ホーゼルでロフトを立ててフェースをオープンにセットしている

前モデルから一新、ウッド類とUT扱いの3番アイアンのシャフトをフジクラ『ベンタスブラック』で統一した

フェアウェイウッド
FWは2本ともステルス プラス

テーラーメイド「ステルス プラス」
ドライバーのシャフトが60グラム台に対し、3Wは80グラム台、5Wは90グラム台と徐々に重くして調整している

アイアン
年間王者を獲ったクラブはそう簡単には手放せない

ウェッジ
意外とやさしいハイバウンスを使用

テーラーメイド「ミルドグラインド3 HB」

バウンス角は12度。雨続きでぬかるんだライからでもフェースとの摩擦が得られて、スピンもよく入るという

パター
スタッツを引き上げてくれる手放せない1本

ローリー・マキロイの14本セッティング

月刊ゴルフダイジェスト2022年6月号より

こちらもチェック!

  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は番外編として、世界アマチュアランク1位の中島啓太のセッティングに注目。 PHOTO/Blue Sky Photos 中島啓太 なかじまけいた。2000年6月生まれ。日体大在学中。2020年11月にアマ世界ランク1位になり現在も維持。4月にはマスターズ初出場。6月の全米OP、7月の全英OPにも出場予定 4月にテーラーメイドと正式契約した中島啓太。ツアー担当の真野さんに中島のクラブについて改めて聞いてみた。「1月のソニーオープンでは『ステルス』ドライバーを使っていましたが、弾道データを測ると、スピン量が3000回転もあったのと、ボールの回転軸が左に傾き、フェースの下っ面に打点が寄る傾向が強く出ていたので、まずはそのデータを本人に渡したんです。実際、ソニーでは左に曲がるミスが出ていましたが、それでも2日目を終えて5位で予選を通過したマネジメントはさすがでした。その後の合宿で、ガレス・ジョーンズコーチの発案で10.5度表示(リアル11.4度)の『ステルスプラス』に替えました。それまで、そのロフトの発想はまったくありませんでしたが、万が一を想定して10.5度のヘッドを準備しておいたのが役に立ちました」。このロフト変更は、右腰に負荷がかかるスウィングの改善ともつながっているという。「現状のスウィングとの相性を考慮して長さは44.75インチ。シャフトはカウンターバランス気味のプロトタイプです。この長さでもヘッドスピード53m/s、初速は80m/s近くあり、飛距離は十分に出ています」アイアンは『P7MB』と『P7MC』のコンボ。「米ツアーではマッスルバックのほうがラフなどで圧倒的に扱いやすいからと、MBを軸に、4番と5番は少ししんどいのでMCに。シャフトは(昨年6月の)日本アマからカーボンです。トルク少なめで硬く、振ると軽く感じられるシャフトです」。鉛は振り心地に合わせて本人が貼ったもの。プレーヤー自身の感性を重視しつつ、クラブ担当、コーチが一体となって技術を最大限に生かすセッティングを追求している。 ジョーンズコーチとともに技術的なレベルアップに取り組み続ける中島。そのなかで最も振りやすく、スウィングに良い効果も出るとの判断で、短めの長さにしている ドライバー同様、3Wもステルスプラス(写真左)。5Wは写真のステルスプラスの19度を入れる場合と、コースによってアイアン型UT「シムUDI」の3番を入れるケースがある アイアンのシャフトはカーボン。ツアーADのプロトで115グラム。ヘッドは米国や欧州の芝を考慮したマッスルバック。4番と5番のみキャビティ 「(昨夏の)全米アマまでは54度と60度のセッティングでしたが、56度を生かしたソフトランディングの技術を磨こうと、現在の態勢にスイッチしました。60度を1度立てた59度は用途が違うのでハイトウモデルです」(真野氏) 昨年はアルミニウムの硬いインサートのプロトタイプを使っていたが、オーガスタなど速いグリーンにタッチを合わせるため市販と同じ軟らかな樹脂インサートにスイッチ。パターもカーボンシャフト 中島啓太の14本セッティング 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より 「プロスペック」バックナンバー こちらもチェック!
  • マスターズ最終日、もっともパトロンを沸かせたのは、ローリー・マキロイとコリン・モリカワが2人揃って18番のバンカーからチップインバーディを決めたシーンだった。 まるで地鳴りのような歓声に迎えられホールアウトしたマキロイも、「こんな歓声はじめて」と最高の笑顔で4日間を締めくくった。毎年マスターズがやってくると話題になるのが、彼のキャリアグランドスラム達成について。結果的には今回も偉業達成はお預けとなったが、最終日8アンダー「64」の猛チャージで単独2位に食い込み、「オーガスタでこういうプレーをするのが夢だった。自分史上最高のゴルフができた」と達成感をにじませた。11年前、21歳だったマキロイはサンデーバックナインに入るまで単独トップ。“ポストタイガー”の旗手にとってメジャー初制覇は手の届くところにあった。だが10番でティーショットを大きく曲げトリプルボギー。そこから坂を転げ落ちるようにスコアを落とし15位タイに甘んじた。苦い敗戦を糧に、その年の全米オープンで優勝し、他のメジャーも立て続けに獲り(4勝)、グランドスラムに王手をかけたのが8年前。だが期待されながら毎年不発に終わり、今回の2位がマスターズでの自己ベスト。「ペアリングに恵まれた」とマキロイ。モリカワとの相乗効果で「2人とも素晴らしいゴルフができて最高の気分だった。僕らはライバルだけれど毎週一緒に旅をする友人。コリンはナイスガイだし、一緒に最高のゴルフができてとても幸せ」ここのところ不調だったマキロイだが、久々に晴れ晴れとした表情で「今回は(グランドスラムまで)少し足りなかったけれど、来年もまたここに戻って挑戦を続けるよ」と決意を新たにした。ツアー20勝で永久シードを持ち2度の年間王者に輝いたマキロイに足りないのはグリーンジャケットだけだ。 4日間の平均飛距離は1位。来年こそリベンジを期待したい(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より こちらもチェック!
  • グリーン上の情報を知る上で欠かせない「グリーンブック」の使用が2022年から禁止に。この規制は選手たちにどんな影響をもたらす? PHOTO/Blue Sky Photo、Tadashi Anezaki 元祖「スパイダーマン」ことカミロ・ビジェガスを彷彿とさせるザンダー・シャウフェレのライン読みシーン。今後こうした選手が増えてくる?(PHOTO/Blue Sky Photos) 若い選手ほど戸惑うかも 2022年から、「グリーンブック」の使用を禁止するローカルルールがPGAツアーで採用された。PGAツアーのアジア担当ディレクター、コーリー・ヨシムラ氏によると「正しくストロークするのと同じくらい、正しく芝を読むのも大切な技術のひとつという意見が多かった」のが採用された理由というが、現地での選手たちの反応はどうか、米ゴルフチャンネル解説者・レックス倉本氏によると「これこそフェアな戦いだ! とポジティブな意見を言う選手が多いですね。まぁ本心はわかりませんが……(笑)。噂ですけど、裏で加熱するグリーンブックビジネスに待ったをかける狙いもあると言われています。近頃は最新の衛星を用いてミリ単位まで傾斜を測ったり、翌日のピン位置の情報を裏で得たりとかなり過熱していました」グリーンブックの使用禁止で、選手のプレーにはどのような影響が出るのか。パット専門コーチの橋本真和氏に聞いた。「若いプロは数値化して機械的にストロークすることが多いので、その情報のひとつがなくなるぶん戸惑うはずです。シーズン序盤はベテランが活躍するかも」 グリーンブックが原則グリーン上で使えなくなった 昨シーズンまでグリーンの情報が記載された図の「縮尺」に関する規定はあった。今季からは、公式ヤーデージブック以外は一切NGに。左の写真の「Tour Sherpa」と呼ばれるグリーンブックでは、1つのグリーンに対して色や数字、矢印など、さまざまな表現方法で傾斜情報が記載されていた 使用が認められる「公式ヤーデージブック」はかなりシンプル 唯一使用できる公式ヤーデージブックも年ごとに変わる。今季のヤーデージブックはより簡略化されている 手書きメモの内容も厳しくなった公式ブックに手書きで書き込むのはOKだが、その内容にも規制が入った。●外部から仕入れた情報を書き込むのはNG業者はもちろん、コーチから得た情報を書き込むのもNG。原則選手とキャディのみだ●水準器などで測った情報を書き込んではダメ水準器などの機器から得た情報を書き込むのもNG。選手とキャディが感じた情報だけになる●選手がテレビで見た情報を書き込むのはOK選手とキャディが自ら得た情報なら練習や試合だけでなくTV観戦での情報を書き込んでも良い マキロイはグリーンブック反対派だった R・マキロイは、グリーンブックを使うのはフェアじゃないとマスターズの頃から主張していた デシャンボーとダスティンは痛手? 米メディアは、常にグリーンブックとにらめっこしていたB・デシャンボーとD・ジョンソンの2人が苦労することになるだろうと報じている 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より こちらもチェック!
  • かつてはフロリダ州アイルワースがプロゴルファーから人気だった。そして現在、プロゴルファーが好んで住むのは、同じフロリダ州のジュピター。世界のトップ選手たちは、なぜジュピターに集まる? ジュピターはフロリダ州パームビーチ郡の北東に位置するシーサイドタウン。そこに現在30名を超えるシード選手が居を構えている。J・トーマスとR・ファウラーは同じ通りの住人だし、D・ジョンソン、R・マキロイ、B・ケプカらもご近所さん。プロゴルファーが多いメリットは「練習相手にこと欠かないこと」。そもそもジュピターには素晴らしいゴルフ場が多いが、ジャック・ニクラス夫妻が22年前に『ベアーズクラブ』という高級住居付きプライベートコースを開場したことが大きな転機となった。E・エルスやL・ドナルド、P・カントレーらは「ニクラスのアドバイスをいつでも聞ける」地の利を気に入り、寒い国出身のS・ローリー(アイルランド)やM・フィッツパトリック(英)らは「1年中青芝でゴルフができるのが魅力」と語る。タイガーの住まいはコース内ではなくジュピターアイランド。オーランドに住んでいたとき「湖はあったけれど海がなくて恋しかった」と11年に土地を購入。離婚騒動のさなかに家を建て、庭にはショートコース、敷地内に船着き場つきと理想を具現化した。近くで経営するレストランには、選手がパパラッチやサインをねだるファンに煩わされることなく食事ができるスペースを完備した。 G・ノーマン、N・プライス、G・プレーヤー、R・フロイドといったレジェンドも住人で、プロが珍しくない土地柄だけに、選手たちも周りの目を気にすることなくプライベート空間を守れる。さらに税制優遇措置があるのも大金を稼ぐ身にはありがたい。先立つものさえあればジュピターに住んでみたいものである。 地元トークに花が咲く?(写真は2019年WGCメキシコ選手権。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • 3度目の年間王者に向け、ツアー選手権に挑んだローリー・マキロイ。結果は14位タイに終わったが、プレーオフシリーズでは清濁さまざまなニュースを提供してくれた。 初戦のザ・ノーザントラストでT・フィナウが5年ぶり2勝目を飾ると「彼とは20年の付き合い。すごくいいヤツだから勝ってくれてうれしい。ロッカールームもフィナウの勝利に沸いたよ」とマキロイは真っ先に勝者を称えた。2戦目のBMW選手権ではライダーカップのチームメイト、S・ガルシアが6位タイに入り、4年ぶりにツアー選手権進出を決めると「おめでとう。ライダーカップのキャプテン推薦は決まりだね」と直接本人に声をかけ喜びを分かち合った。自分以外の選手の活躍を喜ぶ余裕のあるマキロイだが、自身のことになると頭に血が上ることが多いようだ。ハリケーンの影響で決着が月曜日にもつれ込んだザ・ノーザントラストでは、不本意なゴルフで43位タイに終わった腹いせなのか、最終ホール(9番)でティーショットがラフにつかまると、ティーイングエリアから「3番ウッドを林に向かって投げた」と会見で証言。「道まで届いたかどうかわからないけれど、3番ウッドが欲しい人がいたら開催コース(リバティナショナルGC)のその辺を探せばあるかも」と打ち明けた。すぐさまテーラーメイドの担当者が3番ウッドとドライバーヘッド、シャフトを大量に持ち込みテストを行い、気に入ったヘッドは見つかったようだが、メーカーにとってはかなり迷惑。そういえば6年前のWGCキャデラック選手権でも池ポチャのあと3番アイアンを池に投げ入れた前科もあったか……。ガルシアもラウンド中にパターをへし折ったことは複数回。地面に叩きつけてクラブを破壊した際には罰金を科されたが、マキロイのケースはお咎めなし。とはいえ褒められたことではない。美しいスウィングは我々も大いに模範としたいところだが、こうした行為は反面教師とすべきだろう。 ゴルファーの範たるべきプロとして、クラブにあたるのは決して褒められたものではない(写真は2020年WGCメキシコ選手権。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月21日号より